スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の新聞、テレビ、マスメディアが堕落している理由

電通は世界最大の広告会社。
1901年という、まさに20世紀の初めの年に誕生した株式会社 電通。
1930年代に日本で進められた、ユダヤ難民の移住計画河豚計画(ふぐけいかく)。
実現性が無くなり頓挫したが、そのときの人脈が、電通につながる。
戦前、電通は里見機関や軍部とつながり、軍の特殊機関として機能していた。
現在、電通が広告斡旋を独占支配し、メディアを支配している。


聖教新聞社は独自の印刷所を持たず、全国の新聞社、おもに毎日新聞社系列の印刷会社(関東は東日印刷、関西は高速オフセットなど)に印刷を委託し、このことによって日刊化を可能としている。公明新聞も同様に独自の印刷所を持たず、各地の印刷会社に印刷を委託。なのでメディアは創価学会を批判できない。メディアは創価に頭が上がらない。創価絡みの犯罪は書けない

松本サリン事件時、まともなことを書いていたのは唯一ジャパンタイムズ。オウムと創価の関係を書いていた。圧力がかかり記者3人は首になった

記者クラブ、新聞教会はアメリカを批判しないのが不文律。読売新聞はCIAがお金を出して作った。
読売オーナー正力松太郎はCIAからポダムと呼ばれていた。





02111.jpg



リチャードコシミズ氏のブログ


リチャードコシミズ氏 本日2月11日の学習会 マスメディア①




リチャードコシミズ氏 本日2月11日の学習会 マスメディア②

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。