FC2ブログ

ガン細胞は″体液の汚れ″を引き受ける″ゴミ溜め″

http://gandouga.dousetsu.com/gaku.html

体液の ?汚れ〃 を引き受ける
 日本のガン治療を呪縛しているもの。それが?ウィルヒョウの呪い″である。(『ガンにならないゾ!宣言 Parl?』 (拙著、花伝社参照)
 ウィルヒョウは一九世紀の細胞病理学者である。その?呪い″とは、彼の唱えた「ガン細胞は、strong>宿主(患者)が亡くなるまで無限増殖する」という固定観念を指す。これは、免疫力の存在を完全に無視(無知)しており決定的にまちがいである。なぜなら、人類全員に毎日、ガン細胞は何万個と自然に生まれている。それが増殖しないのは、生来、備わった免疫力のおかげである。?ウィルヒョウの呪い″が正しければ、人類はとうの昔にガンで絶滅しているはずだ。つまり自然治癒力を無視し、カどの生えたような無知蒙昧な二〇〇年近く前の ?理論″がいまだ生き残っていること自体、不気味かつ不可解だ。
 私は、ガンも必要があって増殖すると思う体液の ?汚れ″を引き受けて、敗血症になって死んでしまうのを防ぐために、ガンという?ゴミ溜め″が?汚れ″を引き受けて増殖しているのだろう。
 これは、若き境に学んゼヨガの教えにあったヨガは“イン”と“アウト”……すなわち体に「入る」もの、「出る」もの……のバランスこそが生命の基本であると教える。体内に「毒」や「汚れ」が滞ったとき、一部に隔離して、全体を守る装置が「ガン」の役割というわけである。ガンは生命(宿主)を守るための?ゴミ溜め″。そう思うとガンに感謝の気持ちも湧いてくるだろう。
その感謝、平安の気持ちが副交感神経経を活性化させ、?ゴミ溜め?を不要にしていくのだ。
「そういう考え方、見方もあります」と矢山医師もうなずく。?汚れ?が消えて、必要性がなくなったら増殖率も止まる。だから、ガンは生命が生き延びるための緊急避難装置ではないのか?

●金属、ケミカル、菌……体内環境汚染
 ○○医師も身を乗り出す。「そこに体内環境汚染がある。?汚れ?がガンのところに溜まっているわけです。その汚染は、金属、化学物質、それに電磁波……」。
 これらが新陳代謝不全で、体中に回ると敗血症とか、さまざまな病気になる。
 「敗血症は、全身に菌がまんえんしちゃう。体の代謝産物は長年の生命体として、これを出すしくみが何重にも備わっている。ところが、金属に関しては、出す能力が人間はものすごく少ない。ケミカル(化学物質)もそうです。なぜか? これらは(近代社会になって)最近来たものだから、人間という生命体は排泄機構がまだない。非常に少ない。まず入ったということに気付かない。金属もそう。
 ガン細胞のところには、必ず遺伝子にキズがあるんです。それをガン遺伝子という。
抗ガン剤で殺される 38~39

 フッ素入りの練り歯磨きを使うとガンになる。という見出しで“Midnight”の1967年3月号に書かれています0「アメリカでガンで死亡した人156人を解剖して調べた結果、骨髄中に多量のフッ素が蓄積していることが解かった。そして重要なことはガン組織に蓄積することである。また156人中121人はフッ素化していない地方の人であったことからフッ素入りの歯磨きから来たものと見てよい」と言っています。

ガン細胞が化学毒のたまり場であることはとっくにわかっているのに、それに大衆が気づいたらマズイ

今までのガンビジネスのためのウルトラペテン学説で、騙して数億人を殺してきたことがバレて、飯の食い上げになるからだ。

ガン細胞の正体は排泄しきれない化学毒などを緊急自体のゴミ箱として作っている溜めて全身に回らないように隔離している細胞だった!

ガン細胞自体が異常分裂増殖するという定説、細胞分裂増殖説は完全に完璧に間違っている!というよりも悪化させて稼ぐためのビジネス学説にすぎない。

ガンがその人を助けているとなれば、医療産業は稼ぐことができないからだ。

そのホンネは、ほっといたら、無限に分裂増殖すると脅さないとガン産業で稼げなくなるから、いつまでも大衆を騙して、さらに猛毒を打って、さらにガンというゴミ箱をどんどん大きくして、財産をシャブリ尽くして殺す悪徳ビジネスだった!

抗ガン剤という毒でガンがどんどん大きくなるのは、その毒をできるだけ溜めて人体を守ろうとしているため。

化学物質を溜めているのがガンであるから、猛烈な化学毒である抗ガン剤は猛烈な発ガン剤である。

ガン細胞が猛烈に臭いのはガンが毒素の塊、ゴミ箱であることからすると悪習がするのも当たり前。
スポンサーサイト



「ガン呪縛を解く」 稲田芳弘氏のネットラジオ

「千島学説を実践している稲田芳弘氏」のラジオ7分00秒から放送してます。

http://relax.freespace.jp/teamgogo/radio_wma/080530attention_9.wma




http://74.125.153.132/search?q=cache:HecWReo8E6UJ:plaza.rakuten.co.jp/vegan/diary/200906230000/+がん細胞 抗毒素&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


2009.06.23
手術でガンを取る?友人の日記より転載します。 「ビーガン(153)」
[ シンプルに生きる ]
わたしたちは、癌が見つかると、手術で除去をすすめられます。

『ガンは、ほっとけばどんどん大きくなる。
 無限に増殖する異常な細胞だ』と教えられています。


しかし実はこれは間違いで、癌というものは、行き場のなくなった全身の悪い血や毒を一カ所に集めている『浄血ポンプ』なんです。

癌が大きくなるのは、血を悪くする食生活をあらためないからです。

それなのに癌を悪いものだと思い込んでここを攻撃して散らしたり、
手術して取ってしまうという発想が今の医学
です。
そうすると体中にまき散らされた毒物はまたあちこちで癌をつくります。
これが転移
です。

するとまた手術をして次々臓器を取られ、放射線をあびて ボロボロになって苦しんで死んでゆく。

ほとんど癌で死ぬより治療で死んでいるのです。

癌が大きくなるのは、考え方の癖、心の性質(憎しみ,嫉み,猜み,羨み,呪い,怒り,不平,不満,疑い,迷い,心配,咎め,いらいら,せかせかする心)や血を悪くする食生活(肉食・白砂糖・添加物・たばこ・過度の飲酒の習慣などなど)をあらためないからです。

癌は血液の汚れ、つまりめちゃくちゃな生活とストレスの蓄積で悲鳴を上げた体がつくりだした最終手段なのですから、癌をなおすには、浄血ポンプである癌細胞を敵視してたたき散らすのではなく、血液を浄化する、つまりただちに血を汚す生活をやめることです。

サイト『有害な医療 三大治療を辞めよう』より
 ガンは「血液の汚れ」 
ガンの正体を一言でいうと、「血液の汚れ」である。
血液に中にガンビールスやその他のビールスが入り込んで汚してしまっている、それ自体がガンなのだ。
すなわち、本当のガンは、一般にガンと呼ばれているオデキを体のの中につくらせた「バックグランド」である、というふうに私は考えている。

血液が汚れてきた時、その人の体の中の一番敏感なウィークポイントに、ガンというオデキができるということなのである。
本人も要求しないのに、ビールスが体の外からいきなり入ってきてガンができる、などということはあり得ない。
ガンというオデキができるのは、目的があってのことだ。
すなわち、血液が汚れてきたのを浄化する、という目的である。

ガン腫は浄血装置なり
そうなると、ガンというオデキは一種の浄血作用をするものである、と解釈しなければならなくなる。
悪魔の創造物であるというのは、考え違いもいいとこで、本当は、ガンというオデキは、その人にとって、まさに救いの女神なのだ。
つまり、血液が汚れてしまって、このままではどうしようもないという時に、ガン腫ができて血液をきれいにする働きをしてくれるわけである。

最近、フランスの学者が、ガンのオデキの中に「抗毒素」が生産され、血液の中に分泌されているということを発見した。
今までは悪魔の創造物だから、切り取るとか、放射線をかけて火傷をさせるとかして、やっつけなければならないと思っていたものが、最近の研究で、ガン細胞は抗毒素を分泌して毒素を中和するばかりか、血液の中に抗毒素を送りこんでいることがわかったわけだから、ヨーロッパのガン学会はあわて始めた。

この問題を解決するためには、ガン腫は浄血装置である、という私の理論をもってこなければならない。
そうでなければ、ガンのオデキの中から抗毒素が分泌されているという事実を、説明することはできない。
浄血装置なら、そのような働きがあって当然だ。
血液の汚れは、毒素が血液の中に入りこむことであって、その毒素は腸の中でつくられる、ということについては前述したが、その結果できるガンというオデキは浄血装置なのだ。
体というものはまったくうまくできている。
ガンができたということは、むしろ喜ぶべきことなのである。
そこのところをよく理解し、くれぐれも考え違いをしないように頭を切りかえなければならない。

敗血症はなぜ姿を消したか
敗血症では二、三日で死んだ人たちが、ガンになって1年なり2年なり生き延びるようになった。
ガンという病気でガン・センターなどに入ると、半年ぐらいで死ぬが、なにもしなければ二,三年は生き延びるのである。

有名な方たちが、ガンになってガン・センターに入る、すると皆六ヶ月ぐらいで死んでしまう。
私が不審に思うのは、入院する時はその人たちのガンの病状はそれぞれ違っていたはずであるのに、きまったように六ヶ月ぐらいで死んでしまうことだ。
ということは、人為的に殺しているということではないか。

大量の制ガン剤を与えたり、放射線をかけたりの治療法をやっているから、申し合わせたように半年ぐらいで死んでしまうのである。

それに対して、何んにもしなければ二、三年は生き延びられる。
それというのもガンというオデキが、浄血の役割をはたしてくれているからである。
敗血症だったら二、三日で死ぬべき人が、ガンというオデキをつくることによって、二、三年生き延びられるのだから、ガンに対して感謝しなければバチがあたる、というものだ。

ガンになったということは、非常にお目出たいことだから、赤飯を炊いてお祝いしなければならない。
それも一回ぐらいでは申しわけない。365日やってもいいくらいのものである。

恐ろしいのは、ガンの腫瘍をやっつければそれで解決する、と安易に考えている愚かしさのほうだ。

(以上、森下敬一著「ガンを食べ物で治す法」より引用)


ガン細胞はその人に必要があって出来ている

ガン細胞が細胞分裂で増えていくという俗説はウソ

ガン細胞とは排泄しきれない有害物質を一カ所に集めている緊急事態ののゴミ箱

だから、抗ガン剤、放射線で破壊することはまったく意味がない、どころか、

せっかく一カ所に集めた毒を体中にばらまいて患者を殺しているのである

ガン細胞の破壊による毒の拡散と抗ガン剤の副作用のダブルダメージが起きる。

ガン細胞を破壊すると言うことは、

海岸にまき散らされたゴミをせっかくゴミ袋に集めたのに

またゴミ袋を破って海岸に、ばらまくようなもの

抗ガン剤、放射線で、ガンが消えたと言うことは、ガンという病気が治ったところかせっかく集めて一カ所に隔離している化学毒などを 体中にぶちまけたのと同じこと

毒を排泄もしていないのにガンという浄血装置が消えたと言うことは、転落してザイルで繋がっている登山者のロープを切断するようなもの

抗ガン剤を打つとますますガンが転移するのは、抗ガン剤の猛毒をガンというゴミ箱を増やすことによって体を守るための延命措置をしている。
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード