スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子炉“安定的冷却を達成”の欺瞞

原子力資料情報室  新宿区での放射線     sekaishinjitsuーtweet
iwakamiyasumi 全8チャンネルを同時視聴
小出裕章助教の非公式ブログ
自由報道協会のニュースサイト
「子供を守ろう Save Child」?福島原発事故や放射能汚染情報や地震などの情報
原発についての動画を集める
放射線測定サイトや拡散予想サイトのまとめ


原子炉“安定的冷却を達成”7月19日(NHK)


福島原発の事故は人類初のケース。
それなのに、今にも事故が収束するかのような報道。

スリーマイル島の原発事故は燃料棒が溶けたが、圧力容器の底に残っていた。だから取り出すことができた。
スリーマイル島の原発事故は一基のみ。

福島原発は燃料棒が溶け、圧力容器の底を突き破った。
福島原発事故は一基だけではない。

緊急にしなければならない、地下遮蔽壁はステップ3で取りかかる。
タンカーによる汚染水移送も進まない。





テレビタックルで武田教授にメルトダウンしても、たぶん大丈夫と言わせる。

水で冷やされているという図で解説。

しかし下図は、おかしい。
燃料棒が溶けて水に浮いている。
建屋の地価には水がたまっている。


07201.jpg

7/20小出裕章氏
国と東電は犯罪者で、マスコミが犯罪に加担している。
原子炉の中にどれくらい水が入っているかということすら、分からない。
2号機、3号機は人が入ることすら困難。
牛だけが汚染されているはずがない。あらゆる食べ物が汚染されている。
台風で敷地に雨が降れば汚染水は溢れる。



政府は19日夜、原子力災害対策本部を開き、目標としていた原子炉の「安定的な冷却」を達成したとする評価をまとめました。

メルトダウン、メルトスルーしていて、原子炉内の様子もわからない。
それでも安定した状況であると。

いつの間にか、「循環注水冷却」システムの成功=原子炉の安定した冷却の成功であると
マスコミを使い、国民を騙している。



菅首相は「ステップ1は順調にきている」
そのことについて
小出裕章氏はあきれて、笑っている。
安定した冷却などもはや不可能。





根拠なき予想と期待?
テレビタックルで武田教授は「メルトダウンしている燃料棒はたぶん冷えている。」








http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110719/t10014310431000.html


原子炉“安定的冷却を達成”
7月19日 20時46分
東京電力福島第一原子力発電所の事故の収束に向けた工程表の「ステップ1」が期限を迎えたのを受けて、政府は19日夜、原子力災害対策本部を開き、目標としていた原子炉の「安定的な冷却」を達成したとする評価をまとめました。そして、今後、被災者支援策として、子どもを対象にしたがん検診を行うことを盛り込んだ「ステップ2」など新たな工程表を決定しました。
政府が、ことし4月17日に発表した福島第一原発の事故の収束に向けた道筋を示す工程表では、最初の3か月間を「ステップ1」と位置づけ、「周辺地域の放射線量を着実に減らす」などの目標を掲げています。「ステップ1」が期限を迎えたのを受けて、政府は、19日午後6時半から総理大臣官邸で、すべての閣僚が出席して原子力災害対策本部を開き、菅総理大臣は「ステップ1では、一部で予定を超えた進捗(しんちょく)が見られ、放射線量は着実に減少している。被災者のできるだけ早く元の家に戻りたいという切実な思いを痛感しており、事故を収束に近づけることで、具体的な検討に入っていきたい」と述べました。そして、工程表の「ステップ1」で目標とした「周辺地域の放射線量を着実に減らすための原子炉の安定的な冷却」を達成したとして、来年1月までを目標としている「ステップ2」やそれ以降の3年程度を目安とした中期的な課題についての新たな工程表を決定しました。それによりますと、被災者支援策としては、およそ30年かけて福島県民の健康調査を継続して行うとしたうえで、▽放射線量の推定調査、▽内部被ばくの測定、それに▽子どもを対象にした甲状腺がんについての検診をそれぞれ開始することを盛り込んでいます。また、避難区域を巡っては、緊急時に避難を求める「緊急時避難準備区域」の解除に向けて、生活している場所でどの程度の放射線量があるのか測定し、安全を確認するとしています。さらに、原発から半径20キロ圏外で、おおむね住民の避難が完了した「計画的避難区域」や、立ち入りを禁止している「警戒区域」については、放射線量の測定を当初よりも前倒しして実施し、「ステップ2」を達成したあとに、安全が確認された地域から解除を検討するとしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。