FC2ブログ

中外製薬タミフルで大儲けの裏には?

タミフルを使用した場合の副作用調査が、業者に手心を加えたものでなければいいですが?


http://www.asahi.com/business/topics/toyoeye/TKY200905070149.html

中外製薬 タミフルで急騰

2009年5月8日
10時38分

新型インフルエンザ発生で、タミフルにはさらに追い風が吹きそうですが、今年は相当量の備蓄が確保される予定で、計画を大幅に上回る規模まで引き上げられる可能性は低そうです。

 中外製薬の株価は今回の上昇で07年以来の1900円台を回復しました。ただ、急騰後だけに今後はタミフルの備蓄がさらに増えるなどの明確な材料が出ない限り、もう一段の上昇は難しそうです。

 同社は抗がん剤にも強く、業績の先行きには安定感があります。中長期で保有する方針なら、魅力的と言えそうです。(「オール投資」編集部)



http://74.125.153.132/search?q=cache:bW5Vh_nxbEEJ:blog.goo.ne.jp/netaro-san/e/d18eb985401c7ab1efe2bb883c52d4ec+中外製薬 小泉 寄付&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

タミフル研究費の一部は中外製薬から、 厚労省が黙認

2007-03-31 12:03:17 | Weblog
インフルエンザ治療薬「タミフル」の副作用を調査している厚生労働省研究班の06年度予算1027万円(30日現在)のうち、627万円は輸入販売元の中外製薬が研究班員に寄付した資金だったことが分かった。

厚生省の隠蔽体質、無責任振りがまたまた露呈された。

厚労省が30日、発表した。
中立性が求められる副作用調査に、調査対象企業からの資金を使っていたことになるが、研究班から事前に相談を受けた厚労省の担当部局も黙認していた。

研究班の06年度調査は、対象が約2800人だった05年度調査を拡大、インフルエンザ患者約1万人を対象に、年齢幅を0~18歳まで広げ、異常言動とタミフル服用との前後関係などを確認する。副作用の実態を調査して、今夏には結論を出す見通しだった。

ここまではまとも。

しかし、厚労省から支給される研究費が400万円しかないため、昨年12月、班長の横田俊平・横浜市大教授と、班員で「統計数理研究所」(東京都港区)の藤田利治教授、厚労省安全対策課が相談。研究費が不足する場合、中外製薬など製薬企業からの寄付で補うことなどを確認した。

それを受け、同研究所に中外製薬が寄付した6000万円のうち、627万円を研究班の資金に流用。調査票の印刷・発送経費の不足分に充てた。調査対象企業からの寄付を流用することに対し、厚労省側から反対意見は出なかったという。

この結論がどうしても分からない。
多分、厚生省内にも事情はあったであろう。
タミフルの調査はしなくてはならない。
しかし、予算がない。
上司は何も言わない。
だから、担当の自分も黙認にしよう。

中外製薬からの寄付金を巡っては、横田教授と班員の森島恒雄・岡山大教授の各講座に大学を通じてそれぞれ1000万円と600万円の研究資金が渡っていることがすでに判明している。

厚労省は、藤田教授を含めた3人を研究班のメンバーから外すことを決めた。

同省は問題を認め、流用分を予算に計上。
会見した厚労省医薬食品局の中澤一隆総務課長は
「(中外製薬の寄付を流用した点について)問題があり、対応が十分でなかった。(流用を結果的に黙認したことは)十分な認識が足りなかった」と謝罪した。

この問題は謝罪だけでいいの?
大問題は、この企業との癒着で調査結果がゆがめられていないかどうかを早急に調査しろ。
そのチーム編成を早く決めろ。

国民の生命を守るということこそ重要なのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード