Googleは2人のユダヤ人によって創立された!

多くの人がGoogleの恩恵に浴している。
Googleは無料でいろんな便利なソフトを提供してくれる。
もしGoogleがなくなったらと思うとぞっとする。

でもGoogleはユダヤ企業で、設立時からロスチャイルドがスポンサーであるらしい。
Googleは我々の知らないうちに、個人、国家や会社の情報を把握してしている。

これが悪用される可能性も否定できない。
Googleに異論を唱えようとしても、背後にはのユダヤ権力がある。
マスコミ、司法、警察等を利用し、反対勢力を抑える。
◆ 総務省がストリート・ビューを容認


そして今後さらに多くの情報を盗んでいく。

さらに彼らもユダヤ人。
マイケル・デル(DELL)
スティーブ・ジョブズ(Apple)ハザール系ユダヤ人
スティーブ・バルマー(Microsoft)
ビル・ゲイツ(Microsoft)Closet Jews

特にビル・ゲイツ(Microsoft)もユダヤ人だから、GoogleとMicrosoftはライバル関係だと世界は思っているが、実体は裏では協調体制があるのではと推測されます。
ユダヤ人は、裏側で全部繋がっている。競合、拮抗しているように見せかけてはいるが、大ボスの号令で大同団結する。
 911の当日、WTC内の会社のユダヤ系社員が一斉に欠勤したのと同じように。
彼らには、彼らだけが知っているネットワークがある。非ユダヤには見えない命令系統がある。



http://74.125.153.132/search?q=cache:PGHPvRzLEE4J:socweb.blog80.fc2.com/blog-entry-31.html+google+%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E4%BA%BA&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

2007/02/16(金)
Googleの創立者の一人、サーゲイ・ブリン(Sergey Brin)の個人的な情報はほとんど公開されていなかった。ところが今回Moment誌2月号にロングインタビューが掲載されて話題になっている。

Moment誌は1975年にホロコーストの生き残りでノーベル文学賞受賞者の作家・ジャーナリスト、エリ・ウィーゼル(Elie Wiesel)らによって創刊されたユダヤ系コミュニティー向け雑誌。Jewish Culture, Politics, Religion というサブタイトルのとおり、ユダヤ文化、政治、宗教を論じる高級誌である。日頃は秘密主義のブリンもモスクワ生まれのユダヤ人としてのアイデンティティーの側面からこのようなインタビューに応じることになったのだろう。

興味深いのはロシアでユダヤ人迫害を体験してアメリカへ移住してきた両親へのインタビューだ。一家はサーゲイが高校生のときにモスクワに里帰りするが、そのとき、サーゲイはソビエト社会に衝撃を受け、父ミハイルに「僕らをアメリカに連れてきてくれてありがとう」と深刻な表情で言ったという。

なお、もう一人のGoogleファウンダー、ラリー・ページも家系としては完全にユダヤ系だということもこの記事ではっきりした。ラリーの母方の祖父はイスラエルのアラドに住み、母はユダヤ教徒として育てられた。ラリーの父もユダヤ系だが無宗教で、ラリー自身もバルミツバ(ユダヤ教の成年式)を受けてはいないという。

Mark Malseed記者は、Googleは2人の(あるいは何人でもよいが)ユダヤ人によって創立された史上最大の企業(のひとつ)であり、「悪をなさない」という律法的なモットー、従業員に対する家父長的な保護、技術部門では博士号取得者だけを採用するエリート主義、訴訟も辞さない強引な業務展開、などにそこここにユダヤ的色彩を濃く持っていると評している。



政治家や企業のトップはGmailを使っては、プライバシーや極秘情報が筒抜け?
http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20091018-1.html
グーグルは、世界中のPCから、個々人の検索履歴や閲覧履歴、メールの内容までを把握し始めている。
これは個人だけでなく、政治家の「頭の中」を、グーグルが把握できる段階になっている事を示している。
特に、Gmailは、全てグーグル本社によって保存され、「私人の頭の中の支配」の手段となっている。
企業同士のメールを保管し、金融市場の投機において、「勝利し」、他企業の支配を進める部署、
マスコミを凌駕し、「ニセ情報の流布」により、政治経済状況の「私的な流用」を行う宣伝部署が密かに作られ始めている。




http://74.125.153.132/search?q=cache:qwlt6sX7TJMJ:google-and.meblog.biz/article/1293976.html+Google%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E4%BC%81%E6%A5%AD&cd=9&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


実は、Google はもともと「過ちて改める」という方針を取らない。代わりに、次の方針を取る。
 「悪の既成事実化」

 説明しよう。
 まず、何か新しいことをなす。そのあとで、それが「悪」だと判明する。このとき、普通の人ならば、それをやめるだろう。しかしその場合、金儲けもまたなくなる。これでは「収益の重視」という第1方針に反する。
 では、どうするか? 「悪」を「善」に転じてしまうのだ。簡単に言えば、「悪」を「善」と思わせるように、世間全体を洗脳してしまうのだ。そのために用いる方針が「既成事実化」である。
 「悪」だと判明しても、なし崩し的にずっと継続していると、人々は諦めてしまう。「しょうがないさ」と。…… Google はそれを狙っているのだ。
 その一例が YouTube だ。これは、著作権法違反の温床だとして、犯罪の巣窟だと見なされていた。YouTube が小さな企業であるうちは、大々的に非難された。しかるに、Google が YouTube を買収してからは、非難の声がすっかり下火になった。相も変わらず、著作権法違反は続いているのだが、著作権法違反にいくらか配慮する形で、犯罪性の度合いを低めた。そのことで、「犯罪ではなく合法的な事業です」と見せかけた。……かくて、犯罪の巣窟である YouTube を、既成事実化して、金儲けの手段にした。
 これでわかるだろう。「悪の既成事実化」こそ、金儲けの方法なのだ。そうすれば、自分では何らコンテンツを開発することなく、コンテンツとしての映像は、丸ごと他人に依存しながら、広告料収入だけは自分が儲ける。そういう「濡れ手で粟」のボロ儲けをすることができるようになったのだ。
( ※ Google の開発した映像など、下手な宣伝ビデオがあるぐらいだ。文化的には何ら貢献していない。ただし儲けるのだけは上手。映像泥棒みたいなもの。)

 (5) ユダヤ精神
 Google の体質はわかっただろう。こうだ。
 明白な悪とは言えないような悪をなす。
世間のやり玉に遭うが、世間に排除されないギリギリの程度まで違法行為を続ける。
そのまま、既成事実化を推進する。つまり、世間が抵抗しない範囲内で、領域をどんどんひろげる。
世間が一歩退けば、さらに一歩進む。こうして、
領域をどんどん奪って、なし崩し的に、世間の領域を自分のものとする。

 実は、この方針は、Google に独特の方針ではない。
ユダヤの方針だ。
 ちなみに、パレスチナの歴史を見ればいい。
まさしくイスラエルは、その方針を取っている。
少しずつ少しずつ、パレスチナの領域を奪っていく。押したり引いたりしながら、一歩また一歩と相手の領域を奪っていく。……これはまさしく Google の方針と同じだ。
 では、なぜ、Google はユダヤの方針を取るのか? 私は不思議に思った。「最先端の米国企業がそんなことをするのは変だな」と。そこで、念のため、Google で検索してみた。その結果、想像どおりのことが判明した。
 Google の創業者二人は、ともにユダヤ人なのである。
さらにまた、創業資金を出したのも、ユダヤ系のロスチャイルドだということだ。( → Google 検索 )
 まさか、こんな結果が出るとは思ってもいなかった。しかし、とにかくこれで、Google があまりにもえげつない方針を取ることについては、氷解した。



http://google-and.meblog.biz/article/1563592.html
Google はネットの先端企業の顔をしているが、本質的には犯罪者である。その犯罪は、情報泥棒だ。他人の情報を奪い、それを自分の金儲けのために利用する。
 ただ、その泥棒の技術が、ものすごく先端的だ。通常の法論議の枠を越えて、過去に例のない方法を 先端技術で行なう。つまり、最先端のハイテク泥棒だ。

 ここに本質がある。Google を「先端技術のある企業だ」と認識するのでは足りない。Google を「悪質な犯罪会社だ」と認識するのでも足りない。その両方を組み合わせた、過去に例のない、まったく新たな犯罪企業なのである。
 そのことを理解しないまま、単に「先端技術がある」とか「犯罪的だ」とか思うのでは、認識を誤る。相手が最先端の泥棒なのに、こちらが旧技術の警官では、泥棒が勝利する。
 相手が先端技術と泥棒技術との双方で優れているのであれば、こちらもまた先端技術と警官技術との双方で優れている必要がある。さもなくば、泥棒の勝ちだ。
 Google はいわば、ルパン4世みたいなものだ。そのことをきちんと理解した上で、しっかりと対処する必要がある。



http://74.125.153.132/search?q=cache:kfF-XTPUG4UJ:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423719584+%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB%E3%80%80%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

セルゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ(Google)
マイケル・デル(DELL)
スティーブ・ジョブズ(Apple)ハザール系ユダヤ人
スティーブ・バルマー(Microsoft)
ビル・ゲイツ(Microsoft)Closet Jews


ブッシュとベクテル系のウサマ・ビン・ラディンの対決商法の如く、歴史の悪役を演じたヒトラーはロスチャイルドのエージェントであり、ユダヤ系工作員です。被差別ヒエラルキーによる世界支配を成し遂げるべく、自作自演を行ったのです。テンプル騎士団の末裔であるナチスは、姿を変え、現在もアメリカを支配している。CIAの内部告発者からの情報によると、マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ氏は隠れナチである可能性が高い。その根拠は、ビル・ゲイツ氏の父親がIBMの創業者であるトム・ワトソン氏と親しかったことです。 そもそもIBMがコンピューターを作ったのはナチス・ドイツのためであり、暗号管理と集計のためにIBMコンピューターが使われていたことは有名である。またトム・ワトソン氏がナチを支持していたのも同じく有名であった。ナチの思想には有色人種を家畜にして殺すことがあります。マイクロソフト社の創業時、IBMは確かにビジネス的には考えられないようなことをしている。要するにパソコンの基礎ソフトがこれから大きな産業になるのを承知していたのにも関わらず、その権利を無名の大学中退者であるビル・ゲイツ氏に渡した。その結果ビル・ゲイツ氏には莫大な資金が入ることになった。それからビル・ゲイツ氏は大きな財団を作り、アフリカや発展途上国で表向きには“医療や保険・エイズ問題”のために動いている。しかしこういう背景があるのならば裏を調べる必要があるだろう。もし仮に彼が本当に隠れナチであるならば、それは大変なことである。以前予防接種ということでHIVウイルスがアフリカにばら撒かれた可能性があったことにも疑問を持たなければならない。


http://ja.wikipedia.org/wiki/Facebook
ユニークビジター数は、
米Google(6億2500万人)
米Microsoft(5億6300万人)
米Yahoo!(5億500万人)
米MySpace.com(1億1700万人)
米Facebook(1億900万人)
と世界で第5位(2008年5月9日時点)。


http://alternativereport1.seesaa.net/
世界帝国支配を目指す、

ロスチャイルド等が毎年、開催している、ビルダーバーグ会議には、
本年、Peter Thiel と言う男が出席した。
フェイスブックと呼ばれる大手のSNS、
ネット決済システムのメソッド等を創立した人物である。

今後、世界帝国支配の手段として、
こうしたインターネットを利用し、個人情報収集を行う計画が、実行に移される。




ヤフーの創業者ジェリー・ヤン氏はユダヤ人ではない?
http://74.125.153.132/search?q=cache:zNM14pAOYEoJ:www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/jerry.html+%E3%83%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%B3%E6%B0%8F%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

ヤフーの創業者ジェリー・ヤン氏 Jerry C.YANG 台湾・台北市生まれ。10歳で家族と渡米。1990年スタンフォード大大学院修了。95年ヤフー社設立。地球規模のコンピューター通信網、インターネット上の「道しるべ」を作成、昨年設立した会社の株を公開したところ、持ち株資産が膨らみ、ただの大学院生から一躍、億万長者になった。


http://74.125.153.132/search?q=cache:4N5kpc96Vk4J:peacefulhistory.blogspot.com/2009/05/2.html+%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89&cd=6&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

■ユダヤ人によるユダヤ系企業の言及例
Oren Rose (グローバルネットワークコンサルティング代表より)

アメリカの前連邦準備銀行(FRB)議長アラン・グリーンスパン
女優のオードリー、ヘップバーン、ダスティホフマン
歌手のベットミドラー、ボブディラン、ビリージョエル、
    ポールサイモン、ベニー、グッドマン
カリスマ指揮者レナード、バーンスタイン
画家のマルク、シャガール
精神科医ジークムント、フロイト、
MGM映画社のルイス.B.メイヤー
ワナーブラザースのワナー兄弟
パラマウント設立のアドルフ、ズーカー、
ユニバーサル映画の創立者、カール、レムリ
※全米大手映画5社の内実に4社がユダヤ人の創業、所有。
ハリウッドの映画はユダヤ人抜きには語る事は出来ないと言われている。

16才で会社社長に就任スーツケースのサムソナイト創設者のシュナイダー
リーバイス、ジーンズの創業者リーバイ、ストラウス、
文化人類学者のクロード、リーバイ、ストラウス(リーバイス創業者の親類)
スターバックスコーヒー社のハワード、シュルツ、
ダンキンドーナツのウイリアム、
ローゼンバーグやバービー人形で知られるマテル社のルース、ハンドラー、
メイシーズデパトーのJ,シュトラウス、
トイザラス社のチャールズ、ラザス、
SEGAのデビット、ローゼン、
TAITOのミハエル、
ニューヨークタイムズのザルツベルグ
ス–パーマンの作者ジェリー、シーゲル、
スパイダーマンのスタン、リー、
バットマンの作者ボブ、ケイン
オラクル社の創業者ラリー、エリクソン、
インテル社の創業者アンドリュー、グローブ、
デルコンプュ–ター社のマイケル、デル
コンパック社のベンジャミン、ローゼン、
マッキントッシュコンピュ–ターの開発者ジェフ、ラスキン
マイクロソフト社のビルゲイツの補佐役スティーブン、バルマー
作家、詩人でもあるハインリッヒ・ハイネ
高級化粧品メーカーのエスティローダー社
ヘレナルビンシュタイン社
シェル石油のマーカス、サミュエル、
自動車シトロエンのアンドレ、シトロエン、
イギリスのロイター社を作ったT.Jバロン、ロイター

■今もっとも伸びている企業では
・Facebook
CEOはマーク・ザッカーバーグ若干24歳のアメリカ人。
史上最年少の億万長者で総額4680億と言われている。
彼はユダヤ教徒の家庭に生まれ育っている。


・Google
1996年1月にGoogleの原型となる、
バックリンクを分析する検索エンジンを開発したラリー・ページとセルゲイ・ブリン。
→・ラリー・ページの母はユダヤ人。
ちなみに兄も設立会社をYahoo!へ売却して巨額の財を手にしている。
→セルゲイ・ブリンはソビエト連邦・モスクワに住むユダヤ人の家庭に生まれている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 とにかく科学者と名乗るものが物理学キチガイで統一解は無く、どちらかというと多神教的アプローチも重要でしょ?といったら学者世界では地雷を踏むことになるのはオカシイ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード