スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロンチウム90はセシウム137のあるところには一緒にある

原子力資料情報室  新宿区での放射線     sekaishinjitsuーtweet
iwakamiyasumi 全8チャンネルを同時視聴
小出裕章助教の非公式ブログ
自由報道協会のニュースサイト
「子供を守ろう Save Child」?福島原発事故や放射能汚染情報や地震などの情報
原発についての動画を集める
放射線測定サイトや拡散予想サイトのまとめ



kenkatap 気持は会員予備軍
(この調査を信じますか?)小沢氏証人喚問86%「応じるべき」iza.ne.jp/news/newsartic… 共同通信が1、2両日実施した全国電話世論調査 小沢元代表の国会招致問題「証人喚問に応じるべきだ」86・0%。「応じなくてよい」11・6%。小沢氏は「議員辞職すべきだ」66・5%

kskt21 空
小沢氏の言葉は理屈をこねる訳でもなく。難しい言葉を使うでなく。ごく自然に 国家国民の事を思えば出て来る言葉ばかりだ。この様な偉大で素朴で誠実な政治家が我が国に存在してる事は一条の光である。

vagabond28 DENDEN-MUSASHI
たんたんと話す小沢の話は深い。多くの人に見てほしい APF Live 10/02/11 01:34AM - apfnews






原発から80kmはなれた地点でのストロンチウム90検出
http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY201109300553.html
10021_20111002085843.jpg

文科省が1999~2008年度に全国で測定したストロンチウム90の最大値950ベクレルの6倍。
ストロンチウム90が950ベクレルを上回ったのは8カ所あり、7カ所が20キロ圏内と北西方向に集中


ストロンチウム90はセシウム137のあるところには一緒にあると考えた方が良い。その割合は、1/10~1/1000まで、いろいろなデータがあって、実際はよく分からない。

福島原発の62キロ北西の福島市など11か所で行った調査でも、すべての地点でストロンチウムが検出された。
http://www.j-cast.com/2011/06/09097960.html

チェルノブイリ原発事故の場合は
ストロンチウム90はセシウム137の割合は、1/7~1/10

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/JHT/JHT9507.html
1001.jpg

ストロンチウム90の重さはヨウ素131の半分の重さ
。(比重で考えた場合)
ヨウ素を1とするとストロンチウム0.53(ちなみにテルル1.27プルトニウム4.02)
http://q.hatena.ne.jp/1308857677

ストロンチウム90が遠くに飛散していて何の不思議もない。
むしろストロンチウム90が飛散していないほうがおかしい。
今まで、ストロンチウム90の調査を行ってこなかったことの責任は重大


ストロンチウム90(半減期約30年)が最も高かったのは福島県双葉町(20キロ圏内)の5700ベクレルだった。文科省が1999~2008年度に全国で測定した最大値950ベクレルの6倍。950ベクレルを上回ったのは8カ所あり、7カ所が20キロ圏内と北西方向に集中。

そして政府は事故当初からストロンチウム90の拡散を知っていた?
ストロンチウム90の拡散を知っていた?岡田幹事長。
事故から2ヶ月後の完全防護装備。
対照的な、何も知らずに防護服も着用していない地元住民。



双葉病院は双葉町にある。
福島県双葉町ではストロンチウム90(半減期約30年)が最も高かった→5700ベクレル

10012.jpg



http://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/2011/08/90nk-ebe5.html
ストロンチウム90はセシウム137のあるところには一緒にあると考えた方が良い。その割合は、1/10~1/1000まで、いろいろなデータがあって、実際はよく分からない。政府も測定していないが、福島原発から60kmの地点で検出したというニュースもあった。

ごくわずかであっても内部被曝が避けられないとすれば、がん患者は何をすれば良いか。ラルフ・グロイブは『人間と環境への低レベル放射能の脅威』で、ストロンチウム90の細胞膜への攻撃を防ぐために、



http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY201109300553.html

ストロンチウム、最大で事故前の6倍検出 文科省調査

プルトニウムとストロンチウムの沈着状況

 東京電力福島第一原発の事故で放出されたストロンチウムとプルトニウムについて、文部科学省は30日、周辺の土壌の汚染マップを初めて公表した。ストロンチウムの沈着量は原発の20キロ圏内と北西で高い傾向だった。過去の大気圏内核実験で国内に降りそそいだ放射性物質の測定の最大値の6倍のところもあった。事故によるプルトニウムも原発の敷地外で初めて検出したという。

 調査は6月から約1カ月間、福島第一原発から100キロ圏内で土壌を採取。福島県内と県境の他県の市町村(59カ所)と原発周辺(41カ所)の計100カ所で、両物質の1平方メートルあたりの核種の量を分析。1980年代までの大気圏内核実験で日本に降った放射性物質の量と比べた。

 その結果、ストロンチウム90(半減期約30年)が最も高かったのは福島県双葉町(20キロ圏内)の5700ベクレルだった。文科省が1999~2008年度に全国で測定した最大値950ベクレルの6倍。950ベクレルを上回ったのは8カ所あり、7カ所が20キロ圏内と北西方向に集中した。

 プルトニウムは238の最大値が4ベクレル、239と240が計15ベクレルで、いずれの地点でも事故前の観測での最大値を下回った。ただし、原発30キロ圏内と北西の6カ所で検出されたプルトニウムでは、核実験で検出されにくい238の比率が高いことなどから、今回の事故で新たに沈着したことが確認されたという。事故後これまでに福島第一原発の敷地内でしか、検出されていなかった。

 文科省は、最大値が検出された地点に50年間滞在した場合の被曝(ひばく)線量を計算。プルトニウム238は0.027ミリシーベルト、同239+240とストロンチウム90はともに0.12ミリシーベルトだったという。

 文科省は「プルトニウムやストロンチウムの沈着量はセシウムに比べ非常に小さい。今後の被曝の影響評価や除染対策はセシウムに着目するのが適切」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。