スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ戦争屋による「日中関係悪化キャンペーン」

アメリカ戦争屋による「日中関係悪化キャンペーン」はまだまだ続くという”強いメッセージ”を感じる


「フジタ」と聞けば、ピンと来るものがあるであろう。
そう、フジタと言えば、今や「ゴールドマンサックス」が大株主のバリバリの”外資系”ゼネコン。


2005年6月8日ゴールドマンやソフトバンク社長の孫正義氏の関係会社などが参加する投資ファンドが、フジタによる410億円の第三者割当増資を引き受ける。ゴールドマンが一般事業会社に多額の出資をするのは異例。

そんな企業の社員がこんなにもタイミングよく中国に拘束されたとなると、アメリカの関与を疑うのが自然。

更に、会見したフジタ・土屋達朗常務執行役員が「尖閣諸島問題の報復として拘束されたのなら遺憾」などと”政治的メッセージ”を発している点も不可解


一民間企業の民間人が、外交に関わるメッセージを公共電波に乗せて発信し、それを大々的にマスゴミが報じている点で”裏がある”とみるのが妥当であろう。

中国工商銀行の「共同経営者」が、欧州ロスチャイルドのゴールドマンサックス

株式時価総額で3380億ドル、世界最大の銀行である、中国工商銀行は、米国の「乗っ取り専門企業」ブラックストーンの10%の株式を所有し、影響下に置いている。

ブラックストーンはブッシュ=ロックフェラーの銀行リーマン・ブラザースの経営者であった、ピーター・ピーターセンの経営する乗っ取り専門企業である。ピーターセンの弟子が竹中平蔵である。

また、この中国工商銀行は、米国の最大手銀行であり、イタリア・マフィア銀行として、ローマ・カトリック教会=バチカンの資産運営をも担当するバンカメの株式を12億ドル、元米国中央銀行FRB議長アラン・グリーンスパンの銀行ベアスターンズの株式を10億ドル、所有し、影響下に置いている。








http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20050608mh07.htm

フジタの再建支援  ゴールドマン・サックス出資へ
 米大手証券会社のゴールドマン・サックスが、経営再建中の準大手ゼネコン(総合建設会社)のフジタに出資することが8日明らかになった。ゴールドマンやソフトバンク社長の孫正義氏の関係会社などが参加する投資ファンドが、フジタによる410億円の第三者割当増資を引き受ける。ゴールドマンが一般事業会社に多額の出資をするのは異例で、今後も再建途上の企業への出資案件を増やしていく方針だ。

 フジタが今年3月31日に発表した当初の再建案では、米投資会社のローンスターグループによる出資が有力だったが、主力取引銀行の三井住友銀行と関係の深いゴールドマンに切り替わった。フジタはゴールドマンなどの出資によって債務超過を解消する計画だ。

(2005年6月8日 読売新聞)


http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22

そして、「船長の釈放で一件落着」とならないところが、いかにもアメリカ戦争屋らしい”手の込み様”である。
船長釈放とほぼ時を同じくして、今度は「中国政府による邦人4人の拘束劇」である。

「フジタ」と聞けば、ピンと来るものがあるであろう。
そう、フジタと言えば、今や「ゴールドマンサックス」が大株主のバリバリの”外資系”ゼネコンである。
そんな企業の社員がこんなにもタイミングよく中国に拘束されたとなると、アメリカの関与を疑うのが自然であろう。

拘束されているフジタ社員(邦人)が、何故か中国語で「救命」(助けて)という2文字のメールを送ったとされているが、拘束されているなら外部と通信可能な携帯電話などはいの一番に押収されているはずであることを併せて考えると、このメールを打ったのは邦人ではなく、アメリカ戦争屋&上海閥に雇われた中国人という可能性が高いのではなかろうか?

更に、会見したフジタ・土屋達朗常務執行役員が「尖閣諸島問題の報復として拘束されたのなら遺憾」などと”政治的メッセージ”を発している点も不可解である。
一民間企業の民間人が、外交に関わるメッセージを公共電波に乗せて発信し、それを大々的にマスゴミが報じている点で”裏がある”とみるのが妥当であろう。

いずれにせよ、アメリカ戦争屋による「日中関係悪化キャンペーン」はまだまだ続くという”強いメッセージ”を感じる次第である。

兎にも角にも、今後もアメリカとマスゴミがあの手この手を使って”反日感情”を煽ってくるであろうが、「反中感情を抱くのは敵の思う壺」であることを強く認識して、冷静に事態を見守ることが肝要である。



http://alternativereport1.seesaa.net/article/105099583.html

姿を現す中国=ロスチャイルド連合

 株式時価総額で3380億ドル、世界最大の銀行である、中国工商銀行は、米国の「乗っ取り専門企業」ブラックストーンの10%の株式を所有し、影響下に置いている。

ブラックストーンはブッシュ=ロックフェラーの銀行リーマン・ブラザースの経営者であった、ピーター・ピーターセンの経営する乗っ取り専門企業である。ピーターセンの弟子が竹中平蔵である。

また、この中国工商銀行は、米国の最大手銀行であり、イタリア・マフィア銀行として、ローマ・カトリック教会=バチカンの資産運営をも担当するバンカメの株式を12億ドル、元米国中央銀行FRB議長アラン・グリーンスパンの銀行ベアスターンズの株式を10億ドル、所有し、影響下に置いている。

中国が、米国金融界の「ボス」になりつつある事を、これは示している。

さらに、中国工商銀行は、英国のスタンダード銀行の株式56億ドル=発行済株式の20%を支配下に置き、スタンダード銀行が南アフリカに持つ、無数の金鉱山の経営権と、金塊の世界的な流通ネットワークを影響下に置きつつある。

 この中国工商銀行の「共同経営者」が、欧州ロスチャイルドのゴールドマンサックスである。

中国を「中継」し、欧州ロスチャイルドが米国の金融界・乗っ取り屋を「支配下に置き」、元々、ロスチャイルドの一人舞台であった金塊市場に、中国が「加入」し始めている事が分かる。

 21世紀は中国VSアメリカ、中国VS欧州・ロシア等という「対立」の時代になると言う「図式」が、この経済実態を「見えなくさせるための」デマである事が分かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。