FC2ブログ

中国に狙われ、日本マスゴミには無視された世界を変える技術/常温固体核融合技術

中国に狙われ、日本マスゴミには無視された世界を変える技術/常温固体核融合技術

阪大の荒田教授が発明した常温固体核融合技術に中国が本腰を入れ始め、アメリカも、日本より先に関心を持ち始めた。

そのような中、今でも常温固体核融合技術は日本ではほとんど知られていないのが現状。
昨年5月22日の公開実験に招待されていた毎日、朝日、読売、NHKなどの大手マスコミは、これをニュースとして報道しませんでした。
日刊工業新聞と日経産業新聞だけが簡潔にあっさりと報道。
(5月23日付新聞)
日刊工業新聞の方は、3重水素の生成には3億度の超高温が必要だが、今回ヘリウムが検出されたことで固体内で常温核融合が起っている可能性がある、としている。

 日経産業新聞は、大阪大学の荒田吉明名誉教授は外部から熱を投入せずともエネルギーを取り出す公開実験に成功。核融合でできたとみられるヘリウムが大量に検出された。しかし、熱測定は難しく証拠とするには多くの追試が必要としている。



それに対してアメリカの注目度は日本とは全然桁が違う。
アメリカの常温核融合技術も同じ重水素とパラジウムを使う。
日本が世界をリードするチャンスが来ているというのに!




2009年10月10日のリチャードコシミズ講演会にて




アメリカも同じパラジウムと重水素を使った常温核融合
2009年7月2日にTBS にて流されました、日本とは注目度が違い過ぎます。





常温固体核融合技術とは
http://www.youtube.com/watch?v=ECrkEkuUjV0&feature=PlayList&p=41AE60E1C6677C1A&index=0&playnext=1%3E&feature=PlayList&p=41AE60E1C6677C1A&index=0&playnext=1#t=6m20s



常温固体核融合技術とは②  
( リチャードコシミズ尾張一宮講演会2/16 )

http://www.youtube.com/watch?v=oFWU469z4S4&feature=player_embedded


http://74.125.153.132/search?q=cache:PT2kVngaTAkJ:warasoku.blog18.fc2.com/blog-entry-411.html+%E5%B8%B8%E6%B8%A9%E5%9B%BA%E4%BD%93%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88%E3%80%80%EF%BC%91%EF%BC%90%E6%9C%88%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2&cd=20&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

日本人科学者 常温核融合に成功
1 名前:ナガレワ・ロス(久留米)[] 投稿日:2008/06/02(月) 22:57:10.39 ID:ckY3MtnQ0 BE:102431726-PLT(12051) ポイント特典
ついに常温核融合を成功させた科学者は日本人

誰もがあきらめかけていた常温核融合の再現に成功したそうです。

常温核融合とは「室温で水素原子の核融合反応が起こる」という現象ですが、
最初に発見された常温核融合の現象を、実験で再現することができなかったために、
第一線の研究対象からは長い間外されていました。


けれど、先日、日本の科学者が常温核融合の実験に成功したという情報が流れてきました!
 その結果に間違いがなければ、革新的な方法でエネルギーの抽出ができる可能性が出てきたということなのです。スゴイのです。

ギズモにしては、硬派で長めの記事なので、詳しい内容については以下にてごゆるりと。
 
物理学者、荒田吉明名誉教授らは、5/22に大阪大学で行った公開実験で、
重水素ガスから高熱とヘリウム原子を検出し、低エネルギーの原子核反応を証明
したということです。

この常温核融合実験では、荒田教授はパラジウムと酸化ジルコニウムの合金を含んだ
超微細金属粒子内に重水素ガスを注入するという方法を採用
しました。
教授によれば、合金は重水素を核融合させ、粒子内の温度を高めることで、50時間は温かくしておくことができるのだとか。

この実験はMartin FleishmanとStanely Ponsが偶然にこの現象を発見したと1989年に発表して以来初めての、 実験者以外に認知された常温核融合実験となりました。
数多の研究者がこの再現に失敗してから、常温核融合はエセ科学の代名詞となっていたのですが、
今回の実験を目の当たりにした人たちによれば

荒田教授が提示した手法は、再現できる可能性が高い」とのこと。

誰もこのデモンストレーションを「でっち上げだ」と言わなければ、だれもが渇望し続けた安くて豊富なエネルギー源を、高熱なしで生成する方法(通常の核融合は、ものすごーい高熱を発するため)を、荒田教授はついに発見した! ということになります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード