憲法改正阻止の三原則

山本太郎は、東京地方区だから、東京に住んでいる人だけしか投票できない。

しかし

三宅洋平は比例区だから、全国で投票できる。

以外に知られていないが、

参院選の比例区は個人名で投票できます。

ゆえに

三宅洋平を当選させたければ、比例区の投票で、政党名でなく、
「三宅洋平」の個人名を書けばいい。



参院選の比例区は個人名で投票しましょう。
http://kazuyahkd.com/archives/1027


東京選挙区 山本太郎
比例代表 三宅洋平




http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/tpp-9c56.html
今回参院選の主要争点の一つが憲法96条である。

憲法改正をたやすく実現するための憲法改定が提案されている。

これを絶対に認めてはならない。


そのために必要なことは、96条改定勢力に参議院の3分の2以上の議席を付与しないことだ。

参院選の最大の焦点は、この点にあると言ってよい。

憲法96条改定を絶対に阻止すること。


そのためには、自公民みん維新の五勢力には絶対に投票しないことが必要だ。
民主党は国民との約束を破る政党であるから、絶対に民主に投票すべきでない。

改めて参院選三原則を明記する。

主権者はこれを銘記して欲しい。

1.棄権しない

2.自公みんな維新に投票しない

3.民主に投票しない


必ずこれを守ろう。


https://www.youtube.com/watch?v=m2BXY8684cg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

与党と野党全体の得票数

v-17自民・公明で四割の得票で六割の議席数をとったのに対し、野党は六割の得票で四割の議席しかとれなかった。

野党の乱立が与党に有利に働いたということだろう。
与党はこの現実を直視して奢らぬことだろう。
v-293

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード