スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大震災からの復興計画ー神戸医療産業都市。

1995年阪神大震災が起こらなかったら、1998年神戸医療産業都市構想は生まれていなかった。
阪神大震災があったから、神戸復興計画として現在、神戸医療産業都市が作られつつある。
さらに国家プロジェクトとして文部科学省が推進する世界最速の次世代スーパーコンピュータの建設地に決定される。

現在、日本の阪神淡路大震災の復興計画として「持ち上がった」、神戸の「先端医療都市構想」の「全計画」はベクテル社が設計し、その建設工事を中心となって担っている。

阪神大震災の震源地は明石海峡大橋の真下地下16km。
その明石海峡大橋のボーリング工事は偶然にも、ベクテル社が行なっていた。

季が深刻な口調で話す。
「しかし、平和利用の一貫として、トンネルをほるために核爆弾使用を考えました。アイゼンハワーは、マコーンが支援するプロジェクトのひとつを思い通りに処理しました。そのプロジェクトは、ベクテル社のような民間企業が深い地底から石油を採掘し、山間部でトンネルを掘るのに、何と小さな核爆弾を利用するという計画だったのです」
http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/8951c08faaa83c6ceea1dcfa8ce3896e








巨大政商べクテル社の影
 なぜこういうことに注意を払わねばならないかというと、神戸市の開発計画とも絡んできているからです。神戸空港はこのままでは失敗します。そこで、ポートアイランド2期工事の中に空港とリンクするような産業を興す必要があるとの意見が出され、神戸市は4年ほど前に、「医療産業都市構想」を打ち出しました。既に先端医療センターや再生医療の研究所もできあがっています。ここに医療産業を誘致し一大医療産業都市を造ろうという構想です。
 この構想の調査委託先が、「ベクテル」というアメリカ企業です。ベクテル社は、ゼネコンを包括したような巨大グローバル企業です。「死の商人」というのは兵器産業が多いのですが、ベクテル社は戦争で破壊されたものを再建することで儲けている会社です。具体的には、湾岸戦争後のクゥエート復興を受注しています。コソボ紛争でも、その復興事業を請け負っています。また、沖縄名護基地の浮体工法を提案しているのもべクテルです。アラブでは、はっきり「死の商人」と呼ばれています。つまり国防省と繋がりの強い政商なのです。レーガン政権でシュルツ国務長官・ワインバーガー国防長官をはじめとして主要閣僚はほとんどベクテル社で占められました。現ブッシュ大統領の一大スポンサーにもなっています。



http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1030104233/
これ多分失敗するよ。

神戸市は良くやっている。
理研を誘致し(それも有名な研究者が多い)
隣接地区に立派な市立病院を建て 神戸大学も全面協力だ。


問題は日本で医療バイオが
新産業として成り立っていない所にある。


製薬企業が従来の創薬研究の延長で取り組んでいる部分しか バイオは商業ベースに乗っていない。
乗ることが確実視される商品は少なく
見込める市場規模の大きいものとなるとさらに無い。


投資してくれる顧客を捕まえたい証券会社の宣伝はさておいて、
現実問題、日本のバイオは公的資金で行われている公共事業である。

誰が使うのかと非難を浴びている橋や道路と同じく
何の役に立つのか研究者自身内心戸惑っている科学研究に多額の資金が投じられている。

サイエンスだから、という言い訳の効かない
リターンを求められる公的資金までがバイオに投じられているのが現状である。

このまま景気の悪化が続けば、産業的なリターンを ちっとも生んでいない日本のバイオ界への公的資金投入は縮小するだろう。
それは、この業界でも大量失業時代が到来することを意味する。




http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002572255.shtml

【神戸医療産業都市構想】 阪神・淡路大震災からの復興に向け、神戸市が1999年に構想を策定。ポートアイランド2期を中心に、生命科学や先端医療の研究機関を核とした医療関連企業の集積を目指す。政府の都市再生プロジェクトや文部科学省の知的クラスター創成事業に指定されている。



http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/35890482.html

中国マフィアと一体化したIBMの「事業提携相手」が、サウジアラビアの原油開発を独占するブッシュ=ロックフェラーのベクテル社である。サウジアラビアにおいて、ベクテルの社員達が米国陸軍のジープを「タクシー代わり」に使っている事、米国陸軍軍人をタクシーの運転手として使っている事は、関係者の間では有名である。ベクテルはイラク戦争において、攻撃の「費用対効果」の計算を含めた米軍の戦闘作戦計画の「策定に携わった」。そしてベクテルは現在は、日本の阪神淡路大震災の復興計画として「持ち上がった」、神戸の「先端医療都市構想」の「全計画」を設計し、その建設工事を中心となって担っている。ここで極秘に計画されている、人間のクローン技術による「大量生産」と、マイクロチップと人間の脳の「融合実験」は、人間クローン兵士=「何でも言う事を聞く」戦闘ロボット人間の「大量生産」を目的としている。未来永劫に戦争を続け、兵器販売で利益を上げるには、「死んでも死んでも、次々に戦場に姿を現す、クローン人間兵士」が不可欠である。このクローン人間兵士が、軍事産業の新しい「商品」である



神戸医療産業都市構想

神戸医療産業都市構想
『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸医療産業都市構想(こうべいりょうさんぎょうとしこうそう)とは、神戸市が主体となりポートアイランド2期地区を中心に医療産業や医療関係の学術機関を集積させ、産学連携による高度医療技術の国際的な研究開発拠点の整備に向けた都市開発構想である。

1998年から構想をスタートさせ、2001年には国から都市再生プロジェクトに、2002年には知的クラスター創成事業に選定、2003年には構造改革特別区域である先端医療産業特区に認定されている。
構想の中心であるポートアイランドには、2002年の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのオープンを皮切りに、先端医療センター、神戸臨床研究情報センター、神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センター、神戸大学インキュベーションセンターなどの公的機関が次々開設された。また2007年には神戸学院大学、兵庫医療大学といった医薬系学部を持つ大学が開設された。民間企業の集積も進み、国内・海外を含め、2008年1月現在で11の研究関連施設と140以上の医療関連企業が進出しており、今後もさらに増加する見込みである。
このポートアイランドでは、再生医療、細胞培養、バイオメディカル、トランスレーショナルリサーチ、医薬品の開発及び臨床研究、医療・健康機器開発、医療ファンドによる企業化研究、医療関連の人材育成、生命倫理の研究など、先端医療に関して様々な研究や取り組みが行われている。また、理化学研究所が主体となり国家プロジェクトとして文部科学省が推進する世界最速の次世代スーパーコンピュータの建設地に決定し、2010年の完成を目指し開発計画が進む。
主な施設 [編集]

リサーチゾーン・研究開発ゾーン [編集]
ポートライナーの先端医療センター前駅、ポートアイランド南駅周辺のエリアで、構想の中核施設やベンチャー企業育成施設が集積している。
先端医療センター
理化学研究所
発生・再生科学総合研究センター
神戸MI R&Dセンター (分子イメージング研究拠点)
神戸健康産業開発センター(HI-DEC)
神戸医療機器開発センター(MEDDEC)
神戸バイオメディカル創造センター
神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センター
神戸大学インキュベーションセンター
神戸臨床研究情報センター
分子イメージング研究開発拠点及び健康産業開発センター
神戸インキュベーションオフィス
神戸国際ビジネスセンター
神戸医療機器開発センター
日本麻酔科学会本部
メディカルゾーン [編集]
神戸中央市民病院周辺のエリアで、中央市民病院も先端医療センター前駅付近への移転を計画している。
神戸市立医療センター中央市民病院
アカデミックゾーン [編集]
ポートアイランド西岸には学術機関として大学が集積している。
神戸学院大学
兵庫医療大学
神戸女子大学・神戸女子短期大学
神戸夙川学院大学
関連サイト [編集]

神戸医療産業都市~神戸企業誘致推進本部~
神戸市(医療産業都市構想)
財団法人 先端医療振興財団
神戸医療産業都市・医療関連企業進出のご案内





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。