スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無視された東日本大震災大津波で、核兵器が使用された証拠。

東日本大震災大津波での核兵器使用されたという現象が観測されている。
しかし、すべて無視され大津波はプレートのズレにより発生したとされ、誰も検証しようとしない。


2009年北朝鮮地下核実験を判別した方法
①人工地震と自然地震を見分ける要素は、空中を行き来する音、つまり音波の観測だ。気象庁のユ・ヨンギュ事務官は「自然地震とは違い、核実験では音波が観測される。

②核実験による人工地震は、核爆弾が一瞬で破裂して発生するため、地震波が高周波になる。

東日本大震災の震源地でも同じ現象が起こった。
①音波が観測された。

②地震波が高周波


①音波が観測された。
千葉県いすみ市の観測所とロシアのウスリースクとペトロパブロフスクカムチャツキーの「微気圧振動監視観測所」。
→核実験を監視する専門の施設=核爆発に伴う空気の振動をキャッチする施設。

その核実験の監視施設で、核実験の時に発生する微弱な気圧の乱れが観測されていた。
→東日本大震災で核が使われた可能性。

しかし

音波の発生原因は深く追求されることなく、津波の海面上昇による大気の圧縮で生じたものと断定され、核使用の可能性は無視された。


いすみ市の観測所では大震災発生約17分後の3月11日午後3時3分ごろから約12分間、約20パスカルの気圧変動でできた音波を確認。人間の耳では聞き取れない長い周期で、震源域付近から伝わったと推定

ロシアの2観測所のデータも検証した結果、ほぼ同じ長周期の音波を約1時間~1時間40分後に捉えており、音波がほとんど衰えずに伝わった。


アメリカ、イリノイ州にあるノースウェスタン大学の地球物理学教授エミール・オカル氏は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の振動は、大気圏外まで到達しかねない強さだった。
そして「この振動は低周波数の音波に似ている」



②地震波が高周波
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2011/12.html

日本列島で観測された地震波のうち特に、体に感じるようなガタガタという高周波の地震波はこのうち②と④の深部の破壊すべりからしか放射されていない。これは各地への地震波到達タイミングから明らかである(図4)。そして海溝近傍での最大のすべりからはこのような地震波はあまり放出されなかった。



高周波の地震波は「赤丸の位置=プレート境界の深部」で発生した。
「赤丸の位置=プレート境界の深部」で高周波の地震波が計測された→「大きな破壊」が発生。
「大きな破壊」が発生する理由はない。
「赤丸の位置=プレート境界の深部」の1点にだけ膨大なひずみエネルギーが蓄積され読けていたことはあり得ない。

核爆発が発生したと考えると納得できる。

02045.jpg



2009年5月25日午前9時54分頃の北朝鮮地下核実験を判別した方法
①人工地震と自然地震を見分ける要素は、空中を行き来する音、つまり音波の観測だ。気象庁のユ・ヨンギュ事務官は「自然地震とは違い、核実験では音波が観測される。

核実験による人工地震は、核爆弾が一瞬で破裂して発生するため、地震波が高周波になる。
(自然地震は規模が大きいほど、断層が長い時間にわたって長く割れることで、地震波は低周波になる。)


東日本大震災直後の「大気の波」





http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052301000492.html
020401.jpg


http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110805002&expand#title
020402.jpg

北朝鮮、2009年5月25日午前9時54分頃(KST)地下核実験。
http://grnba.com/iiyama/news/chosun0526/
020403.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

阪神淡路大震災の時には、地から湧いたように大勢の地震学者がテレビに出て、ああでもないこうでもないと「予知できなかった理由」「そもそも地震予知は不可能」と、愚にもつかない議論ばっかりやっていました。

なのに、今回はフクシマが「ただちに大変な事にはならない」とくりかえすばかりで、気象庁でさえ「地震」の分析はおろか説明さえしませんでした。

おかしなことばかり。
フクシマ報道も奥歯にものがはさまった言い方で、実際に何が起こっているのかさえわからない。

いや、わからないのではなく「報道しない」のだと、あの様子から歴然とわかりました。

日航123便が行方不明と言われた夜の「どう考えても現代の科学で、それはないだろう!」と、感じた時と同じ感じでした。
「どう考えても、ありえない」9・11ビルの大崩壊とも、同じ印象でした。

おかしいのです。

大自然の起こした現象だと100%飲み込めない「不審」
一般人には、追及する力もなにもありませんが、どう考えても不審感のぬぐえない不自然さがありました。

あれは自然災害ではなく戦争だったと私は理解しています。
なぜなら、あのアタックの後、急激に日本精神が地の底から湧きあがって国を護ろうする真実の気慨がたちこめてきたからです。
生きた人間にはわからなくても祖霊が、キャッチした感じでしょうか。
それまでバブルの余韻で浮かれていた日本人が背筋にきりっと力を入れたのが感じられます。

管理人さん、お見事です。

これらを発見した功績は、おそらく歴史に残ると思います。
すでに陰謀関係でメジャーなサイト、阿修羅板と、井口先生のサイトで、ここのサイトのこの記事を取り扱ってます。これでもっと多くの人が、この恐るべき事実を知ってくれると思います。

こんにちは

東日本大震災の際、東京でも2回地鳴りがした事が忘れられません。
いつもの地震とは明らかに違うという気がしました。

No title

地震で原発に内部破断が起きたならば

建物の密閉性もある程度失われているはず

だったら水素爆発など起こりようもないはず

きれいに4機爆発していったさまを見て

911を思い起こしても 確かに不思議ではないですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。