スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山元首相イラン訪問の深い意図。

鳩山由紀夫

いわゆる「二元外交批判」を恐れていては議員外交はできなくなり、政府しか外交ができないようであれば、日本の未来は暗澹たるものになるでしょう。

かねてより作り上げてきたイランとのパイプを活用し、国際社会と協調する重要性、IAEAと真摯に協力する必要性を明確に訴え、批判的ではありながらも真剣な議論と対話を実施すべきであると思っています。

特に、孤立化し国際社会の声から遠くなる可能性のあるイランの最高レベルに直接働きかける重要性は高いと考えており、総理在任時・退任後にも書簡でのやりとりを行ってきたイラン政府首脳に働きかけを行うこととなった次第です。



http://blogos.com/article/36002/?axis=g:1
イラン・イスラム共和国訪問にあたって

2012年04月07日 08:22

鳩山由紀夫

まもなく4月6日午後10時になりますが、これからイラン・イスラム共和国へ出発します。中東の専門家である大野元裕参議院議員も同行します。
現地では、アフマディネジャド大統領、ジャリーリ国家安全保障最高評議会書記、サーレーヒー外務大臣、そして前駐日イラン大使のアラグチ外務次官にもお会いする予定です。
 
現在、イランの核開発疑惑をめぐり緊張が高まるなか、仮に対イラン武力行使等が最悪の事態となれば、その影響は我が国のみならず国際社会に対しても深刻なものになります。その一方で、我が国は歴史的にイランと良好な関係、少なくとも対話のチャンネルは維持してきましたが、最近ではイランとの対話の窓口は途切れがちで、中東における我が国のプレゼンスも弱まりつつあります。国際社会に対するイラン問題の否定的影響が蔓延し、中東が混乱し、我が国の国益を損失するような事態だけは避けなければなりません。
これらに鑑み、何としても武力衝突を避け、平和的に問題を解決すべきと考えてみれば、かねてより作り上げてきたイランとのパイプを活用し、国際社会と協調する重要性、IAEAと真摯に協力する必要性を明確に訴え、批判的ではありながらも真剣な議論と対話を実施すべきであると思っています。特に、孤立化し国際社会の声から遠くなる可能性のあるイランの最高レベルに直接働きかける重要性は高いと考えており、総理在任時・退任後にも書簡でのやりとりを行ってきたイラン政府首脳に働きかけを行うこととなった次第です。
イラン問題がきわめて機微であることは指摘するまでもなく、本問題が一朝一夕に解決しがたいことは当然ながら、少なくとも国際社会の声を届け、問題解決に向けた環境整備の一助となればと考えています。

総理退任後、アジアを中心に各国を訪ね、それぞれのリーダー達と対話をしてまいりました。その過程のなかで、お互いの考えや国の在り方の違いを越え、信頼関係を醸成することが如何に大切かということもあらためて実感しています。
 いわゆる「二元外交批判」を恐れていては議員外交はできなくなり、政府しか外交ができないようであれば、日本の未来は暗澹たるものになるでしょう。
私は元内閣総理大臣として、民主党最高顧問として、また、一衆議院議員として、国益に資することは何かということを自らに問いかけながら、今後とも行動していきたいと思っています。


鳩山元首相のイラン訪問は、今後の世界情勢に大きな影響を与える可能性があるらしい。

8日に、アフマディネジャド大統領と会談する。

オルタナティブ通信によると

鳩山元首相は小沢一郎の「命令」でイラン訪問。

鳩山をイラン訪問に導いたのは、鳩山をバックアップする「国際的ネットワーク」

「核ミサイル開発の自制」を求めるメッセージを、天皇家を通じ、鳩山に託している。

一方

アメリカの言いなりである、政治家やマスコミは鳩山元首相のイラン訪問を非難している。

野田首相は鳩山氏のイラン訪問に中止要請。

前原誠司政調会長は「議員個人として行かれ、党が派遣したことではない。イランに利用されないことを願っている。いま行くタイミングではないと思う」






鳩山元首相のイラン訪問は突然決まった。
間には情報のプロ=インテリジェンスが仲介している。
今後の国際情勢に大きな影響を与える。


〈佐藤優〉鳩山イラン訪問について
その1



 その2


http://alternativereport1.seesaa.net/article/262952931.html

鳩山・元首相は、田中角栄を失脚させたアメリカへの報復のために、イランを訪問した

アメリカとイランの「戦争」が近づく中、

民主党の元首相・鳩山が、イランを訪問した。

もちろん、これは小沢一郎の「命令」であり、

かつて田中角栄を「失脚させた」アメリカに対する、報復である。

鳩山をイラン訪問に導いた、鳩山をバックアップする「国際的ネットワーク」、

日本政界を動かす、「国際的な黒幕」達。



http://alternativereport1.seesaa.net/article/262953791.html
鳩山・元首相は、なぜ、イランを訪問したのか

アメリカとの戦争「開戦」間近となったイランを訪問した、

鳩山・元首相は、

イランで核ミサイル開発を進める政治家の「師匠」のメッセージを持っている。

この「師匠」は現在、イラン国外に住み、

「核ミサイル開発の自制」を求めるメッセージを、天皇家を通じ、鳩山に託している。

鳩山をイラン訪問に導いた、その政治家としての背景。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、バックナンバー11月号(2010年)。

「天皇家一族=鳩山・前首相一族」


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120408/t10014291261000.html
鳩山元総理 イランを訪れ外相と会談
4月8日 2時26分

民主党の鳩山元総理大臣は、核開発を続けるイランを訪れてサレヒ外相と会談し、核開発問題を巡って、来週開かれる予定のイランと欧米側との交渉では柔軟に対応するよう求めました。

民主党の鳩山元総理大臣は、7日、イランの首都テヘランを訪問し、核開発問題についてサレヒ外相と会談しました。
この中で鳩山氏は、「日本は戦争と原発の事故と、2回、核の被害を受けた国であり、核の被害の悲惨さを経験している。イランには、核兵器の開発は行わないでいただきたい」と述べました。
これに対してサレヒ外相は、「そもそもイランには核兵器の開発を行なう意図はない。信頼してほしい」と述べ、改めて核兵器開発の疑惑を否定しました。
そして、核開発問題を巡って、来週、1年3か月ぶりに再開されるイランと欧米など関係6か国との交渉について鳩山氏が、「対話を通じて問題を解決することが重要であり、イランは交渉では柔軟な対応をお願いしたい」と述べたのに対し、サレヒ外相は、「イランも来週の交渉は、大変重要な意義があると思っている」と述べました。
鳩山氏は、今回のイラン訪問は日本政府の要請ではなく議員の立場での個人的な活動としており、8日はアフマディネジャド大統領と会談することになっています。



http://www.asahi.com/politics/update/0407/TKY201204070178.html?ref=reca
鳩山氏のイラン訪問、首相は中止要請していた
関連トピックス
イラン鳩山由紀夫前原誠司野田佳彦
 野田佳彦首相が鳩山由紀夫元首相に、イラン訪問を中止するよう、電話で要請していたことが分かった。鳩山氏は7日午前(日本時間同日午後)、イランのテヘランに到着した。

 鳩山氏はアフマディネジャド大統領らと会談し、イランの核開発問題をめぐる原油供給の停滞や武力衝突の回避策などについて意見交換する考え。鳩山氏は民主党の外交担当最高顧問だが、政権は同国の核開発への憂慮を表明しており、「二元外交」の懸念も出ていた。

 前原誠司政調会長は7日の読売テレビの番組で「議員個人として行かれ、党が派遣したことではない。イランに利用されないことを願っている。いま行くタイミングではないと思う」と述べた。




http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120406-OYT1T01203.htm
鳩山元首相、政府の要請振り切りイランに出発

「イラン 鳩山」の記事をお探しですか?最新関連記事が 17 件 あります。
 鳩山元首相は6日夜、イランに向けて成田空港から民間機で出発した。


 鳩山氏は現地時間の7~8日にかけテヘランに滞在。アフマディネジャド大統領らと会談し、核開発問題や日本とイランの関係などについて意見交換する予定だ。

 政府は核開発を続けるイランに欧米諸国と協調して圧力を強めており、鳩山氏に訪問中止を求めていた。

(2012年4月6日22時44分 読売新聞)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。