FC2ブログ

千島学説/理論が支持するガン断食療法

http://74.125.153.132/search?q=cache:fPp28Da2xHQJ:jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/1282/1169373864/l50+1975年1月4日付の読売新聞第1面に『ガン細胞が正常に戻った&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


ガンの予防・治療とその対策

 中世紀、外国では断食や減食によって腫瘍やその他の病気を治療する方法が行われていました。日本でも断食療法は古来より行われており、現在でも多くの断食道場が存在し慢性諸疾患の治療がなされていることはご承知のとおりです。
 食物の種類や量を一定に制限することは、ガンその他の慢性疾患の予防、治療に卓越した効果を示しでいることは否定できない事実になっています。しかし、現代医学は断食、あるいは減食といった東洋医学療法に全くといってよいほど関心を示していません。ことにガンその他の腫瘍は正常組織と比較すると断食や減食に対じて大変敏感な反応を示す事実は、腫瘍の物質代謝が非常に旺盛であることからも説明することができますし、千島学説の『第2原理・組織の可逆的分化説』によって、必然的にガンの発生とその消長が栄養状態と密接な関連にあることが証明されています。

33 :匿名希望さん:2009/01/24(土) 17:20:43
(2) 断食や減食がなぜガンの予防・治療に有効なのか

① 赤血球とガン細胞が可逆的関係にあること
 ガン細胞は赤血球(一部は白血球)から分化したものであることは前述したとおりです。また一方、千島は岐阜大学・農学部教授時代、生物学教室の人たち(松井、村田、酒井、万部、鵜飼、岡部の6氏)と共にカエル、ニワトリ、ウサギ、ラットなどを使い、飢餓による組織の変化について1953年以降研究をしました。
 この研究の結果、飢餓動物は脂肪、筋肉を始め各種臓器や組織の細胞が赤血球に逆分化する事実を見出しました。これを研究グループは『血球と固定組織細胞との栄養の変化による可逆的分化関係』と呼ぶことにしました。
 第2原理『血球と組織の可逆的分化説』の根拠となった研究です。この原理について、千島はガン患者に直接実験したことはありませんが、私が、自分の右肩にある脂肪腫への断食効果を見るため、自宅において30日間の本断食(減食10日、断食10日、復食10日)を行ったことがあります。その結果、体重は6.7Kg減少し、肩の脂肪腫(長さ4センチ、幅2.5センチ)が減食7日目あたりから縮小に気づき、復食3日目には完全に消滅していました。約2週間でかなりの大きさがあった脂肪腫が断食で消滅したのです。
 これが体内のガン腫だったとしても、同様の経過が見られたものと確信します。断食によるガン治療への特効は、奈良・信責山断食道場、別府市・健康クラブ、大阪・甲田医院、また加藤清氏によるミルク断食療法などで証明されています。
 種々の慢性疾患のなかで、断食による効果がもっとも早く境れるのが、ガンである…! これは現代医学界では無視していますが、医師の多くの人たちが、断食道場で自分のガン治療を受けている事実からも、断食の効果を知ることができます。
② ガンや白血病は消化器障害と密接に関連する
 千島及び松井、中閑の両氏は白血病になったニワトリの腸粘膜を観察した結果、著しく粘膜が破壊されていて、消化・吸収が非常に困難な状態になっていることを確認しました。ガン、また血液ガンとされる白血病、その他の結核、感冒、肝疾患、等の大多数の病気は消化器と密接な関連をもっています。
 断食や減食がこれらの病気に著効を示すのは、消化器を休養させ、胃腸内の腐敗を抑制し、消化管内巻浄化するために毒素の発生が防止されるからです。
 そして、最も大きな効果は断食による組織浄化のためです。抑留毒物は排除され、ガン腫、炎症部の細胞、蓄積脂肪等が不足血液補充のため、新鮮な赤血球へ逆戻りさせることにあることを挙げねばなりません。
 断食は体内にあるガン腫や脂肪等の余剰組織を最優先として赤血球に逆戻りさせるのです。この指令は体の自動制御センターである間脳が司どっています。
③ 血液組成を正常化する
 血液組成の病的変化はガンを始めとするすべての病気と相関関係にあります。これは食物の質や量と病気が深い関係にあり、運動不足や精神の不安定などからくる血液循環の阻害、また病巣や消化管で生じた細菌毒素による影響も血液組成に病的な変化を与える要因になります。
 断食や減食はこのような要因を体の内部から除外するために、全身の大掃除と血液の浄化に役立つ方策です。断食中、あるいは断食後の人において血色が良くなり、肌もツヤツヤとしてくるのは、血液組成の改善、細胞の若返りがあった証拠ということができます。
④ 消化器の負担を軽くじ睡眠不足を防ぐ
 睡眠不足という状態が、体のすべての生理的活動を大きく阻害することは、よく知られている事実です。大食、過食、精神的苦痛などはどれも睡眠を妨げる大きな要因ですが、断食や減食はその害を軽減させます。
 現在の医療はガン患者の衰弱防止のために、つとめて高カロリーの食品を与えるようにしています。患者は食欲もないのに医師たちに云われるまま、無理に食事をロにしようとしています。食欲がないことは、消化器を休ませて…という体の無言の要求です。それを無視して無理に食事をすることは自然の法則に反することです。それに気づかず、無理に食べることは、いっそう消化器系を傷めることになり、ガン腫をさらに大きくするという逆効果になることはいうまでもありません。
 食事を減ずることは、如何なるものより大切な病気治療法なのです。
スポンサーサイト



豚インフルエンザは、怖くない。ワクチンは怖い。

http://tanakanews.com/090729flu.htm

今年4月から5月にかけて、世界的な大騒動となった「豚インフルエンザ」(H1N1)は、結局のところ、世界でも日本でも大した被害をもたらさなかった。専門家たちは、今回のウイルスが人体にもたらす症状は大したものではなく、毎年冬に発生する平均的な季節的インフルエンザよりも、さらに弱いものだと考えている。今回の豚インフルエンザの発生源とされたメキシコの養豚所の豚は、一頭も感染していなかった。各国政府やマスコミが空騒ぎしただけで、話は終わったかに見える。 (Scientists see this swine flu strain as relatively mild) (Swine flu ground zero yields no clues)

 ところが、欧米での最近の動きを見ると、話は全く終わっていないどころか、むしろ騒ぎがひどくなっている。「秋から冬にかけて、再び豚インフルエンザが世界的に猛威を振るう」という予測が、大した理由もなしに、米英政府や国連の保健機関WHOによって確実な話として発表されている。欧米政府は、製薬会社に大急ぎでインフルエンザ・ワクチンを開発させ、英国主導の欧州では臨床実験も満足に行わないまま、予防接種が開始されようとしている。英国では、全国民への強制的な予防接種が検討されている。 (Swine flu vaccine to be given to entire population)

▼勧められる世界的なワクチン接種

 4月にメキシコから始まった豚インフルエンザの感染騒ぎは、5月には、感染してもほとんどの人には大した症状が出ない穏健なウイルスである可能性が高まった。だが、その後6月11日に、国連のWHO(世界保健機関)が、豚インフルエンザの発生状態の評価を、国際伝染病(pandemic)に関する6段階の警告表示の中の「5」から最高位の「6」に引き上げた。 (WHO declares first 21st century Swine flu pandemic !!)

 インフルエンザに関するWHOの6段階評価は、ウイルスが人体にどれだけひどい症状を生じるかではなく、どれだけの地域に感染が広がったかを示している。今回の豚インフルエンザは、大した症状を発生させていないものの、感染者がいる地域はメキシコ、米国、チリなど南北米州、日本や東南アジアなどアジア地域、欧州など、複数の大陸に拡大しており、地域的に見た場合の世界的感染を示す「6」(2つ以上の地域の国々で大規模な感染)がふさわしい状態となった。 (2009 swine flu pandemic From Wikipedia)

 豚インフルエンザは、メッカ巡礼者などを通じて中東イスラム諸国に拡大するなど、感染地域を広げている。だが、全世界で確認されている死者は500人程度、感染者は9万人程度で、毎年やってくる季節性の一般的なインフルエンザによる死者が50万人、感染者が数百万人であることと比べると、その重篤さは大したものではない。 (What is phase 6? What about severity?)

 しかし、欧米などのマスコミでは、WHOが「6」に引き上げたことをもって「今世紀初の世界的伝染病が発生した」と大々的に報じている。欧米の専門家の間では「豚インフルエンザは明らかに騒がれすぎている」と批判する声が強い。 (Swine flu pandemic? It feels like a phoney war)

 WHOは7月7日、専門家による諮問会議(Strategic Advisory Group of Experts)を開き、豚インフルエンザに対して世界的なワクチン接種が必要かどうかについて検討した。会議には、バクスター、ノバルティスといった欧米の大手製薬会社の幹部が出席した。WHOは、世界の194カ国の加盟国に対し、国民へのワクチン接種を義務づけることができる。製薬会社の代表たちは、世界的なワクチン接種を義務づけるべきだと主張したと推測されるが、WHOは会議の議事録の公開を拒否しており、何が話されたかはわからない。 (WHO moves forward in secrecy to accomplish forced vaccination and population agenda)

 WHOは7月13日に発表した警告書(Global Alert and Response)の中で、この専門家会議の開催について触れているが、この警告書は、世界的なワクチン接種を勧める内容となっている。 (WHO recommendations on pandemic (H1N1) 2009 vaccines) (Mandatory Swine Flu Vaccination Alert)

▼飛ばされる臨床試験

 今回の豚インフルエンザ問題では、ワクチンを製造する欧米系大手製薬会社の影が、あちこちでちらついている。たとえば、英国政府に対して豚インフルエンザ問題に関する政策立案についてアドバイスを行う立場にある顧問委員会(Scientific Advisory Group for Emergencies)の委員には、ワクチンを作っている英国の大手製薬会社であるグラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)の非常勤取締役、ロイ・アンダーソン卿(Sir Roy Anderson)が含まれている。アンダーソン卿は、豚インフルエンザのような世界的な伝染病が起きると英国で最初に「警告」を発した人であり、英国のマスコミに頻繁に登場し、抗ウイルス剤などの有効性について説いて回っている。 (Government Swine Flu Advisor On Vaccine Maker Payroll)

 英国は今夏、欧州内で最初に豚インフルエンザのワクチン接種が開始されることになっている。英政府はすでに9千万本のワクチンを製薬会社に発注しており、8月から接種が開始される予定だ。ワクチンの総量は英国の人口の1・5倍であり、国民全員にワクチンを接種することを英政府が考えていることがうかがえる。 (Swine flu vaccine to be given to entire population)

 ワクチンの開発は通常、数百人から数千人に対する臨床試験を行い、問題のウイルスに対する効果があるかどうか、副作用がないかどうかを確認した上で、大量生産に入る必要がある。しかし、今回の豚インフルエンザ・ワクチンについては「今秋には、再びインフルエンザの猛威が世界を襲う」との予測に基づき、できるだけ早くワクチンを開発せねばならないという話になっており、EUでは英国が主導して、臨床試験をおこなわずにワクチンの大量生産に入ることが決定している。臨床試験を飛ばしてしまうという、EUの医薬当局(European Medicines Agency)による前代未聞の決定により、ワクチン接種の開始は2カ月早まった。 ('Dangers' of the fast-track swine flu vaccine)

 EU当局は「豚インフルエンザのワクチンは、すでに開発されている鳥インフルエンザのワクチンを応用して作られるものなので、改めて臨床試験をしなくても大丈夫だ」と言っているが、WHOは「それは危険すぎる」と反対している。 (Fast-tracked swine flu vaccine will be safe, officials insist)

 近いうちにワクチンを強制的に接種される英国民にとって不運なことに、このワクチンはすでに副作用が懸念されている。このワクチンには、効力を増すための補剤(adjuvant)として「スクアレン油」(squalene oil)が使われている。スクアレンは栄養補給財として市販され、それ自体は人体に良いものとされているが、これをワクチンの補剤として使うと、1991年の湾岸戦争に従軍した米軍兵士が罹患した「湾岸戦争症候群」と同様の副作用が出る可能性があると指摘されている。関節炎、線維筋痛、リンパ節症、発疹、慢性疲労、脱毛、皮膚病、めまい、発熱、記憶障害など、20近い症状が併発しうる。 (Readying Americans for Dangerous, Mandatory Vaccinations) (Swine Flu Vaccination Poses Serious Threat to Your Health)

 米国では、1976年に豚インフルエンザが発生した時、製薬会社などの圧力を受け、米政府が米国民4000万人にワクチンを接種したが、このワクチンはギラン・バレー症候群という末梢神経障害の副作用を起こし、全米で約50万人がこの副作用に苦しみ、数十人が死亡する結果となった。その一方で、実際のインフルエンザは今回と同様、大した症状を出さなかった。今回の豚インフルエンザでは、欧州で1億3000万本のワクチン製造が予定されている。臨床試験なしで接種が行われると、欧州の無数の市民が副作用に苦しむ結果になりかねない。 (豚インフルエンザの戦時体制)

▼現状は把握困難なのに未来の猛威は確定的

 WHOは、今回の豚インフルエンザは、今は大した症状を人体に与えないが、今後近いうちに突然変異して猛威を振るい、世界の20億人が感染し、死者が無数に出る可能性があるとしており、そのことが、臨床試験を飛ばしてまで急いでワクチンを開発せねばならない理由とされている。米国では、政府の疾病対策予防センター(CDC)が「効果のあるワクチンが人々に接種されない限り、今後の2年間で数十万人の米国民がインフルエンザで死ぬだろう。米国の勤労者の4割が感染するか、家族の看病に追われ、仕事ができなくなる」と予測している。 (WHO: Swine flu virus may face deadly mutation) (Swine flu could kill hundreds of thousands in U.S. if vaccine fails, CDC says)

 これらの予測が確度の高いものであるなら、副作用の可能性を無視して臨床試験を飛ばすというEUの決定が、少しは意味のある政策と考えられないこともない。しかし実際には、これらの予測の確度は低い。インフルエンザに関しては、毎年発生する季節性のものでも予測が難しい。突然変異して猛威を振るったとしても、そのウイルスが、今製薬会社が大量生産しているワクチンで効果があるかどうかもわからない。

 未来に向かっては「20億人が感染する」と確定的な数字を言うWHOだが、現実の話では、現在の感染者数すら把握できていない。WHOは7月16日、それまで毎週発表していた世界の豚インフルエンザの感染者数と死者数について、発表を停止してしまった。その理由は、インフルエンザで死んだ人でも死亡診断書に「インフルエンザ」と書かれることは少ないし、感染者数についても病院で検査をしてもらわないまま直ってしまった感染者が圧倒的に多いと推測されるため、統計が実数を大幅に下回っていると考えられるからだという。WHOが最後に発表した7月6日時点の感染者数は世界で9万4千人だが、WHOは「実数は数百万人だろう」と言っている。しかし、これは確たる数字ではない。 (W.H.O. Says It Plans to Stop Tracking Swine Flu Cases)

(現在の状況も把握しきれない性質のものなのに、未来の悲惨な状況だけは「確定的」であると政府やマスコミが世界の人々を脅すパターンは、地球温暖化問題と同じである)

 今年の秋から冬にかけて、米国民の12-24%がインフルエンザに感染すると米政府は予測しているが、毎年、季節性のインフルエンザに米国民の5-15%が感染しており、今年の数字はそれよりやや多めというだけだ。

▼オバマ政権の製薬業界との癒着感

 米国では、担当部局であるCDCが、欧州のような臨床試験を飛ばすやり方に反対している。そのため米国では、まず8月10日から全米の8つの大学の病院で、合計12000人の希望者に対して臨床試験となるワクチン接種を行い、その結果を見た上で、10月から全米で大々的なワクチン接種を開始する予定になっている。 (US schedules trials of new swine flu vaccine) (12,000 U.S. Children To Be Swine Flu Vaccine Guinea Pigs)

 米国では、担当部局のCDCは1976年の副作用の先例があるので慎重になっているが、オバマ大統領のホワイトハウスは、英国と同様に、製薬業界との癒着感に満ちたイケイケドンドンで、今秋インフルエンザが猛威を振るうことはほぼ確実だという予測を表明している。 (Obama Warns of Return of Swine Flu in the Fall)

 7月22日には、ホワイトハウス(大統領府)に18人の製薬会社、健康保険会社、病院業界などの代表が招かれ、大統領側近と、今後のワクチンの大規模接種について話し合った。政権と製薬会社、病院業界との癒着を疑う市民団体が、この会合について出席者名などの公開を求めたが、拒否されている。 (White House declines to disclose visits by health industry executives)

 製薬業界にとって至れり尽くせりなことに、米政府は最近、インフルエンザのワクチンを製造する製薬会社に対し、もしワクチンの副作用が出て多くの米国民が苦しみ、国民が製薬会社を提訴しても、製薬会社が有罪になることはないという免責の決定を行った。1976年のワクチン接種時の副作用問題で多数の裁判を起こされたので、製薬会社は今回、米政府がお願いしてもワクチンを作りたがらず、仕方がないので政府は免責条項を設けざるを得なかった、これは癒着などではない、という建前になっている。 (Legal immunity set for swine flu vaccine makers)

 また別の建前として、製薬会社は「インフルエンザのワクチンは儲からないので作りたくない」ということも言っている。しかし実際には、いくつかの製薬会社は大儲けが予測されており、金融機関の営業マンは、製薬会社の株が「買い」だと投資家に勧めている。 (Drug companies to reap swine flu billions)

 結局のところ、米国では今秋、6-18歳の全国民に対し、インフルエンザの予防接種が義務づけられることになりそうだとCDCが発表している。 (All U.S. children should get seasonal flu shot: CDC)

 欧米でインフルエンザの予防接種が強制的に、全国民またはある年齢層の国民全員に義務づけられることになると、日本でも似たような強制・半強制の政策が採られる可能性がある。欧米と同じワクチンが使われるのだろうから、最悪の場合、副作用が日本でも発生しうる。

 米英などの政府が製薬会社の言いなりで、副作用が懸念されるワクチンが臨床試験もなしに英国の全国民に強制接種されたり、副作用が出ても製薬会社が免責されるので無責任なワクチン製造がまかり通る事態が米国で出現したりしている。欧米マスコミはこの件について大して報じず、市民の反対運動もあまり起きていない。むしろ、マスコミは豚インフルエンザの脅威について書き立て、米国8大学での臨床試験としてのワクチン接種には希望者が殺到しているという。

 そもそも前回の記事に書いたように、米国の製薬会社は今年初め、ワクチン製造用に使うはずの猛毒の生のウイルスに、間違ったラベルをつけて欧州など各国の研究所に送りつけ、あやうくそこからウイルスが社会に広がって感染が起きかねない事態を引き起こしている。分析者の中には、製薬会社がウイルスをばらまいてインフルエンザを流行らせ、ワクチン需要を作り出そうとしたと疑っている人もいる。 (豚インフルエンザの戦時体制)

 オーストラリアでは、専門家が「豚インフルエンザは実験室で作られた可能性がある」と言っている。今回のウイルスは、北米とアジアで流行った2種類の豚インフルエンザ、北米で流行った鳥インフルエンザ、それから人に流行するインフルエンザという4種類・3大陸のインフルエンザ・ウイルスが混じってできたものとされているが、こんな地域的に離れた場所に存在するいくつものウイルスが自然界で混合する可能性は非常に低く、人間が実験室で混ぜてばらまいたとしか思えないという分析だ。 (Australian researcher: Swine flu created in lab)

 このような状況を知って「インフルエンザの予防接種は危険だから受けない方が良い」と叫んだところで、多くの人は何も報じないマスコミしか見ていないので「何言ってんだこいつ」と変人扱いされて無視されるか、下手をすると製薬会社から損害賠償請求されたり、もっとひどくなると当局から監視・取り締まり対象にされる。予防接種が義務づけられたら、副作用が心配でも、接種を受けねばならない。受けない者は犯罪者である。副作用におびえていやいや接種を受けたり、接種を拒否して犯罪者にされて生活を破壊されたりするより、何も知らずに接種を受けた方が幸せともいえる。知るも地獄、知らぬも地獄。大変な世の中になってきた。

石油、原子力に代わるエネルギー/常温核融合

世界が最も必要としている技術は、石油メジャーにとっては最も」登場して欲しくない技術!
石油に代わるエネルギーができることは石油メジャーにとっては許されないこと。
この常温核融合が可能なら石油メジャーが石油で得る巨額な利益が吹っ飛んでしまう!
だから常温核融合の開発にはアメリカでは圧力がかかり、ほとんど進んでいなかった。
ただ最近は変わりつあるようです。

そして日本でも大阪大学の荒田名誉教授、また北海道大学大学院工学研究科の水野忠彦助教が実験に成功した様子です。


ついに常温核融合を成功させた科学者は日本人
http://www.gizmodo.jp/2008/06/post_3741.html

そんなバカな! 日本で常温核融合に成功?
http://ascii.jp/elem/000/000/146/146085/



20090702にTBSにて流された世界の常温核融合の現状。

http://www.dailymotion.com/MixedVitamin/video/16388180



大阪大学の荒田名誉教授





常温核融合の仕組みを動画で
http://video.google.com/videoplay?docid=1879209503377917403

阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう! 
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/aratasensei.htm

プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード