FC2ブログ

人類はUFOを完成していた②

フィラデルフィア計画はありえない話なのか?




http://ja.wikipedia.org/wiki/フィラデルフィア計画

この実験は、1931年、ニコラ・テスラが設立したと言われるレインボー・プロジェクトの一環であった。当時のレーダーは船体が発する特徴ある磁気に反応するシステムであると考えられていた[1]ため、テスラはテスラコイルと呼ばれる高周波・高電圧を発生させる変圧器で船体の磁気を消滅させれば、レーダーを回避できると考えていた。
その後、この実験はフォン・ノイマンに引き継がれ、1943年、駆逐艦「エルドリッジ」に船員を乗せ、初の人体実験を行なうこととなる。
1943年10月28日、 アメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアの海上に浮かぶ「エルドリッジ」を使って遂に大規模な実験が秘密裏に行われた。
当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、 実験は新しい秘密兵器、磁場発生装置テスラコイルを使い 「レーダーに対して不可視化する」というものであった。 エルドリッジの船内には多くの電気実験機器が搭載されており、 そのスイッチを入れると強力な磁場が発生、 駆逐艦がレーダーからはもとより肉眼でも認められなくなった。実験は成功したかのように見えたが不可思議な現象が起こる。 実験の開始と共に海面から緑色の光がわきだし、次第にエルドリッジを覆っていった。 次の瞬間、艦は浮き上がり発光体は幾重にも艦を包み、見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えてしまった。
実験開始直後に駆逐艦はレーダーから姿を消す。ここまでは参加者達の予想通りであった。しかし直後エルドリッジは不可視どころか、完全に姿を消してしまい、おまけに2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまっていたのである。それから数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間移動する。
再び戻ってきたエルドリッジだが、 驚くべきことに船員は、体が突然燃え上がったり衣服だけが船体に焼き付けられたり、甲板に体が溶け込んだりしていた。 ある者は発火した計器から火が移り火達磨に、またある者は突然凍り付いてしまい冷凍化した。半身だけ透明になったり、壁の中に吸い込まれた者もいた。生き残った乗組員も精神に異常をきたし、エルドリッジの内部はまさに地獄絵図の如くであった。
唯一、一部のエンジニアたちは機械室にいたため 鉄の隔壁に守られ影響を受けなかった。
こうして実験自体は成功したが、行方不明・死亡16人、発狂者6人という取り返しのつかない結果になった。このことに恐れおののいた海軍上層部はこの極秘実験を隠蔽したといわれている。
そもそもこの実験が行われたという密告は、モーリス・ジェソップという作家の元に、 1956年カルロス・マイケル・アレンデという人物から届いた手紙に端を発する。 その手紙には“レインボー・プロジェクト”の内容が克明に綴られていたという。 しかし、モーリスはこの手紙を受け取った3年後に謎の自殺をしている。 アメリカ海軍は総力をあげてアレンデという人物を捜したが、失敗に終わったという。
一説では、マンハッタン計画に対する欺瞞作戦とも言われ、現在でもこの不可解な超常現象の伝説は多くのマニアを惹きつけている。




http://www.happybigapple.com/newpage33.html

この実験のことが最初に世の中に知られるのは、1955年にモリス・K・ジェサップが”UFOの真実The Case for UFO”という本を出版したあと、1957年の春に彼が海軍リサーチセンターに所属するという数人の人物の訪問を受けたことから始まります。
彼らは、来訪の目的は軍の命令ではなくて自分達の個人の意思で来たと断りましたが、リサーチセンターに匿名で送られてきたジェサップ著”UFOの真実”が原因だったのです。 
彼らによるとその本の3箇所にメモが貼り付けてあり、そのメモには、海軍が”船を見えなくするプロジェクト”を実施中に、UFOが飛行する秘密-時空を捻じ曲げての移動を偶然に発見したということが書かれていたのです。
海軍からの来訪者達は、そのメモを書いた人間を探し出すために、ジェサップに心当たりはないか聞きにきたのでした。
この時の海軍の人間達との話によって、ジェサップは自分が何かとてつもなく大きな事に巻き込まれていることを知り、それ以後その内容の解明に全力を投入し始めたのでした。
そしてそれから4年後の1959年には、ジェサップはUFOと海軍の実験に関して、軍部が大衆に隠していることに関するたくさんの衝撃的な証拠を手に入れたのでした。
ジェサップは手に入れた証拠を基に、発見した事実をフロリダ州選出の上院議員や何人かの興味を示した人達に話すために日時をセットして、フロリダの自宅を出発してワシントンD・Cに向けて出発したのですが、約束の日時に彼は現れなかったのです。
やがてマイアミ郊外の高速道路に入るところで彼の車が発見され、その車のマフラーにはパイプが取り付けられていて、そのパイプが運転席まで伸びていて、車中には死体となったジェサップがみつかりました。警察は死因を一酸化中毒として、自殺と断定したのですが、一緒にあるはずの沢山の書類や証拠物件の類がすべてなくなっていたのでした。 
しかしジェサップはワシントンD・Cに出かける前に、科学者であり以前からUFOに関しての情報を交換しあっていた友人のイヴァン・T・サンダーソンという人物に、海軍に送られた本につけてあったメモの写しを含めて多くの情報を渡していたのです。
そしてサンダーソンは仲間と共にその資料を基にして、UFOと海軍の実験ーすなわち場所に因んでフィラデルフィア実験と呼ばれるようになった実験について、1967年に"招かれざる訪問者Uninvited Visitor"と題した本を出版したのでした。
やがて1979年になるとウイリアム・ムーアとチャールス・ベルリッツ共著で”フィラデルフィア実験:見えなくする計画”と題する本が出版されるに及んで、この海軍の秘密実験が公に知られるようになったのでした。 
しかしこの本がフィラデルフィア実験に関しての最初の本だった事は功績に残るのですが、調査が不十分で内容的に説明が足りず、そして著者達の憶測や想像が多く書かれていたので、却って実験の信憑性に欠けてしまったのです。




初期の実験は1943年に基地内の埠頭で行われました。
強力な電磁界が発生しましたが、船内の電気器具には全く損傷がなくて、船は一瞬にして視界から消えました。
そして船はレーダーからも姿が消えたのですが副作用として、海軍は期待していなかったことで科学者達が期待していた事、すなわち時空移動が起きたのです。
船体が視界から消えた時に実験を見ていた人達は、船体はそこに存在しているが肉眼で見えないだけだと思っていたのですが、実際には船体はバージニア州のノーフォーク沖の海上に移動していたのです。 そして船外に設置された磁場発生装置のスイッチが切られた時に、船が元の位置にも戻ってきて肉眼で見えるようになったのです。
船の甲板には犬や猫の小型の動物が籠に入れられて置かれていて、船が消える直前と直後に船体の周りに発生した緑色の輝やきによって、その中の何匹かの動物が焼死したり消滅していましたが、使われた磁場の強弱は調整してより安全にできると科学者達は海軍の係官に答えたので、動物達の死は無視されてしまい、実験の推進が決定され、1944年には海上での乗組員を乗船させた実験が強行されました。
エルドリッジ号にはアル・ビーレックと弟のエド・ダンカンも含めて30数名の乗組員が乗船し、エルドリッジと同じ装置を積み込んだ他の船が、ユーボートと他の敵の船舶に探知されないように願いながらレーダーやソナーで警戒して、その周囲を取り囲んでいました。
しかし万が一探知されたとしても、出力を最大限まであげることを許可されていたのは、エルドリッジ号だけでした。
多くの観察者が見守る中で、実験はニュージャージの沖合いで開始されました。
全員が見守る中で、エルドリッジ号はその磁場発生装置を最大出力まであげました。
出力が上がるに連れて以前と同じように、不思議な緑色の輝きが船体の周囲に現れ、船体は予定通りレーダーからは消えたのですが、磁場発生装置に奇妙な光が飛び始め、甲板の上では次々に異常なことが起き始めました。
多くの乗組員が方向感覚を失い始め、何人かは緑の輝きで火傷を負い、濃い緑の霧によって殆ど何も見えなくなり、危険を感じてアルと弟のエドは海に逃げようとして甲板から身を投げ出したのですが、どこまでも海は無くそのまま暫く落下が続いたあと、気がつくと何処かの基地の柵の中にいて、すぐに警備兵が来て近くの建物の中に連れていかれたのです。
エレベーターに乗せられて地下に降りて、そこにいた年配の人物がアル達にジョン・ノイマンだと自己紹介したのです。
ほんの1時間ほど前までアル達はノイマンと一緒にいたのですから、その年配の人物がジョン・ノイマンで、彼らがいるのはフィラデルフィアではなくニューヨーク州のモントークで、時代は1983年になっていることを理解するまでには、暫く時間が必要でした。
1944年のニュージャージー州沖合いでの実験で姿を消してから、エルドリッジ号は1983年のニューヨーク州ロングアイランド沖合いの海上に姿を現していたのです。
1940年代には夢だった各種の機械や装置をアル達に見せてくれたノイマンは、すぐに船に戻って磁場発生装置を破壊するようにアル達に指示を与えたのでした。
アル達が磁場発生装置を破壊したと同時に、船体は元のニュージャージ沖に姿を現したのですが、消えてから再び姿を現すまで4時間程経過しました。
エルドリッジの船体は、この実験と同時に発生したある種の時間移動を起こす穴に引き込まれ、またロングアイランド東端に位置するモントークポイントの表向きには使用されていない政府の基地において、フェニックスプロジェクト別名モントークプロジェクトと呼ばれるフィラデルフィア実験のフォローアップとして、磁場が人間の心理に及ぼす影響を探るプロジェクトを行っていたので、それに引きつられて時空移動がおきたのです。
アル達が船に戻ってみると甲板上では大変な事が起きていて、若い水兵が心臓麻痺で死亡していたり、乗組員の中には肉体が船の甲板や鋼鉄の船体に溶け込んだ者もいたり、行方不明の者いたのでした。
戻ってきた時に、UFOと思われる不思議な物体が船体の上空に見られたのです。
この時人類は始めて、宇宙人が時空を自由に駆け抜ける方法を垣間見た可能性は非常にたかいのですが、いかんせん1944年の昔では、人類はそのような強力なエネルギーをコントロールするテクノロジーもコンピューターも持っていなかったのです。

スポンサーサイト



人類はUFOを完成していた/ベンジャミン・フルフォード

常識ではありえない、とんでもない話です!
でも内容は具体的で詳細です。
信じるか、信じないかはベンジャミン・フルフォード氏をどう評価するかです。


http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/07/post-8.html


いま、イルミナティは米国軍産複合体を中心に恐るべき軍事技術を手に入れ世界のどの国も手が出せない所まで登りつめてしまいました。その実態こそ、多くの方々が断片的に述べられているプラズマ技術なのです。プラズマは固体、液体、気体という物質の三態以外の態様で、気体がさらに細かくなった状態と言えます。しかも電荷を帯びており、宇宙の全物質の99%以上を占めています。空気は1%にも満たない極少物質だそうです。
このプラズマの研究により、とんでもない技術が2つ生まれました一つは軍事技術、今一つはUFOの製造技術です。1940年代にフィラデルフィア実験という電磁波の研究が行われたのですが、この時の総指揮者が有名なニコラテスラです。3台の発電機を軍事用の船に乗せて沖である実験をしたのですが、電源オンと同時に発電機が暴れだし、予想外の事故が起きて乗船していた将兵が多数死にました。この時、プラズマの発生が認知され、とてつもないパワーが生み出せる可能性があると気づいた上層部は軍事的利用の道を追求する決定をします。テスラは責任を感じて継続を拒絶したため結局暗殺されてしまうのですが上層部がそうまでしてこの一件に固執した理由は、発電機を2台に減らして行った次の実験の時、実験船が突然消えてしまうという驚愕の事実を目撃したからです。船は何マイルも離れた別の軍港に現れ、何と1時間後に元の場所に現れたのです。
軍は情報管制を敷いて完全な秘密にし研究を続行しますが、プラズマの持つ恐るべき力を次々に解明してゆきました。プラズマ(ガス状のもの)が全ての物質を透過して裏側に抜ける事、プラズマに包まれた物体Aを、他の物体たとえば鋼鉄の板にマイクロ波等を当ててプラズマ化したものに衝突させるとAが板を透過し、互いに無傷で裏側に出る事、またプラズマはマイクロ波・電磁波等の強度を高めレーザー光線のように線形に発し、それを2つ乃至3つ作って交差させるとその部分に発生させる事ができること、さらに交点に何か物体があると、その物体をプラズマ化させる事ができる事の3点を発見します。
それから多くの年月が過ぎ、既に実用化が完了し、第一次イラク戦争で2万人の兵隊がプラズマを当てられ一瞬で消えてゆきました。ここで、消えたといっても何処か別の場所に行ったのではなく、プラズマが4千度以上の超高熱になるという特徴を利用して焼き尽くした結果です。人体は水ですから一瞬にしてジュッと消えて跡形も残らないそうです。
また、インドネシアの地震ではフィラデルフィア実験で軍艦が他の場所へワープした時の特徴を利用し、地下の一定範囲の岩盤をそっくりワープさせたそうです。今回のはまだ分かっていませんが、新潟中越地震もそれでやられたそうです。ソ連の崩壊を軟着陸させるためにイルミナティによって送込まれたゴルバチョフが軍部の反抗で困っていた時、東南アジアのある国にサイクロンが訪れた時を狙って米国からロシアに前情報を流し、この兵器を使って大量の民間人を一瞬で消滅させる瞬間を目撃させました。その直後にサイクロンに襲われ村は津波で壊滅したことになっていますが何百人もが行方不明のままです。これを目の当たりにした軍部はソ連再興を断念してイルミナティに屈したのです。
プラズマ技術は隠密裏に人間を殺傷できるので原水爆のように持っていても使えない兵器より遥かに脅威だからです。金生日が厚さ100mの鋼鉄の部屋に潜んでいてもプラズマ兵器で部屋の内部に爆薬を透過させ送込む事ができるのです。宇宙衛星やステーションの建設に躍起になるのはそれで地上の要人を暗殺したり、一定範囲の場所に正確に地震を起こさせたりできるようにするためです。そのような遠隔操作によるプラズマ攻撃の技術を高めるために、英国イルミナティの協力のもと、衛星の連携でプラズマ光線を中継して麦畑に微細なミステリー・サークルを作っているのです。これは言わば遠隔操作の精度を高めるための実験です。
最後に、この技術で今一つトンデモナイ発明を彼らはしています。そう、UFOが作れるんです。プラズマに包んだ物体は2つのプラズマ光線の交点の一を動かすと一緒に移動することがわかったのです。しかも移動は交点を右から左にスッと動かせば、どんなに重いものでも一瞬で移動します。地球から月への移動も一瞬です。後は飛行船の中にいる人間が無事でいられればいいのですが、当初4千度以上の温度では人間を飛ばすのはムリと思われてましたが、彼らは解法を発見してしまったのです。しかも汚い手で。
ハチソンという民間プラズマ研究家が偶然実験中に低温での移動ができる事を発見し世界で実験が公開されたのです。ハチソンは米軍関係者の訪問を受けて資料を巧みに提供させられ返してもらえませんでした。偶然ゆえ彼自身も原因が分からず未だに分からない状態です。しかし、実験データを全て手にした米軍は温度を高めずにプラズマの威力を利用できる方法、いわゆる黄金比率を発見してしまいます。これで人間を搭乗させた飛行船つまりUFOが完成しました。エリア51では本当にその実験が行われていたのですが、マニアに嗅ぎ付けられたため、宇宙人がUFOに乗って飛来したというデマを流し、米国自身がUFOを飛ばしている事実が分からないように情報撹乱しました。それを専門で行う組織としてNSAが作られたわけです。宇宙人が飛来したように凝った演出をして民間人の注意を引き、一方では宇宙人に似せてバイオ実験で作った失敗作の生物の死骸を晒して宇宙へ人々の目をそらしたのです。宇宙人といういかがわしい響きを持つと、人はとたんに話を信じなくなるからです。ひいてはUFO自体の話にも目を向けなくなるわけです。全ては騙しです。
現在、イルミナティは有人のUFOを既に飛ばしており、UFOの推進力を確保するためのパワーを得るためレアメタルが豊富に埋蔵されている月に関心をもっていますが、ある事情があって月での展開ができずにいます。ここにはさらに驚愕の事実があり、多くの皆さんにもその事実を知っていただきたいのですが、ここで話すのはリスクが高いため今日はやめておきます。

カロリー制限がもたらすもの!

http://74.125.153.132/search?q=cache:8XzhxNPUriUJ:www.koumatsuba.zansu.com/hara7bu/069saisinjijou.htm+アメリカの国立老化研究所のマウス実験の結果&cd=6&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

1998年10月、アメリカのバージニア州のレストンにカロリー制限の第一線研究者たちが集結

幅広い領域の研究が集中して、「カロリー制限」が老化を遅らせ、そして老化に伴う退行性の疾患の発生をも遅らせることが動物実験で明らかとなりました。この明るいニュースに対して、「カロリー制限」の成果が、老化にとどまらず今日の生活習慣病の予防に大きな解決策を持つ可能性に注目が集まっています。この「カロリー制限の役割」において議論された成果を総括してみると、次のことが確認されています。



ゲッシ類動物(ネズミなど)のカロリー制限の研究
餌と水を制限しないで与えると、二年間に急激に体重が増加し、老化が急速に進んで、老化関連の疾患が始まり、老衰します。

カロリーを制限し(25~40%削減)、ただし必須栄養素は十分に配合した餌を与えたゲッシ類動物では、寿命が伸びました。そして「老化と老化に関連した疾患の発生を遅らせることは、まったく疑問がないほど証拠が整っている」という声明が出されました。

厳しい制限(約40%削減)の場合では、ある種の腫瘍の発生を減らせることが分かりました。また、短時間の断食と食餌の繰り返しで、肝臓ガンの進行を止めることができました。中程度でのカロリー制限(20~30%削減)では、生存率を大きく伸ばし、慢性疾患の開始を避らせ、脳下乖体や乳房の腫瘍の開始を遅らせることも確認されています。



サルでの研究
中程度のカロリー制限(30%削減)では、糖尿病と循環器病のリスクファクターを減少させました。体重・体脂肪・中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増加させ、インスリンレベルを減少させることなどが確認されています。その結果、インスリン感受性、腹腔内の肥満、血圧などが改善されました。これは、ネズミでの実験結果が、霊長類のサルで再現できたことを意味します。そして、この長寿サルたちは今日もなお元気で、研究が続けられています。



人での研究
完全に外界から遮断された人工環境(バイオスフェア・2)、ちょうど「宇宙ドーム」ともいえるドームの中に、男女八人のクルーをカギをかけて閉じ込めて行った2年間にわたる研究がありました。閉鎖された人工環境の中で自給自足の生活を行って、中程度のカロリー制限(平均25%削減、1800キロカロリー)は、体重を10-18%減らしてそれを維持し、血液中のリン脂質量を低下、血中コレステロールを低下、免疫グロブリンE-1を低下、インスリンレベルの低下、血糖値低下、グルコシル化ヘモグロビンを低下、レニンを低下、テストステロンを低下することなどが確認されました。


カロリー制限が生命に影響するもの
なぜカロリー制限が老化を遅らせるのでしょうか?動物がカロリーを制限されると、環境からの広範囲にわたるストレス原因(食物、活性酸素、気象条件、環境物質、外傷など)に対して、生存のために生体反応を調節する機能が高められます。その結果、生き残るために必要なエネルギーの消費を抑え、また繁殖に関係する仕組みを抑えて(繁殖を遅らせて)、個体の生存率を高め、種の保存を、言い換えるとその生物が守るべき遺伝子を保存するものと考えられます。
これらのカロリー制限の研究の最近の成果をもとに、引き続きいくつかの残された課題も討議され・・・



過剰なカロリーが老化のもと
ガンにかかり易いマウスを使った初期の研究(ウィスコンシン大学ワインドラック博士)で、カロリーを半分にすると寿命が約30%伸びるとともに、発ガン率が46%から13%に低下し、中年から始めたカロリー制限では、学習能力を含む各種老化指標が全て若々しく保たれるとの結果が得られた。さらには猿を使った実験で、カロリー制限によりインシュリン感受性が保たれ老化が先送りされるとの結論が得られた。
また、米国立老化研究所(NIA)のマットソン博士の研究で、老化による退行性障害から脳を守る成分の50%近い増加が認められ、カロリー制限により老人性痴呆発症抑制の可能性が示唆される。言い換えれば、過剰なカロリーが老化のもとであるといえる。
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード