FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川昭一酔っ払い会見とイタリア米国債13兆円押収事件

2月14日中川昭一元財務大臣酔っ払い会見は罠にはめられたのか?
2月13日会談の国財務長官ティモシー・フランツ・ガイトナー氏はTARP資金の「枯渇」で追い込まれていた。
6月3日に米国債13兆円押収事件が発覚。

 中川財務・金融担当大臣:「私は風邪を引いていたので、風邪薬がガアッと効いてきたというのが正直なところ
会見の前には(お酒は)飲んでいません」「(Q.会見が終わってから飲みましたか)緊張していましたから」
 中川大臣は16日朝にこのように述べ、会見前の飲酒を否定し、風邪薬を多めに飲んだためだと強調しました。
大臣によると、風邪はまだ治っておらず、16日も体調が優れないということです。



副島隆彦、植草一秀は見抜いていた。
中川昭一泥酔会見陰謀説。あれは酔っぱらったんじゃなくて、薬を盛られたのではないか、というのである。アメリカに金融危機の責任をとれと迫り、日本の資金を注ぎ込むことを渋ったのがマズかったらしい。




中川昭一は闇の世界の恐ろしさを知っている!


http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/06/1345_14cf.html

英文
http://zerohedge.blogspot.com/2009/06/guardia-di-finanza-to-bloombergdie-welt.html

Zero Hedge、Guardia di Finanza to [Bloomberg/Die Welt]: Bonds Probably [Fake/Real]から、
Greetings from Milan,
ミラノからこんちわ、(あれっ、中川さんG8に行ってるんだ??)

This letter must come to you as a big surprise, but I believe it is only a day that people meet and become great friends and business partners. I am Mr. Shoichi Nakagawa, former Finance Minister for a Group of 7 country. I write you this proposal in good faith, believing that I can trust you with the information I am about to reveal to you.
中川昭一です、驚かれるかもしれませんが、今日しかお友達になれる日がないのでアシカラズで、
I have an urgent and very confidential business proposition for you. In February of this year an agent of a foreign power spiked my cold medicine with opiates causing me to nod off during an important press conference. I was subsequently forced to resign in disgrace.
この2月、その筋に風邪薬で嵌められ、大臣を辞任しました、
As my termination loomed I took the chance to retain US DOLLARS 134 BILLION in negotiable bearer bonds I found forgotten in the dusty bottom drawer of the prime minister's desk. I have since, by the grace of God, deposited these documents with trusted associates in Italy.
私の(任期中の)最後のチャンスで、(USA政府との)ネゴ用の1340億ドル国債をイタリアの信頼筋に預けました、(おそらくスイスへのアクセスの関係だと思われる、)
As I am under constant surveillance I cannot directly deposit these bonds without the help of a foreigner and that is why I am contacting you for an assistance. My associates will travel to Switzerland by train to deliver the documents to the Swiss banking organization of your choice.
私は監視下にありますので、あなたのヘルプなしには直接この国債をスイスに持ち込むことはできません、これがこのメールの趣旨です、私の仲間がスイスへ行きます、
If you accept to work with me, I want you to state how you wish us to share the funds in percentage, so that both parties will be satisfied. If you are interested, contact me as soon as you receive this message so we can go over the details. Thanking you in advance and may God bless you. Please, treat with utmost confidentiality.
短刀直入に言いましょう、何%のチャージをお望みですか、お互いハッピーな話だと思います、くれぐれも内密でお願いします、
I wait your urgent response.
お待ちしてます、
Regards,
ではでは、

Mr. Shoichi Nakagawa



ブルームバークの名前がどちらにもでてくるのは偶然か?


http://74.125.153.132/search?q=cache:uH-VJbbuJR4J:google-earth-travel.net/mercury/0906110004.html+13兆円イタリア ブルーム&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
奇妙なことに、イタリア米国債事件について主要メディアは公表してません。いくつかのメディアは報道しました。その1つのブルームバーク・ビジネス・ニュースはこれが偽造のものであると報道しました。しかしながら、イタリア当局によると、これは、アメリカ政府によって作られた話であって、他の国々がアメリカ国債をパニックで売ることを避けるためにしたことです。
Strangely, very few major media outlets have covered this story. Of the few media outlets that have covered it, one - Bloomberg Business News - reported the bonds were "fakes." But according to Italian authorities, that is a cover story developed by the U.S. government to avoid panic selling of U.S. Treasuries by other nations.




http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/51397648.html
中川昭一はなぜ酔っ払ったのか。
「G7閉幕後の記者会見での出来事

2009年2月13日、先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議に先立ちアメリカ合衆国財務長官ティモシー・フランツ・ガイトナーと会談
2009年2月14日にイタリアのローマで開催されたG7の財務大臣・中央銀行総裁会議で中川は居眠りをしていた。さらに、会議終了後の内外記者を集めた日本銀行総裁の白川方明と財務官の篠原尚之との共同記者会見の場にて、中川はろれつが回らず、あくびをし、表情は目がうつろで記者の質問にまともに答えることができないという醜態を曝した。さらに、中川は日銀の政策金利を言い間違えたり、質問した記者が見つけられず「どこだ!」と突然叫んだり、「共同宣言みたいなものが出ました」などと不明瞭な発言をしたことから、各国の各方面から「時差ぼけ」の影響だけでなく、健康不安や深酒を疑われている。対照的に、この会見に同席した白川は冷静に対応していた。会見中、白川の前に置いてあった水飲み用コップに中川は間違えて手を伸ばしたりもしている。

記者会見での中川の姿は世界中に報道され、欧米の新聞記者の電子版で酷評される事態となった。日本でも新聞やテレビのニュースで大きく取り上げられた。」


私はこの事件が不可解でしょうがないんですね。G7後の記者会見を酔っ払い状態で臨む大臣がこの世にホントにいるんだろうか、と。しかし、いるんだな。それが中川昭一だってワケなんだろう。しかし、いくら本人さんが酒癖が悪いからといって、ホントにろれつが回らなくなるくらいに大酒を飲んで世界が注目する記者会見の場で居眠りをしたりするものなのだろうか。どう考えてもこれは不可解だ。私はよく理解できない。これについては洋洋なウワサがあり、記者会見前に財務省国際局長玉木林太郎、読売新聞越前谷知子、日本テレビ原聡子、ブルームバーグ下土井京子が同席にてワインを注いだだとか、その際に一服盛ったのだとか、よくわかんない話もある。実際、彼らが実はCIAのスパイで工作員だったとして、中川昭一を失脚させ麻生政権に圧力を加える工作だとしても不思議ではない。しかし、いくら読売、日テレがCIA傘下メディアだといっても、日常的に取材活動をしている若手女記者がそんなミッションを成功させることができるのか。まあ、これはよくわかんない。大酒飲みの中川昭一が少しだけワインを飲んだからってベロンベロンになるものか。やはり、あれは何らかの工作によるものなのだと私は思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。