FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他では知るることができない情報/ベンジャミンフルフォード氏

ベンジャミンフルフォード氏ほどいかがわしい人物はいないと思っていました。
テレビで見る彼の言動は怪しさ以外何も感じませんでした。
でも自分でいろいろなことを調べてみると、
私の知っている限りでは、彼の言っていることは正しいのです。
彼の独特の語り口と、話があっちこっちに飛んでしまい何が言いたいのかわからなくなるなど、変なところもありますが、彼の独自の情報とその分析の信憑性が高いと最近思うようになりました。
(フイラデルフィア実験だけは今でも信じられないのですが)

この動画の内容も初めて見た人はおそらくちょっと頭がおかしいと感じると思います。
また話が飛びすぎて分からなくなります。
ただその中で彼が話している情報については、私自身は信じるようになってきました。
彼も言っています。
私を批判する人間は私の発言内容の矛盾点や問題点を狙って攻撃してきます。
だから私は絶対確信がある情報しか、公の場では発言しないと。





ロスチャイルドさえも、今、日本の覚醒を待望している!

竹中平蔵の裏の姿(脅しのビデオや証拠もあるらしい)。
巨大組織のなかでの急進派と長期展開派の対立
巨大組織は今一番弱っているらしい。
ベンジャミンフルフォード氏に協力したいと中国秘密結社が現れる。(巨大組織に対抗できるほどの勢力らしい)
秘密のプロジェクトに何兆円も使っているそのプロジェクトは
ロシア、中国、イスラム小国はアメリカに対抗しつつあり、日本しかアメリカに追随していないという世界の現状。
地震兵器の存在を知っていて、恐れている企業の実態



http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=09BAE63E5ED6BE5C03FF60761EFCC9F9?movie=611069




http://74.125.153.132/search?q=cache:2AtkAoF-J5EJ:shadow-city.blogzine.jp/net/2007/11/post_9166.html+ 中国 明 秘密結社 日本活躍&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


ところで、フルフォードの話の中でも「中国の秘密結社」というのがなかなか理解されないようなんだが、おいらにも実はよく判らないんだが、とりあえず「滅清興明」というので思いついた話があるわけだ。近松門左衛門に国性爺合戦というのがあるんだが、漢民族の国である明が、異民族である清に滅ぼされそうになった時に、和藤内こと鄭成功という英雄が立ちあがるわけだ。これ、実在の人物で、中国では英雄なんだが、実は日本生まれで母親は日本人である。

鄭 成功(てい せいこう1624年 - 1662年)は中国明代の軍人政治家。元の諱は森。字は明儼。清に滅ぼされようとしている明を擁護し、抵抗運動を続けた。台湾を占拠し、抵抗運動の拠点とした。俗称を国姓爺。中国本土では民族的英雄として描かれる。
日本の平戸で父鄭芝竜と日本人の母田川松の間に生まれた。幼名を福松と言い、幼い頃は平戸で過ごすが、七歳のときに父の故郷福建につれてこられる。鄭芝竜の一族はこの辺りのアモイなどの島を根拠に密貿易を行っており、政府軍や商売敵との抗争のために武力を持っていた。

この鄭成功は台湾に逃れて長く抵抗を続けるのだが、この、清の異民族支配に抵抗した連中はその後、地下にもぐって地下組織を作るわけだ。それが「幇」というヤツで、いまでも黒社会として香港、台湾あたりを拠点に14Kとか新義安、和勝和なんていう三合会とか、竹聯幇、四海幇、天道盟とか、まぁ、色々とあるらしい。で、清が滅んで人民中国が出来たんでメデタシメデタシというわけでもなくて、この、中国の地下組織は東南アジア一帯にはびこっている。このあたりについては「幇」という生き方―「中国マフィア」日本人首領の手記という宮崎学さんちの本を読むと何か書いてあるかも知れない。



http://74.125.153.132/search?q=cache:XLJXZyILixwJ:www5d.biglobe.ne.jp/~yoshi/Biography33.htm+幇 ベンジャミン&cd=8&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

ロス・チャイルド、ロックフェラーからなる秘密結社1万人に対し、中国 客家(はっか)の秘密結社(青幇)の数は600万人と言われる。 

ベンジャミン・フルフォード氏は中国側の秘密結社に守られているため自分のジャーナリストとしての活動、またロックフェラーとのインタビューも可能になったとインタビューで述べている。

日本の忍者(山窩)からの脅迫についても語られている。

しかしながら、これだけ表立った言動活動ができるということも少々おかしい気もする。 実は本当の支配者は別にいて情報かく乱のために泳がされているだけかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。