FC2ブログ

新型インフルエンザワクチンには水銀(チメロサール)が含まれてる。

新型インフルエンザワクチンには水銀(チメロサール)が含まれている。チメロサール( thimerosal )は、水銀を含む有機化合物(有機水銀)。
豚インフルエンザワクチンには、安全だと考えられている水銀量の少なくとも、25,000パーセント(引用者注:安全基準上限の250倍というのが公平)が含有されている。
ドイツの兵士はワクチンと一体となる水銀、スクアレン、その他危険性の高い補助剤を含まない、添加剤無添加の豚インフルエンザワクチンを接種されている
またドイツでは首相、閣僚は、効果を弱めたウイルスを含まない(Without Soft Kill Ingredients)特別のワクチンを打つ。
さらに恐れることはチメロサール(水銀)含有量が多いワクチンが間違えてか意図的にか?出荷されていたら。(過去には輸入血液によるエイズ感染があります。)






http://satehate.exblog.jp/12690329/
豚インフルエンザワクチン注射には2つのヴァージョンがある


ドイツ軍兵士は添加剤無添加の豚インフルエンザワクチン接種を受けている ChemBlog 2009.10.20 Tuesday
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993334

本日は、以前から言われているインフルエンザワクチン接種の危険性と、ドイツでの不可思議なワクチン接種についての記事をご紹介します。ワクチン接種に関しては、引き続き様々な情報源のトレンドになっているようで、探せば様々なソースに出会えるのですが、私が興味を持つような記事は何故かここ、プリズンプラネットに限られてしまいます。

German Soldiers Get Additive Free Swine Flu Shot Troops get access to shot without mercury  Paul Joseph Watson Prison Planet.com Tuesday, October 13, 2009
http://www.prisonplanet.com/german-soldiers-get-additive-free-swine-flu-shot.html

ドイツ軍兵士は添加剤無添加の豚インフルエンザワクチン接種を受けている 軍隊は水銀無添加の注射を利用可能だ ポール・ジョセフ・ワトソン(Paul Joseph Watson) Prison Planet.com 2009年10月13日(火)

ドイツからの報告によると、ドイツの兵士はワクチンと一体となる水銀、スクアレン、その他危険性の高い補助剤を含まない、添加剤無添加の豚インフルエンザワクチンを接種されているようであるが、このヴァージョンの注射が何故一般大衆に対しても使用されるようにならないのかについては、疑問が増大している。

翻訳すると、ドイツの兵士達は毒を含まないワクチンを受けると題された記事では、どのような方法でドイツ軍兵士25万人にバクスター(Baxter)が製造した、「物議を醸している水銀を含む添加物、或いは防腐剤」を含まない「好意的な」ワクチンの接種が行われたかを説明している。
豚インフルエンザワクチン注射には、内情に通じている者達のためのものと、もう1つは政府を信頼している一般大衆に注射される、自閉症やその他の神経障害と関連がある危険な毒物を含むものとの、2つのヴァージョンがある事が分かった。

チメロサール(thimerosal)や水銀に関する懸念にもかかわらず、チメロサールは現在世界的に展開している豚インフルエンザワクチンの含有物となっている。

「幾つかのワクチンは、水銀を含有する抗菌性の添加剤チメロサールを含んだ複数投与水薬瓶に蓄えられるだろう」とワシントン・ポスト紙では、最初に豚インフルエンザワクチン接種を受けるグループに関する記事で伝えている。


確かに豚インフルエンザワクチンには、安全だと考えられている水銀量の少なくとも、25,000パーセント(引用者注:安全基準上限の250倍というのが公平)が含有されている。

水銀は、国防総省(The Department of Defence)によって、飲み込んだ場合、または吸飲、或いは皮膚から吸収した場合に死に至る可能性がある危険性物質に分類されている。また現在EPA(Environmental Protection Agency = 環境保護庁)は、毒素が「脳及び神経系に損傷を与え、また胎児や小児に特に危険である」として工場からの水銀の放出を制限している(引用注:日本人にはあたりまえ)。が、CDC(Centers for Disease Control and Prevantion = 疾病予防管理センター)によると、(ワクチンは)子供の動脈に注射しても全く安全であるという。
以前強調したように、多くの人々が注射式よりも安全であるという誤った前提の下で、スプレー式点鼻薬ワクチンを選択している。
実はスプレー式点鼻薬には、豚インフルエンザを免疫系の弱まった人々に広めるとして、多くの医師や保健専門家達が懸念を表明している、生きたH1N1ウィルスが含有されている。

「ワクチンに含まれる生きたウィルスを、受容した子供達は最大で21日間排出する(そして潜在的に地域社会に広める)ことができるという記録がある。これは、大人と比べてかなり長期間だ。このウィルスの排出は、母親が点鼻薬ワクチン(FluMist=フルーミスト)を接種した場合、母乳を与えられている乳児をも危険にさらす」と、ワクチン及びワクチン接種の危険性の分野では、遠慮無く物事を話す医師として知られているSherri Tenpenny医師は書いている。

フルーミストの取り扱い説明には、以下の事項が記されている。「フルーミスト(R)の受容者は、最低21日間は免疫障害を持つ個体に近付くべきではない」

「警告は明確に、免疫不全の家族と居住している人物に向けられているが、地域社会全体への継続する生きたウィルスの放出は免疫系が弱っている、或いは弱体化した全ての人々に重大な危険を与える可能性がある」免疫不全の原因として分類される過剰な健康状態を考慮に入れた場合、全体の人口の最大60%が「化学的な免疫不全」に当たると考えられる、との指摘をTenpenny医師は書いている。

スプレー式点鼻薬ワクチンを開発している製薬会社の1つに、バクスター・インターナショナル(Baxter International)がある。同社は、今年の早い時期にオーストリアの研究所から、生きた鳥インフルエンザウィルス、若しくはH5N1として知られているウィルスに汚染された大量のワクチンを発売(発送)したかどで捕らえられ(ことをキャッチされ)た。 (引用注:「捕らえられて」はいませんよね。「尻尾をつかまれた」くらいか)


独首相特別製ワクチン 2009年10月19日
http://icke.seesaa.net/article/130696079.html

ドイツの首相、閣僚は、効果を弱めたウイルスを含まない(Without Soft Kill Ingredients)特別のワクチンを打つ (引用注:ふつうは、「穏やかな殺菌剤を含まない」が正解ですね。でも、ここでは「穏やかに殺す試薬を含まない」にもみえる。どちらにしても、実際は穏やかならないわけですが)

批評家たちは、ワクチンの添加物が頭痛や発熱などの予防注射副作用反応を強くする可能性があると問題にしている。

ドイツ政府のエリートと軍隊はバクスター社の添加物の入っていないワクチンであるCelvapanを打つことになる。 一方、庶民の方は、添加物が入ったGlaxoSmithKline社のワクチンを接種する。

Paul Ehrlich研究所の職員も、また、添加物無しのワクチンを接種する。 

研究所の所長であるJohannes Löwerが8月に、ワクチンはウイルスよりもより悪性の副作用を引き起こす可能性があると語った。





http://kurokamenews.blogspot.com/2009/10/d.html
ワクチンとチメロサール

1928年1月にオーストラリアでジフテリアの予防接種の注射薬に病原体が混入して注射を受けた多数のこどもが死亡する事件が起こっています。

細菌の増殖を抑えるのに十分な殺菌剤を含むものでなければ、細菌が増殖可能な生物製剤は多人数用の容器に入った製品としてはいけないという勧告を王立委員会は出しました。


チメロサール( thimerosal )は、水銀を含む有機化合物(有機水銀)です。その殺菌作用は、昔から知られていて、1930年台から、種種の薬剤に保存剤として使われてきました。薬剤に病原体が混入して薬剤の使用で感染症となってしまうのを防ぐためなどの目的で使われてきたのです。

ワクチン中のチメロサール( thimerosal )が、近頃、アメリカ合衆国で注目されるようになった一つの理由は、この十数年の間に、アメリカ合衆国では、乳幼児が接種すべきワクチンの種類や本数が増え、また、より月齢が低い段階で接種を受けるように成って来ていることによります。1999年には、生後6ヶ月までで見ると、チメロサール(thimerosal)が添加されたワクチンをそれぞれ3回ずつ受けたとすると、B型肝炎3回で37.5マイクログラム、三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)3回で75.0マイクログラム、インフルエンザb型菌3回で75.0マイクログラム、計187.5マイクログラムの水銀(計375.0マイクログラムのチメロサール)が注射されたことになります。
現在は、アメリカ合衆国では、B型肝炎、三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)、インフルエンザb型菌のワクチンについは、チメロサール( thimerosal )が添加されていないワクチンが生産されていますので、チメロサール( thimerosal )が添加されていないワクチンを注射すれば、同様の注射をしても、水銀は注射されないことになります。
スポンサーサイト



プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード