スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP加盟で医療崩壊→「アメリカの医療実態」=「日本の医療の未来」

TPPに参加後に、恐ろしい時代がやってくる。

アメリカの医療を見れば、TPPに参加後の日本の医療の姿が見えてくる。

アメリカで起きたことは日本でも起こる。

アメリカ医療はすべて資本の論理で動いている。

アメリカ人は民間の医療保険に入っているが、民間の医療保険が異常に高い。

そのため

5000万人以上が、医療保険にはいっていない。

アメリカの病院に入院すると高い病院で、一日100万円、
安い病院でも、一日10万円


医療がTPPで民営化すれば、アメリカの巨大病院チェーンが日本中の病院を傘下に治め始める。

国や厚生省が病院買収に異議を申し立てても、TPPに参加したがために、異議は認められない。

そして
アメリカ方式の医療システム=利益至上主義が日本全国に広がって行く。


アメリカを知り尽くしている苫米地英人氏
「TPP参加後の日本医療の未来」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

従軍慰安婦問題、竹島・尖閣などの領土問題、日本海呼称問題、日本文化起源捏造問題などを英語や仏蘭西語などの多言語の動画という形で日本の主張を世界に発信しているWJFプロジェクトをご支援ください。TPPの危険性を訴える動画もございます。

WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/
プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。