ケムトレイルと蜂群崩壊症候群(CCD)

ケムトレイルが全世界で蜂の生息地を破壊している。
森で犯罪が起きている。
研究者は蜂の生息地が消えているのを見てきた。
蜂群崩壊症候群(CCD)と呼ばれている。


世界の25万種の顕花植物の実に3/4が受粉を必要とすることから、最も優れた受粉媒介者であるミツバチの減少が農業生産に深刻な被害を与えることが予想される。大至急に対策を講じないと世界レベルで深刻な農作物被害とそれに伴う食糧危機まで発展しかねない。

症状が最初に観察され、CCDの現状が報告されている米国では、この問題が、ジョージア州、オクラホマ州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州、カリフォルニア州をはじめとする複数の州のグループでそれぞれ解析されている。
合衆国では2006年から2007年に養蜂の25%が消失したと言われている。ケベック州のある養蜂家は、養蜂している蜂の40%が死亡したと述べている。
インドやブラジル 、ヨーロッパの一部でも同様の問題が報告されている。1990年代の初めから、フランス、ベルギー、イタリア、ドイツ、スイス、スペイン、ギリシア、ポーランド、オランダでも、完全にCCDが原因だとは認められていないものの、同様の消失は発生している。オーストリアやイギリスでも同様の消失が生じているという。

原因の可能性は下記のように考えられているが
栄養不足や栄養失調
殺虫剤
抗生物質とダニ駆除剤
病原菌と免疫機能不全説
電磁波

ケムトレイルとして空からばらまかれている物質が蜂群崩壊症候群(CCD)の原因かもしれない。
ケムトレイルは全世界で目撃されている。
ケムトレイルの発生地域と蜂群崩壊症候群(CCD)の関係を至急調査すべきである。



航空機を用いて化学物質を大気中に散布することを、エアロゾル・ケムトレイルと呼びます。(ケムトレイルはケミカル・トレイルの略)
京都議定書の枠組みに否定的なアメリカ政府は、独自の地球温暖化対策としてジオ・エンジニアリング=地球規模の人為的気象改変技術の開発を進めてきました。二臭化エチレン、バリウム、アルミニウム等の物質を成層圏付近に散布することにより、太陽光の紫外線を反射させ、大気圏内の温度上昇を抑制することが目的とされています。
問題は上記の物質を継続的に散布することによる人体への影響について、検証されないまま実験が秘密裏に行われていることです。自分が知らない内に、バリウムやアルミを吸い込まされたいと思う人はいません。さらに悪意のある実行者が散布薬液にウィルス等の生物化学兵器を混ぜたとしたらどうなるか、想像してみてください。
明らかに普通の飛行機雲と異なる、太く長い航跡はアメリカ以外のヨーロッパ、オーストラリア、日本でも目撃されています。これはトンデモ話ではなく、実際に起きている事実なのです。










04251.jpg

04252.jpg
04253.jpg


04254.jpg

04255.jpg
04256.jpg


04257.jpg










0425a6.jpg



0425a1.jpg

0425a2.jpg


0425a3.jpg


0425a4.jpg

0425a5.jpg




蜂群崩壊症候群(CCD)

症状が最初に観察され、CCDの現状が報告されている米国では、この問題が、ジョージア州、オクラホマ州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州、カリフォルニア州をはじめとする複数の州のグループでそれぞれ解析されている[20]。
北アメリカ全体ではカナダの一部と24の州で少なくとも1件のCCDが報告されている。合衆国では2006年から2007年に養蜂の25%が消失したと言われている。ケベック州のある養蜂家は、養蜂している蜂の40%が死亡したと述べている。
インドやブラジル 、ヨーロッパの一部でも同様の問題が報告されている。1990年代の初めから、フランス、ベルギー、イタリア、ドイツ、スイス、スペイン、ギリシア、ポーランド、オランダでも、完全にCCDが原因だとは認められていないものの、同様の消失は発生している。オーストリアやイギリスでも同様の消失が生じているという(イギリスでは、1872年に乗員が消失した船にちなんで「マリー・セレスト号」現象と呼ばれている)。

原因の可能性

栄養不足や栄養失調
殺虫剤
抗生物質とダニ駆除剤
病原菌と免疫機能不全説
電磁波
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード