FC2ブログ

なぜ内閣総理大臣は、TPP=「平成の売国」を推進するのか?

TPPは武器を使わない植民地化方法。

植民地化に加担する権力者、企業家。

百年前も同じだった。

百年前から、ロスチャイルドに屈していた日本の指導者達。

ロスチャイルドは、被差別民=長州藩スパイ組織を日本の最高位につけることを命じる。

百年前、英国外交官兼通訳士アーネスト・サトウから日本に被差別民が存在することを聞いたロスチャイルドは、被差別民を日本の最高位につけることを命じる。

熊毛郡田布施町はいわゆる「被差別部落」。

棚からぼた餅式に、最下位の身分から最高位の身分に駆け上がった成り上がり者は、常人よりも権力に執着するであろうし、そのスキャンダルを脅迫のネタに使えると考えたのだ。


http://8509.teacup.com/kojima/bbs/323
元内閣総理大臣、故橋本龍太郎は祖母が田布施町出身で大室家の出。

同じく元内閣総理大臣安倍晋三も、元は田布施町の出身で大室家とはご近所である。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/65858571.html
日本の戦国時代、最も「忍の者」=諜報(スパイ)組織を発達させたのが毛利一族であり、長州藩はそのスパイ組織を引き継ぎ生かし、江戸幕府を打倒する。

 明治天皇は、当初、日本が英国ロスチャイルドと組み、後に満州事変に発展する中国・アジアへの侵略政策を採用する事に強く反対したため、長州藩勢力により殺害され、長州の諜報組織のメンバーが明治天皇に「入れ替わる」。

 大正、昭和の天皇、現在の天皇は、この長州藩の諜報組織のメンバーの末裔であり、明治天皇の子孫では全く無い。

 以後「ニセ」の天皇の周辺を長州勢力の諜報組織のメンバーが固め、日本の政治は動かされて行く。



 長州藩の田布施一味とは、山口県熊毛郡出身の政治家らのことである。
熊毛郡の田布施町を中心にしている。
ここは光市と柳井市に挟まれた寒村だった。

大室寅之祐=明治天皇、伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣などである。
むろん、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔
である。


 小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施(現在は加世田市金峰町)出身の朝鮮人である。
鹿児島の田布施も山口県の田布施と同じ、朝鮮人部落である。

小泉純也は上京して小泉又次郎というヤクザ(刺青大臣と言われた)の婿養子となって「小泉姓」を名乗り、日本国籍を取得したのだ。
小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身であることが偶然であるわけがない。

 ユダヤ国際金融権力は、こういう人間を使って、日本乗っ取りを支援しながら、連中の弱みを握って、思い通りに支配してきたのだ。

ユダヤは徹底的に日本の事情=弱点を探って研究しつくしている。


例えばとして、鬼塚氏は幕末に英国公使パークスは、外交官アーネスト・サトウを使って日本の被差別部落を調査させている。





http://blog.livedoor.jp/ijn9266/archives/3475251.html
日本征服計画② 尊皇攘夷の象徴孝明天皇暗殺 

日本の幕末から明治にかけての時代も、今と同様、日本人はルシフェリアン、闇の世界権力者ロスチャイルド財閥について余りにも無知であった。かつては尊王攘夷派であった伊藤博文も、赤子の手をひねるようにロンドン留学中完全に洗脳され、ロスチャイルドの手先に堕した。日本人の魂を抜かれた博文は岩倉具視と共謀して、尊皇攘夷の象徴孝明天皇と息子の睦仁親王を相次いで暗殺する。坂本龍馬など異常なほど若い志士たちが活躍する幕末から明治の激動期。しかし彼等若き志士達を陰で操ったのは、英国フリーメーソンのジャーディ・マセソン商会の長崎駐在員グラバー(写真下、来日当時若干21才)であり、彼に日本征服の密命を下したのはロスチャイルド財閥だった。


慶応2年(1866)12月某日夜半過ぎ、孝明天皇(写真下)はずっと病んでいた天然痘が快方に向かったため、愛妾だった岩倉具視妹の堀川紀子邸(下京区岩滝町)に夜這いに行く。天皇が用をたそうと厠に入った際、厠の下に隠れていた何者かが彼を槍で刺し殺す。実行犯は伊藤博文である。



彼を刺客として送ったのはグラバー。彼は薩長勢力に軍艦・最新式武器スペンサー銃やゲベール銃を供給させて倒幕勢力を育てる一方、慶応2年12月25日、攘夷佐幕で凝り固まって手を焼いていた孝明天皇を暗殺する為、大阪湾停泊の英国駆逐艦から、若き伊藤博文(写真は若き日の伊藤)を放った。



著名な歴史作家の南原幹雄の曽祖父は御殿医だったが、当日深夜突然呼び出され、致命傷を負って息絶え絶えの孝明天皇を診察。その事実を詳細に記録した日記が残されている。孝明天皇の息子の睦仁親王も翌年1月の天皇即位から半年後に暗殺される。遺体は布でぐるぐる巻きに巻かれ、実家の中山家に送り返された。その後数か月間天皇位は空位が続いたが、鳥羽伏見の戦いで官軍が勝利した直後、奇兵隊隊士(第2奇兵隊と呼ばれた伊藤博文隊長の力士隊隊士)当時16歳の大室寅之祐が睦仁天皇に成り代わり、密かに明治天皇となった。これが偽らざる真実の明治維新史である。ちなみに、大室寅之祐の出身地、山口県熊毛郡田布施町の古老達は、今でも明治天皇のことを「奇兵隊天皇」と呼ぶ。



http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/536.html

鬼塚英昭氏の新著『日本のいちばん醜い日』(成甲書房)を読むと、日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られたということであることが解る。
 長州藩の田布施一味とは、山口県熊毛郡出身の政治家らのことである。熊毛郡の田布施町を中心にしている。ここは光市と柳井市に挟まれた寒村だった。大室寅之祐=明治天皇、伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣などである。むろん、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔である。
 小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施(現在は加世田市金峰町)出身の朝鮮人である。鹿児島の田布施も山口県の田布施と同じ、朝鮮人部落である。小泉純也は上京して小泉又次郎というヤクザ(刺青大臣と言われた)の婿養子となって「小泉姓」を名乗り、日本国籍を取得したのだ。小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身であることが偶然であるわけがない。
 ユダヤ国際金融権力は、こういう人間を使って、日本乗っ取りを支援しながら、連中の弱みを握って、思い通りに支配してきたのだ。ユダヤは徹底的に日本の事情=弱点を探って研究しつくしている。例えばとして、鬼塚氏は幕末に英国公使パークスは、外交官アーネスト・サトウを使って日本の被差別部落を調査させている。

『日本のいちばん醜い日』では、「大室寅之助は田布施の生まれ、……伊藤博文(林家が伊藤家の本家)と「虎ノ門事件」を起こした難波八助は一族である。また宮本顕治(日本共産党)も一族。そして、木戸幸一も系図に入ってくる。京都大学教授でマルクス主義を木戸幸一、近衛文麿に教えた河上肇も一族である。そして、大室寅之助の生家の近くに岸信介一族の生家もある。この地から代議士の国光五郎、難波作之助が出ている。また、元外相松岡洋右も岸信介の一族である。あの終戦内閣の最後内務大臣安倍源基も大室寅之助の生家の近くである。

自民党が過半数を制すれば、やがてTPPは締結される

安倍内閣の決断で、TPP条約の締結ができる。
 (日本国憲法第73条 内閣が条約締結の事務を行うこと。)

自民党が過半数を制する衆議院だけの議決=過半数の賛成でTPP締結が承認される。

「聖域なき関税撤廃」を突破できるのならTPP交渉に参加していく。




次期首相が確実である安倍晋三総裁は「例外なき聖域なき関税撤廃」、これを交渉の条件とする限り、交渉参加には私たちは反対する。

そして

TPP参加国が「関税撤廃で例外」を認めれば、自民党はTPPに参加すると宣言している。


現在、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の第15回拡大交渉会合が12月12日まで、ニュージーランド北部のオークランドで行われている。

しかし 難航している。


思惑の違う11カ国が一つにまとまることは不可能。
TPPは12年中の妥結を目指していたが、調整が難航して先送りされた。
関税撤廃の例外を認めるかや、
知的財産権をどこまで保護するか、
輸入急増時の緊急輸入制限(セーフガード)の発動要件
などで利害が対立している。

主導国であるアメリカはTPPを成功させるためにも、

やがて、関税撤廃の例外を認めるようになる。

さらに
関税撤廃の例外を認めることはアメリカにとって最大の利益をもたらす。

それは日本のTPP交渉参加。
→安倍次期首相は「聖域なき関税撤廃」を突破できるのならTPP交渉に参加すると公言している。

もともとTPPの最大の狙いは日本の金融、郵便、保険だったから。
→関税問題は取るに足らない問題。

アメリカはTPPで、1500兆円にも及ぶ、念願の日本の金融資産、保険分野に食い込むことができる。




TPPの最大の本丸は日本人の金融資産1500兆円



TPP交渉の決断にも影響を与えるかもしれない「四人の神」
過去に、安倍晋三総裁の政治活動に影響を与えていた「四人の神」







自民党が単独過半数を制するとTPP締結は確実となる。
自民党が衆議院選挙で過半数を制した場合
TPP交渉で予想される展開


1 TPP参加国が「関税撤廃で例外、聖域」を認める。

2 安倍内閣がTPP交渉に参加する。

3 安倍内閣の決断で、TPP条約締結。
 (日本国憲法第73条 内閣が条約締結の事務を行うこと。)

4 事後に国会の承認を得る。
 (日本国憲法第73条、事前に、時宜によっては事後に、国会の承認を得ることを必要とする。)
 自民党が過半数を制する衆議院だけの議決=過半数の賛成でTPP締結が承認される。
(日本国憲法第60条 参議院で衆議院と異なった議決をし、両議院の協議会を開いても意見が一致しないときには、衆議院の議決を国会の議決とする。
日本国憲法第56条 出席議員の過半数で決する。)



http://dl.med.or.jp/dl-med/etc/kokumin/2012/tpp.pdf
120801.jpg

2006年01月31日
図解まとめ、慧光塾を接点としたライブドアとヒューザーを結ぶ線 【新じねん・日々雑感】

http://plaza.rakuten.co.jp/masiroku/diary/200601310000/
121110.jpg


http://mainichi.jp/select/news/20121209k0000e020106000c.html
TPP交渉:関税撤廃の例外巡り難航 農産物で隔たり
毎日新聞 2012年12月09日 09時45分(最終更新 12月09日 13時17分)

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の第15回拡大交渉会合が12日まで、ニュージーランド北部のオークランドで行われている。今回からメキシコとカナダが新たに加わり、11カ国が協議。会合では、来年10月までに基本合意し、来年末までに妥結するスケジュールを確認する見通しだが、関税撤廃の例外を認めるかどうかでは、各国の主張が依然として対立している。

 今回は、オバマ米大統領の再選後初めての会合。米国は交渉を加速させたいところだが、各国の利害調整に時間がかかる。例えばTPPは、全品目を関税撤廃の交渉の対象とするのが原則だが、米国はオーストラリアとの自由貿易協定(FTA)で乳製品や砂糖の関税を残したことを引き合いに、両品目を関税撤廃の例外扱いとするよう要求。これに対し、乳製品の輸出国ニュージーランドのキー首相は先月、「北米に輸出する農産物の関税が撤廃されない限り、TPPに署名しない」と反発するなど、さや当てを演じている。

 新たに交渉に加わったカナダも、高関税で国内農家を保護している乳製品や鶏肉を関税撤廃の例外とするよう主張。参加国が増え、交渉も複雑さを増した。

 TPPは12年中の妥結を目指していたが、調整が難航して先送りされた。通関手続きの簡素化など貿易のルール作りで一定の進展があった模様だが、関税撤廃の例外を認めるかや、知的財産権をどこまで保護するか、輸入急増時の緊急輸入制限(セーフガード)の発動要件などで利害が対立している。このため、今回の交渉では当面のスケジュールなどを確認するにとどめ、来年3月に予定する次回会合以降、個別の交渉分野で詰めの議論を進めると見られる。

 一方、日本は、参加に必要な米国の同意を得る交渉が停滞している。米政府は日本に対し、「自動車の税制や流通慣行が非関税障壁となり、輸入車が不利な扱いを受けている」などとして対応を要請。米政府が容認しても、最終的に米議会の同意を得るには3カ月程度かかるため、日本の交渉参加は早くても来年5〜6月の次々回会合となる。

 遅れて参加すれば、TPPのルールに日本の立場を反映できなくなる心配があるため、新政権は早期の決断を迫られる。参加する場合でも、当面はコメなど農産品の関税維持を求めると見られ、関税を巡る11カ国の交渉の行方を注視している。【丸山進】

TPP交渉に一旦参加したら抜けられない。→外務省に確認済み

次期首相確実な安倍自民党総裁はTPP交渉で条件が悪ければ抜ければいいという覚悟で、TPP交渉に参加するつもりである。

安倍総裁は、日本商工会議所の岡村会頭の会談で
「大切なことは、交渉の結果、国益を守れるかどうかだ。
自民党には、同盟の絆をしっかりと取り戻すなかで交渉を突破していく力がある」と述べ、自民党が政権を奪還してアメリカとの同盟関係を強固にすることで、日本の立場を有利に導くことができるという認識を示しました。

自民党なら、日本の立場を有利に導くことができる
→TPP交渉に参加する考えを遠回しに発言。


しかし

一旦TPP交渉に参加したら抜けることはできない。

TPP交渉参加から離脱できるというのは、安倍自民党総裁の甘い見通し。
安倍自民党総裁の甘い見通しから、結果的に、日本を守っている非関税障壁が外資によって取り除かれ、急激な衰退が始まる。

日本国家が多国籍企業の支配を受ける時代がやってくる。

私は、どこかの段階で政府がここは絶対に譲れない、この譲れないポイントを把握し、交渉参加したけれども,
締結はできないという腹をくくった上で、TPP交渉に参加するという道は、当然あると思います。



三宅雪子
TPPは交渉に参加したら抜けられないのは外務省に確認済み。


120701.jpg



〔TPP交渉、実際は離脱困難と官房長官〕読売新聞 10月24日(月)23時0分配信
 藤村官房長官は24日、首相官邸で、社民党の福島党首と会談し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加について、「一般論としては外交交渉だから離脱はできる」としながらも、
「日米関係は重要だ」と指摘し、実際は困難だとの認識を示した。

 福島氏が会談後、記者団に明らかにした



TPP交渉で途中から抜けることは不可能。
アメリカのTPP交渉のワイゼル主席交渉官は「TPP交渉に参加して途中から降りる可能性があるなら、初めから交渉に参加するな」と。



榊原英資氏
「自分でやったからわかる、日本の交渉能力は弱い。
弾は後ろからも飛んでくる。
CIAもあるしね。」

TPP加盟で医療崩壊→「アメリカの医療実態」=「日本の医療の未来」

TPPに参加後に、恐ろしい時代がやってくる。

アメリカの医療を見れば、TPPに参加後の日本の医療の姿が見えてくる。

アメリカで起きたことは日本でも起こる。

アメリカ医療はすべて資本の論理で動いている。

アメリカ人は民間の医療保険に入っているが、民間の医療保険が異常に高い。

そのため

5000万人以上が、医療保険にはいっていない。

アメリカの病院に入院すると高い病院で、一日100万円、
安い病院でも、一日10万円


医療がTPPで民営化すれば、アメリカの巨大病院チェーンが日本中の病院を傘下に治め始める。

国や厚生省が病院買収に異議を申し立てても、TPPに参加したがために、異議は認められない。

そして
アメリカ方式の医療システム=利益至上主義が日本全国に広がって行く。


アメリカを知り尽くしている苫米地英人氏
「TPP参加後の日本医療の未来」

「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派を潰すための巧妙な策略

経団連、 経済同友会、財務省は
→「 原発推進、TPP推進、消費税増税」

そして、大手新聞社も同様
http://twitpic.com/bd8u7v
11223.jpg

権力と金を支配している彼らにとっては望むことは何でもできる。
「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派を押さえ込むことなどたやすいはず。

しかし

「脱原発」という考え方に「賛成」(44%)、「どちらかといえば賛成」(36%)を合わせて80%に上る。

消費税増税の反対は国民の7割に及ぶ。

TPPについては。TPPの本当の姿が明らかになれば、国民もほとんど反対がする。

「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派が「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派と正面から戦っては選挙では勝てないことは明白。

選挙で勝つためには巧妙な策略が必要となる。

金も権力もある「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派が何もしないでいるだろうか?


「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派が、考えたシナリオは。

「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派をテレビや新聞から消してしまうこと。
=テレビに登場させる時間を少なく、紙面に載せるスペースを少なくしていくこと。

「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派の記事を少なくさせるためには
→他の政治的動きに国民の関心を向けさせる。

日本維新の会と石原慎太郎氏の活発な活動が大きく取り上げられたのはそのためである。

石原慎太郎氏はなぜ突然都知事を辞任したのか?

それは「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派から「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派封じの秘策を知らされ、主役に抜擢されたからなのではないだろうか。

「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派が全力を挙げて石原慎太郎氏を支持するから、第3極の主役となって「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派の動きを封じて欲しいと強く説得(または脅し)されたのではないだろうか?

「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派は同じような働きかけを橋下日本維新の会代表にも行ったのではないだろうか?

石原慎太郎氏と橋下日本維新の会代表が一緒になるための、さまざまなトラブルも予めシナリオが用意されていた。
そこにドラマを作り出し、国民の関心を一心に石原慎太郎氏と橋下日本維新の会代表に集めさせた。

テレビや新聞に石原慎太郎氏と橋下日本維新の会代表が演じる茶番劇で、関心を集め、第3極とは石原慎太郎氏と橋下日本維新の会代表であるという錯覚を引き起こさせた。

石原慎太郎氏と橋下日本維新の会代表が演じる茶番劇は見事に成功した。

第3極とは石原慎太郎氏と橋下徹氏の日本維新の会と国民の大多数は錯覚してしまった。

「 脱原発、反TPP、反消費税増税」派はテレビや新聞から見捨てられ、そのニュースは報道されても最小限に押さえ込まれてしまった。


しかし

既にそのシナリオの存在に多くの人が気がつき始めた。



がみつく女 第三極ってなにさ 室井佑月(週刊朝日)

マスコミのみなさまのおすすめ第三極は、石原・橋下連合だったり。
 石原さんは、息子も自民党にいるし、今までの発言を聞いていると、自民党にとっても近い。
 日本維新の会の橋下さんは、脱原発に舵を取ってくれるのか微妙。大飯原発の再稼働も認めたしな。消費税増税もTPPも賛成だ。

 次の総選挙であたしが支持したいのは、脱原発、消費税増税反対、TPP反対の政策を掲げる集団で、
 となると小沢さん率いる国民の生活が第一ということになるが、なぜかこちらはほとんどマスコミに取り上げられない。人数的には3番目だっていうのにね。

 よっぽど、今この国を動かしている一部の権力者たちは、脱原発・消費税増税反対・TPP反対、この三つはしたくないんだろうと思われる。嫌なことなんだろう。
 けど、その三つを堂々と主張してくれる集団こそが、第一極とも第二極とも違う、それ以外の受け皿になる第三極なんだと思うけど、違う?


すずき・てつお日本BS放送報道局長
次期衆院選の焦点である「第3極」の成否について、多くのメディアは、維新を軸に分析している。
石原、橋下両氏は主導権を握ったがごとく、他党について「一緒にやれる」「やれない」などと発言している。


植草一秀
メディアは既得権益の政党のなかに、第一極、第二極、第三極を作って、これで完結させようとしている。

TertuliaJapón ‏@TertuliaJapon
このメディアでの「生活」隠しというのは、まさに狂気。
ファシズムそのもの。手品で「飛行機や自由の女神」を消してみせる、その芸にひとしい。
あまりに露骨なのだ。その露骨さは小沢氏を陸山会事件で極悪人に仕立てた芸と変わらない。
民主主義もへったくりもないんだね、この国は。野蛮国家だよ。

国民の生活が第一 斎藤 やすのり ‏@saitoyasunori
メディアが煽り立てる『この選挙は民主VS自民VS維新の構図』。
実は自民を選んでも、民主を選んでも、維新を選んでも、消費税は増税する、原発は使い続ける、TPPも参加する。有権者の皆さん、ぜひ、政策を見て、選んでください。

黒蜜タルト(三宅雪子が第一) ‏@tart_k
徴兵制から核武装、そして国防軍をテーマに自民と民主の三文芝居が始まっている。
対決姿勢の演出で、選挙の争点をこの中に取り込む魂胆。談合三党、維新の連立を許せば完全な全体主義国家。争点は増税反対と反原発、反TPP!


「 脱原発、反TPP、消費税増税反対」を粉砕するためのシナリオ

① 「 脱原発、反TPP、消費税増税反対」派を粉砕するため、「第三極」という言葉を使い始める。
(第一極=与党民主党、第二極=野党自民党)

② 民主党、自民党を支持しない有権者の関心を「第三極」に向かわせる。
  「第三極」とは第一極極民主党、第二極自民党以外の政党

③ 日本維新の会を巡るドタバタで国民の関心を日本維新の会周辺に引き付ける。
 →「第三極」の中心が日本維新の会であると錯覚させる。

④ 「第三極」のことに触れるときには、一番最初に日本維新の党関連のニュースを持ち出す。

⑤ 「第三極」の中で、日本維新の会以外はできるだけ小さく、また関連ニュースは深く掘下げないようにする。

⑥ 全マスコミ、テレビ、新聞が総力を挙げて、「第三極」とは、日本維新の会であるという洗脳工作を行う。

⑦ 第一極民主党、第二極自民党、第三極日本維新の会だけで、政策論争を行い、国民の関心を引き付ける猿芝居を演じていく。

⑧ 第一極民主党、第二極自民党、第三極日本維新の会とも明確な「 脱原発、反TPP、消費税増税反対」派ではないから、「 脱原発、反TPP、消費税増税反対」は大きな争点にならない。

→世間が注目しなくなった「 脱原発、反TPP、消費税増税反対」は選挙の関心から外されていく。

⑨ 選挙の結果、第一極民主党、第二極自民党、第三極日本維新の会どこが勝っても「 原発推進、TPP推進、消費税増税」派の勝利となり、「 脱原発、反TPP、消費税増税反対」派は敗北する。




http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/675.html


しがみつく女 第三極ってなにさ 室井佑月(週刊朝日)2012.11.23

 新聞やニュースで第三極、第三極って騒いでいるけど、彼らが言う第三極ってなんなのさ。

 もちろんそれくらいはわかってるつもりだったけど、頭が混乱してきちゃった。

 第三極というのは、二つの大きな政党のその次の勢力になりそうな政党のことじゃない?

 ほんでもって政党とは、共通の政治主張や目的を掲げる集団じゃない?

 まず、民主党が自民党の政治主張と似てきてしまったのが間違いだと思うけど、すでにある政党だから第一極、第二極となるわな。

 けれど、両者とも主張が似通っているわけで、あたしら有権者にとっては全く別の主張をする政党が欲しいところ。それが第三極になるんじゃ……。

 でも、マスコミのみなさまのおすすめ第三極は、石原・橋下連合だったり。

 石原さんは、息子も自民党にいるし、今までの発言を聞いていると、自民党にとっても近い。

 日本維新の会の橋下さんは、脱原発に舵を取ってくれるのか微妙。大飯原発の再稼働も認めたしな。消費税増税もTPPも賛成だ。


 次の総選挙であたしが支持したいのは、脱原発、消費税増税反対、TPP反対の政策を掲げる集団で、

 となると小沢さん率いる国民の生活が第一ということになるが、なぜかこちらはほとんどマスコミに取り上げられない。人数的には3番目だっていうのにね。

 よっぽど、今この国を動かしている一部の権力者たちは、脱原発・消費税増税反対・TPP反対、この三つはしたくないんだろうと思われる。嫌なことなんだろう。

 けど、その三つを堂々と主張してくれる集団こそが、第一極とも第二極とも違う、それ以外の受け皿になる第三極なんだと思うけど、違う?


 話は変わって、あたしが愛読している植草一秀さんのブログの11月3日号に、核廃棄物の最後の処分地についての、班目春樹元原子力安全委員会委員長と、京都大学助教の小出裕章氏の言葉が取り上げられていた。

 班目さんいわく、

 「どうしても、みんなが受け入れてくれないって言うんだったら、いままでこれこれと言ってたけど、その2倍払いましょう。それでも手上げないんだったら、じゃ15倍払いましょう、10倍払いましょう。どっかで、国民が納得する答えが出てきます」

 小出さんいわく、

 「私か原子力に反対する根本の理由は、自分だけがよくて、危険は人に押し付けるという、そういう社会が許せなかったからです」

 どちらが人として立派か。班目さんは金で解決と言っているけど、自分の金ですらないのだ。

 しかし、この国で権限があるのは、人として偉くないほうなんだよな。

 あたしら有権者がマスコミの第三極の話に眉をしかめてしまうのは、国のトップにいる人たち(大手マスコミも含む)の感覚がすべてこの班目さんのようなものじゃないかと疑うからだ。    (以上)

※植草一秀の『知られざる真実』2012年11月 3日 (土)活断層存在の可能性で大飯原発は運転中止すべき・・・・・活断層が存在するとの疑いが存在するのに、その疑いに真剣に対処してこなかったとの疑いが濃厚である。そこには、ある種の「差別の構造」がある。 以前にも紹介したが、核廃棄物の「最後の処分地」について、斑目春樹元原子力委員会委員長が放った言葉がある。

「「最後の処分地の話は、最後は結局お金でしょ。
 あのー、どうしても、そのー、えー、みんなが受け入れてくれないって言うんだったら、じゃあ、おたくには、これ、その、じゃあ、えー、いままでこれこれと言ってたけど、その2倍払いましょう。それでも手上げないんだったら、じゃー5倍払いましょう、10倍払いましょう。どっかで、国民が納得する答えが出てきます。」
 
これに対して京都大学助教の小出裕章氏が語った言葉は次のものだ。

「私が原子力に反対する根本の理由は、自分だけがよくて、危険は人に押し付けるという、そういう社会が許せなかったからです。電力を使う都会には原発を作らないというのもそうですし、原子力発電所で働く労働者はほんとに底辺で苦しむ労働者であったりするわけです。こういう社会を私は認めたくないので、原子力に反対してきています。」二人の人物の言葉をよく吟味して欲しい。
電力会社は原発を推進するが、なぜ、社長が原発を立地する場所に居住地を定めないのか。あるいは、社長が居住する場所に原発を立地しないのか。http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-a9a0.html  
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード