FC2ブログ

総理大臣は党員・サポーター票で決定された。

代表選挙で小沢一郎が敗北した結果はまぎれもない事実。

今更、党員・サポーターの不正疑惑追及など負け惜しみにしか過ぎないという一面がある。

しかし検察審査会の議決を機に、小沢一郎の政治生命を奪い取ろうという動きがでてきている。
小沢一郎を支持するグループを潰そうという動きが加速している。

もはや小沢派対反小沢派の熾烈な戦いが始まり,同じ党内にいても同士とは言いがたい状況になる可能性がある。

反小沢派の致命的な弱みは代表選挙の不正疑惑。

小沢派にとっては、代表選挙の不正疑惑を追求することには、正義という大儀がある。
代表選挙の不正疑惑を追求しなければ、数年後の代表選挙も同じことが繰り返される。

そして代表選挙の不正疑惑を追求することは、反小沢派に同調して小沢一郎をたたいてきたマスコミの偏向報道の実態を国民に知らせる有効な方法にもなる。



代表選挙当日の朝9時には、党員サポーター票の結果はすべて集計され、外部に漏れないようにしていたということだが・・・・












http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-345.html

昨日、9月14日。
気弱な地上げ屋は、昼過ぎに・・
会場となるプリンスパークタワーに到着しました。
世を欺くため・・
地方代議員・・公設秘書と名を変えた草の者と昼食をとるためです。
待ち合わせば場所に赴くと・・
議員会館に放つ草の者の・・Mだけが、待っていました。
心なしか・・顔が引きつってみえます。
勤務先が、議員会館から首相官邸に移るんで、緊張してるのかな?
と思って近づくと・・・
「あっ! 気弱な地上げ屋サン! 時間あります?」
時間あります?って・・・。
オマエとランチ一緒にとるために来たんじゃないか?
とも思いましたが・・・
投票日ってのは、緊張するもんなのかな・・と、気にも留めませんでした。
「ああ・・Mさん、こんにちは! お待たせしちゃって申し訳ありません! 時間ありますって・・? そりゃ、今日は夜まで空けてありますよ」
「ああそうでした・・・。 ランチと言っても・・・、ここはチョットまずいです・・。そと出ましょうか?」
折角、涼しいホテルで待ち合わせたのに・・・
残暑の下界に逆戻りです。 (苦笑)
「で? Mさん・・・。 どうしたって言うのよ? そんなに慌てちゃって・・・。」
「気弱な地上げ屋サン・・・。 党員・サポーター票が・・・。」
「党員・サポーター票? オマエが動員サボったから思うように集まらないってハナシ?」
「そんなつまらない冗談じゃないんですよ! 5倍も差がついてるそうです・・・。
5倍? 50対250だって言うの? オマエまでそんなこと言い出すなんて・・・。 毒饅頭でも食らったのか!?」
出元は・・・。NHKやらゴミ売りなどの御用メディア・・いや、誤報メディアじゃないんです! 確かなスジです・・・。
「なんだよ? 確かなスジって? 予め予想してたとおり・・選管事務局がリークしたの?」
「ウチの議員のトコに・・ついさっき電話があったんです。 エエ・・・菅選対の○○です。 こんなこと言ってたそうです」



もう、そっちにも廻ってると思うけど・・。
出所は知らないが・・
どういうわけだか、党員・サポーター投票結果が出回ってるね?
聞いてるでしょ?
驚いたね?
オザワさんは50ポイントしか取れてないそうじゃない?
もうチョット取れると思ったけどね・・・。
ウチは250ポイントだから・・・
ここだけで200ポイント差。
地方議員はそれほど差はついてないそうだけど・・
それでも20ポイント差だってさ。
この220のポイント差は大きいよね?
国会議員110人分だよ。
議員票は、そっちが優勢なのは判ってるけど・・
110は開いてないでしょ?
今・・・、将来がある人たちを一生懸命説得してるんだけど・・
負け戦に馳せ参じるほど義理無いんじゃないの?
選挙をちょこっと手伝ってもらっただけでしょ?
誰がなんと書いたかなんて・・判らないんだから・・・
コッチにお出でよ!
キミのことは・・総理も心配してるんだよ・・・。



予想されていたとは言え・・・
事前開票されていた、党員・サポーターの開票結果が、
集計完了直後にリークされ・・
何者かによって・・寝返り作戦の道具にされました。
スポンサーサイト



投票用紙郵送の有無などの調査を実施するべき/植草一秀

植草一秀氏も「郵送された投票用紙と党員・サポーター名簿をもとにサンプル調査、あるいは全数調査を実施するべきである。」とブログに書いている。

代表選挙は国政選挙ではないので、党内の合意があれば、検証が可能。


もし不正があった場合。

民主党政権が壊滅的な打撃を被る。国民から見放される可能性がある。

民主党のためには選挙の検証など不要なこと。

民主党の議員側から、選挙の検証を言い出すことは難しい。
(小沢支持派が菅直人政権への不満が大きければ別だが)

植草氏が言っているように、党員やサポーター側から選挙の検証を求めなければいけないかもしれない。

日本のことを本当に考えるなら、選挙の検証は行うべき。

不正がなければ、疑惑が晴れ、すっきりする。
菅直人政権が完全に党内の支持を得たということが証明される。)

不正があったとわかった場合、菅直人政権が不正を知っている者たちに脅され、操り人形になることを防げる。
(弱みを握られた小泉純一郎が、国益を損なう政治活動を行った例もある。)

小沢一郎支持派の動向次第だが
代表選挙の検証を行うことは、民主党政権が壊滅的な打撃を被り、民主党が崩壊。

しかし小沢一郎を支持する議員が離党し、新たな政治の流れが起こるきっかけになるかもしれない。

不正選挙に絡んだ勢力が白日の元にさらされ、世論調査などで、不正に同調したマスコミの姿勢も国民に明らかにされる。



http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-7140.html

党員・サポーター登録者数、つまり代表選有権者数は342,493人であると伝えられている。これに対して投票総数は229,030票だった。投票率は66%にとどまった。
 
 党員・サポーターに登録した人の最大の政治参画の機会が代表選である。しかも、今回の代表選は内閣総理大臣を選出する選挙である。この重要な選挙の投票率が66%ということは、常識では理解できない。
 
 もともと党員・サポーター登録制度にさまざまな問題が存在するのかも知れない。
 
 投票用紙は現在も保管されているはずで、しかも、300の選挙区ごとに分類もされているから、
郵送された投票用紙と党員・サポーター名簿をもとにサンプル調査、あるいは全数調査を実施するべきである。
 
 34万の登録者のなかの投票を行わなかったとされる11万人を対象に調査をすればよい。投票用紙郵送の有無、実際に投票を行ったかどうかについて調査を実施するべきだ。3万程度のサンプルにおいて、投票したのに投票用紙が届いていない事例がゼロであれば、投票用紙不正廃棄の疑いを取り除けると思われる。
 
 選挙管理委員会は自分から動かないだろうから、党員やサポーターが公開質問状を送るなり、法的措置を取るなりの対応を取る必要がある。
  
 仮に不正廃棄があったとすれば、選挙そのものを無効とするしかない。不正に投票を廃棄し、この情報をもとに国会議員票を誘導したのなら、国会議員票が誤導されたことになるからだ。
 
 また、党員・サポーター票の集計値の事前漏えい疑惑 についても、徹底した真相解明が不可欠である。この情報をもとに、「勝ち馬に乗る」行動が誘導されたのなら、国会議員票は逆転した可能性が圧倒的に高くなる。



2000人の有権者の選挙区でちょっと調べただけで(自民党議員は党員名簿がないので、これはと思うところに適当に電話し調査した)、
55人の自民党の後援会や地方の有力者など、民主党の党員でない人に投票用紙が送られてきた。
自民党議員から、全員に一軒一軒電話して確認したらどうかという提案があった。






プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード