鳩山バッシングは間違いー森田実

森田実氏

棚上げで収まってたのに菅内閣が領土問題ないと言い、日中韓の外交交渉止まった。

野田が尖閣国有化で高めた。

その後、領土ナショナリズムに火が付き、安倍内閣も継承。

その結果、

日中対話なくなってる。

これで突っ張り合う間に中国はドイツや韓国と経済協定。

日本は中国にとって経済的にも要らないと、世界は受け止めてる。
それで日本はいいのか?

中韓を敵視してイスラエルのようになって日本はいいのか? 

冷静に。一番大事なのは平和。



植草一秀氏

鳩山元首相発言は日本の主張を否定しているものではない。

そうではなく、中国側の主張に目を向けて、その主張にも一定の合理性があることを率直に認め、そのことを表明しているに過ぎないのである。

現実を現実として直視し、自分と敵対する側の主張であっても、謙虚に耳を傾け、そこに一定の合理性があるなら、その合理性を認める姿勢は、「賢明」なものであって避難されるべきものでない。

このような理性的な姿勢、冷静な対話の姿勢がなければ、紛争を話し合いによって平和裏に解決することはできない。




http://togetter.com/li/525699
森田実
鳩山に先日会った。総理の時よりしっかりしてる。日本はアジアから孤立しイスラエル化しつつある。米国が何とかしろと言ってきてるが安倍さんらは聞く耳ない。それを直さねばならないと鳩山は自費で回ってる。鳩山おかしいという空気作りは間違い。


山本浩之
「他のコメンテーターとは全く異なる意見」。戦後はポツダム宣言から出発してる。大きな約束で守る義務ある。米国は守ってない。民主的な政権できたら全て基地を撤去すると言ったがしてない。が、我々はポツダム宣言の路線で生きていくべき。


森田実
ポツダム宣言で領土は北海道・本州・四国・九州の4島に限ると。島々の帰属は決まってない。占領軍の権利になってる。台湾は中国に戻すとなってる。尖閣を琉球とみるか台湾の一部とみるか、意見が分かれてた。


山本浩之
「カイロ・ポツダム宣言で返せというのは日清戦争で得た領土。その後のサンフランシスコ講和条約で尖閣は沖縄県だという私は認識」。ポツダム宣言の13項目が戦後の日本の基礎で、領土は4島に限ると。島は占領軍の判断に委ねられた。


森田実
米国は琉球列島の一部で、中国のものではないという。尖閣は意見が違う問題で、日中の予備交渉の段階でも議論されてきた(棚上げ論を延々)。棚上げで収まってたのに菅内閣が領土問題ないと言い、日中韓の外交交渉止まった。野田が尖閣国有化で高めた。

その後、領土ナショナリズムに火が付き、安倍内閣も継承。その結果、日中対話なくなってる。これで突っ張り合う間に中国はドイツや韓国と経済協定。日本は中国にとって経済的にも要らないと、世界は受け止めてる。それで日本はいいのか?

中韓を敵視してイスラエルのようになって日本はいいのか? 冷静に。一番大事なのは平和。平和共存否定しておかしなことやっちゃいけない。戦後秩序の出発点になったポツダム宣言否定は世界が受け入れない。


山本浩之
「SF講和条約の中で領土問題どうなったか、時間ないので後日に譲るが、鳩山パッシングは間違いだと?」鳩山は話し合いの糸を作ってくる可能性ある。行動の裏に表に出てない色んな動きある。



http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-af18.html
鳩山元首相尖閣問題発言攻撃するメディアの無知

昨日のブログ記事に記載した鳩山元首相の香港フェニックステレビでの発言について、一部、事実と異なる記述があったので、一部訂正を含めて再論する。

鳩山元首相は上記テレビ番組において、

沖縄県の尖閣諸島について、

「中国側から見れば(日本が)盗んだと思われても仕方がない」

と発言したこと自体は事実であった。この点は事実を確認したうえで、表記を改めたい。

日本の一部メディアは、鳩山元首相のこの発言を強く非難している。

しかし、的確な論評を行うためには、鳩山元首相の発言の意味を正確に読み取る必要がある。



カイロ宣言では、清の時代に中国から奪った領地は中国に返還されることになっている。

「満洲、台湾及澎湖島ノ如キ日本国カ清国人ヨリ盗取シタル一切ノ地域ヲ中華民国ニ返還スルコト」

日本が尖閣を領地に組み込んだのは清の時代である。

日本側の主張は無主の地を日本が先占したと主張し、日本の領有権を主張するものである。

この点に関して孫崎亨氏は、中国側の主張を精査したうえで、清の時代に尖閣諸島に対する中国の管轄権が及んでいた可能性がないとは言えないことを示している。

清の時代に尖閣諸島に対して清の管轄権が及んでいたとすると、

尖閣諸島が「日本国カ清国人ヨリ盗取シタル一切ノ地域」に該当するとの判断は生じ得る。

鳩山元首相が述べたことは、このことである。

つまり、清の時代に、尖閣諸島に対して清の管轄権が及んでいたことを中国は主張しており、その論拠も示している。

このことを踏まえると、尖閣諸島がカイロ宣言に記述された、

「日本国カ清国人ヨリ盗取シタル一切ノ地域」

に該当することになり、このことを根拠に中国が尖閣諸島の領有権を主張することは論拠を持つことになる。


日本政府は尖閣諸島の領有権を主張しており、その主張に正当な論拠があるなら、これを主張することは正当である。

しかし、同時に中国の主張に耳を傾けたときに、中国側の主張にも一定の合理性が存在するなら、その現実から目を背けて、日本の主張だけを「一点張り」で言い張ることは賢明な姿勢ではない。

鳩山元首相発言は日本の主張を否定しているものではない。そうではなく、中国側の主張に目を向けて、その主張にも一定の合理性があることを率直に認め、そのことを表明しているに過ぎないのである。

現実を現実として直視し、自分と敵対する側の主張であっても、謙虚に耳を傾け、そこに一定の合理性があるなら、その合理性を認める姿勢は、「賢明」なものであって避難されるべきものでない。

このような理性的な姿勢、冷静な対話の姿勢がなければ、紛争を話し合いによって平和裏に解決することはできない。


重要な点は、清の時代に清の管轄権が尖閣諸島に及んでいたとの中国側の主張に合理性があるのかどうかという点、日本側が主張する、1895年の領地への組み入れのプロセスに瑕疵がなかったのかどうかという点に絞られるだろう。

詳細は、孫崎亨氏の著書『日本の国境問題』をご高覧賜りたいが、結論から言えば、中国側の主張にも一定の合理性があると認めざるを得ないと考えられる。

以下に、孫崎氏が著書に記述されている事項の一部を紹介する。

16世紀の中国の歴史的文献にはすでに釣魚島についての記載がある。

また、明の時代に出版された『日本一鑑』には、釣魚島は台湾に付属する小さな島であるとの意味の記載がある。

清朝の時代の冊封使は、尖閣諸島と古米山(久米島)の間に深い海溝がありあり、これが「中外の界」であると書いている。

これらの文献の存在に従えば、釣魚島は中国人が最初に発見し、16世紀から中国の版図に入ったことが明らかになる。

また、日本の尖閣諸島の領地組み入れについても、中国側は、日本が1884年に尖閣諸島を「発見」した際に、中国に対する侵略の意図を疑われることを躊躇して版図に入れることを憂慮し、日清戦争後に台湾に付随する島嶼として割譲したものだと主張する。


日本が日本側の主張を展開することは正当であるが、中国側がどのような主張を展開しているかに耳を傾け、その主張を正当に評価する姿勢は必要不可欠なものである。

フジ・サンケイグループを中心に、偏狭なナショナリズム感情をむき出しにして、鳩山元首相の発言を猛攻撃しているが、同じ日本人として、とても恥ずかしい行為であると言わざるを得ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ケムトレイルを信じる連中を完璧に論破しているブログの紹介

【時事雑感】「ケムトレイル」が馬鹿げていることの証明
http://blog.zaq.ne.jp/g-space/article/497/

ケムトレイル陰謀論を斬る
http://contrail951.blog.fc2.com/

世紀の大陰謀~ケムトレイル
http://blogs.yahoo.co.jp/to7002/35524169.html

No title

ケムトレイルを信じる連中を完璧に論破しているブログの紹介 2
続 ウィキペディアのある項目が陰謀論者に占拠されている件について
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/58951650.html

続々 ウィキペディアのある項目が陰謀論者に占拠されている件について
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/58962499.html

続々々 ウィキペディアのある項目が陰謀論者に占拠されている件について
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/58972819.html

続々々々 ウィキペディアのある項目が陰謀論者に占拠されている件について
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/58982866.html

続々々々々 ウィキペディアのある項目が陰謀論者に占拠されている件について
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/58991687.html


No title

ケムトレイルを信じる連中を完璧に論破しているブログの紹介 3
続々々々々々 ウィキペディアのある項目が陰謀論者に占拠されている件について
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/59002787.html


旅客機の現在位置や航路がわかるサイト
Flightradar24.com - Live flight tracker!
http://www.flightradar24.com/

FlightAware - 航空便追跡機能-飛行状況-航空便追跡
http://ja.flightaware.com/

鳩山発言必ずしも「国賊的」発言とは言い切れない

鳩山元首相の領土問題の発言は、私も一概に国賊的な発言とは言えない客観的視点に立った発言だと思う。

日本の視点、中国の視点もあって、尖閣の領土問題は微妙な問題である、というように思う。
そういう見方が国賊的だと全面的に排斥していいものかどうか。

見方のよっては解釈も別になる、ということもありうることだろう。

鳩山の発言傾聴せよ

ひとつの見方だ。
ボツダム宣言では、「日本の領土は本州、四国、九州、北海道に限る」としている。
それをどう受け取るか、厳しいが、それが事実だ。

一理ある森田さん

v-9
森田さんの意見一理ありますよ。歴史的に遡ると、尖閣も地政学的には所属は曖昧で、むしろ大陸に付属していたでしょうね。
鳩山由紀夫さんの発言も、一理はあります。
しかし・・・という問題でしょう・・。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード