なぜガンが消えたのか?

ガン赤血球分化説
ガン細胞は赤血球が分化してなる説 (千島喜久男教授など、一部の医学関係者が主張している。)

なぜ末期がんが消失することがあるのか?

ガンを消滅させた原因は何なのか?

ガンが血液の汚れ、血液の状態の悪化が原因だとしたら、ガンが消滅した理由は、何らかの原因で血液の状態が改善したのでは。

癌細胞分裂説を信じる医者は、末期がんが消失した原因を科学的に解明できない。



12101.jpg
① 伊藤勇氏の場合、
1995年10月 伊藤勇氏はガンが、腰にも、骨髄にも、肝臓にも転移。手術も抗がん剤治療も放射線治療も意味がないと言われた。

しかしほとんど何もせず、2010年現在80歳で健在。

『医者は治療せずに良くなったのは解らない。』と言っている。

外科医 
癌であったというのは誤診で、元々癌ではなかったのではないか。

内科医
癌以外の病気だったのではないか。治療せずに治癒するとは思えない。

内科医
多重癌でも、わずかであるが、ほとんどそれらしい治療もせずに、原因不明で自己治癒する事例が増えてきている。

肝臓専門医
C型肝炎ウィルスや癌が消えるはずがない。
肝臓が悪いのはすぐに解った。しかし治療せずに良くなったのは解らない。

泌尿器科医
ホルモン療法のみで、西洋・東洋医学ともなしで治るはずがない。
しかし、あらゆる検査結果で癌が消えているのは認める。

内科医
自己免疫の向上でがん細胞が自然退縮したことが考えられる。

精神科医
末期癌の告知でウツ状態になることが多いが、発想の転換で心が健康になったから心身とも立ち直ったものと思われる

宗教家
いつもご先祖に感謝し、我執を放し、どんな時でも腹を立てず、毎日を明るく「有難うお陰様」と感謝しているから、癌細胞が自然廃絶した。





② 62才宮大工の頭領、医者から末期の胃がんで余命3ヶ月と宣告される。余命の人生好きな事しようと、頭領は延命治療を拒否し九州の湯治場へ。毎日、温泉三昧の結果3ヶ月たっても生存。そのまま1年間湯治場に滞在し続けた後に帰ると、ガンは完全に消滅していた。
なお、宮大工の頭領は現在75才で今も健在。




血液から万能細胞を作ることに成功
血液のリンパ球(ちなみにリンパ球は白血球である)にある変化を加えることで、万能細胞ができることが明らかになった。
これは血液(白血球)が細胞に変化する可能性があるということ。
近い将来、千島学説の赤血球ががん細胞に分化したことが証明される様になるかもしれない。

千島博士はこう述べている。
赤血球の中に徐々に細胞核(DNA)を新たに合成してその場所に応じ、リンパ球、その他の白血球、結合組織を経て、それぞれの細胞に分化している移行状態が凡ての組織で認められる。







http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:UuzG-FJVqBsJ:www.asahi-net.or.jp/~is9c-yngw/contents/message/message03.html+%E7%99%8C%E3%81%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

前立腺ガン(癌・がん)骨転移の末期ガン(末期がん・末期癌)で3ヶ月の余命宣告(告知)を受けた伊藤勇の
末期癌から生還するまでのがん闘病記(癌闘病記・ガン闘病記)。


3ヶ月との余命告知から6年半を過ぎて、がん細胞が消滅したとの検査結果を頂きました。
この間、「オマケの人生」だと割り切って明るく感謝して生きてきました。日常生活としては、快食・快便・快眠の基本を守り、主治医ともよく相談して治療検査等受けていましたが、健康食品や民間療法には一切手をつけませんでした。
そんな私が生還した理由を、各方面の方々にお聞きしました。



どうして癌が消えたのか当の私にもわかりませんが、癌が消えたことについての周りの方々のご意見を載せさせていただきます。
A)外科医
癌であったというのは誤診で、元々癌ではなかったのではないか。
  ↓
私の告知直後の写真(このページの上)を見てからは…
  ↓
別人のようだ。不思議だ。
B)内科医
癌以外の病気だったのではないか。治療せずに治癒するとは思えない。
C)肝臓専門医
C型肝炎ウィルスや癌が消えるはずがない。
  ↓
私の告知直後を写真(このページの上)を見てからは…
  ↓
肝臓が悪いのはすぐに解った。しかし治療せずに良くなったのは解らない。
D)泌尿器科医
ホルモン療法のみで、西洋・東洋医学ともなしで治るはずがない。
しかし、あらゆる検査結果で癌が消えているのは認める。
E)内科医
自己免疫の向上でがん細胞が自然退縮したことが考えられる。
F)精神科医
末期癌の告知でウツ状態になることが多いが、発想の転換で心が健康になったから心身とも立ち直ったものと思われる。
G)内科医
多重癌でも、わずかであるが、ほとんどそれらしい治療もせずに、原因不明で自己治癒する事例が増えてきている。
H)宗教家
いつもご先祖に感謝し、我執を放し、どんな時でも腹を立てず、毎日を明るく「有難うお陰様」と感謝しているから、癌細胞が自然廃絶した。
ほかにも、皆さんから次のようなご指摘を頂きました。
・生きがいや希望を捨てなかった
・癌と共存の心があった
・24時間ずつ区切った生き方がよかった
・いつか死が来るのは当たり前という自然な考え方でストレスがなかった
・肉類や油濃いものを取らなかったのがよかった
「これからが完全治癒の本番だから油断せずにがんばれ」との励ましのお言葉も多く頂きました。これからも、更に心身とも修養に勤め、この余生を、いままでお世話になった社会のために少しでもお役に立たせることができれば、と思っております。

2003.6.10
伊藤勇(72歳)


2010.03.25現在80歳で健在


http://desktop2ch.net/cancer/1291797727/

がんと闘う名無しさん[]投稿日:2010/12/08 17:42:07 ID:YiE9tvRf ツイートする
62才宮大工の頭領、医者から末期の胃がんで余命3ヶ月と宣告される。余命の人生好
きな事しようと、頭領は延命治療を拒否し九州の湯治場へ。毎日、温泉三昧の結果3
ヶ月たっても生存。そのまま1年間湯治場に滞在し続けた後に帰ると、ガンは完全に消滅していた。

また、ある末期ガンの人たちの集まる病棟でインフルエンザ画はやり高熱を出した末期ガン患者たちのガンが消えた。

どうやら、ガン細胞は39.2℃以上の体温の中では生存できないらしい。

なお、宮大工の頭領は現在75才で今も健在。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード