スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前原誠司外務大臣の窮地を「焼肉屋のおばちゃん」が救う。

政治資金規制法では、単純なミスの場合、修正で済ませることができる。
しかし、意図的、故意に違反した場合は罪に問われる。

前原外務大臣の架空名義は単純ミスで何としても押し通さなければ、政治生命の危機となる。


前原外務大臣は2つの問題を抱えている。

最初に問題になったのは、暴力団の関与がうわさされる献金先の偽装問題。

次に突然、出てきたのは、外国人からの献金問題。

どちらも前原外務大臣の政治生命を危機に落し入れている。

どちらの問題も単純ミスで言い逃れするしか方法が無い。
暴力団の関与がうわさされる献金先の偽装問題は単純ミスで言い逃れできない。


外国人からの献金問題が突然でてきて、今はそちらに注目が集まっている。

外国人からの献金問題は公民権停止が絡んでいるが、単純なミスとして、大臣を辞任するだけで逃げ切れる可能性が高い。

公民権停止の犯罪であるが、昔からの付き合いの飲食店のおばちゃんが法律を知らずに、善意で献金していたことはTBSで放送されている。悪質性が薄く同情的な見方が多い。

それに比べれば、暴力団の関与が言われている、献金会社偽装問題は言い逃れが難しく、闇が深く、大臣辞職だけではすまない。

突然現れた外国人からの献金問題が、前原外務大臣の政治生命を脅かす、単純ミスとしてゴマカシがきかない献金会社偽装問題から世間の目をそらし始めている、結果的に前原誠司外務大臣を窮地から救い出す。

前原誠司外務大臣が大臣を辞職することだけで、単純ミスとしてゴマカシがきかない献金偽装問題はうやむやになる。

西田議員に外国人からの献金情報を与えた相手は、前原誠司外務大臣を窮地から救い出すことを目的としていたのではないだろうか。

今後の予想は、マスコミは外国人献金問題のみを大きく取り上げ、献金偽装問題をスルーする。
外国人献金問題は故意ではないとみなされるが、道義的な責任から前原誠司外務大臣は大臣を辞職する。

毎日新聞夕刊
民主党の岡田克也幹事長は5日午前、テレビ東京の番組に出演し、「外国人からの献金は違法だが、金額も限られている。事務的なミスを大臣の辞任に結びつけて大きく取り上げるのはどうなのか」と辞任は不要との考えを示した。

党幹部の一人は「世論の行方次第だ」と述べ、世論の動向によっては辞任もやむを得ないとの考えを示した。

その一方で
石原・自民幹事長が前原外相の辞任を要求 
「『間違えていた』では済まない」



故意でなければ、罰則の対象にならない。
前原外務大臣が動揺している様子は見られない。




@youarescrewed
11/03/05 16:20
岡田は「焼肉屋のおばちゃん」を全面に出して、前原が暴力団フロント企業にパー券購入させ、それを隠すために架空名義にしたことを隠す。RT @asahi_tokyo: 民主党の岡田幹事長は、「事務的なミスで、いちいち大臣を辞めるのはいかがかと思う」と述べました。



阿修羅記事投稿コメントより転載


突然の前原スキャンダル
西田が暴露したが、その気になれば調べられるはずなのに
今まで暴露されなかった事の方がむしろ不思議


西田が外国人による献金の問題を突くのは良いが、マスゴミ報道は>>暴力団とのかかわりのある手の込んだ他人の名前や会社に偽造しての献金問題を、故意に完全スルーしているではないか。森田健作インチキ野ロウの外国企業献金も忘れないぞ。

先刻のNHK大越も、在日献金だけを報じ、マル暴フロントの献金問題は、見事にスルーしていました。
前原だけ話をすりかえているような気もしますね。
『”焼肉屋のおばさんの小額献金”で潔く辞任”とは、前原は立派だ!』と、マスコミが騒ぎそうです。


前原大臣の“誠司と金”問題の流れが、おかしくなってきましたね。
究明すべき本筋は、野田・蓮舫・渡辺を含めた、脱税企業(G組フロント)の政治献金を、その実態を知るが故に、極めて類似した3社の“社名”“住所”“代表者”を組合せて《虚偽記載した》案件だと思う。
それを、焼肉屋のおばさんの小額献金を、在日というだけで大騒ぎしているのは、本質のすり替えに嵌ってしまっているのでは。
在日献金に矮小化すれば、前原は道義的責任をとって外相辞任、法的責任は起訴猶予処分。野田・蓮舫・渡辺は、お詫び返金で一件落着というところでしょう。
先刻のNHK大越も、在日献金だけを報じ、マル暴フロントの献金問題は、見事にスルーしていました。
ことの本質を、冷静に見極めていく必要がありそうです。




前原外相:外国人献金で辞任論 民主幹部「世論次第」

 前原誠司外相が在日韓国人から政治献金を受けていた問題で5日、与野党内に進退問題に波及するとの見方が広まった。民主党執行部は擁護する構えだが、野党は辞任を求めており、過半数を占める参院で始まった11年度予算案審議への影響は必至だ。重要閣僚の外相が辞任に追い込まれれば、政権の求心力が大きく低下するのは避けられない。【野口武則】

 前原氏は「献金を受けているとの認識はなかった」と故意の献金受領を否定している。これについて自民党の山本一太参院政審会長は5日午前のTBSの番組で「認識がなかったという言い訳は通じない。今週末には決断されるのではないか。外相辞任はやむを得ない」と述べ、外相辞任を求めた。

 民主党が協力を求める公明党の高木陽介幹事長代理も同番組で「民主党は『政治とカネ』の問題でけじめをつけていない。前原氏は責任をとるべきだ」と語り、同じく辞任を要求した。両党には週明け7日の参院予算委審議を前に前原氏が進退について判断するとの期待がある。仮に辞任しない場合でも、国会審議で追及する方針だ。

 これに対し、民主党の岡田克也幹事長は5日午前、テレビ東京の番組に出演し、「外国人からの献金は違法だが、金額も限られている。事務的なミスを大臣の辞任に結びつけて大きく取り上げるのはどうなのか」と辞任は不要との考えを示した。しかし、在日外国人から献金を故意に受け取った場合、公民権停止などの対象になる。

 政府高官は「困った。公民権停止にもかかわる問題でもある」と語った。党幹部の一人は「世論の行方次第だ」と述べ、世論の動向によっては辞任もやむを得ないとの考えを示した。

 前原氏は4日、「しっかり調べたうえで判断する」と述べており、事実関係や問題の全容を自ら精査するとみられる。菅直人首相や党執行部側は前原氏の調査結果を受けて対応を判断する方針だ。

 前原氏は、「ポスト菅」の有力候補とされ、11年度予算案の関連法案審議で菅政権が行き詰まった場合、後継者とも見られている。菅政権は今年1月、内閣の柱だった仙谷由人前官房長官を交代させたばかり。さらに前原氏を交代させれば政権には大きな痛手で、対応は慎重に判断すると見られる。

 ◇献金の女性「心苦しい」
 前原外相に献金していた京都市山科区の焼き肉店経営の在日韓国人女性は5日、毎日新聞の取材に「違法と分かっていたら、やってない。心苦しいし、悲しい」と話した。問題発覚後、前原外相から電話で「ごめんなさい」と謝罪があったという。

毎日新聞 2011年3月5日 東京夕刊




石原・自民幹事長が前原外相の辞任要求 「『間違えていた』では済まない」
産経新聞 3月5日(土)13時14分配信

 自民党の石原伸晃幹事長は金沢市での講演で、在日外国人からの違法献金を受けていた前原誠司外相について「政治資金規正法で有罪が確定すれば公民権停止となる重い罪だ。『間違えていた』では済まない」と述べ、辞任を求めた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。