FC2ブログ

イスラエルの失われた10部族とは?

http://74.125.153.132/search?q=cache:z5KIxyMMp-4J:blogs.yahoo.co.jp/manase8775/folder/920585.html+ユダヤ人、弓月国+遺伝子検査&cd=14&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

今から二千七百年前、彼らイスラエルは隣国の残虐なアッシリア帝国に滅ぼされ、支配階級の数万人が捕囚(ほしゅう)としてユウフラテス川の彼方に連れ去られた。紀元前721年のことだった。


「アッシリアの王シャルマネセルが攻め上って国中を侵し、サマリヤを三年の間取り囲んだ、…中略…、ついにサマリヤを取り、イスラエルの人々をアッシリアに捕らえていって、*ハラとゴザンの川ハボルのほとりと、メディアの町々に置いた。」

*ハラハ カイバーのことか?すると当時の〈アフガニスタン)のあたりだ。

農民は残され、その地に残るものもいたが、ユダ王国に逃れたものもいた。
アッシリア帝国は連れ去られたエリート階級の代わりに違う民族をイスラエルに移住させた。

十部族は捕囚された地で、まとまった集団として民族性を維持して暮らすことになった。(列王記)
一世紀あまりの後にも起きたユダ王国への二回のバビロンへの捕囚の記録を読むと、捕囚されても民が悲惨な目にあったわけではないようだ。

「アッシリアにとらえられた他民族に許されなかったこと…自民族の風習と伝承を守り、さらに独自の宗教活動を行うことがバビロンにいるイスラエルの子らには非常に寛大に認められていた」 のだ。
半自由民や商売人としても活躍できていた。なかには有力な企業化になる人々も多かった。
彼らはもともと優秀な階級に属する人々で、勤勉にはたらいて活躍した。

しかし数世紀の後、アッシリアが、後のユダ王国との戦争で大量の戦死者をだしたとき、過酷な迫害を受けた彼らは、まだ誰も言ったことのない東の地に集団で逃れることを決心し、霧の彼方に消えたということだ。その後の記録は残っていない。

しかし、今世紀になって失われた十部族のその痕跡は世界中で報告されている。ミャンマーの人々の例にあるように自ら名乗り出てくる集団もある。しかし、この時期に集中しているのは何か深い意味がありそう。イスラエルという国がユダヤ人によって再建されるとき、十部族も発見されるのだそうだ。

現在、アフガニスタン、パキスタンのカシミール、中国、ミャンマー、インドなどにその子孫が住んでいるのがわかっている。1975年、イスラエルに設立された機関アミシャーブがそれを支援している。

アミシャーブによれば、日本についてこう述べている。
日本にも多くのユダヤ人がいるだろう。彼らは十支族の末裔で…中略…いずれイスラエルの地に帰還することだろう。」ただし、日本列島から行くのではないらしい。つまり世界に活躍している人たちの中からイスラエルに帰化するのか???
とうとう
2008年の2月から日本での人や歴史の調査が行われるようだ。

イスラエルの大学の日本語学科は、一番人気

http://74.125.153.132/search?q=cache:Itk-yXqvUw4J:aresoku.blog42.fc2.com/blog-entry-690.html+ユダヤ人、弓月国+太秦+DNA&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

消えた10支族の行方探しは
ユダヤ人にとって、イスラエル建国と並ぶ重要な事業

だから、彼等は今も必死になって情報収集を行なっている。

でも、世界のユダヤ社会の指導的な立場の人たちのほとんどが
それは日本でほぼ間違いなく、日本以外はあり得ないと
結論を出している為
事実上の確定事実に近くなっている。

この結果、イスラエルの大学の日本語学科は、現在、一番人気であり
行きたい外国の調査でも日本の人気が飛びぬけて高くなっている。
日本人が一笑に付している、日本人=消えた10支族の話を
世界中のユダヤ人が大マジメで議論し、裏づけ調査の活動に駆け回っている。

(実際、現駐日イスラエル大使が講演で大真面目にこの話を断定的に話した
為、聞いていた日本人がビックリしたという逸話も生じている)
だから、この話は日本人が考えているような与太話では決してないし
外国では、意外なほど、メジャーな話題だったりする。
また、海外の著名人で日本をベタ誉めにしている人のほとんどが
ユダヤ人であることも、日本ではほとんど知られていない。
ただ、これを、ユダヤ人が日本人を褒め称えていると捉えるのは正確ではない。
正確に言えば、日本人を同民族と考え、ユダヤ人としての日本を褒め称えている
というのが正しい。これくらいだから、ユダヤ人は日本人と中国・朝鮮人の違いについても
意外なほどよく知っている。
尚、ユダヤ=朝鮮同祖論を言ったユダヤ人の話が、誤まって伝わっているが
実は、くだんのユダヤ人が言ったのは、消えた10支族は日本人であり
日本に行く過程で、朝鮮も通過しただろうから、朝鮮人の一部にも消えた10支族
の末裔が紛れている可能性がある
と主張したに過ぎず、決して、ユダヤ=朝鮮同祖論を主張していたわけではない。
しかし、当の朝鮮人自身がユダヤ=朝鮮同祖論を誇りに思い歓迎した為
間違った情報として流布してしまった。というのが真相である。

源頼朝、毛利 島津、長宗我部はユダヤ人 そしてさらに

わたしには一切真実は分かりません。
ただこの情報をネットで調べることぐらいしか。

でも衝撃的なことを言っています。
情報の根拠はどこにあるのか?


宇野正美氏講演
http://zoome.jp/jmmanuel/diary/25

前半はなんのことかわかりにくい、7分50秒ぐらいから核心に入っています。
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード