スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国では、牛海綿状脳症(BSE)が過去20年間でも3件しか発生していない?

来日中のビルサック米農務長官は9日、東京都内で記者会見し 「米国では過去3年間、牛海綿状脳症(BSE)が発生しておらず、過去20年間でも3件しか発生していない」として、米国産牛肉の安全性を強調し、米国産牛肉の輸入制限緩和を求めた。

2001年アルツハイマー症で死亡した患者46人の解剖検査を行なったところ、そのうちの6人はアルツハイマー症ではなく、狂牛病だったことが判明。

現在、アメリカ中には約400万人のアルツハイマー症の患者がいますので、この計算で行けば、52万人もの狂牛病患者がいることになります。

日本には今現在、認知症・アルツハイマーの患者さんが約170万人いるとされています。

市民団体アース・アイランドはアメリカ国内では、ヤコブ病が年輩者を中心に多発しているのにそれがアルツハイマー病に似ているため、アルツハイマーと誤診されてた例が相当数にのぼるとしている。

2001年1月25日、アメリカの獣医団体は「狂牛病は、すでにアメリカに広まっている可能性がある」と、衝撃的な警告を発した。
アメリカ政府はこの疑惑をうち消すのに躍起だった。

ニューヨーク郊外の人口1万1千人の町で、わずか9年のあいだに10人が狂牛病に似た症状で死んでいたことが明らかになった。しかも彼らを追跡調査したところ、全員が同じレストランでステーキを食べていた。

実はチェリーヒル以外にも、クロイツフェルト・ヤコブ病の集団発生が起きている。
1986~90年 ペンシルバニア レイアレン地区で18人
1989~92年 ペンシルバニア アレンタウン地区で15人
1996~97年 フロリダ タンパ地区で18人
1999~00年 ニューヨーク州 ナッソー地区で12人
2001~02年 オレゴン州全体で14人

「アメリカ農務省は他にもBSEの牛がいることを見つけているが発表していない」とある議員が話していたという。 「情報を隠蔽してしまう体質が農務省の最大の問題点です。また、消費者やマスコミが声を上げて問題を追求することもままならない

中小の精肉加工業者の6割が全頭検査を望んでいます。検査に反対しているのは農務省を意のままに動かしている巨大な精肉加工業者

日本などに向けた輸出分から順にキットによる全頭検査をしていく計画を示し農務省に許可を申請した。ジョン・スチュワート社長によると一頭あたりの検査費用は約20ドルで済むという。 だが、農務省はこの申請を却下しただけでなく、もしも業者が勝手に全頭検査に踏み切った場合、刑事責任を含む法的な措置をとると脅かしてきた。



http://kaigokazoku.livedoor.biz/archives/50400608.html

狂牛病【介護家族】
アメリカ産牛肉がこの8月から、ぼちぼち日本に出回るそうですが狂牛病の問題は未だ解決されていません。狂牛病の症状は実はアルツハイマーそっくりで専門医ですら狂牛病をアルツハイマーと誤診するようです。

アメリカのイエール大学の神経病理学外科部門のローラ・マヌリディス教授のチームの研究では、アルツハイマー症で死亡した患者46人の解剖検査を行なったところ、そのうちの6人はアルツハイマー症ではなく、狂牛病だったことが判明しました。

つまり、今までアルツハイマー症だと思われてた患者のうちの約13%が実は狂牛病だったという事です。

そして現在、アメリカ中には約400万人のアルツハイマー症の患者がいますので、この計算で行けば、52万人もの狂牛病患者がいることになります。

日本には今現在、認知症・アルツハイマーの患者さんが約170万人いるとされていますが、上の計算でいくと、この様な症状をもつ患者さんが19、2万人に増えることになります。

私達は、まだアメリカ産牛肉を食べない選択はできますが、怖いのが学校給食や、施設内の食事です。
これらの食事は拒否することは出来ません。もし小学校の給食で出された肉の中に入っていれば彼らは、13~32歳くらいに発症する可能性があります。

川崎二郎厚生労働大臣の記者会見では、記者から「ご自身はアメリカ産牛肉を召し上がりますか」と問われ、「立場上食べる」と言ったそうだが、なんやこの答えは厚生労働大臣でなかったら食べないという事やないか!

小泉内閣及び自民党は、いったいどこの国のために政治をしているのか。






http://plaza.rakuten.co.jp/shokuikublog/diary/200711210001/

『早く肉をやめないか?』 
狂牛病と台所革命 船瀬俊介
 1200円より

世界最大の肉食国家アメリカは、狂牛病汚染されていないのか?
答えはおそらく"ノー"である。
>2001年1月25日、アメリカの獣医団体は
「狂牛病は、すでにアメリカに広まっている可能性がある」
>と、衝撃的な警告を発した。

これに対してアメリカ政府はこの疑惑をうち消すのに躍起だったそうです。

もうお分かりですね?狂牛病とアルツハイマーの関連が。

"アース・アイランド"という市民団体があります。アメリカに。
環境問題に取り組んでいます。積極的に。

"アース・アイランド"が「すでに狂牛病は、アメリカで多発している」
>という根拠の一つが、アルツハイマー病の多発だ。
>アルツハイマー病は、エイズにつぐアメリカの悲劇といえる。
アメリカ国内でのアルツハイマー患者は、なんと400万人を超える

この数はアメリカ人の85歳以上の2人に1人がアルツハイマーだ、
といわれる数だそうですよ?

その症状は、ヤコブ病にきわめて酷似している。
>「震え」「記憶障害」「運動失調」・・・・など。
アルツハイマー患者も、やはり脳が崩壊して異様に萎縮していく
>症状を見せるが、狂牛病(プリオン病)にそっくりだ。
脳の大きさや重量が半分にまで縮んで、痴呆状態は重症化し、衰弱死していく。

最後に、"アース・アイランド"の主張を書きますね?

アメリカ国内では、ヤコブ病が年輩者を中心に多発しているのにそれがアルツハイマー病に似ているため、アルツハイマーと誤診されてた例が相当数にのぼる。


現在、認知症が若年化しているのがとっても気になります。
実際に数年前、ぼくの知り合いが
「若年性アルツハイマー症」と診断されました。
まだ「認知症」という表現はなかった時代です。
彼が発症したのは50代初めです。そしてその後亡くなりました。
死因は分かりません。
遺族に確認をすることもはばかられるので、分からずじまいです。








http://wanbalance.blog75.fc2.com/blog-entry-421.html

■本物の「若年性アルツハイマー」ですか? / 厚生労働省

最近多い、若年性アルツハイマーは、本当に本物なんでしょうか?

はたして、隠蔽だらけの今の日本で「BSEの発症」があったとして、それを隠蔽しないで発表するでしょうか?すでに医療関係への圧力もあるとのこと、国レベルまで上げないでも、診断時点で「アルツハイマー」として診断されても、ど素人の患者にはまったく判らないということです。これは、あくまでも想像ですが。私たちにできることといえば、食に気をつけることと、そして、アルツハイマーと診断されたら狂牛病(BSE)を疑ってみることです。

◆Saudadeな日々
ネタバレした?農水省 2007年08月10日
(略)・・・・・・
厚労省から医療関係者に圧力があるらしく、
狂牛病(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)
で若くして死んだ人は「偽装アルツハイマー」にされちゃう。
うちの親戚の知人も一人、これで亡くなっている。
泣き寝入りしている遺族は国内に結構いるはずだ。
・・・・・・(略)
参照: 狂牛病の症状は実はアルツハイマーそっくり
専門医ですら狂牛病をアルツハイマーと誤診するようです。


脳の病気のすべてがわかる本

「若年性アルツハイマー」は、案外多いでしょう。私たち患者側は過去から現代まで、ほとんどの人は医者から言われるがままの診断結果を、素直に「そうか」と聞くしかない。その結果を別の機関で検証するには費用もかかり二件三軒と行ける人は少ないと思う。事故調査鑑定人というのはあるけれど、病気の場合はよほどの事件になり裁判にまでなれば別ですがだいたいは、そのまま受け入れている人が多いんじゃないかな?

もし、その一部が狂牛病だとしても、そのまま診断が出されることはないのではないかという大きな疑念が湧いてくる。日本で患者発生というニュースが流れないのは、もしかしたらそんな裏事情もあるからではないのかと疑ってみてもバチは当たらないと思う。だって、「薬害エイズ」などなど、過去から今まで、さんざん軽視されてきた「命」のことだから。



狂牛病(BSE)情報475 若年性認知症、約4万人 [平成阿房伝]
3月19日(木)09 読売新聞
 


http://thymeup.blog.so-net.ne.jp/2009-03-20
      若年性認知症3万7800人…厚労省、新年度から本格支援   
 65歳未満の現役世代が発症する若年性認知症の人が全国で推計3万7800人に上ることが19日、厚生労働省研究班の調査でわかった。

 若年性は働き盛りなどに発症するため、失業や経済的困難に結びつくことが多い。同省は新年度から、各地に支援担当者を配置するほか、就労支援や相談窓口の開設などに力をいれていく方針。

 調査は2006~08年度に、茨城、群馬、富山、愛媛、熊本県で実施した。認知症の人が利用する可能性がある医療機関など約1万2000か所に、患者の有無や病名などを尋ねたほか、介護者の家族会に生活実態などを聞いた。

 5県で把握された人数は、約2000人。これをもとに全国では約3万7800人と推計した。1996年度の前回調査では、約2万5600人~約3万7400人と推計されていた。

 18~64歳の人口10万人あたりで見ると、男性が57・8人、女性が36・7人。推定発症年齢は、男性が平均51・1歳、女性が同51・6歳だった。原因は、脳血管性認知症が39・8%と最も多く、アルツハイマー病(25・4%)、頭部外傷の後遺症(7・7%)がそれに続いた。

 若年性認知症の人を介護する87家族に生活実態を聞いたところ、介護者の約6割が抑うつ状態と判断されたほか、約7割の家族で収入が減っていた。

ひとこと:1万人近いヒトが若年アルツハイマー病にかかっている。その中で、クロイツフェルト・ヤコブ病などの関係の記述は一切ない。要するに狂牛病関係は無視されているということだろう。アルツハイマー病は、人の狂牛病と推定してもだれかれのはそしりをうけることはない。なぜなら、その違いを証明したものがないからだ。アルツハイマー病、クロイツフェルト・ヤコブ病、ヒトの狂牛病などの関係は同軸と考えてよいのではないか。






http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1674/recommend/01.html

狂牛病問題。日本はどこまで安全なのでしょうか?

2001年9月、日本でも狂牛病に感染した牛が確認され、大きな騒ぎになっています。困った問題ですが、これをきっかけに国民が食の安全性に目覚めれば、と思っています。今、外食をして一番安く済ませようと思ったら、肉を使ったファーストフード、ファミレスで食事をすることです。一昔前までは肉は高級品でした。そもそもそこに疑問をもたないといけなかったんです。1人前の肉を作るのに、10人分の穀物が必要と言われています。それなのに、信じられないような安い金額で出回るには、訳があると思いませんか?

アメリカでは近年アルツハイマーの患者が激増し、大きな社会問題となっています。特に最近では若者の発病が急増しています。しかし若年性アルツハイマーと呼ばれる患者の中に、新型クロイツフェルト・ヤコブ病が多く含まれているのではないかと疑われているのです。アメリカの多くの市民団体が政府に対し、狂牛病の発生を認めその対策を取るよう要請していますが、アメリカの政府はそれを認めようとしません。しかし国民の肉離れは進んできています。そして肉が余って困るから、日本に安く売っているんです。フランスでは狂牛病のことをトラクター病と言っているんですよ。なぜなら、トラクターで穴を掘って、牛の死体を隠していたからだそうです。イギリスでは人間の発病が126人と言われていますが、本当は2ケタ違うとも言われています。私たちに届いていない情報がたくさんある、ということです。

今のところ、日本で狂牛病の牛が3頭発見されていますが、この数字に安心してはいけません。狂牛病というのは、潜伏期間が長い病気です。人間だったら7~50年といわれています。それまでは調べてもわからない。牛は4~5年ほどで発病ですが、肉牛は生まれて1~2年で肉にされるから、発見されないだけなんです。現に、発見された狂牛病の牛は、3頭とも1996年生まれだったそうです。5歳ということですね。こういった真の情報にみんなが気付いて欲しいと思っています



http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040901000613.html

米農務長官、協議再開に意欲 牛肉問題で

 来日中のビルサック米農務長官は9日、東京都内で記者会見し、米国産牛肉の輸入制限緩和に向けた協議について「一刻も早く代表団を日本に派遣し、積極的な対話を始めたい」と述べ、早期の再開に意欲を示した。

 米国産牛肉の安全性をめぐる日米両政府の主張について、長官は「今は平行線だ」としながらも「政治的な圧力は長い目で見て良くなく、比較的新しい両政権間の関係作りが重要だ」と指摘。対話を重視する姿勢を打ち出した。

 「米国では過去3年間、牛海綿状脳症(BSE)が発生しておらず、過去20年間でも3件しか発生していない」として、米国産牛肉の安全性を強調。「日本にも需要はあり、競争する機会を与えられれば成功できる」と自信を示した。

 長官は8日、赤松広隆農相と会談し、牛肉問題の協議再開で合意した。日本は現在、生後20カ月以下の牛肉に限り米国から輸入している。




http://www.creative.co.jp/top/main904.html

2004-03-18  ニューヨーク郊外でついに狂牛病発症か


同じレストランでステーキを食べた10人が似た症状に
他にも5ヶ所でヤコブ病集団発生
全頭検査に反対する巨大精肉加工業者

―――――――――――
週刊文春2004年3月25日号 NY郊外でついに狂牛病発症か
 ジャーナリスト 椎名玲

ニューヨーク郊外の人口1万1千人の町で、わずか9年のあいだに10人が狂牛病に似た症状で死んでいたことが明らかになった。しかも彼らを追跡調査したところ、全員が同じレストランでステーキを食べていた。現地取材で明らかにする米国狂牛病の恐るべき実態。 同じレストランでステーキを食べた10人が似た症状に

先月末、元米国農務省検査官のフリードランダー氏が本誌に告発した米国農務省の「BSE(狂牛病)虚偽疑惑」は、今後、米国で刑事事件に発展する可能性も浮上してきた。その後、虚偽の説明をしたという証言や証拠が次々と出てきて、ついに刑事捜査権を持っている監査局が捜査を開始することになったからだ。
ジャネットはこう語る。「友人のキャリー・マハンがBSEの感染によって死んだ可能性が高いのです。4年ほど前に倒れ、ペンシルバニア州立大学医学部の病院に運びこまれました。そのまま集中治ニいうことでした。しかし、彼女は当時29歳。この病気にかかる年齢ではなかったのです」

弧発型クロイツフェルト・ヤコブ病は100万人に1人の頻度で発症する難病で、患者は60歳を超える高年層に多い。この病気にかかると中枢神経が侵されるので、ふらつきや目眩(めまい)、気分のムラが目立つようになったり、痙直、視覚異常、痴呆など神経症状が多い。キャリーの場合も、目眩や気分の変化などを訴えていたという。「死亡する1年ほど前からキャリーの性格がガラリと変わり、攻撃的な性格になってしまい、気分のムラが激しくなった。それが原因で離婚もしています。私はキャリーがヤコブ病で死んだことについて何か釈然としないものを感じていた。
しかしキャリーの死因について再度、疑問が浮上し調査しようと思ったのは3年後。母の友達のキャロル・オリーブも50代で弧発型ヤコブ病により2003年5月に亡くなったことがきっかけでした。
キャロルとキャリーには共通点があり、今はクローズされている地元の『ガーデン・ステイト競馬場』に勤め、いつもそこのレストランで昼食を摂っていたんです」100万人に1人という病気が、1万1千人ほどしか住んでいないチェリーヒルで立て続けに発症、しかも2人とも同じレストランで食事をしていた偶然性に疑問を感じたジャネットは独自調査を進めることにした。すると1995年から2004年のあいだにこの地区だけで10人が弧発型クロイツフェルト・ヤコブ病にかかり死亡していたのだ。しかも全員が競技場のレストランで食事をしたことがあるというのである。

死者の職業はさまざま、年齢も性別もバラバラでしたが、唯一の共通点はこのレストランで牛肉を食べていたということです。ここの人気ランチメニューは特大サイズのリブステーキで、ポテトもついて5ドル99セントで出されていた」
彼女たちを見てきた医者たちはこぞって死因を「クロイツフェルト・ヤコブ病の中でも変異なもの」と診断している。狂牛病は正式には「新型クロイツフェルト・ヤコブ病」といい、潜伏期間は5年から20年、発病したら最後、脳がスポンジ状に変異し、死に至る病気だ。つまり、彼女らの病気はきわめて狂牛病に似ているのである。

「新型の特徴は20代から50代までの比較的若い人に見られるということですが、チェリーヒルでは半数がその年齢で亡くなっています。また、痴呆の症状は弧発型ヤコブ病より出にくいので、入院する直前までキャリーのように症状が見られない人が多いのです」キャリーの場合、担当医師がまず、ヤコブ病の中でもさらに変異的なタイプであると診断した。その後、米国厚生省の機関の「病理管理・予防センター」に彼女の脳サンプルを送ったところ、国立プリオン病センター部長のピエールキイギ・ギャンベッティ医師は脳組織の中にプリオンが見られなかったとヤコブ病であることすら認めなかった。しかし、キャリーの母親はその結果に納得できず、名高い神経学者であるサウスキャロライナ・クラvと診断されたのだ。

他にも5ヶ所でヤコブ病集団発生

 バガスラー博士は、なんらかの圧力が働いて米国政府は正しい診断を下していないと指摘する。
 「私が、彼女の母親に依頼されて検査をしようと彼女の入院した病院側に脳のサンプルの提供を申し入れたが病院は提供を拒否。仕方なく弁護士を立てて、わずかな脳細胞のスライスを手に入れることができました。その少量の細胞からはプリオンは発見されませんでしたが、細胞の様子は明らかにクロイツフェルト・ヤコブ病であり、それも通常のものとかなり違って、脳細胞全体がスイスチーズのようになっていました。プリオン検査では陰性でしたが、まるでプ轣BましてBSEによる新型ヤコブ病の発症など、さらなる検査をしなくては判明できない。アメリカの病院ではそこまで検査を重ねません。また、国の機関に脳検査などを持ち込んでも、ほとんど検査は行ってくれない。地元の保健局に渡してしまい、そこで適当に握りつぶされているのが実情です」
 実はチェリーヒル以外にも、クロイツフェルト・ヤコブ病の集団発生が起きている。

1986~90年 ペンシルバニア レイアレン地区で18人
1989~92年 ペンシルバニア アレンタウン地区で15人
1996~97年 フロリダ タンパ地区で18人
1999~00年 ニューヨーク州 ナッソー地区で12人
2001~02年 オレゴン州全体で14人


 「弧発型クロイツフェルト・ヤコブ病は集団発生するものではありません。可能性として考えられるのはBSEの人への感染です。これらの集団発生に関してアメリカ政府はひとつも調査を行っていないのが現状です」
(前出・バガスラー博士)
 アメリカではアルツハイマー病、あるいは痴呆症と診断される人は年間400万人にのぼるが、複数研究機関の合同研究でこのうちの3~13パーセントが実際はヤコブ病であったことが判明している。ということは、少なく見積もっても12万人がヤコブ病の公式統計に含まれていEジャネット)

全頭検査に反対する巨大精肉加工業者
彼女が民主党の議員たちの会議に呼ばれた際、「アメリカ農務省は他にもBSEの牛がいることを見つけているが発表していない」とある議員が話していたという。 「情報を隠蔽してしまう体質が農務省の最大の問題点です。また、消費者やマスコミが声を上げて問題を追求することもままならないのです。
それは多くの州に農産物名誉毀損法というおろかな法律があるからなのです。 これは、正当な科学的根拠もなく農産物を批判することを禁じるというもの。実際に有名な黒人タレントのオブラ・ウィンフリーが食べ物を非難する発言をし、告訴されています。しかし、アメリカの多くの消費者は検査代を負担しても安全な肉を食べたいと考えているはずです。日本のように検査キットを使い二重三重のチェックをしていくことが重要なのです」(同前)

 米国の食肉加工業者の中には、消費者の声を受け、自分の解体場で処理する牛に関して全頭検査をしていこうという動きが出てきている。中堅の精肉加工業者「クリークストーン・ファームズ」もそのひとつだ。 この会社は今後、全頭検査を実施していく方針を明らかにし、日本などに向けた輸出分から順にキットによる全頭検査をしていく計画を示し農務省に許可を申請した。ジョン・スチュワート社長によると一頭あたりの検査費用は約20ドルで済むという。 だが、農務省はこの申請を却下しただけでなく、もしも業者が勝手に全頭検査に踏み切った場合、刑事責任を含む法的な措置をとると脅かしてきたのだ。 しかし、スチュワート社長はこう語る。 「中小の精肉加工業者の6割が全頭検査を望んでいます。日本がもしも民間の第三者機関を通した検査でも認めてくれたら、多くの精肉加工業者は農務省の指導を無視して自主的に牛を検に回すでしょう。検査に反対しているのは農務省を意のままに動かしている巨大な精肉加工業者なのです

アメリカでもし人へのBSE感染が確認されたとしたら、日本では牛丼が食べられないどころの騒ぎではない。輸血製剤の安全性など人の命にかかわってくる大問題になるのだ。

Health officials probing CJD cases in N.J.  By Steve Mitchell WASHINGTON, March 9 (UPI)http://washingtontimes.com/upi-breaking/20040309-011038-7707r.htm
Possible CJD cases tied to southern N.J.  WASHINGTON, March 9 (UPI)http://washingtontimes.com/upi-breaking/20040309-015553-4975r.htm
Jersey Woman Warns Public About Mad Cow-Like Disease  Janet Skarbek Says Nine Deaths Can Be Traced To Racetrack UPDATED: 5:00 pm EST January 29, 2004http://www.nbc10.com/health/2803827/detail.html
Family wonders if death is related to mad cow disease By: David Levinsky and Janet Skarbek (Mon, Jun/23/2003)http://www.phillyburbs.com/pb-dyn/news/112-06232003-112425.html
ロバート・ゼーリック通商代表と「健全」な職歴http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/03/post_7.html
アメリカ農務省報道官は全米肉牛協会出身http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/01/post_7.html
暗いニュースリンク 狂牛病http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/cat246361/index.html
BSE(牛海綿状脳症)Yahoo トピックhttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/bovine_spongiform_encephalopathy/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。