スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対権力者ロスチャイルドはバビロニアの大王ニムロデの子孫

この世の絶対権力者ロスチャイルドが最も恐れているものは、今は彼らがコントロールできないインターネットでの真実の情報が拡散することなのではないでしょうか。

http://74.125.153.132/search?q=cache:_B7XJWtHAzcJ:mickeymickeymickey.seesaa.net/article/36178906.html+ロスチャイルド 二ムロデ&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

この世の絶対権力者はロスチャイルドである。
今、私がこれまでの知識で理解できる限り、その上にいる人物はいない。
ロスチャイルドが世界の王であり、すべてを決めているのもロスチャイルドである。
そのしたのロックフェラーがどんな人物かなど、どうでもいいのである。
要は、ピラミッド型の構造であるからである。
ロスチャイルドが「consipiracy of rothschild」の記述で、彼ら自身の極秘の家系図によれば、ロスチャイルドはバビロニアの武力で支配する大王、ニムロデの子孫であると考えるなら、バビロンのタルムードを基礎としてこの世の中を作っていると考えれる。
しかし、ユダヤは平気で嘘をつくので、実際はどのような信条を基礎にしているのか図りかねますが。

このことが正しければ、ロスチャイルドの目指すべきある先はバビロン王朝である。
バビロンとは傲慢の象徴です。

一般的に現代の社会は正常であり、すべての自由が私たちの手にあるとかんがえられています。


現在がバビロン時代であることを説明しよう。
300人委員会、ユダヤ権力など、今から来る新世界秩序、あるいは世界権力が怖いから、これから議題にのせ、国民が話し合い解決する問題ではないのである。そのような時期はもうとっくの昔にすべきことだったのである。すでにロスチャイルド王朝は出来上がり、これから完璧な王朝へと完成していくだけのことである。
もし、この絶対権力王朝に対して議論するなら、この権力をどう倒すのかという議論をすべき時期なのである。

この王朝の始まりはすでに、ナポレオンの時代、300年前に起こった王朝であり、フランス革命が始まりである。
ナポレオンはロスチャイルドに操られた政治家である。

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte, 1769年8月15日-1821年5月5日)は革命期フランスの軍人・政治家で、フランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世(在位1804年-1814年、1815年)。フランス革命後のフランスをまとめあげ、フランスに帝政を敷き、ナポレオン戦争と呼ばれる戦争で全ヨーロッパを侵略し、席巻するも敗北し、その後ヨーロッパの秩序はウィーン体制に求められた。当時のイギリスの首相ウィリアム・ピットは、「革命騒ぎの宝くじを最後に引き当てた男」とナポレオンを評した。一方でゲーテは「徳を求めたもののこれを見出せず、権力を掴むに至った」と評している。今でもフランスを代表する英雄として国民の人気を集めている。


もうすでにロスチャイルド王朝は300年以上紆余曲折を経ているが、全体的にみて、絶対権力は今現代もかわりのない繁栄をみせている。

このユダヤ権力が嫌であり、この権力を消滅させている機会があるとすれば、フランス革命の頃に手を打っておくべきであったのである。
フランスのマリーアントワネット王朝時代にこの権力を力でねじ伏せておれば、王妃は処刑もされず、現代において世界を支配する権力は存在しなかったかもしれない。

一度、マリーアントワネット王朝時代に秘密結社の使者がイルミティの計画書を運ぶ時に馬車が雷に打たれ、その計画が警察によって明らかになったが、その時はすでに遅く、フランスの周辺国ではすでにユダヤによって権力が奪われた政府が存在していたのである。

日本では、ペリーの黒船などの来航によって、ペリーはアメリカの政府の要求を突きつけ、現在の毎年出ている対日要望書を始めて日本政府に手渡した人です。
ペリーはフリーメーソンであり、権力者の要望道理に動いた役人なのです。
よって、この時点で日本に軍事力に乏しい日本は負けていて、その時代の絶対王ロスチャイルドに従うしか方法はなかったのです。
これ以降、日本が全体主義、世界権力の道具として利用されていく道筋でありました。
坂本竜馬はフリーメーソンであり、世界の権力者に利用されました。


フランス革命の後、イルミティは計画の目標項目の中にある、第一次、第二次世界大戦を成し遂げ、さらには生活一般における、銀行と金融、宗教、秘密結社、政治、各国の諜報機関、教育、バチカン、メディアなどの重要項目はほとんど支配し、管理し、達成した。

さらに我々の身近なものであれば、新聞、ラジオ、テレビ、経済、政治、教育、本、雑誌などが我々の身近にあるものほとんどが管理されたのである。


沈黙の兵器、引用
一片の記事といえどもわれわれの検閲抜きには公表されることはない
現在ですらすでにこのことは達成されていて、すべてのニュースは少数の通信社に世界中から集められそこから配布されるようになっている。通信社は追って完全にわれわれの傘下に入り、われわれが許可したものだけが一般に供給されるようになるだろう。

行政官たちはわれわれの手の内にある将棋の歩である
われわれが公衆の中から選んだ行政官たちは、奴隷のように従順な資質であるかど
うかを厳しく監視され、支配技術に長けた人物にはさせない
だろう。それゆえに、かれらが、全世界の諸問題を律すべく幼年期より養育された助言者・専門家である学識
者と天才の手の内にある将棋の歩となるのは容易である。

さらに政治から遠ざけるために娯楽、芸術、スボーツをあてがう
かれらがかかずらわっていることを解き当てさせないように、われわれは娯楽、競
技、ゲーム、色事、遊び場をあてがって、更に政事から遠ざける
……そのうち、われわれは新聞を使って芸術、スポーツなどありとあらゆる種類の競争を始める。こうい
うことに関心が向けられれば、われわれがかれらと争わなければならない問題から、
かれらを完全に遠ざけるだろう。ますますかれら自身の意見を反映したり形にしたり
することが難しくなるに従って、人民はわれわれと同じ口調で語るようになる。なぜ
ならば、われわれだけがかれらの考え方に新しい方向付けを示しているからである…
…もちろん、われわれとは表面的には無関係の人々を通じてであるが。



世界大戦以降に生まれた人達は、今、現在の生活が自然に出来上がったものであり、戦争は必要不可欠なものであり、今、現代の生活が常識であると答える。
偶然、イルミティや影の権力者を知ったとしても、じゃあ、これから話し合って黙示録のような世界になる前にその権力者を倒そう、変えようと思っても遅いし、バビロン式の生活がもう我々の常識と化してしてまっているのである。ので、少数の人が何度大きな声を上げようとも、変えれるものではない。

しかし、最近、なぜこれほどまでに、ユダヤ権力が表に出て話し合われるようになったのかと言えば、2000年以降、9.11以降にこの世紀は我々の世紀であるとあばれまくったから、人々が気づき始めた、あるいはユダヤが革命や混乱を煽る為にわざと、巨大なビルを2つも倒したのではないだろうか。



現代、我々が住んでいる世界そのものが、バビロンである

バビロン王朝内での常識と、真実とを例を幾らか挙げてみる。

常識
世界大戦は、アメリカ、イギリス、ロシア対日本、ドイツ、イタリアであった、勝ったのは連合国であると言う考え。

真実
勝ったのは絶対王朝であるロスチャイルドである。

常識
ポルノなどの卑猥

真実
バビロンの傲慢な道具

常識
正当な投資市場、株式市場

真実
巨大な世界を席巻するカジノ場

常識
政治活動、討論

真実
しゃべり場、影の政府の代理人、スケープゴート役

常識
テレビは言論の自由の道具

真実
庶民の無知な人たちのお喋り、お笑いなどの傲慢な表現

常識
政治家、国家の活動の自由

真実
世界権力のしもべ、代理人

常識
ニュースは言論の自由

真実
すべてフィルターにかけられた作られた話、メディアの正義を逸脱した真実を伝えないための洗脳の道具

常識
戦争は、意見の相反する者同士の戦い

真実
ロスチャイルド王朝の各州である国家同士の操作された戦い

常識
教育の自由

真実
教育という洗脳機関を使って、ただ言われたものを覚えるためだけで、絶対王朝に歯向かう反対分子を作らないため、育てないための洗脳

常識
報道の自由

真実
作られた物語を流す報道、バビロン式の傲慢な態度を育てるための洗脳機関、お笑いなどの教養のない報道、規制報道

常識
健全なるスポーツ

真実
権力者の法律を理解させない、政治、経済から遠ざけるための道具

常識
堕落した人間が使う麻薬

真実
バビロン式の堕落した人間を育てるための道具
ユダヤ権力の収入源


常識
言論の自由、政党活動の自由

真実
人々が変化を求めるための希望、すべての日本の政党は同じ権力者によって操られている。すべての目的は、ロスチャイルド、バビロン王朝に捧げるためのしもべ、国民に選択の自由があると思わせるための道具

常識
非正規雇用、ワーキングプア

真実
バビロン王朝での奴隷

常識
NATO、治安維持軍

真実
ロスチャイルド王朝に逆らう国の壊滅軍隊、コソボ空爆など。。

常識
資本の自由、豊かさの自由

真実
ライブドアなどの堀江モンなど、権力に近づく者の排除、日本は共産主義国家に近い

常識
技術開発の自由

真実
権力者への抵抗、現状の王朝への抵抗であるとみなされ排除

常識
気候の自由

真実
人間が神であるというインテリジェントデザインの思想、あるいはユダヤの選民思想により、気候変動の自由が認められている。

常識
国連は平和希求団体

真実
戦争への布石のための足場作りをする団体、国際権力の表立てた王朝の出先機関

実際に例を挙げてみて、なかなか難しいロジックが多いが、現代の一般生活は普通であり、常識と考えられているのが、実はバビロン王朝の一部であると考えれる。

これらの事は今、現代の生活で過ごしているもの達に話しても誰も取り合ってはくれない。

これらの事柄は、現在の常識とは正反対であり、今現在、そのような事をメディアで話している人は一人もいない。ので、理解できない。

日本の総人口すべて人がバビロニア式の常識、生活を受け入れ、老人から若者まで、明治から平成生まれの人まで、専門用語で言えば洗脳されていると言えよう。

この法則が理解できる人は、歴史を探求する人、専門的な物事をなんでもいいので深くまで探求する人は自ずと現代社会の真実が見えてくるであろう。

しかしながら、インターネットにおいては、それが必ずしも当てはまらない
今、ユダヤは必死にネットも支配しようとネット情報技術研究をしているのだろう。
スポンサーサイト

他では知るることができない情報/ベンジャミンフルフォード氏

ベンジャミンフルフォード氏ほどいかがわしい人物はいないと思っていました。
テレビで見る彼の言動は怪しさ以外何も感じませんでした。
でも自分でいろいろなことを調べてみると、
私の知っている限りでは、彼の言っていることは正しいのです。
彼の独特の語り口と、話があっちこっちに飛んでしまい何が言いたいのかわからなくなるなど、変なところもありますが、彼の独自の情報とその分析の信憑性が高いと最近思うようになりました。
(フイラデルフィア実験だけは今でも信じられないのですが)

この動画の内容も初めて見た人はおそらくちょっと頭がおかしいと感じると思います。
また話が飛びすぎて分からなくなります。
ただその中で彼が話している情報については、私自身は信じるようになってきました。
彼も言っています。
私を批判する人間は私の発言内容の矛盾点や問題点を狙って攻撃してきます。
だから私は絶対確信がある情報しか、公の場では発言しないと。





ロスチャイルドさえも、今、日本の覚醒を待望している!

竹中平蔵の裏の姿(脅しのビデオや証拠もあるらしい)。
巨大組織のなかでの急進派と長期展開派の対立
巨大組織は今一番弱っているらしい。
ベンジャミンフルフォード氏に協力したいと中国秘密結社が現れる。(巨大組織に対抗できるほどの勢力らしい)
秘密のプロジェクトに何兆円も使っているそのプロジェクトは
ロシア、中国、イスラム小国はアメリカに対抗しつつあり、日本しかアメリカに追随していないという世界の現状。
地震兵器の存在を知っていて、恐れている企業の実態



http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=09BAE63E5ED6BE5C03FF60761EFCC9F9?movie=611069




http://74.125.153.132/search?q=cache:2AtkAoF-J5EJ:shadow-city.blogzine.jp/net/2007/11/post_9166.html+ 中国 明 秘密結社 日本活躍&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


ところで、フルフォードの話の中でも「中国の秘密結社」というのがなかなか理解されないようなんだが、おいらにも実はよく判らないんだが、とりあえず「滅清興明」というので思いついた話があるわけだ。近松門左衛門に国性爺合戦というのがあるんだが、漢民族の国である明が、異民族である清に滅ぼされそうになった時に、和藤内こと鄭成功という英雄が立ちあがるわけだ。これ、実在の人物で、中国では英雄なんだが、実は日本生まれで母親は日本人である。

鄭 成功(てい せいこう1624年 - 1662年)は中国明代の軍人政治家。元の諱は森。字は明儼。清に滅ぼされようとしている明を擁護し、抵抗運動を続けた。台湾を占拠し、抵抗運動の拠点とした。俗称を国姓爺。中国本土では民族的英雄として描かれる。
日本の平戸で父鄭芝竜と日本人の母田川松の間に生まれた。幼名を福松と言い、幼い頃は平戸で過ごすが、七歳のときに父の故郷福建につれてこられる。鄭芝竜の一族はこの辺りのアモイなどの島を根拠に密貿易を行っており、政府軍や商売敵との抗争のために武力を持っていた。

この鄭成功は台湾に逃れて長く抵抗を続けるのだが、この、清の異民族支配に抵抗した連中はその後、地下にもぐって地下組織を作るわけだ。それが「幇」というヤツで、いまでも黒社会として香港、台湾あたりを拠点に14Kとか新義安、和勝和なんていう三合会とか、竹聯幇、四海幇、天道盟とか、まぁ、色々とあるらしい。で、清が滅んで人民中国が出来たんでメデタシメデタシというわけでもなくて、この、中国の地下組織は東南アジア一帯にはびこっている。このあたりについては「幇」という生き方―「中国マフィア」日本人首領の手記という宮崎学さんちの本を読むと何か書いてあるかも知れない。



http://74.125.153.132/search?q=cache:XLJXZyILixwJ:www5d.biglobe.ne.jp/~yoshi/Biography33.htm+幇 ベンジャミン&cd=8&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

ロス・チャイルド、ロックフェラーからなる秘密結社1万人に対し、中国 客家(はっか)の秘密結社(青幇)の数は600万人と言われる。 

ベンジャミン・フルフォード氏は中国側の秘密結社に守られているため自分のジャーナリストとしての活動、またロックフェラーとのインタビューも可能になったとインタビューで述べている。

日本の忍者(山窩)からの脅迫についても語られている。

しかしながら、これだけ表立った言動活動ができるということも少々おかしい気もする。 実は本当の支配者は別にいて情報かく乱のために泳がされているだけかもしれない。

ライブドア堀江氏はなぜ逮捕されたのか。

ライブドア堀江氏が逮捕されたのは、知らずに虎の尾(イルミナティの尾)を踏んだ!

日本古代は他民族国家→弥生人(中国人)の支配→天皇の誕生

なぜ第2次世界大戦で京都は空爆されなかったのか?

フジテレビ、サンケイ新聞 お台場本社の前には自由の女神(オリジナル)が貸してあった。
http://homepage2.nifty.com/odaiba-web/guide/megami.html

http://74.125.153.132/search?q=cache:HRW7wFOyRDgJ:ameblo.jp/tonton1234/entry-10001379938.html+自由の女神像 なぜお台場に&cd=30&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

ニューヨークの自由の女神はフランスのフリーメーソンからアメリカのフリーメーソンに送られた。
http://74.125.153.132/search?q=cache:VLC2ln-KQgsJ:blog.goo.ne.jp/tomotubby/e/7b2cb9398d0503d9228184e12b5e6b1c+ニューヨークの自由の女神はフランスのフリーメーソン&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


宇野正美氏がその答えを語る
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=607608


世界最大の秘密結社イルミナティはサタンの合図を出す?

イルミナティは全宗教、独立政府を破壊し世界新秩序をいかなる手段をもってしても作ろうとしている世界最大の秘密結社です。


イルミナティの動画
http://www.youtube.com/watch?v=vb4-Hbu9h2Y&NR=1#t=4m42s


オバマ大統領、アラファト議長、ジョンレノンも?
http://www.jesus-is-savior.com/False%20Religions/Wicca
%20&%20Witchcraft/signs_of_satan.htm





http://74.125.153.132/search?q=cache:ls8Ld8hoDfwJ:reijin32yoshi.blogzine.jp/shinsey/2007/10/post_edd5.html+%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%86%E3%82%A3&cd=9&hl=ja&ct=clnk&client=opera

世界中がサタンの僕に支配されている!
   私はイルミナティについて色々調べているうちに、イルミナティに組織(くみ)入っているか否かが一目で判断できる方法があるのを知りました。それは、イルミナティへの忠誠を表し、仲間である事の確認のために使われている合図(サイン)、と思われます。

0812a1.jpg




「I love you」を顕す手話の指の形はサタンのサインと似ています。
がしかし、「I love you」のサインはサタンのサインを真似て作られたものです。
ようするに、サタンのサインを誤魔化すために、サタンのサインを参考にして、「I love you」のサインが作られた、と謂うわけです。

イルミナティという秘密結社が創られた当初の目的は、世界を統一し聖書に描かれている平和な「エデンの園」を此の地球上に建設することでした。
ですから、この指のサインは、当初は「平和と愛」を意味するものでしたので、「I love you」を顕す手話のサインは、イルミナティのサインを基に作られたのです。

しかし、イルミナティが平和な「エデンの園」を此の地球上に建設する手段として武力と世界金融を支配することで世界を統一しようと考えるようになって行きました。そのために組織された武力集団が「テンプル騎士団」で、「テンプル騎士団」が奪い取った財宝を元手に創られたのが銀行を中心とする金融システムだったのです。「テンプル騎士団」の流れをくむのが「シオン修道会」で、その教えを忠実に実行する目的で組織された秘密結社こそがイルミナティです。

そして何時しか平和な「エデンの園」の住人は、聖書に描かれている「選ばれし者」を自分勝手な解釈でイルミナティが選んだ者、つまり、聖書を信じる者(ユダヤ教徒とキリスト教原理主義者)だけの統一世界を実現しようとする、誤った考えに取りつかれて行ったのです。
そのためには、異教徒であるイスラム教徒やアジア人を含む有色人種を排除しようとする思想に取りつかれ、その手段として「ハルマゲドン」を自らの手で実現しようと企てたため必然的に「サタン崇拝(悪魔崇拝)」に陥ってしまったのが現在のイルミナティの姿です。

映画「天使と悪魔」、その前作である「ダヴィンチ・コード」に登場するイルミナティという秘密結社は決してフィクションではなく、実際に存在しています(映画に登場するイルミナティは正確に描かれてはいませんが)。

まあ、イルミナティという秘密結社の存在を信じるか否かはあなたの自由ですが、現在は勿論のこと「テンプル騎士団」は存在せず、「シオン修道会」の流れをくむイルミナティを頂点に、その下部組織に「フリーメイソン」があり、最下部の組織が「ボーイスカウト(ガールスカウト)」です。



人類はUFOを完成していた/ベンジャミン・フルフォード

常識ではありえない、とんでもない話です!
でも内容は具体的で詳細です。
信じるか、信じないかはベンジャミン・フルフォード氏をどう評価するかです。


http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/07/post-8.html


いま、イルミナティは米国軍産複合体を中心に恐るべき軍事技術を手に入れ世界のどの国も手が出せない所まで登りつめてしまいました。その実態こそ、多くの方々が断片的に述べられているプラズマ技術なのです。プラズマは固体、液体、気体という物質の三態以外の態様で、気体がさらに細かくなった状態と言えます。しかも電荷を帯びており、宇宙の全物質の99%以上を占めています。空気は1%にも満たない極少物質だそうです。
このプラズマの研究により、とんでもない技術が2つ生まれました一つは軍事技術、今一つはUFOの製造技術です。1940年代にフィラデルフィア実験という電磁波の研究が行われたのですが、この時の総指揮者が有名なニコラテスラです。3台の発電機を軍事用の船に乗せて沖である実験をしたのですが、電源オンと同時に発電機が暴れだし、予想外の事故が起きて乗船していた将兵が多数死にました。この時、プラズマの発生が認知され、とてつもないパワーが生み出せる可能性があると気づいた上層部は軍事的利用の道を追求する決定をします。テスラは責任を感じて継続を拒絶したため結局暗殺されてしまうのですが上層部がそうまでしてこの一件に固執した理由は、発電機を2台に減らして行った次の実験の時、実験船が突然消えてしまうという驚愕の事実を目撃したからです。船は何マイルも離れた別の軍港に現れ、何と1時間後に元の場所に現れたのです。
軍は情報管制を敷いて完全な秘密にし研究を続行しますが、プラズマの持つ恐るべき力を次々に解明してゆきました。プラズマ(ガス状のもの)が全ての物質を透過して裏側に抜ける事、プラズマに包まれた物体Aを、他の物体たとえば鋼鉄の板にマイクロ波等を当ててプラズマ化したものに衝突させるとAが板を透過し、互いに無傷で裏側に出る事、またプラズマはマイクロ波・電磁波等の強度を高めレーザー光線のように線形に発し、それを2つ乃至3つ作って交差させるとその部分に発生させる事ができること、さらに交点に何か物体があると、その物体をプラズマ化させる事ができる事の3点を発見します。
それから多くの年月が過ぎ、既に実用化が完了し、第一次イラク戦争で2万人の兵隊がプラズマを当てられ一瞬で消えてゆきました。ここで、消えたといっても何処か別の場所に行ったのではなく、プラズマが4千度以上の超高熱になるという特徴を利用して焼き尽くした結果です。人体は水ですから一瞬にしてジュッと消えて跡形も残らないそうです。
また、インドネシアの地震ではフィラデルフィア実験で軍艦が他の場所へワープした時の特徴を利用し、地下の一定範囲の岩盤をそっくりワープさせたそうです。今回のはまだ分かっていませんが、新潟中越地震もそれでやられたそうです。ソ連の崩壊を軟着陸させるためにイルミナティによって送込まれたゴルバチョフが軍部の反抗で困っていた時、東南アジアのある国にサイクロンが訪れた時を狙って米国からロシアに前情報を流し、この兵器を使って大量の民間人を一瞬で消滅させる瞬間を目撃させました。その直後にサイクロンに襲われ村は津波で壊滅したことになっていますが何百人もが行方不明のままです。これを目の当たりにした軍部はソ連再興を断念してイルミナティに屈したのです。
プラズマ技術は隠密裏に人間を殺傷できるので原水爆のように持っていても使えない兵器より遥かに脅威だからです。金生日が厚さ100mの鋼鉄の部屋に潜んでいてもプラズマ兵器で部屋の内部に爆薬を透過させ送込む事ができるのです。宇宙衛星やステーションの建設に躍起になるのはそれで地上の要人を暗殺したり、一定範囲の場所に正確に地震を起こさせたりできるようにするためです。そのような遠隔操作によるプラズマ攻撃の技術を高めるために、英国イルミナティの協力のもと、衛星の連携でプラズマ光線を中継して麦畑に微細なミステリー・サークルを作っているのです。これは言わば遠隔操作の精度を高めるための実験です。
最後に、この技術で今一つトンデモナイ発明を彼らはしています。そう、UFOが作れるんです。プラズマに包んだ物体は2つのプラズマ光線の交点の一を動かすと一緒に移動することがわかったのです。しかも移動は交点を右から左にスッと動かせば、どんなに重いものでも一瞬で移動します。地球から月への移動も一瞬です。後は飛行船の中にいる人間が無事でいられればいいのですが、当初4千度以上の温度では人間を飛ばすのはムリと思われてましたが、彼らは解法を発見してしまったのです。しかも汚い手で。
ハチソンという民間プラズマ研究家が偶然実験中に低温での移動ができる事を発見し世界で実験が公開されたのです。ハチソンは米軍関係者の訪問を受けて資料を巧みに提供させられ返してもらえませんでした。偶然ゆえ彼自身も原因が分からず未だに分からない状態です。しかし、実験データを全て手にした米軍は温度を高めずにプラズマの威力を利用できる方法、いわゆる黄金比率を発見してしまいます。これで人間を搭乗させた飛行船つまりUFOが完成しました。エリア51では本当にその実験が行われていたのですが、マニアに嗅ぎ付けられたため、宇宙人がUFOに乗って飛来したというデマを流し、米国自身がUFOを飛ばしている事実が分からないように情報撹乱しました。それを専門で行う組織としてNSAが作られたわけです。宇宙人が飛来したように凝った演出をして民間人の注意を引き、一方では宇宙人に似せてバイオ実験で作った失敗作の生物の死骸を晒して宇宙へ人々の目をそらしたのです。宇宙人といういかがわしい響きを持つと、人はとたんに話を信じなくなるからです。ひいてはUFO自体の話にも目を向けなくなるわけです。全ては騙しです。
現在、イルミナティは有人のUFOを既に飛ばしており、UFOの推進力を確保するためのパワーを得るためレアメタルが豊富に埋蔵されている月に関心をもっていますが、ある事情があって月での展開ができずにいます。ここにはさらに驚愕の事実があり、多くの皆さんにもその事実を知っていただきたいのですが、ここで話すのはリスクが高いため今日はやめておきます。
プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。