東電の“罠”=“福島原発原子炉のメルトスルー詐欺”③→子供でもわかる原子炉メルトスルーが嘘である理由

福島1号機、2号機、3号機の燃料は圧力容器内にある。
→メルトスルーしていない。

原子炉の水位データーだけで、メルトスルーが有り得ないことの証拠となる。

田中三彦氏は福島原子炉1号機、2号機、3号機のメルトスルーが有り得ないことの証拠
として、原子炉の水位の実測値と解析結果の度し難い解離を上げている

→原子炉の水位の実測値と解析結果の度し難い解離が、そのなによりの証拠である。(田中三彦)
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1159




福島2号機の格納容器の水位が60センチだったことについて
 
『「たとえ水位が60センチ程度でも、底に溶け落ちた燃料が水をかぶっていれば安全上の問題はないと考えられる。」(法政大学の宮野廣客員教授)』




水がわずかでもあれば、金属は溶けない。
水がある間は金属の温度は100度を超えることがない。
先に水が蒸発でなくなって、その後で容器が100度を超え加熱される。→空焚きになる。→溶ける。



薬罐(やかん)で考えればわかる。
薬罐(やかん)をガスの炎で熱している場合。

薬罐(やかん)に水が、わずかでも入っていれば、薬罐(やかん)は熱くならない、溶けない。

水がある間は、薬罐(やかん)の温度は100度を超えることがない。

薬罐(やかん)に水がなくなり、干上がって空焚きになる。

薬罐が100度を越えて熱くなり、溶け出す。





福島1号機、2号機、3号機の圧力容器内の水が無くなり、空焚きになったことは記録されていない。

もし水が完全になくなり、原子炉が空焚きになったとしても、
圧力容器が溶ける=メルトスルーまでには、約2時間かかるとシュミレーションされている。

原子炉の空焚きが2時間以上あったという、データも存在しない。



注目すべきは、日時の違いはあるが

1号機、2号機、3号機の水位の変化は同じような動き方をしていること。

1号機、2号機、3号機の水位はマイナス2mと同じ水位で安定したこと。




http://www.kantei.go.jp/jp/topics/2011/pdf/app-chap04-1.pdf

1号機水位グラフ
1号機の原子炉は空焚き状態にならなかった。

全電源喪失によって1号機では地震から約2時間後の11日午後4時36分に非常用炉心冷却装置の機能が喪失。
午後5時12分に別の方法での注水を検討し始めた。
まずディーゼル駆動の備え付け消火ポンプで注水する準備を始めたが、
故障で使えなかった。
そこで消防車による注水を目指したが、津波で道路が損壊し現場までの走行が不可能だった。
通行ルートの確保に時間がかかり、注水開始は地震から半日以上たった12日午前5時46分にずれ込んだ。
長時間にわたる注水停止のために、1号機では他の炉に先駆けて12日午前6時ごろに炉心溶融が起きた。

3月12日0時の原子炉水位は1mあった。
→3月12日0時時点で原子炉は空焚き状態ではない。

尚、水位計の実測計測値は燃料棒Aと燃料棒Bの2箇所を計測し、2箇所とも同じ動きをしていることから、水位計の故障は考えられない。

07051.jpg

2号機水位グラフ
2号機の原子炉は空焚き状態にならなかった。

福島第1原発2号機で14日夜、原子炉の水位が急速に低下し、燃料が水面から完全に露出、核分裂反応は収まっているものの空だき状態になった。
東電は燃料の一部が溶ける「炉心溶融」が起きたとみている。
海水を注入し、午後9時24分には、約4メートルある燃料の約半分が水に漬かる状態に回復した。

07052.jpg

3号機水位グラフ
3号機の原子炉は空焚き状態にならなかった。

13日午後1時12分から、水位低下で核燃料が露出して溶融する恐れが出ていた福島第一原子力発電所3号機の原子炉に海水の注入を始めた。

07053.jpg



空焚き状態からメルトスルーまで要する時間は約2時間
燃料棒圧力容器の底の落ち、空焚き状態になる
→空焚き2時間後に圧力容器が溶け出す。

07043.jpg
07044.jpg




福島第1原発1号機

 東京電力が18日公表した資料は、地震直後の福島第1原子力発電所の混乱を浮き彫りにした。電源のない厳しい環境でも
復旧作業ができる準備や訓練の不足が、事態の悪化を加速させた。1号機では消防車による注水の検討から実際の開始まで
に半日ほどかかり、炉心溶融(メルトダウン)を防げなかった。
1~3号機とも排気弁の開放(ベント)作業も難航し、所長の指示から実行まで半日程度を要した。

全電源喪失によって1号機では地震から約2時間後の11日午後4時36分に非常用炉心冷却装置の機能が喪失。
午後5時12分に別の方法での注水を検討し始めた。まずディーゼル駆動の備え付け消火ポンプで注水する準備を始めたが、
故障で使えなかった。

そこで消防車による注水を目指したが、津波で道路が損壊し現場までの走行が不可能だった。
通行ルートの確保に時間がかかり、注水開始は地震から半日以上たった12日午前5時46分にずれ込んだ。
冷却の遅れにより、高熱を発する核燃料棒の損傷を食い止めるのは難しくなった。
長時間にわたる注水停止のために、1号機では他の炉に先駆けて12日午前6時ごろに炉心溶融が起きた。

▽日経新聞(2011/6/18 23:34)



http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-14_15468/
核燃料が一時全露出 福島第1原発2号機 海水注入、半分まで回復

2011年3月14日 22時44分
 東京電力によると、福島第1原発2号機で14日夜、原子炉の水位が急速に低下し、燃料が水面から完全に露出、核分裂反応は収まっているものの空だき状態になった。周辺の放射線量のレベルが上がっており、東電は燃料の一部が溶ける「炉心溶融」が起きたとみている。

 海水を注入し、午後9時24分には、約4メートルある燃料の約半分が水に漬かる状態に回復した。枝野幸男官房長官は記者会見で「原子炉の冷却作業は再開できており、安定的な状況に向かっていくと思われる」と述べた。

 東電は原子炉格納容器の圧力を下げるため、蒸気を外部へ放出する作業を始めた。

 東電は14日午後、2号機は原子炉に残った熱を冷やす機能が喪失したとして、原子力災害対策特別措置法に基づき国に「緊急事態」を通報。正午には水位が燃料から約3・4メートル上にあったが、炉内に水を注ぐ装置が故障したとみられ、水位が急速に低下した。

 午後4時34分に、2号機の原子炉への海水の注入作業を始めたが、実際に注入できたのは午後6時すぎ。水位低下は続き、一時燃料すべてが露出した。海水を注入するポンプの燃料切れが原因だという。

 水を注ぐ装置は、同日午前11時ごろ、隣にある同原発3号機で起きた水素爆発の衝撃で故障した可能性がある。

 1、3号機では、冷却機能を失った後に燃料の一部が溶け、発生した水素が爆発し、原子炉建屋の上部が損壊した。東電は14日夜、1、3号機で、海水が原子炉に注入できているかどうか確認できなくなっていると明らかにした。

 また、「緊急事態宣言」が出ていた福島第2原発1、2号機は安定的な「冷温停止」状態となり、緊急事態を脱したと発表した。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110313-OYT1T00370.htm


福島第一3号機も原子炉に海水注入開始

福島原発
 東京電力は13日午後1時12分から、水位低下で核燃料が露出して溶融する恐れが出ていた福島第一原子力発電所3号機の原子炉に海水の注入を始めた。


 海水の注入は、爆発した同1号機に続いて2基目。

 東電によると、同日午前8時41分、格納容器内から放射能を含んだ蒸気の放出を開始し、同9時すぎには容器内の圧力が低下し始めた。これに伴っていったんは水位が回復する傾向が出たが、正午頃から再び低下を始め、午後零時55分には、燃料棒の上部1・9メートルが冷却水から露出したため、海水注入に踏み切った。

(2011年3月13日15時05分 読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード