スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の広島北部地震も花崗岩地帯(人工地震兵器HAARPのターゲットは花崗岩体=石英)


奥尻島地震(北海道南西沖地震)は、1993年(平成5年)7月12日発生
マグニチュードは7.8

奥尻島は島の全域が花崗岩の段丘で形成されている。


人工地震兵器HAARPの低周波は花崗岩体=石英を振動させ、破壊し、地震を起こす?

花崗岩は優白質な粗粒の顕晶質の深成岩で,主に石英,カリ長石,酸性斜長石長石からなる岩石を総合して呼んでいる.

ほとんど地震が起こらない地域に突然発生した地震。

地震が発生した付近の地層は福島、神戸と同じ花崗岩地帯。


広島県北部地震
発生時刻 11月21日 19時16分
震源地 広島県北部
位置 緯度 北緯34.9度
経度 東経132.9度
震源 マグニチュード M5.4
深さ 約10km

震源地は広島県北部で震源の深さは12キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.4と推定。

広島県で震度5弱以上の揺れが観測されたのは、5年前の平成18年6月に大分県西部で起きたマグニチュード6.2の地震で、広島県呉市で震度5弱が観測されて以来。








11211.jpg



中国山地中央部大朝地域の広島花嵐岩と山陰花嵐岩について
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/www/contents/1172208855322/files/saijyoukannose1.pdf

西城 川・神野瀬川ブロックは,県北に位置する,
三次市,庄原市の2市にまたがる流域
地質は,流紋岩・安山岩・花崗岩を主体とした中生代白亜紀の地質

11212.jpg

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111121/t10014110641000.html
広島北部 震度5弱を観測
11月21日 21時1分
21日午後7時16分ごろ、広島県北部で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度5弱の揺れを観測したのは広島県三次市で、震度4が広島県庄原市と島根県雲南市、美郷町それに邑南町でした。また、近畿と中国四国地方、それに九州などの各地で震度3から1の揺れを観測しました。気象庁の観測によりますと、震源地は広島県北部で震源の深さは12キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.4と推定されています。気象庁によりますと、広島県で震度5弱以上の揺れが観測されたのは、5年前の平成18年6月に大分県西部で起きたマグニチュード6.2の地震で、広島県呉市で震度5弱が観測されて以来です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感します。

HAARPの地震前に見られると言われる、地震雲を地震の少し前に見たんです。

もしかしたら広島にも地震がくるの??

と思っていて、先日の地震発生。


地震の前に、ブワーン、という低周波みたいな音がして、
これがHAARP地震の音っていわれてる音なのか!!、て驚いて。


いままで人工地震説なんて本当かな? と思っていたけど、
本当かも、と思うようになりました。

検証ありがとうございます。
プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。