スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園暴走事故「暴走ワゴン車、追突後に、バックした」という誤報の深い意味。


追突後に、車がバックしたことが亡くなったドライバーを犯罪者に追いやった。

車がバックした。
→ ドライバーの責任
車が一旦停止し、そしてバックする。それから前に進む。この一連の動作は容疑者が車をコントロールできたということを意味する。
「アクセルが全快していた、」「ブレーキが利かなかった」という可能性は消える。

車がバックしなかった
→自動車メーカーの責任も問われてくる。
車の電子系統の異常による暴走の可能性(ブレーキが利かずにアクセルが全快した可能性)
  容疑者がハンドル操作以外はコントロールできていなかった可能性。


一連のマスコミの報道は、大手自動車メーカー=スポンサーを守ろうとしている。


大和大路通に入ってから、電柱に激突するまで約400m、ブレーキがかからず、アクセルを踏み読けている。
(事故車の自動車メーカーの現場検証ではブレーキに故障は無かった。)


車は大和大路通に入って約50メートル進んだ地点でタクシーに追突した。ドライブレコーダーの
記録からタクシーは衝撃で速度が時速21キロから28キロに上がったことが判明。
府警はこのデータを分析し、追突時の軽ワゴン車の時速は約40キロ(制限速度30キロ)と割り出した。自動車メーカーによると、右折時の減速や追突までの距離を考慮すれば、アクセルを相当踏み込まなければ出ない速度という。

直前の団栗通を進んでいる時は、蛇行など異常な走行はしていない。
しかし
大和大路通に入った辺り=直後から加速。
40~50メートル先のタクシーに追突。
前に走っていたタクシーと追突を繰り返す。
追突しても止まらずにタクシーを押し読ける。
→ブレーキがかかっていない。
  バックしていない。
タクシーが路肩に寄せ、少しハンドル回すだけで、タクシーのヨコを すり抜けた。
追突以降約360メートル北上、70キロ程度の速度で電柱に激突するまでブレーキ痕なし。


暴走車のアクセル(電子制御装置)が故障した可能性が高いのに、亡くなった容疑者の運転ミスで解決されようとしている。

事故の現場検証で事故車のメーカーが立ち会っている。
(自社の欠陥を認めるはずは無い。→第三者機関による詳細な検証は行なわれていない)

大手マスコミは(警察情報垂れ流しだけで)、暴走車が追突後、バックして逃走した事実の検証が無い。

京都新聞だけが、的確な報道をしている。

2010年南アルプス市タクシー暴走事故
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1289603787/
寄特さんは事故後「国道で突然、車が加速した。
ブレーキを踏んでも止まらず、エンジンを切ることもできなかった」と説明したという。
事故があったハイブリッド車を扱う自動車販売店によると、最近販売された同じタイプの車でこれまで ブレーキなどに関する不具合は報告されていないという。

自動車故障の可能性に全く触れていない。



誤まった報道→タクシーに追突した後、バックして再発進したことがわかった。
http://mainichi.jp/select/news/20120414k0000m040092000c.html
05178.jpg

http://passion-fruit.blog.so-net.ne.jp/2012-04-14

051710.jpg


タクシーの運転手が「左に寄せた」って言ってた
から、そのまま直進したとみるのが普通。
マスコミや一部のネット上では、 どうしてもバックしたことにしたいらしい。

タクシーが路肩に寄せたから、少しハンドル回すだけで、タクシーのヨコを すり抜けることが出来る。

目撃者の女性
右にハンドルをいきなり切って、うまいこと抜けていったんですよ。

タクシーの運転手
いきなりドンと当たってきて、止まると思ったけれども、横をすり抜けていった。

事故の直前に車がタクシーと追突した際すぐ後ろで目撃していた男性
「男は大きくハンドルを切って走り去った」と話しました。


http://tundaowata.com/archives/5929383.html
ソース 京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120419000026(リンク切れ

複数の人の目撃
軽ワゴン車が前のタクシーに密着し、じりじり前に進む。車内の藤崎晋吾容疑者(30)は正面を見据え、おびえ たような表情を浮かべ、ハンドルを握る手が震えていた。
「バキバキ」。タクシーの後部ランプがつぶれる音が響いた。

コインランドリーのビデオ映像
 2台の接触状態は約30メートル続いた。車の前部とタクシーの後部が当たったまま店前を通過する姿をとらえている。

警備員(52)の証言
 「軽ワゴン車はアクセルを踏む音をたて前方のタクシーが左側に寄ると、抵抗がなくなり猛スピードで暴走し始め
た」とする。



http://www.j-cast.com/2012/04/13128895.html
05179.jpg

団栗通を西に進んだ。防犯カメラの映像からは、このときは蛇行など異常な走行は確認できないという。
ワゴン車はその後右折し、大和大路通に入った辺りから加速したとみられる。右折した交差点から北に40~50メートル先でタクシーに追突。


05166.jpg


05161.jpg
05162_20120517150518.jpg
05163_20120517150551.jpg
05164.jpg
05165.jpg



http://blog.livedoor.jp/yonaoshisennin87/archives/6152773.html

別のニュースでも、タクシーに追突した後電柱に衝突し止まるまでの360メートルの間に目立ったブレーキ痕はなかった、と書かれています。
暴走時、発作起きていなかった可能性…祇園事故 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
これは、車が制御不能の状態に陥っていたことを意味するのではないでしょうか? 制御不能になった原因いかんでは、運転手には責任がないかもしれません

事故が発生した12日の夕方には、死亡した運転手は「容疑者」になっていました。
発生からたかだか5時間で、一体何を捜査し、容疑者と断定したのでしょうか。



05172_20120517122050.jpg

05173.jpg

05174.jpg

05175.jpg


http://nyussoku.ldblog.jp/archives/5910416.html
05171_20120517115016.jpg



●“男はハンドル切った”

 事故の直前に車がタクシーと追突した際すぐ後ろで目撃していた男性が取材に応じ
「男は大きくハンドルを切って走り去った」と話しました。
目撃したのは京都市に住む58歳の男性で、男性は13日午後1時ころ、
藤崎晋吾容疑者(30)の運転する軽自動車のすぐ後ろを走っていたということです。

そのときの様子について男性は、「蛇行することもなくゆっくりとしたスピードで走り、
不審な様子はなかった」と話しています。

 男性は、現場の交差点から150メートル余り手前で藤崎容疑者の車がタクシーに
追突したあとの行動について「タクシーをよけるように右に大きくハンドルを切り、
さらに左にハンドルを切って車を立て直す様子が、後ろからもはっきり見えた。
その後、細い通りを猛烈なスピードですり抜けるように一直線に走り去り、
追突現場から逃げようとしているように見えた」と話しました。
そのうえで、「一瞬、追跡しようかと思ったが、通りが狭く、危険だと思ってやめた」と話していました。

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120413/k10014437041000.html(リンク切れ)



http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/557479/
容疑者の車、追突まで正常運転していた 祇園暴走1週間
2012/04/19 15:38
祇園暴走ワゴン車事故
 京都市東山区の祇園で歩行者19人が死傷した暴走車事故で、死亡した藤崎晋吾容疑者(30)の軽ワゴン車が、最初にタクシーに追突事故を起こした大和大路通に進入する直前まで、右左折を5回程度繰り返していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 事故は19日で発生から1週間。京都府警は、藤崎容疑者が正確にハンドルを操作していたとみている。

 捜査関係者によると、藤崎容疑者は、勤務先の社有車を置いている地下駐車場から軽ワゴン車を出庫させる際、幅3~4メートルの通路を3回程度右左折。その後、交差点を2回右折して大和大路通に出た。

 また、大和大路通へ続く団栗(どんぐり)通を走行した際は、車や人への接触はなく、速度も上げていなかったことが防犯カメラの映像で確認されたという。大和大路通に進入した軽ワゴン車は、時速約40キロで前方のタクシーに追突。さらに加速して歩行者をはねながら約360メートル北上し、70キロ程度の速度で電柱に激突した。

 府警は暴走前の藤崎容疑者の運転状況をほぼ解明。今後、暴走がどの時点で始まったかなど、さらに詳細に調べる。




http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1289603787/

◆2SC372TRt. @キハ55φ ★:2010/11/13(土) 08:16:38 ID:???0
タクシー暴走 4人重軽傷 南ア市 4台衝突 「突然、操作不能に」

8日午後3時50分ごろ、南アルプス市飯野の国道52号で、タクシーが対向車と衝突するなど
計4台が絡む事故が起き、2人が重傷、2人が軽傷を負った。

タクシーは先月から使い始めたばかりのハイブリッド車で、運転手は「突然、車の操作ができなくなった」
と話しているという。南アルプス署が事故原因を調べている。

現場は白根巨摩中の約100メートル東側。同署などによると、運転手寄特昭義さん(66)=
同市浅原=のタクシーが国道を北進中、センターラインをはみ出し、対向してきた韮崎市大草町下条西割、
パート矢崎栄造さん(60)の軽乗用車に衝突。
矢崎さんの車は、反動で後ろからきた南アルプス市の男性会社員(39)の乗用車にぶつかった。

タクシーはその後、道路脇の標識にぶつかりながら100メートル近く走り続け、前を走っていた、
北杜市大泉町谷戸、無職竹口典子さん(58)の乗用車に追突して止まった。

矢崎さんと竹口さんが重傷、寄特さんと矢崎さんの助手席に乗っていた矢崎さんの母(91)が軽いけが。
男性会社員にけがはなかった。

寄特さんが勤務するタクシー会社によると、寄特さんは事故後「国道で突然、車が加速した。
ブレーキを踏んでも止まらず、エンジンを切ることもできなかった」と説明したという。

事故があったハイブリッド車を扱う自動車販売店によると、最近販売された同じタイプの車でこれまで
ブレーキなどに関する不具合は報告されていないという。
現場近くの住民は「屋内にいて、大きな音が連続したので外へ出たら、車がぐしゃぐしゃになっていた」と話していた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

別の捉え方

今回の記事と別の捉え方をしているサイトもありました。
http://tokumei10.blogspot.jp/2012/04/blog-post_7711.html

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。