FC2ブログ

AIG破綻とユダヤインサイダー取引

もしAIGが破綻すれば過去と同じことが繰り返されるのか?
AIG破綻→銀行連鎖倒産→株価大暴落→ユダヤ権力は底値で株を買い漁る



過去のユダヤ・インサイダー取引


http://74.125.153.132/search?q=cache:mhHtumZXcvMJ:www.kanteiya.com/column/07/0825.htm+ユダヤ陰謀 ナポレオン 株&cd=14&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
古くはナポレオンの時代から
このネイサン・ロスチャイルドには有名な逸話があり、それは当時、ロンドンの株式市場は皇帝ナポレオンの戦況について注目しており、ナポレオンが勝てば経済の中心がフランスに移るため、「売り」であり、ナポレオンが負ければ「買い」であると言われていたのである。
当時、自前の通信、馬車輸送や高速船などで独自の情報ネットワークを築いていたネイサン・ロスチャイルドは1815年のワーテルローの戦いでのナポレオン敗北の報をいち早く知ると、猛烈に売りに出たのである。
ネイサンの情報網のことを知る市場は即座に反応し、売りに集中して株価は暴落したのである。その後、ネイ サンは秘密の代理店を通じて、紙くず同然の値段になった株を大量に買取りナポレオン敗北の報せを受けて 、急上昇した株を再び、市場で売って、巨万の富を築いたのである。



1929年世界大恐慌
1923年から1929年にかけて、連邦準備銀行(FRB)は通貨供給量を何と62%も増やした。
通貨が大量に流通していたため、人々は株を買った。狂乱の20年代は、第一次大戦後の大いなる繁栄の時代だった。しかしニューヨークの金融業者は、一斉にすべての貸付金の回収を始めた。株式市場は崩壊し、それによって銀行経営も破綻した。誰もが破産して、全ての株が 底値になった。そのとき、彼らは悠々と戻ってきて株を残らず買い漁った。この時が彼らの真の権力の始まりとなっ たのである。


http://www.asyura.com/07/senkyo30/msg/955.html
ユダヤ権力は自ら引き起こした911テロにより、株価を暴落させ、2001年9月12日の東京市場で、日経平均1万円割れした日本株を買い漁った。これを、世界規模のユダヤ・インサイダー取引という。
  ↓↑
「国際的投機金融勢力」は自ら引き起こした911テロにより、株価を暴落させ、2001年9月12日の東京市場で、日経平均1万円割れした日本株を買い漁った。これを、世界規模の「国際的投機金融勢力」・インサイダー取引という。



また、それ以降は、飼い犬の小泉・竹中を使って意図的な緊縮財政を行わせ不況を演出し株価を凋落させた。金融恐慌を恐れて日本人が株式市場を敬遠していたさなか、ユダヤ人たちは底値で日本株を買いまくった。2年後、景気を回復させて株価が反騰し、ユダヤ人はぼろもうけした。
 


また、りそな銀行については、小泉・竹中に「救済しない」と示唆させて、株価を暴落させておいて、ユダヤ人だけが底値で買い漁り竹中に急遽、2兆円の政府救済策を発表させて、株価を大反騰させた。ユダヤ人丸儲けである。


この手口で、日本の優良企業の株は、底値でユダヤ人たちに買い込まれた。いつのまにか、大手企業の株の3-6割をユダヤ人が所有する事態となった。
  

外国人持ち株比率が高い企業 (ごく一例に過ぎない。)
1 オリックス 54.6 (15.3)
・・・


「国際的投機金融勢力」支配となった企業には、過酷な「配当金」捻出が強要される。四半期ごとに業績を評価され、とにかく利益を出して配当するよう大株主の「国際的投機金融勢力」から指示される。結果、これらの半「国際的投機金融勢力」企業は、異様に高い配当を行う。

06年3月期の大幅増配企業の例
企業名・・・・・・・1株配当・前期・・外国人持ち株比率
野村ホールディング・48円・・ 20円・・38.8%
・・・

ユダヤ人たちは、企業の5年、10年先には興味がない今、儲かるかどうかしか眼中にない。よって、これらの企業は中長期的投資計画が組めない。研究開発資金を配当に回させられる。企業の将来性が削がれる。だが、ユダヤ人たちには、なんの関係もない。自分たちに利益になると分ければ、単純に保有株を売り払う。安定株主なんて、演じる積もりはさらさらない。株売却後は、その会社がどうなろうと知ったことではない。
 
ま、こんな形で、日本はユダヤ人のマネーゲームの会場と化し、日本人は必死に働いて、ユダヤ人に搾取される立派な役割を果たしているわけです。さらには、今後は、残業代カット合法化も実現し、サラリーマンの残業代がなくなった分、企業の業績を上げ、株主のユダヤ人の懐を暖かくするわけです。その分、サラリーマンの家計が疲弊する。一方で、5月からの三角買収解禁により、ユダヤ企業は、国内に作った子会社を経由して、日本の優良企業をどんどん敵対買収できるようになる。(買収の対価として、本社の株を使えるようになる。)米欧の本社の株価は総じて、日本企業の株よりはるかに高いので、本社の株をほんの少し差し出せば、日本企業なんて、簡単に乗っ取れる。はい、これにて、美味しい日本企業は、次々にユダヤ化。日本人は皆奴隷化。

こう言った一連のユダヤ売り渡し売国作戦を進めてきたのが、小泉・竹中・安倍の朝鮮・部落連合。ユダヤ人は、反日マイノリティーかくれ朝鮮人と部落を使って、日本からの略奪作戦を敢行中なのである。
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード