FC2ブログ

島根女子大生殺人事件

ネット上で記事を調べているうちにその光景が浮かぶ、あまりの恐ろしさ。
(捜査事情通)
 にわかには信じがたいが、犯人が肉片を食べた形跡もあるという。
フジテレビ系のニュースによると、腹部に刃物で切られた跡があり、内臓の大部分がなかったことが判明した。
「頭部と胴体の発見場所から約2キロ離れた地点で見つかった左の大腿骨(だいたいこつ)は、肉がきれいにそぎ落とされていた。捜査員は、てっきりイノシシかシカの骨が風化したものと思って拾ったそうです。野犬の仕業では、こうはならない。明らかに人為的なものです。また、遺体の一部には、ミンチ状に切り刻まれた形跡もあった。犯人が食べたとしか思えないのです。
人体を食べるのは人間ではない、悪魔としかありえない。そして現実にその爬虫類人間がいるとすれば。

犯人グループがつかまらなければ、また同じことが繰り返されると思う。
ネット上で調べただけでも犯人グループの推測がつきますが、常識にこだわれば、捜査は難航するように思います。解決できなければ恐ろしくて、この近くには住めない。鳥根県警の力が問われます。


サタン礼拝いけにえの儀式を語る!
http://www.youtube.com/watch?v=VfCJ4LKfFvo#t=7m25s



島根女子大生殺人は旧約聖書をモチーフにした儀式殺人である
http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/404.html
投稿者 アナグラム読み 日時 2009 年 11 月 17 日
23:06:26: QsgiAF3Oo7JCM


報道によると、遺体は頭部が切り離され、肩と股関節から手足が切断された状態で発見された。腹部に刃物で切られた跡があり、内臓の大部分がなかった。さらに胴体部分は全体的に黒ずみ、たき火などで焼かれた形跡もあったという。常人では考えもつかないような惨殺の手法である。犯人は遺体を隠そうとしたとは思えない。むしろ発見されることを予期し、右往左往する警察やマスコミを軽蔑し愉しんでいるように思える。これは旧約聖書をモチーフにした儀式殺人ではないか。この手の事件は過去日本に何件も起きている。だがそのいずれもが迷宮入りするか冤罪の犯人が逮捕されるかによって幕引きされており、一般にはそれと知られていない。その最も有名なものは神戸の連続児童殺傷事件であろう。(この件については後に関連サイトを挙げておくので参照されたい)

旧約聖書をモチーフにした猟奇殺人には、犯人が暗号めいた文字、数字の謎かけを残すことが多々ある。島根女子大生殺人では被害者の名前や犯行にかかわる地名がそれにあたる。

平岡都。この被害者の名前が象徴的である。イスラエルの首都エルサレムの名前の由来を知っておられるだろうか。イール・シャローム(平和の町)だと言われている。不幸にも被害者の名前は「平和の都の中央に岡(丘)がある」という構造になっている。この丘とは言うまでもなく神殿の丘、別名シオンの丘である。ユダヤ教の聖地嘆きの壁のある場所だ。この被害者は、哀れにも名前がユダヤ教の聖地を意味するというだけで生贄に選ばれたのだ。ちょうど神戸の連続児童殺傷事件で土師淳君が、旧約聖書の土師記を意味するため選ばれたように。遺体は臥竜山で発見された。竜は旧約聖書では悪魔の象徴とされる。神戸事件でも被害者の胴体が見つかったのは竜の山(通称タンク山)であった。また、臥竜山の麓には八幡湿原がある。八幡という地名もユダヤと関連があるらしく、日ユ同祖論では「ユダヤ」のアラム語「イエフダー」が転訛して「ヤハタ」になったと語られたりする。
また、事件の起きた浜田市には弥栄町という地名がある。被害者の失踪した国道9号線と臥竜山の中間あたりに位置する。弥栄とは、ずばりユダヤ教の唯一神ヤーヴェが転訛した言葉だという話がある。ニュースでは被害者の身元は浜田市としか伝えられないが、弥栄町と関係していないか確認すべきであろう。たとえ関係がなくとも、関係づけるために犯人が弥栄町に何らかの痕跡を残している可能性もある。

なお、これらの地名が本当にユダヤ起源であるかどうかは問題にならない。犯人の頭の中でそれらの単語が関連しているだけで象徴殺人は可能になる。

また、この手の象徴殺人においては数字合わせもよく行なわれる。犯行の行なわれた日にちなどの数字が、旧約聖書の章番号その他を意識して選ばれる。残念ながら今回の事件ではそれを見つけられなかった。心ある人は、この謎ときに挑戦していただきたい。この国の民には知恵者はひとりもいないとせせら笑っているであろう犯人の鼻をあかす名推理を期待する。

ところで、今回の象徴殺人事件の舞台となったのは島根県であるが、なぜ島根なのか?すぐに思い出すのは出雲大社の存在である。出雲神道は伊勢神道よりも大陸からの影響を強く受けている。その中には遥か中東からシルクロードや新羅を経由してきた勢力の影響も含まれる。日本古来の神道を出雲勢力が乗っ取ってできたのが現在の神道であるという説もある。少なくとも、神道とユダヤ教の儀礼とに見られる著しい類似性は誰にも否定できない。

今回の殺人が儀式殺人であるならば、儀式の目的があるはずだ。それは出雲から日本の国体を侵食した歴史を再現することではないだろうか。ユダヤ系の外資に代表される勢力が日本の買い占め(出資と言い換えている)を画策している現状を重ね合わせずにいられない。象徴的あるいは霊的に日本を支配したいと考えた犯人が、臥竜山でユダヤ流の「血の儀式」を行ない、その視線は出雲大社に向けられていた、と考えることが可能なのではないか。そしてこの事件は、日本人の心に混乱をもたらし言いようのない不安を植え付けるための心理操作の一環として計画されているのではないか。一般の人々に世も末だと感じさせ、この国もここまで病んだかという諦念に捕われるよう誘導しているのではないか。神戸事件では、この手法の舞台に「神の戸」となるべき地が選ばれている。ここで意図されている神は、日本固有の八百万の神ではない。



http://74.125.153.132/search?q=cache:UgFLHebdswEJ:ameblo.jp/sski900/+%E5%B9%B3%E5%B2%A1%E9%83%BD%E3%80%80%E5%BC%A5%E6%A0%84&cd=28&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
臥龍山の頂上にある神社ってコトリバコのいいつたえのある神社ですか?
他スレでみたけど島根と広島の県境のとある集落にはヨツタという奇祭があって100年前まで若い娘を解体して神に奉げる儀式があったとか?
その生贄に選ばれた娘の胸には刺青がいれられるとか、この事件と共通項が多そう。
コトリバコに謎の奇祭、何か関係あるのかな。


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20091112/dms0911121609010-n2.htm
被害者は胸にタトゥーを入れていた。


http://74.125.153.132/search?q=cache:cQ0z_kRy0OEJ:news.livedoor.com/article/detail/4445375/+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%80%80%E9%81%BA%E4%BD%93&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
左足首に切断跡なし=人体に知識、関節外す?-女子大生遺体事件・広島、島根県警
2009年11月11日19時23分 / 提供:時事通信社
 島根県立大(島根県浜田市)1年平岡都さん(19)の遺体の一部が広島県北広島町の臥竜山中で見つかった事件で、左足首の骨には切断されたような跡はなく、関節を外されたとみられることが11日、捜査関係者への取材で分かった。両県警の合同捜査本部は、犯人が人体について一定の知識を持っている可能性もあるとみて調べている。
 左足首は9日夕方、臥竜山山頂付近に通じる林道入り口から約2.5キロ地点で、捜索中の警察官が発見した。 


http://plaza.rakuten.co.jp/danu2720/diary/200911110000/
広島県の山中で島根県立大1年生、平岡都さんの遺体の一部が見つかった事件。
 捜査が進む中、その異常な犯行内容が次々に明らかになってきました。
 今日新たに平岡さんの顔に押さえつけられたような跡があることが判明し、重ねて遺体の一部には焼かれたような跡もあるといいます。
 顔には殴られた跡とは別に皮下出血があって、地面や床などに押し付けられたような、何か強い力を加えられた際の跡とみられているそうです。
 殺害以前から激しい暴行が加えられ、かつ殺害後には遺体をバラバラにし、一部は焼却しようとさえしていて、しかもそれらを車で林道を走りながら、数か所に分けて遺棄しています。
 胴体には鋭利な刃物の傷跡が複数あり、遺体の切断には大型の刃物が使われたと見られるなど、何から何まで余りにも猟奇的な様相です。
 既報では夏頃から不審者情報があり、一時は定期的なパトロールも行われていたそうです。
 犯人は近隣にいて、この猟奇的な犯罪の機会を虎視眈々と狙っていたのだと思えます。
 怖いのは、こうした犯罪の多くが「繰り返される」ことです。
 第2・第3の犯行を重ねさせないためにも早期の逮捕が望まれます。


http://news.livedoor.com/article/detail/4448320/
一方、怨恨(えんこん)説をとるのは犯罪心理に詳しい心理学博士の鈴木丈織氏だ。
「平岡さんは絞殺後に頭部を切断された疑いがあるそうですが、首を切るという行為は相手に“確実な死”を与えること。強烈な恨みを抱いた犯人にみられる特徴的な行為です」
 猟奇的で残忍な犯罪から、犯人は凶暴な男のイメージが先行するが、鈴木氏は犯行に女が絡んでいる可能性を指摘する。平岡さんの顔には殴打痕のほか足で踏まれたあとがあった。そこに女の怨恨がちらつくというのだ。
「日本人は人の顔を踏みたがらないもの。とくに男性は自分が手を下した相手でもまだ愛情があるから顔は踏みません。でも女性は憎悪にかられて顔を踏むことがある。また、胸の部分には切り傷があったそうですが、女が女の胸を切るのは恨みからくる行為です」(鈴木氏)
 山頂付近に死体の断片が点在していたことも女性犯人説を補強する。
「平岡さんは失踪前に男性2人に連れられて歩いているのを目撃されています。この男たちが誘拐と死体遺棄役を務め、ほかに殺害犯の女性が存在したのなら、男たちは罪の意識は薄い。そのため簡単に見つかるような捨て方をしたと考えられるのです」(鈴木氏)
 頭部や胴体は何かで包むこともなく無造作に捨てられていた。やはり捨てた犯人のほかに女がいるのだろうか――。
(日刊ゲンダイ2009年11月10日掲載)



●想像を絶する遺体の凄惨
 島根県境の広島県の山中で、島根県立大1年生の平岡都さん(19)のバラバラ遺体が見つかった事件は、時間が経つにつれ、猟奇的な色合いが強まっている。見つかった遺体の状態が尋常ではないのだ。
「遺体は四肢が切断され、乳房がえぐり取られた上、性器部分も切り取られてグチャグチャになっていました。そのため、胴体が発見された当初は、すぐに性別が判断できなかった。腹部が切られ、内臓の大部分がなくなっています。胴体の一部は焼けていて、血を抜かれ、皮膚もはいであった。両腕と右足はまだ見つかっていません」(捜査事情通)
 にわかには信じがたいが、犯人が肉片を食べた形跡もあるという。
「頭部と胴体の発見場所から約2キロ離れた地点で見つかった左の大腿骨(だいたいこつ)は、肉がきれいにそぎ落とされていた。捜査員は、てっきりイノシシかシカの骨が風化したものと思って拾ったそうです。野犬の仕業では、こうはならない。明らかに人為的なものです。また、遺体の一部には、ミンチ状に切り刻まれた形跡もあった。犯人が食べたとしか思えないのです。『羊たちの沈黙』のレクター博士じゃありませんが、血抜きをしたり、右腕の関節をはずしたあとがあることから、犯人はある程度、医学的な知識があるとみられます」(社会部記者)
 上智大名誉教授の福島章氏(犯罪心理学)は、犯人像をこう分析する。
「快楽殺人にしろストーカー殺人にしろ、性器やそれに準ずるものに執着していることから見て、犯人は98%の確率で男でしょう。殺して遺体を解体すること自体にサディスティックな喜びを感じる性的異常者です。平岡さんが夜遅くひとりで帰宅することを知って、狙いを定めていたのかもしれません。遺体を遺棄した場所から考えて、土地勘はあるはずです。首を切り落とすというのも、性的異常者によく見られる現象。神戸の酒鬼薔薇事件を彷彿(ほうふつ)とさせます」
 実際、酒鬼薔薇事件との関連性を疑う声もあったという。前出の捜査事情通が「ここだけの話ですが……」と、こう打ち明ける。
「更生した酒鬼薔薇が広島の呉市で働いているという情報があったため、広島県警は一応、所在確認をするようです。彼自身は無関係とは思いますが、模倣犯の可能性はある。事件が思わぬところに飛び火してしまいました」
 捜査本部としては、ワラをもつかむ思いなのかもしれないが、正体不明の人食い殺人鬼が捕まらないかぎり、不安が広がる一方だ。
(日刊ゲンダイ2009年11月18日掲載)


下記の事はネット上で調べれましたが、URL乗せない方がいいと思われますので。
なぜなら酒鬼薔薇聖斗は冤罪だと思われます。
そして酒鬼薔薇聖斗の出身地は被害者と同じ坂出市出身らしい。
: 坂出は酒鬼薔薇聖斗のお母さんの出身地らしい。





http://ameblo.jp/fukeiki01/entry-10393042961.html#main
この光の正体は、「光柱」だそうです・・・
氷の結晶でできた六角柱の形をした上層雲に強い光が反射して起きる現象で、日本海で操業する漁船のいさり火が反射したとみられています・・・
それにしても、神秘的ですね・・・まるで天からご神体が降りてきたみたい・・・そうなんです!
これ、ご神体なんです!
今日20日から25日まで出雲の「神在祭」で、全国から神々が集まってきているんですね!
で、この神事は別名「お忌み祭り」と言われ、神々の話し合いが行われるので人々は邪魔をしてはならないとのことで、忌み謹んで生活することからこの時期を「お忌みさん」とも言われています・・・
また、この祭りの頃は、よく海が荒れるので「お忌み荒れ」と言われるとか・・・そして、この「お忌み荒れ」で、海岸に龍蛇が打ち上げられるのでこの龍蛇を竜宮の使いであるとして、神社に奉納するという言い伝えが・・・だから漁師達はみなこの頃、龍蛇を探しに行くとか・・・その奉納する神社が光柱の
現れた松江市の佐太神社・・・・・このお話を聞いて、  妙な胸騒ぎが・・・ そう、島根の少女と龍蛇がだぶってくるんですね・・・光柱=人柱なんていうのも・・・ひょとして光柱現象は氷の結晶じゃなくて
6角形の分子構造のベンゼン系の薬物・・・ケムトレイルでまいたとか
・・・「お忌み荒れ」の時節だし・・・お忌みさんだから、知ってても言わない・・・で、全国から神々が集い話し合う「神在祭」って・・・
祭り事=政(まつり)事=国会!ですよね・・・やっぱり、UFOに乗った宇宙人のシワザ!?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード