スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月13日淡路島地震発生の謎を解く鍵→1962年の宮城北部地震

淡路島付近を震源とする地震は、野島断層ではなく、「未知の活断層」が引き起こした可能性が高いと専門家。

朝日新聞デジタル
今回の地震を引き起こした活断層は、淡路島中西部にある西傾斜の逆断層で、長さは南北方向に約10キロ。
委員会は周辺のすでに知られている活断層とは断層の向きや位置が異なり、直接関係はないとした。

sankei.jp
未知の断層が動いたことが原因である可能性がある、との見方を示した。
その上で「知られていない活断層は数多くある」と指摘し、今回のようなマグニチュード(M)6級の地震はどこでも起こり得ると注意を呼びかけた。

日本経済新聞
今回の地震の震源断層について、南北方向に延びる西側隆起の逆断層と推定。
そのうえで、震源域の北東方向に位置する志築断層帯や、震源域南部に隣接する先山断層帯などに存在する既知の活断層が動いたわけではないとした。
 「知られていない活断層は数多くある。(地層)深部に知られていない活断層があるに違いない」と指摘し、未知の活断層が動いたとの認識を示した。


地震は断層のずれではなく、花崗岩体の内部で発生している。

阪神大震災の野島断層は花崗岩断層だった。

今回の淡路島地震の震源地も、花崗岩地帯にあると推定される。

1962年の宮城県北部地震の原因は推定されている。
4月13日の淡路島地震と1962年の宮城県北部地震を比較。

1962年の宮城県北部地震は地震。
→マグニチュード(M)6.5。
  震源の深さは19km

淡路島地震
→マグニチュード(M)6.3。
   震源の深さは 約20km

   
宮城県北部地震の原因

宮城県北部地震の地下10~20km付近は花崗岩体。

そして

地震は主に花崗岩体の内部で発生している。



震源地地域での地下の様子を解明するために、自然の電磁場変動を利用したMT(magneto-telluric, 地磁気地電流)法による調査が実施された。

調査の結果

震源地地域には、高磁気異常体が存在していた。

高磁気異常体=「地表に露出していない花崗岩体」と推定される。


さらに

「地表に露出していない花崗岩体」の近くに、高塩濃度の流体が存在している。

このことから

高塩濃度の流体が上昇し、「地表に露出していない花崗岩体」の割れ目を通って侵入していった。

「地表に露出していない花崗岩体」の間隙に塩分濃度の高い水や粘土を含むと電気が流れ易くなり、地震を誘発していたと推定される。




1962年に発生したマグニチュード(M ) 6.5の宮城県北部地震
041502.jpg

http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_20/30-Takemura.pdf
041801.jpg


041601.jpg

http://cais.gsi.go.jp/KAIHOU/report/kaihou54/07-34.pdf
4月13日の淡路島地震の震源地は花崗岩地帯
041602.jpg


http://www.rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp/~chusuihp/kadai/H14/
野島断層は花崗岩断層
野島断層および周辺活断層の深部構造の研究

041302.jpg

HAARPの2.5Hz人工電磁波を観測
http://quasimoto.exblog.jp/20216319/
041802.jpg


http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol02_06/vol02_06_p19.pdf
地表から深さ10キロメートルの流体の存在を探る 光畑 裕司 (みつはた ゆうじ)

地圏資源環境研究部門

 地震が起きる度に、我々は足下の目に見えない地下深部に存在する自然の力の巨大さに驚かされる。
医療技術で用いられるX線や超音波画像の様に地下を画像化(可視化)する方法が物理探査技術であり、これまで石油・鉱物資源あるいは地熱エネルギー探査などの資源探査に、最近ではダム・トンネルの建設、活断層・地滑りなどの防災、地下水汚染などの環境問題に適用されている。
我々はさらに、地震が発生する地下を描き出すために物理探査、特に電磁探査法を適用している。

 1962年に発生したマグニチュード(M ) 6.5の宮城県北部地震の震源地地域での地下の様子を解明するために、自然の電磁場変動を利用したMT(magneto-telluric, 地磁気地電流)法による調査を実施した。
この地域では現在も1962年の地震の余震活動が続いている。
図1は極磁気異常図1)の上に最近の地震活動を重ねた図である。
中心に存在する高磁気異常体は、地表に露出していない花崗岩体であると推定され、
地震は主にその中で発生している。
その上に配置した17観測点において、周波数320から0.01HzのMT法調査を実施した。

 MT法では、大地の電気の通しにくさの指標である電気抵抗率(比抵抗)の見掛けの値が、地表において各周波数毎に観測される。
そしてその観測値を再現できるように、地下の比抵抗構造モデルを自動的に修正して行き、最終モデルが決定される(図2)。
一般に岩石はほとんど電気を通さないが、その間隙に塩分濃度の高い水や粘土を含むと電気が流れ易くなり、比抵抗は下がる2)。
地震は、地下10kmより深いところに存在する低比抵抗体(赤色の領域)を覆う様に発生していることが明瞭に把握できる。

低比抵抗体には高塩濃度の流体が存在し、それが上昇し、高比抵抗を示す花崗岩体に既存の割れ目を通って侵入し地震を誘発しているのではないかと推測している3)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「内乱罪選挙は選管ムサシにやらせて山口県民も全国民も対馬へ安倍ノ対馬トンネル汚職犯罪外患誘致罪を見物しにゆこうw」

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4426.html
参院山口補選なんぞ江島と平岡どっちを選んでも売国奴守銭奴内乱罪犯罪者であることに変わりなし。
こーんなバカ犯罪選挙投票に行くだけ時間と労力の無駄だから国民全員投票止めて、売国政府選管お望み通りの史上最低の低投票率にしてやるから、腐れ政治家と糞役人だけが選管ムサシで無投票の組織票で勝手に捏造して選べばよい。まーそうなると告示から開票まで全部憲法違反犯罪すなわち内乱罪だがねw

せっかくの国民の休日だから山口県民に限らず全国民みんな今後は投票になど行かずに、対馬へ神社巡りに遊びに行って、万余年の大昔竜宮城からやってきて山幸彦の妃になった豊玉姫のお墓を拝んで帰ろうぜ。百聞は一見に及かず対馬がはるか神代の昔から日本の国だと云うことが骨身にしみてわかるよw論より証拠安倍ノ対馬トンネルがとんでもない憲法違反の国際汚職大犯罪国境侵犯外患誘致罪だっちゅうこともなーw

「対馬が危ない」
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4076.html#comment1371

「対馬が統一教会の「日韓海底トンネル」早期建設を国に要望」
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4157.html#comment1473

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。