FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL123便航空機事故には中性子爆弾が使われた。

JAL123便航空機事故は世界で始めて中性子爆弾が使われた。
放射能の影響か?人口減少率トップ2位は上野村と南あいぎむら。
今年に入ってからは村人の死人が多い。
この放射能は約1000代先までの方々へ被害をもたらす。
墜落時に生きていた多くの人が数時間後に死亡したのは急性原爆症。
そんな放射能汚染された地下500mに、揚水発電所(神流川発電所)が作られた!


12302.jpg



12303.jpg





http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/


中性子爆弾の放射化の影響は21年経ち、むしろ線量が強くなってきている傾向がうかがえます。広葉樹を中心に中性子線が当たるところにある樹木はかれ始めています。樹皮には123便の地獄の瞬間がプリントされ、半径50Kmの埼玉県内では乗客の形に焦げている樹木が散見されます。21年経ってからこの距離で焦げてしまう中性子爆弾の恐ろしさにはただただ驚嘆するばかりです。電柱の張り紙の跡は乗客の形に残り、電柱や街路柱が地獄絵になっています。これは都心や横浜付近でもいくらでも無数に確認できます。事態は深刻です。関東に人が住めなくなります。
広島長崎の「汚い爆弾」の研究は一通り行われましたが、御巣鷹の「きれいな水爆」の放射化の影響を詳しく調査しないといけません。被害は長期にわたり今後しばらくはむしろ線量が増大します。日航ジャンボ123便に対し使用された中性子爆弾は人類史上、重要な事件です。

放射線の放射の場合、通常では放射線が当たっても放射性物質ではないので特に問題ありません。しかし、強力な強い中性子線を浴びたりした場合、物質が放射化してしまい放射能となってしまいます。百科事典で掲載されているように「きれいな爆弾」は爆弾由来の放射性物質をほとんど出さず、見た目の被害も軽微で爆弾自体からの放射線も数時間程度でおさまります。ところが実際に使われた中性子爆弾は大地を放射化させ、中性子線を発しています。しかも、放射化された大地からの放射は短期間にとどまらず21年経っても深刻な線量です。
中性子を吸収した地面や山の原子核も誘導放射化され、中性子線、ガンマ線や電子線を放出しつづけています。

「きれいな爆弾」は決して使用してはならない深刻な兵器です。




人口減少率トップ2位は上野村と南あいぎむら、中性子爆弾の線量が強いところで移住ではなく自然減です。昨今では毎日のように救急車が出動していますし人口の少ないところなのに葬式の看板が激しいです。広島の原爆は熱で焼きつきますし熱線で人体が悲惨な状態になりますから目で見て悲惨だということになるのですが、御巣鷹の中性子爆弾は放射化を伴い3万年程度かけて被害を及ぼすが目に見えないのでたちが悪いです。 なぜ線量が強くなるかといいますと、離れた原発や核実験からの中性子線をエネルギーにできるからです。たとえば¥100ショップの弱い磁石を強くするにはその磁石に強い磁石を近づけたりして外部からエネルギーを送ってやればよいわけです。放射化した物質は有害というのがこの点で外部からの中性子線でさらに強い放射性を得てしまいます。これが御巣鷹で起こっています。線量が強い地帯に行きますとたちまち放射線やけどができますので危険です。 広島の爆心地へ行っても特に大丈夫ですが、御巣鷹の中性子爆弾はこれが線量が強いのです。 人体への影響としましては自分の体で観察した限りでは大きく3点挙げられます。 1、急性原爆症・・・血の気は多いので全く貧血等起こしませんが御巣鷹で線量が強いところに滞在するとたちまち倒れるほどの貧血になります。 2、放射線やけど・・・着衣に覆われた部分までもが海岸で焼いたようにひりひりして日焼け、やけどになり皮が全て入れ替わります。 3、無せいし症状・・・全くせいしが居なくなります。広島等通常原爆では体験できない現象です。 その他、強い吐き気等、急性原爆症の症状が線量の強いところでは発生します。 影響が長いですからこの件に関しては明らかにされるべきだと思うのです。 数万年はこの状態ですから隠蔽しても先延ばしに過ぎません。特に去年辺りから乗客の形にがけ崩れがおきたり、樹木の1985年の内側のこげかたが激しくなってきたり、アスファルトが乗客のかたちに消失したり(油分は分解されてなくなってしまいます)目に見えて影響が大きくなってきまして広い分野で調査していく必要があると感じるしだいです。 今年に入ってからは村人の死人が多いです。 中性子爆弾は当時気軽に使える夢の爆弾でした。 しかし現実はとても使える兵器ではありません。 中性子爆弾を受けた機体がどうなったか、現場にはいくらでも機体があります(墜落現場というのは飛んでいった現場にすぎません)。破片を見ると、どれも同じように外側から内側に金属疲労していてバームクーヘンのようになっていてそれがバームクーヘンを食べるときのように破断しています。これは、被弾した際に一瞬にして金属疲労が発生したことを意味しています。また、それが数日前の機体のようにきれいです。放射化していて腐食したりしないからです。人骨もです。期待と一緒ところの人骨は、まるで数日前のもののようにきれいです。これも放射化して強い放射線を発しているためくさらないからです。 鹿の大量死が観測されます。線量は日輪型のようです。広島原爆でも爆心地に近くても生きている人も居ましたが離れていても原爆症が激しい人もいました。これと線量が類似で、2km程度のところでも鹿が大量死している地帯が観測されます。(放射線やけした放射化樹皮を食べているからです) 積載の放射性物質や劣化ウランの重りは広大な地帯に対しては微量ですので無視してください。皇居のお堀で立ちしょんをしたらアンモニアガスでへいかが倒れるといったレベルのありえない議論です。 広島でよく見られたのは熱線で焼きついた光景です。御巣鷹の123便乗客は飛行中の乗客の様子が無数に広範囲に観測されるという点で放射線であるということです。また、水分・油分が転写されているので中性子線だということです。一部、レントゲンのような骨が見えるものもありますがこれは起爆の際の原爆に起因する放射線だろうという点です。

私も最初は全く破片など見つかりませんでした。ところが、現場周辺にはたくさんの方の魂がいらっしゃいまして、ご案内いただくようになり、こちらへどうぞというほうに行くとおもしろいように機体破片があります。遺骨にも遭遇しましたがまるで数日前の骨のようです。放射化して強い放射線を放っており腐らないんですね。 おそらく、中性子爆弾で死ぬということは一瞬にして肉体のみなくなり、精神と魂だけがさまよう状態になってしまいます。本人たちも好きでそうなっているわけではありませんので体がないことは言わないであげて普通の人として接するようにしています。 彼らの言い分につきましてですが、彼らは一瞬にして肉体だけなくなってしまった状態のためわけがわからずにいる面もありますが要求といたしましては大きくは次のものです。 米軍F19(F117)に撃墜されたことを明らかにしてほしい。 埋まってしまっているので助けて(ほりだして供養して)ほしい。 この件でよくないのは善が被害をこうむり、悪はのうのうとしているということです。 伊豆で1回目の被弾をしてからなんとか操縦していた乗員は御巣鷹での2回目の被弾、撃墜により報われませんでした。


埼玉県境のあたりの調査は現在でも時折意識が遠のくほどの線量を浴びながらになり相当体に悪いことはわかっています。しかしながらこの先約1000代先までの方々へ続く被害を考えたとき、当時を生きた人間としての責任があると考えます。 世界で始めて中性子爆弾が使われた例として123便は公にされるべきです。 人口減少率1位と2位は上野村と南あいぎ村です。若者の転入があるにもかかわらずひどい葬式現象です。人口が少ない地域なのに救急車の出動が激しいです。人間が御巣鷹起因と思われる状況で救急車で運ばれているのは児玉町(現在本庄)神川町あたりからです。 とても人間が住める状況にないと思われます。木の樹皮が放射線で焦げてしまうのですがこれを食べた鹿の異常な大量死が見られます。樹木が放射線でこげる地域を見て回りましたが思っていた以上に深刻でした。半径50Kmにも及びます。これは原爆では発生しなかった規模です。(原爆ではその場の放射性物質生成やエネルギーの発散でその場で収束するのに対し、中性子爆弾は物質の同位体変換を発生させこれが放射化で電子軌道が安定状態に戻るまで数万年もエネルギーを発散し続ける) 墜落遺体には黒こげの原爆遺体もありますので中性子爆弾の亜種かもしれません。 いずれにせよ520人のうち後部150人以外が目から頭の中が、口から内臓が瞬時にスプレーされる悲惨な状態で飛行中に体内爆発状態で亡くなられた事実以外に、数万年に及ぶ中性子線被害を発生させる状況になったのが123便です。 緩やかな坂の途中の墓碑に名前ではなく「この国の国籍は天国にあらず」と書いてあるものがあります。的を得た碑だと思います。 このような残虐なしを前にして国はなかったものとした、何をやっているのだ。極めて残虐な虐殺です。F19も写真のごとく衛星写真から自然のスカラー放射線中に確認できます。 核兵器でなくなるということは、一瞬にして肉体だけがなくなってしまうのである意味死んでいません。意識というか魂が残っています。ただ、意識は肉体がないため移動できません。魂はかげろうのようなかたちをしていてぼわーと移動します。御巣鷹ではこういった世界が当たり前です。 彼らの声を聞いてみてください。ここをこうしてくれ、これをもってきてくれという声を聞いて手伝ってあげてください。


「墜落した時は、大分多くの人が生きてはって、御父さんも咲子ちゃん(妹)も未だ生きてて、御話しててね。あっちでもこっちでも、がやがやと話し声が聞こえて来て・・・。」
「(残骸から)抜け出そうとして動くと足が痛くなる。そう言うたら御父さんは動かん様になった。段々動かなく、物を言わない様になった。咲子ちゃんも吐いた物が喉に詰まる様な感じになる。『御婆ちゃんと、又皆で元気に仲良く暮らそうな。』と言って上げたけど、げえげえと言い出したと思ったら静かになって、咲子ちゃんも死んだみたいや・・・。廻りで皆が話してはった声も、段々聞こえなくなって・・・。その内、皆話さなくなった・・・。」

生き残った方で亡くなった方は急性原爆症です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。