FC2ブログ

強制収容所FEMAに行った小石泉氏の講演!

小石泉氏は建設中の強制収容所FEMAに入った。
強制収容所FEMAは3000箇所以上現在作られている。その中には線路があり、毒ガスのパイプラインがある。
世界を統一し、666という番号を頭と額と手に押さないと、売ることも買うこともできない時代が来る。
新型インフルエンザでパンデミックと指定されると、ワクチンによる死者、障害者を研究所、医学機関は発表してはいけないとされている、つまりインフルエンザより怖いのはワクチンである。
支配者達はサタニストで、幼児の生贄をささげている、それは日本でも行われているが、もみ消されている。
アメリカの巨大企業が倒産しているのは、沈む船(アメリカ)から逃げ出しているから。



「アメリカ炎上」小石泉氏wf200908動画ダイジェスト版




支配者達はサタニストで、幼児の生贄をささげている、それは日本でも行われている。
日本では、連続幼女殺害の宮崎勉であるが、彼は冤罪?であるという説がネットで流れていたが、それでは誰がそんな凄惨なことをしたのかと疑問でしたが・・・・




この宮崎勤の裁判において「決定的な物証」と呼べるものは皆無だったのだ。
もう一度繰り返そう。
皆無、である。

http://blogs.yahoo.co.jp/kagiwo/21654899.html

疑問点は様々あるのだが、一番おかしいのは、物的証拠が無いことだ。
被害者を殺害し、運んで処理したとされる、宮崎被告の車や自宅から、まるっきり被害者の髪の毛も指紋も体液も血液も、何の反応も無かったのである。
しかし、裁判では宮崎勤被告の精神
鑑定ばかりが問題視され、宮崎勤の無罪が争われなかったため、それら全てがうやむやになってしまったのである。


栃木・群馬県境で、幼い女の子が次々と消えている。この20年間に、栃木県足利市を中心とする半径20kmの円内で、6人の幼女が失踪5人が無惨な遺棄死体で発見されているのだ。そのうち3件の容疑者として、ひとりの知的障害のある男が逮捕され、警察は一連の事件の終結宣言を出した。しかし・・・・・。菅家利和被告(54)が逮捕されたその「足利幼女連続殺害事件」で、実はとんでもない”犯人でっち上げ捜査”が行われていたことをいま、真実を知る目撃者が8年間の沈黙を破り告発する。県境に潜む真犯人は、今もどこかで、笑っている。




http://ccplus.exblog.jp/8146130


http://www.kiwi-us.com/~akuma/3834.htm


http://blogs.yahoo.co.jp/yepo20002000/43114153.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード