スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能汚染の主犯は福島原発2号機→モニタリングポストデーターによるその証拠

福島2号機、3号機、1号機の放射能放出状況を大野局モニタリングポストデーターから分析

福島2号機が圧倒的に放射能を多く放出した。
62・7シーベルトの超高濃度放射能の大気への放出
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110406-OYT1T00589.htm?from=top
2号機は、14日朝は放射線量も通常の毎時0・001シーベルトにとどまっていたが、燃料が露出した15日朝には62・7シーベルトに上昇した。


福島3号機と1号機は爆発が派手だったが、汚染にはほとんど関係ない。
しかし、多くの人は3号機と1号機の爆発にばかり、関心が向いてしまった。


福島2号機の隠されたドライベントの可能性について、徹底的な究明が無い限り、東北の大地の放射能汚染の実態は闇に消えてしまう。


福島原発2号機→3月14日19:02に圧が75気圧から7気圧にストンとおちた。
この直後から15日にかけて連続して高濃度の放射能の流出が始まった。

このときメルトダウンの熱で圧力容器の底が抜けたと推定される。
→意図的なドライベントの可能性
19: 54消防車で炉心に海水注入開始。
ただ格納容器の圧は上がり続け
14日深夜どこかが壊れて放射能大量放出に向かう
のである。
(若しくは意図的なドライベントの可能性?)




"ない" とあきらめられていたモニタリングポストデータが発見された。
原発の西5kmにある大野局モニタリングポストが異常なく稼動していた。





福島2号機
大量放出が起きたのは3月14日19時から
→3月14日19:02に圧が75気圧から7気圧にストンとおちた。


031611.jpg

06171.jpg


031612.jpg
06163.jpg

14日深夜どこかが壊れて放射能大量放出に向かう
(若しくは意図的なドライベントの可能性?)

06164.jpg
06165.jpg

2号機は燃料が露出した15日朝には62・7シーベルトに上昇し、その超高濃度の放射能が放出
061612.jpg

06167_20120616103450.jpg
06168_20120616103512.jpg
06169.jpg
061610.jpg



3月15日の群馬県高崎市の放射能量が異常に高い
06161_20120616101729.jpg



福島3号機
大爆発にも関わらず放射能放出が桁違いに少ない。!

福島3号機で3月14日午前11時1分、水素爆発

03151.jpg
03152.jpg
03153.jpg
03155.jpg
03154.jpg
03157.jpg
03156.jpg
03174.jpg


福島1号機
3月12日午後3時30分に爆発したが、放出放射能量は2号機に比べ圧倒的に少ない


061510.jpg
061511.jpg
061512.jpg
061513.jpg
061514.jpg
061515.jpg
061516.jpg
061517.jpg



http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/cooldata2/politics/politics27.htm

2号機:

全交流電源喪失の時、2-3号機はアイソレーション・コンデンサーがないため、14:50原子炉隔離時冷却系RCICを手動起動。15:28水位高にて自 動停止。15: 39RCICを手動起動後SBOになるが、RCICは3月14日13:25まで稼動したと推定。RCICは所内電源と非常用ディーゼル発電機による電力の すべてが失われた事態を考慮して、炉心の崩壊熱による蒸気を使用したタービンによってポンプは駆動される。タービンは常に待機状態に置かれ、非常時には 30秒で定格回転速度に達する必要があり、暖機運転がなく湿度の高い蒸気にも対応するなど、厳しい条件での運転が求められるため、特殊なタービンが使用さ れる。圧力制御プールからの水を炉心シュラウド外側に注水するポンプを駆動する。

3月14日の3号機の爆発は2号機の減圧用AO弁の電源を破壊したため下げられず、(といっても安全弁としての機能は維 持されていたはず)消防ポンプでは海水を注入で きな い事態になり、
3月14日19:02に圧が75気圧から7気圧にストンとおちた。このときメルトダウンの熱で圧力容器の底が抜けたと推定される。19: 54消防車で炉心に海水注入開始。ただ格納容器の圧は上がり続け 、14日深夜どこかが壊れて放射能大量放出に向かうのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。