スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力会社の不当な節電要求は今後、株主代表訴訟の対象になる。

発電能力があるのに国民に節電を要求している。
原発の再稼動を勝ち取るために、節電で国民に負担を強いる電力会社。

発電能力があるのに、「節電の協力」をおこなう事は、売上を自ら低く誘導しているのだから、株主への完全なる背任行為でもある。

電力会社は猛暑時には冷房需要が増えることから利益が増加する、その機会を不必要な節電要求によって失ったからだ。

ちなみに
 昨年は東京電力の売上高は過去2番目となった。このうち、猛暑による上乗せ額は1200億円に上った。
猛暑は電力会社の利益を格段に引き上げる。

電力会社の横暴には、株主代表訴訟。
国内だけでなく、外国人株主も株主代表訴訟を起こす可能性がある。


株主代表訴訟の結果、不必要な節電を、訴えてきた電力会社の幹部にその責任と賠償が降りかかってくる。

電力会社の幹部は巨額の株主代表訴訟を恐れている。
そして電力会社も株主代表訴訟を警戒しはじめたようです。

節電要請に対しJR や私鉄は間引き運転をする覚悟だったが、関西電力は余裕があるので、夏の間引き運転はしなくてもいいと言い出した。

さらに、東電は余った電機を西へ融通したいと突然言い出した。







http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-698.html

東電、余力あれば西日本融通
12日の記者会見で、東電の松本純一原子力・立地本部長代理が、すでにそのことを示唆しています。
つまり、東電は最初から余剰分があることが分かっていながら、節電の協力を呼びかけているのです。

要請があれば東電から電力融通を
東電副社長の藤本孝は、「夏場は乗り切れるメドが立ちつつある。東電より需給環境が厳しい西日本の電力各社に対し、要請があれば応援融通をしなければならない」と言っています。

最初から、夏場の節電、計画停電、すべてインチキ。
この期に及んで、まだ国民を恫喝し、GDPを下げようとしているのです。原発を止めると企業が海外に逃げ出すぞ、と産業界に言わせたいのです。

東電は、すでに今月末には5680万kwまで電力供給量を回復できると発表しています。
火力発電所を持っている大企業には、東電から「埋蔵電力を融通して欲しい」という要望は一切、来ていないと言います。

東電の供給量を上回る6000万kwという膨大な「埋蔵電力」に手をつけなくても「余裕しゃくしゃく」なのですから、「計画停電」とは、いったいなんだったんだろう、ということです。

福島第一原発が爆発した直後、東電から計画停電実施の要請を受けて、海江田経済産業大臣が即決判断。
菅直人もこれを了承して、3月18日から計画停電に入りました。

そのせいで、信号が予告なしに突然消えたために、交通事故を起こして亡くなった人がいます。
蝋燭のともし火を頼りにカップラーメンをすすっていた千葉県の避難所の人たち。
わざわざ国民を恫喝するために被災地を狙い撃ちして計画停電を実施したのです。予告もせずに。

それでも、この猛暑の中、熱中症の危険と隣りあわせで節電に協力する人々。
真面目な、おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなっていきました。
この人たちは無駄死にですか。

さんざん計画停電など東電と経済産業省の悪徳官僚たちが原発を推進させるために国民を恫喝しているだけだから、絶対に協力してはいけない、と言っても人々は耳を貸さないのです。

原発テロ企業・東電、原発推進詐欺省庁・経産省は、国民を殺す極悪連中には違いありませんが、こうなると国民のほうにも問題あり、と言わざるを得ないのです。

このとき、海江田は福島第一原発なしで、どの程度電力量に不足が生じるか、東電や経済産業省の原子力安全・保安院から正確な需要想定を出すよう命じなかったのです。
彼は、ただただ東電の極悪・武藤や、経済産業省の極悪官僚の言うことを真に受けて国民の命を危険に晒したのです。

何も自分で確かめることなく、海江田は「東電への電力融通を関西電力にお願いしたい」と関電に懇願していたのですから、とんだお笑い種です。
だから、デクノボー海江田の方が、菅直人より、結果、悪質であると書いてきたのです



http://nikonikositaine.blog49.fc2.com/blog-entry-1874.html


7月13日「報道ステーション」東電・西澤新社長へのインタビュー メモ
7月13日に「報道ステーション」で放送された東京電力の西澤新社長へのインタビューと埋蔵電力についてのVTRをメモしました。

(以下、メモ)

東京電力 西澤俊夫 新社長
「供給の安定を図るという形で、その時の状況を見まして、本当にその余力があって西の地域が本当に厳しいということがあれば、これは相互に調整し合って、しっかり日本全体での安定供給に寄与できればと思っている」

電力の西日本への融通。企業や個人に電力の使用制限を求めていたにも関わらず、意外な実態が明らかになった。現在、東電管内では供給が需要を上回っている。

一方、関西電力。現在、11基ある原発のうち既に4基が停止。さらに、来年2月までに6基が定期検査に入る。これらがすべて再稼動できなければ、10基が止まることになる。

Q.自分たちが頑張って生み出した電力を融通するなら、もう少し節電を和らげても?

東京電力 西澤俊夫 新社長
「まずは協力頂いてる皆さんのご期待に応えて、きちんと計画停電なしでの安定供給をしっかり果たしてまいりたい覚悟ではおります」

東京電力 7月末には供給力が5680万kWに回復予定
・被災した火力発電所の復旧に加え自家発電からの供給

埋蔵電力
・全国の自家発電設備
・六本木ヒルズ 3月、4月、今月と東電に供給
・味の素 川崎事業所は自家発電の4割を東電に供給

・東電管内の自家発電 1600万kW
・東電が購入 160万kW

Q.埋蔵電力の購入に消極的という見方もあるが?

東京電力 西澤俊夫 新社長
「そこは交渉させて確保していきたいというふうには思っている。現場がいろいろあたっていつことは確かなんですけど、(埋蔵電力)は結構めいっぱいのところに来ているのかなという思いはある」

しかし、我々の取材では、東電からの要請がなく埋蔵されたままの電力もあった。

・横浜市資源循環局金沢工場 余剰電力は新規電力会社に売却
・JR東日本川崎火力発電所 余剰電力を出す態勢は整っている

埋蔵電力については政府も注目している。経済産業省はさらに期待できる埋蔵電力を聞き取り調査の結果、およそ120万kWと試算したが、菅首相はその結果に納得せず、再調査を命じている。

環境エネルギー政策研究所 飯田哲也 所長
「だいたい5000万kW強、原発50基分くらいはあるということ。統計上は46%使われているという数字になってる。ピークの時だけ埋蔵電力を買ってくることで十分しのげる。明らかに国・経産省と電力会社は電力不足を回避するためのベストの努力をしているようには見えない」

(以上)


あれだけ電力不足キャンペーンを繰り広げ、原発を止めると計画停電するぞと脅してきましたが、東電管内で計画停電はないということです。まだ購入要請すらしていない自家発電設備があるんですからね。既に熱中症で多くの人が倒れたり亡くなったりしていますが、節電とはいったい何だったのかと思ってしまいます。西澤氏のインタビューを見ていても、切迫感、危機感、みたいなものは感じられませんでした。本当の「埋蔵電力」については再調査の結果を早く見たいものです。










関西の鉄道、夏の間引き運転は全面回避へ

電力
 関西電力の香川次朗副社長は13日、大阪市北区のJR西日本本社で同社の西川直輝副社長と会談し、JR西が検討していた間引き運転について「輸送分野における踏み込んだ節電は、現時点ではお願いしない」と述べ、今夏中は必要ないとの意向を伝えた。


 中国電力などからの電力融通の見通しが立ったことなどが理由という。関電は私鉄各社に対しても同様の見解を伝える方針で、関西での鉄道の間引き運転は、全面的に回避される見通しとなった。

 香川副社長はJR西側との会談終了後、報道陣に対し「他の電力会社からの融通など好材料が出てきたほか、(企業や家庭での)節電に手応えも感じており、JR西の現状の節電協力で、ずっといける見通しがある。ただ万一、需給バランスが崩れる不測の事態が生じた時は更なる節電を相談したい」と述べた。

(2011年7月13日14時47分 読売新聞)



この夏の関西の鉄道各社の間引き運転が回避される見通しになった。関西電力の香川次朗副社長が13日午前、大阪市のJR西日本本社を訪れ、鉄道輸送に影響を及ぼす節電策の要請は当面、見送る方針を伝えた。私鉄各社にも同じ内容を伝えるという。

 香川副社長はJR西の西川直輝副社長と会談し、「現時点での節電を続けて欲しい。輸送分野に及ぶ踏み込んだ節電は今はお願いしない」と伝えた。

 理由として、企業、家庭に呼びかけている節電に一定の効果がでていることや、故障した火力発電所の復旧、自家発電業者からの電力の購入や他電力会社からの融通などで供給力の向上にメドがつきつつあることを挙げた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。