世界は同性愛者が支配する。

スパルタやギリシャ文明において、男性同士の愛やセックスは異性とのセックスより純粋だと信じられていた。

彼らの教育制度では、中年の権力や影響力のある男が12歳ぐらいの思春期が始まったばかりの坊やを愛人兼、弟子として引き取る。
その時代のギリシャの書籍には、ソクラテスとプラトンが同性愛師弟関係にあり、またプラトンとアリストテレスが同じ関係であったことが書かれている。
このような関係にあった彼らはとても強い絆で結ばれていたという。

この伝統は米軍やイギリス海軍などで現在も続いている。

アメリカにおいて、ベトナム戦争の時に実験としてこの伝統を使った“暗殺部隊”の育成が始められた。結局、その部隊に選ばれたのは基本的に“貧しい母子家庭で育った男たち”であった。この時の実験から、その様な環境で育った人物には、以下のような状況に陥りやすい傾向があることが分かったからだ。
:この男たちが父親のような強い男に誘惑される。そしてその組織に入れられた後は、そこに強く忠誠を誓い、依存してしまう。
ケネディ大統領の暗殺犯はこのような暗殺部隊の1人だった。また、レーガン大統領の暗殺未遂をやった男も、やはりそうだった。

米国大統領も同じ様なシステムで育成される。

例えば、ビル・クリントン元大統領。彼は貧しい母子家庭の育ちで、パパブッシュに可愛がられた。

また、オバマ大統領もやはり母子家庭で育ち、同じように仕組まれてきた。

米国新聞“ボストングローブ”やオバマの元恋人だと名乗り出た“Jimmy Sinclair”という男も、オバマ大統領が同性愛経験者であることを語っている。

スカル・アンド・ボーンズの会員に関してはメンバーに入る際、強制的に同性愛者が集うパーティに参加させられるという。

その姉妹結社であるトゥーレ協会が創設した、ナチドイツ軍隊においては特にこの”同性愛“の伝統が強く、権力者が若い弟子を選び将来の権力者として、また結社の秘密を伝承する者として育成する。

このような仕組みで育成された指導者には、スターリン・毛沢東・ヒトラーなどが含まれるのだという。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/54394691.html
スカル&ボーンズは、女性禁制のホモセクシュアルのクラブと言われている。ブッシュと大統領選挙で争った民主党のケリー上院議員もこのスカル&ボーンズのメンバーであり、ブッシュのホモ仲間であるとスキャンダル雑誌は大統領選挙期間中報じていた。
 民主党、共和党、どちらが勝利しても、ブッシュ=ケリーのホモ夫婦がホワイトハウスで「倒錯した政治=性事」の世界を展開されたのでは困った事になると、健全な米国の市民感覚が懸念したのかも知れない。


http://ohmyfuse.mita.minato.tokyo.jp/article.php/20081204110322804/print
フーヴァーFBI長官はホモセクシュアルであり、男性との性交現場の写真を殺人株式会社に撮影され、「全米の警察の独裁者」フーヴァーはアイゼンベルグに脅迫されていた。アイゼンベルグに逆らえば、フーヴァーが男性と性交している写真がマスコミに出る。FBI長官フーヴァーは、アイゼンベルグの「部下」=米国国務長官ヒラリー・クリントンの麻薬密輸・核兵器密輸を「揉み消す」しか無かった。


http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/200609
第2次大戦後、マッカーサーとともに日本の「カトリック教国化」を画策したイエズス会の重鎮フランシス・スペルマン枢機卿についてです。
スペルマン枢機卿は、マフィアやCIA、フリーメーソン、KKK、ブナイ・ブリス、オプス・デイなどとの様々な関係を噂され「黒い法王」と呼ばれていました。

ローマ法王とスペルマン大司教はアメリカの政治の中枢にいた

スペルマンはFBI長官のフーバーとも深く結びついた。一つは反共主義であり、もう一つはホモ・セクシャルという世界を通してである。スペルマンとフーバーの秘密が公開されたのは、スペルマンが1967年に死んでから24年後の1991年に公開されたFBIの記録のためである。



ホモ人脈の財閥政権
http://aquafrog.seesaa.net/article/234354021.html



ジョン・エドガー・フーヴァー(John Edgar Hoover, 1895年1月1日 - 1972年5月2日)は、アメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官

http://www.youtube.com/watch?v=zwPrCgn6_mE&feature=results_main&playnext=1&list=PL53FF0605378BF05C
020101.jpg


http://ameblo.jp/mayainka/entry-10327478638.html

◆◇同性愛と秘密結社の関係について◇◆

*亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞亞*

    *≪ 2009/7/13号 ★ VOL.38 ≫*





■□■【 ある米軍関係者による暴露 】■□■



最近、ある米軍関係者により秘密結社の内部事情が一部暴露された。
『欧米の秘密結社は男性同士の同性愛関係をベースに組織の絆を深めるのが伝統である。』というものだ。


トゥーレ協会、とスカル・アンド・ボーンズ、イスラム過激派を管理しているサイイド一族、この3つの組織は互いに同性愛関係により強く結ばれているそうだ。

スカル・アンド・ボーンズの会員に関してはメンバーに入る際、強制的に同性愛者が集うパーティに参加させられるという。
その姉妹結社であるトゥーレ協会が創設した、ナチドイツ軍隊においては特にこの”同性愛“の伝統が強く、権力者が若い弟子を選び将来の権力者として、また結社の秘密を伝承する者として育成する。このような仕組みで育成された指導者には、スターリン・毛沢東・ヒトラーなどが含まれるのだという。

そして、これら結社を含むパパブッシュ一派がアメリカを乗っ取ってからは、米軍トップの人間と同性愛関係を持つ人物が他の軍人より早く組織の上層部に入るようになったと話している。


また、アラビアの王室関係者も若い頃にアメリカにある、特定の私立学校に留学させられ、そこで選ばれたアメリカ人と同性愛関係を築く。これは1950年代から続いていて石油利権に関係している。



---------------
この暴露により、これら結社の起源を辿るとその歴史は極めて古いという情報を再確認することができた。



大きく遡ると、これら結社(ナチ、スカル・アンド・ボーンズ、トゥーレ協会)の“同性愛で結束力を強めていく”という伝統の始まりは、中央アジアの遊牧民族であるヒクソス(後のカザール族)の一夫多妻制度に起因しているという。
当時は、強くて権力や財力のある男が多数の妻をめとるのが習慣で、結婚が出来ない若い男は一緒に行動し、同性愛でお互いを慰め合ってきた。

そして、彼らはいつかその権力や財力を得る為に必死に戦い、勝つ為に互いが団結し、軍全体が強くなっていった。


そして、この伝統はギリシャの軍隊に伝わった。
これを暴露をした人物によると、従来から米国を管理してきた勢力:ナチス(パパブッシュ一派であるトゥーレ協会・スカル・アンド・ボーンズも含まれる)は“自分たちはスパルタ文明を継承している”と主張しているそうだ。(※ パパブッシュは最近までナチ総統であった。2008/11/3号 VOL.5【ナチ勢力の“正体”と、その“計画”】に詳しく書いてあります。)


そして、スパルタやギリシャ文明において、男性同士の愛やセックスは異性とのセックスより純粋だと信じられていた。
彼らの教育制度では、中年の権力や影響力のある男が12歳ぐらいの思春期が始まったばかりの坊やを愛人兼、弟子として引き取る。その時代のギリシャの書籍には、ソクラテスとプラトンが同性愛師弟関係にあり、またプラトンとアリストテレスが同じ関係であったことが書かれている。このような関係にあった彼らはとても強い絆で結ばれていたという。



この伝統は米軍やイギリス海軍などで現在も続いている。
イギリスのチャーチル元首相がイギリス海軍の強さの秘訣についてこう言ったことがある:『鞭と酒とホモ』

---------------
アメリカにおいて、ベトナム戦争の時に実験としてこの伝統を使った“暗殺部隊”の育成が始められた。結局、その部隊に選ばれたのは基本的に“貧しい母子家庭で育った男たち”であった。この時の実験から、その様な環境で育った人物には、以下のような状況に陥りやすい傾向があることが分かったからだ。
:この男たちが父親のような強い男に誘惑される。そしてその組織に入れられた後は、そこに強く忠誠を誓い、依存してしまう。
ケネディ大統領の暗殺犯はこのような暗殺部隊の1人だった。また、レーガン大統領の暗殺未遂をやった男も、やはりそうだった。


その内部告発者は、世界各国から同じ様な若い男を集めて訓練し、世界各国で暗殺を遂行させたり権力の座に付かせたりしてきたとも話している。

今思えば『以前、アメリカ暗殺部隊の日本分社にいたことがある』と明かした人物も『米軍施設にいた時には同性愛行為を強いられた』と話していたことがあった。


この結社が選ぶ米国大統領も同じ様なシステムで育成される。


例えば、ビル・クリントン元大統領。彼は貧しい母子家庭の育ちで、パパブッシュに可愛がられた。
また、オバマ大統領もやはり母子家庭で育ち、同じように仕組まれてきた。米国新聞“ボストングローブ”やオバマの元恋人だと名乗り出た“Jimmy Sinclair”という男も、オバマ大統領が同性愛経験者であることを語っている。



■□■【 結社とゴールドマン・サックス 】■□■


勿論それらの結社は、日本でも大きな影響力を持ち活動している。
前回(7/6号 Vol.37)にも書いたが、長年、トゥーレ協会・CIAが深く関わってきた岸派の森元総理が東国原を総裁に仕立てようとしていることに引っ掛かっている。また、東国原は別としても、アメリカからフルブライト奨学金を貰ってアメリカに留学していた日本の権力者は皆、多少ともトゥーレ協会の影響を受けていると思われても仕方がない。


先週、それらの結社(パパブッシュ一派:トゥーレ協会、スカル・アンド・ボーンズ)とゴールドマン・サックスが関わる、一連の出来事があった。
日本国家を浄化する為にもトゥーレ協会、スカル・アンド・ボーンズの金融基盤となっているゴールドマン・サックスの関係者を全面的にリストアップする必要がある。



その一連の出来事とは、先週ゴールドマン・サックスの“ブラックボックス”と呼ばれる世界金融を操作できる措置を使い、パパブッシュ一派であるトゥーレ協会、スカル・アンド・ボーンズがアメリカの年金や基金などから18兆ドルを盗み、中近東の王族関係者に振込むことを試みた。そのお金は計画通りに中近東からロシアに振り込まれ、先日オバマがロシアを訪問した際にその18兆ドルでロシアとの裏取引をオファーするつもりでいた。しかし、ロシアはそのお金での取引には見向きもせず、ロシアによって裏から元のアメリカ国民の年金や基金など、あるべき場所に戻されたそうだ。

その後、ゴールドマン・サックスの元社員がゴールドマン・サックスを告発する意味で、その“ブラックボックス”と呼ばれる装置やそれに使う暗号をロシア、中国、ドイツの政府に渡した・・・ということだ。(情報源:KGB)




当然ながら先日開催されたG8の場で、その様なアメリカの裏工作や戦争を好む姿勢についてオバマ大統領は非難された。そして、そのG8も終わり、世界の大切な決断がこれからG20に任されることになる。次のG20は9月。アメリカの不況の中心地の1つであるピッツバーグで開催される。
おそらくオバマ大統領とブッシュ一派は、この夏の間に上記のような不正な裏工作や、また訳の分からない危険な計画を企てるだろう。
しかし、パパブッシュ一派が世界的に村八分になっているこの状況で、これらの結社による悪夢のような支配がこの秋以降も続く可能性は極めて低い。




ただし、最後の最後まで予断は禁物だ。



             Benjamin Fulford
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本右翼のボス、中曽根康弘もそうですね。
似非右翼業界も同性愛の巣窟です。

No title

だから同性愛者は排除すべき!という意見?
それとも、右翼はホモだから排除すべき!という意見?
どちらにせよ気持ち悪いわ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード