スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のフォトンベルトは13000年前から約1万1000年前まで

ムーやアトランティス大陸が姿を消したしtらしいけれどそれがフォトンベルトが関係しているかどうかはわからない。
また13000年前といっても時期が特定できないから、我々が生きているうちにそんな大きな天変地異が起こる確率は少ないように思う。



http://74.125.153.132/search?q=cache:XMZkVXGRL6QJ:www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp%3Fdno%3D200601003+前回のフォトンベルト&cd=20&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
前回は約1万3000年前から約1万1000年前まで、地球はこのベルトの中に入っていたようだ・・・といわれています。



http://74.125.153.132/search?q=cache:3bDxTtMVNjEJ:www.otctax.com/tuusin_info/2004_08.html+フォトンベルト 13000年前&cd=21&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


太陽系がフォトンベルトを2000年かけて通過するといわれ1万1000年周期で入るといわれている。前回の通過した13000年前にはムーやアトランティス大陸が姿を消したと伝えられています。


http://74.125.153.132/search?q=cache:dzYra3VO7t8J:crds.jst.go.jp/watcher/data/249-002.html+1万3000年前から&cd=18&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

12,900年前に大型彗星が北米大陸に激突し、気温の激減やマンモス消滅などを引き起こした可能性があることが判明した。海洋沈殿物や氷核などから分析して気温の激減は間氷期の始めに起こり約1000年続いた。激突前の彗星はおよそ4キロの幅があったと推定され空中で爆発したか、アメリカ大陸北東部のローレンタイド氷床にぶつかってちりぢりになったと見られる。研究チームは、北米の古代地層から爆発彗星残物から地球ではまれで宇宙浮遊物に多く見られるイリジウムやナノダイヤモンドを含む金属性分子小球体などを収集した


http://74.125.153.132/search?q=cache:5FrUvmtFW5QJ:astore.amazon.co.jp/jaredo-daiamondo-22/detail/479421006X+1万3000年前から&cd=20&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
最後の氷河期が終わった1万3000年前


http://74.125.153.132/search?q=cache:UOXahwBXaOoJ:trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080122/1006302/+前回のフォトンベルト&cd=9&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

超高度な文明を持つと言われているアトランティス文明は、前回のフォトンベルト突入により、滅亡したと言います。
これらの説には、当然否定派も存在します。
スポンサーサイト

フォトンベルト/ 2012年12月23日に何が起こるのか

地球が次にフォトンベルトに完全突入するのは2012年12月23日


動画
http://www.youtube.com/watch?v=efAMtBhK1co&hl=ja#t=7m13s


07192.jpg


http://www.zen-healing.com/kokoro/photonbelt/
宇宙にはかなり大量のフォトンが充満している空間が存在しているらしいのです。その光子の塊の帯が「フォトン・ベルト」と呼ばれています。「フォトン・ベルト」は銀河系の中でドーナツ状に存在しているそうです。
2万6000年の周期で銀河を一周する太陽系が、1万1000年ごとにフォトンの充満したベルトの中に入り、2000年間かけて通過することになるそうです。
この「フォトンベルト」は一般的な光とは違って高次元の振動数を持つ電磁波エネルギーで少なからず(いや、必ず)この地球にもなんらかの影響があると言われています。
地球温暖化などもそのひとつと言われているのです。一度フォトンベルトの中へ入ると2000年は抜けられないそうです。
『コア』という映画があるのですが、それはまさしく「フォトンベルト」を題材にしたものであり、決して映画の中だけの世界ではなく、私たちの身の回りの現実としてさまざまな地球環境の変化が表れるようになってもおかしくないらしいのです。



フォトン・ベルトの謎
http://www.y-asakawa.com/message/foton-beruto1.htm
これから述べる「フォトン・ベルト」に関する情報には、人類が近未来に遭遇することになる衝撃的な内容が含まれている。しかし、米国をはじめどこの国でも、政府やマスメディアでは未だ公式に取り上げていないため、その情報は限定的で、確かなことを確認することが出来ない状況にある。

しかし、高次元波動の世界に興味を持つ人々の間では、既に多くの情報が飛び交い、極めて近い将来に遭遇する危機的状況を想定し、様々な思いで対応を考えているようだ。


フォトンベルトって何?
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/3697/fotonn.htm


フォトン・ベルトのご説明
http://miihyann.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-636a.html


フォトン・ベルトは存在しない
http://www.kotono8.com/2004/09/24photon-belt.html


フォトン・ベルトは天文学的にありえない
http://www.kotono8.com/2004/09/24infamous-photon-belt.html
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。