スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タミフル」 中外製薬に、 厚労省課長が天下りしていた!

http://74.125.153.132/search?q=cache:R_xQjuaovBEJ:news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1174792907/l50x+安倍道治 タミフル&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
タミフル 中外製薬に天下った厚労省元課長の正体

 インフルエンザ薬「タミフル」を服用した子供の異常行動が次から次へと出てきた。
厚労省がデータを隠していたのである。
 そんな中、厚労省医薬局の元課長がタミフルの輸入販売元である中外製薬に 天下りしていたことが発覚元課長の“いわく付き”の経歴が、さらなる疑惑を呼んでいる。

 「中外製薬に天下っていたのは、昨年3月に執行役員に就任したA氏。
静岡薬科大を卒業後、73年に旧厚生省に入省。薬の副作用を担当する安全対策課長や、新薬を審査・承認する審査管理課長を歴任し、03年に退官した。
タミフルが承認されたのは00年です」(霞が関事情通)

 A氏は薬害エイズ事件でも名前が出てきた。エイズ裁判で非加熱製剤の 審査担当の課長補佐として証人尋問され「当時は非加熱製剤の危険性が高いという
認識はなかった」などと証言
した。今度も同じように言うのだろうか。(続く)





http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/c8bb2398108e5fd80b011d8c69581e36


悪魔の薬「タミフル」 中外製薬 厚労省課長が天下り タミフル研究班の教授らに数千万円寄付
2007-03-21
11:03:07 | 本文
「この国民にしてこの政府あり」であるが、今の日本が極めて腐敗している事実に気付かないのだろうか? その元凶が自民党の利権体質あることは明らかである。自民党に投票する人は利権の余得に与っているのだろうか? いずれにせよ、彼らが日本の将来のことなど全く考えていないことは確かだろう。

日本は深刻な病魔に蝕まれている。破滅が目の前に迫っているのに、愚かな国民は事実を認識しようといない。
「慰安婦問題」などでは、犬右翼やバカウヨなどが張り切って暴言を書き散らしているが、「タミフル」などの都合の悪い問題では、彼らは押し黙ってしまう。犬右翼は文字通り腐敗権力の走狗であり、バカウヨは知能が低いのだ。
犬右翼の一部は、「タミフルのおかげでインフルエンザの死亡者が減った」などと苦し紛れの弁解を書き散らしているが、同等以上の効果がある「リエンザ」を何故導入しなかったのか、については一切触れない。

タミフルに関しては数千億円の金が動いている。今更、「はい、そうですか」と使用中止できない事情がある。例によって、「アメリカの指令+金権+汚職+天下り」である。
日本の政治問題は全てこの公式で解けてしまう。万能の解の公式である。

タミフルが日本だけで異常に使用される事態になったのは、アメリカ国防長官だったラムズフェルドが自分が経営するにギリアド・サイエンシズ社が開発したタミフルをロッシュ社を通して販売させ、それを2000年に厚生労働省に承認させ、僅か数ヶ月で保険適用承認させて、ダミー会社である中外製薬を日本代理店に指定させて、「タミフル®カプセル75」と「タミフル®ドライシロップ3%」として販売させた経緯があるからだ。
タミフルの全世界での使用量のうちおよそ75%を日本での使用が占めており、世界各国のうちで最も多く使用されている上、同2位のアメリカと比べ、子どもへの使用量は約13倍とされることでも、その異様さが伺える。
2006年に入ると、天然物である「八角」からの抽出を中止し、石油由来の化学物質を原料としたリン酸オセルタミビルの化学合成法で大量生産に踏み切った。設備投資した以上売りまくるしかないのである。

朝日新聞は「厚生労働省で医薬品の販売許可や副作用認定などを担当していた元課長(58)が退職後、中外製薬(本社・東京)に天下っていたことがわかった」などと今更ながらの間抜けな記事を書いている。
この事実に関して、柳沢厚労相は例によって「法的に問題はなく、薬事行政がゆがめられることはない」と述べた。

同省によると、元課長は医薬安全局安全対策課長や医薬局審査管理課長などを務め03年8月に退職。財団法人に2年1カ月勤めた後、中外製薬に移ったという。ラムズフェルドが日本にタミフルを押し売りしていた時の責任者だったわけだ。タミフル導入が決まると、責任逃れをするかのように天下った。

一方、厚生労働省研究班の主任研究者を務めている横田俊平・横浜市立大学教授が中外製薬からばれただけでも1000万円の寄付金を受けていたことが発覚した。横田教授は、インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用と異常行動の関連性を調べている。彼のもとには「他社」からもわかっているだけでも数千万円の寄付があった。
彼は「寄付金が研究に影響を与えたことはない」と述べたが、「影響がある」などと正直に答える馬鹿はいないだろう。今「馬鹿」と言ったが、日本の未来を考えると、どういう行動を取った奴が「馬鹿」なのかは自ずと知れよう。

タミフル服用後に亡くなった子の親らでつくる「薬害タミフル脳症被害者の会」などが、厚生労働省を訪ね、問題化している異常行動だけでなく、服用後の「突然死」もタミフルの副作用と認めるよう訴えた。
遺族は、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」の救済制度に基づき、副作用と認めるよう申し立てたがいずれも認められなかった。


http://74.125.153.132/search?q=cache:1eOtzkzOxRYJ:blog.goo.ne.jp/patience052/e/227356e7a72b4879bbad094e34cca049+タミフル 認可&cd=25&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

タミフルは第2の薬害エイズ?
2007-03-26 17:07:54 | ニュース・時事
 今日期せずして(かな?)日経BPからのメールで同社のサイトの2つのタミフルに関する記事が掲載されていた。1つは立花隆氏の「メディア ソシオポリティクス:タミフルに隠された真実 第二の薬害エイズに発展か」というもの、もう1つはNBOnlineの(『日経ビジネス』誌の3月26日号の記事をオンラインにアップロードしたもので、中外製薬・永山社長のへのインタビュー記事で「タミフル、販売やめない」とのこと。

 タミフルについては、「タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!?」にあるようにずっと以前から疑問視されていたようである。

 立花氏の記事の中でも、厚労省はタミフルと異常行動との因果関係を否定し続けてきたが、浜六郎医師が主催しているNPO法人「医薬ビジランスセンター」の「薬のチェックは命のチェック」のインタネット速報版のページで2005年2月の段階から、「タミフル脳症(異常行動・突然死)」の問題が起きていることを大きく報じ、その後も昨年11月~12月にデータと見解を出し、厚労省(厚生労働大臣)には、このNPO法人から、何度も警告、要望(タミフルの使用中止と医療関係者に対する注意喚起を求める)が出されてきたとのこと。

 タミフルの認可は異常に早かったとも言われ、表向きの言動とは別に厚労省がその危険性を認識していながら使用中止しなかったのは、薬害エイズ、C型肝炎訴訟に見られるように国民よりは企業を向いた厚労省の体質と、タミフルの日本の販売会社である中外製薬の親会社であるロシュ社(タミフルの製造・販売)のためにタミフルを開発したギリアド・サイエンシズ社の会長であり、大株主であるラムズフェルド元米国防長官の圧力でもあったのだろうか。

 使用中止を訴える医師がいるというのに、永山社長のこのように↓強気なのだが…。

<以下引用>
タミフルで治療すべき患者さんがいますし、それで助かっている人がはるかに多い。ほかの重い病気の薬でも使用した直後に患者が亡くなることは残念ながらあります。だからといって、それでその薬の使用をやめてしまうということはない。タミフルは非常に大事な薬です。様々な新型インフルエンザのことを考えると、きちんと育てていかなければならない。タミフルがないと大変なパニックになる恐れがありますから
<引用終わり>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。