FC2ブログ

新型インフルエンザワクチンには水銀(チメロサール)が含まれてる。

新型インフルエンザワクチンには水銀(チメロサール)が含まれている。チメロサール( thimerosal )は、水銀を含む有機化合物(有機水銀)。
豚インフルエンザワクチンには、安全だと考えられている水銀量の少なくとも、25,000パーセント(引用者注:安全基準上限の250倍というのが公平)が含有されている。
ドイツの兵士はワクチンと一体となる水銀、スクアレン、その他危険性の高い補助剤を含まない、添加剤無添加の豚インフルエンザワクチンを接種されている
またドイツでは首相、閣僚は、効果を弱めたウイルスを含まない(Without Soft Kill Ingredients)特別のワクチンを打つ。
さらに恐れることはチメロサール(水銀)含有量が多いワクチンが間違えてか意図的にか?出荷されていたら。(過去には輸入血液によるエイズ感染があります。)






http://satehate.exblog.jp/12690329/
豚インフルエンザワクチン注射には2つのヴァージョンがある


ドイツ軍兵士は添加剤無添加の豚インフルエンザワクチン接種を受けている ChemBlog 2009.10.20 Tuesday
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993334

本日は、以前から言われているインフルエンザワクチン接種の危険性と、ドイツでの不可思議なワクチン接種についての記事をご紹介します。ワクチン接種に関しては、引き続き様々な情報源のトレンドになっているようで、探せば様々なソースに出会えるのですが、私が興味を持つような記事は何故かここ、プリズンプラネットに限られてしまいます。

German Soldiers Get Additive Free Swine Flu Shot Troops get access to shot without mercury  Paul Joseph Watson Prison Planet.com Tuesday, October 13, 2009
http://www.prisonplanet.com/german-soldiers-get-additive-free-swine-flu-shot.html

ドイツ軍兵士は添加剤無添加の豚インフルエンザワクチン接種を受けている 軍隊は水銀無添加の注射を利用可能だ ポール・ジョセフ・ワトソン(Paul Joseph Watson) Prison Planet.com 2009年10月13日(火)

ドイツからの報告によると、ドイツの兵士はワクチンと一体となる水銀、スクアレン、その他危険性の高い補助剤を含まない、添加剤無添加の豚インフルエンザワクチンを接種されているようであるが、このヴァージョンの注射が何故一般大衆に対しても使用されるようにならないのかについては、疑問が増大している。

翻訳すると、ドイツの兵士達は毒を含まないワクチンを受けると題された記事では、どのような方法でドイツ軍兵士25万人にバクスター(Baxter)が製造した、「物議を醸している水銀を含む添加物、或いは防腐剤」を含まない「好意的な」ワクチンの接種が行われたかを説明している。
豚インフルエンザワクチン注射には、内情に通じている者達のためのものと、もう1つは政府を信頼している一般大衆に注射される、自閉症やその他の神経障害と関連がある危険な毒物を含むものとの、2つのヴァージョンがある事が分かった。

チメロサール(thimerosal)や水銀に関する懸念にもかかわらず、チメロサールは現在世界的に展開している豚インフルエンザワクチンの含有物となっている。

「幾つかのワクチンは、水銀を含有する抗菌性の添加剤チメロサールを含んだ複数投与水薬瓶に蓄えられるだろう」とワシントン・ポスト紙では、最初に豚インフルエンザワクチン接種を受けるグループに関する記事で伝えている。


確かに豚インフルエンザワクチンには、安全だと考えられている水銀量の少なくとも、25,000パーセント(引用者注:安全基準上限の250倍というのが公平)が含有されている。

水銀は、国防総省(The Department of Defence)によって、飲み込んだ場合、または吸飲、或いは皮膚から吸収した場合に死に至る可能性がある危険性物質に分類されている。また現在EPA(Environmental Protection Agency = 環境保護庁)は、毒素が「脳及び神経系に損傷を与え、また胎児や小児に特に危険である」として工場からの水銀の放出を制限している(引用注:日本人にはあたりまえ)。が、CDC(Centers for Disease Control and Prevantion = 疾病予防管理センター)によると、(ワクチンは)子供の動脈に注射しても全く安全であるという。
以前強調したように、多くの人々が注射式よりも安全であるという誤った前提の下で、スプレー式点鼻薬ワクチンを選択している。
実はスプレー式点鼻薬には、豚インフルエンザを免疫系の弱まった人々に広めるとして、多くの医師や保健専門家達が懸念を表明している、生きたH1N1ウィルスが含有されている。

「ワクチンに含まれる生きたウィルスを、受容した子供達は最大で21日間排出する(そして潜在的に地域社会に広める)ことができるという記録がある。これは、大人と比べてかなり長期間だ。このウィルスの排出は、母親が点鼻薬ワクチン(FluMist=フルーミスト)を接種した場合、母乳を与えられている乳児をも危険にさらす」と、ワクチン及びワクチン接種の危険性の分野では、遠慮無く物事を話す医師として知られているSherri Tenpenny医師は書いている。

フルーミストの取り扱い説明には、以下の事項が記されている。「フルーミスト(R)の受容者は、最低21日間は免疫障害を持つ個体に近付くべきではない」

「警告は明確に、免疫不全の家族と居住している人物に向けられているが、地域社会全体への継続する生きたウィルスの放出は免疫系が弱っている、或いは弱体化した全ての人々に重大な危険を与える可能性がある」免疫不全の原因として分類される過剰な健康状態を考慮に入れた場合、全体の人口の最大60%が「化学的な免疫不全」に当たると考えられる、との指摘をTenpenny医師は書いている。

スプレー式点鼻薬ワクチンを開発している製薬会社の1つに、バクスター・インターナショナル(Baxter International)がある。同社は、今年の早い時期にオーストリアの研究所から、生きた鳥インフルエンザウィルス、若しくはH5N1として知られているウィルスに汚染された大量のワクチンを発売(発送)したかどで捕らえられ(ことをキャッチされ)た。 (引用注:「捕らえられて」はいませんよね。「尻尾をつかまれた」くらいか)


独首相特別製ワクチン 2009年10月19日
http://icke.seesaa.net/article/130696079.html

ドイツの首相、閣僚は、効果を弱めたウイルスを含まない(Without Soft Kill Ingredients)特別のワクチンを打つ (引用注:ふつうは、「穏やかな殺菌剤を含まない」が正解ですね。でも、ここでは「穏やかに殺す試薬を含まない」にもみえる。どちらにしても、実際は穏やかならないわけですが)

批評家たちは、ワクチンの添加物が頭痛や発熱などの予防注射副作用反応を強くする可能性があると問題にしている。

ドイツ政府のエリートと軍隊はバクスター社の添加物の入っていないワクチンであるCelvapanを打つことになる。 一方、庶民の方は、添加物が入ったGlaxoSmithKline社のワクチンを接種する。

Paul Ehrlich研究所の職員も、また、添加物無しのワクチンを接種する。 

研究所の所長であるJohannes Löwerが8月に、ワクチンはウイルスよりもより悪性の副作用を引き起こす可能性があると語った。





http://kurokamenews.blogspot.com/2009/10/d.html
ワクチンとチメロサール

1928年1月にオーストラリアでジフテリアの予防接種の注射薬に病原体が混入して注射を受けた多数のこどもが死亡する事件が起こっています。

細菌の増殖を抑えるのに十分な殺菌剤を含むものでなければ、細菌が増殖可能な生物製剤は多人数用の容器に入った製品としてはいけないという勧告を王立委員会は出しました。


チメロサール( thimerosal )は、水銀を含む有機化合物(有機水銀)です。その殺菌作用は、昔から知られていて、1930年台から、種種の薬剤に保存剤として使われてきました。薬剤に病原体が混入して薬剤の使用で感染症となってしまうのを防ぐためなどの目的で使われてきたのです。

ワクチン中のチメロサール( thimerosal )が、近頃、アメリカ合衆国で注目されるようになった一つの理由は、この十数年の間に、アメリカ合衆国では、乳幼児が接種すべきワクチンの種類や本数が増え、また、より月齢が低い段階で接種を受けるように成って来ていることによります。1999年には、生後6ヶ月までで見ると、チメロサール(thimerosal)が添加されたワクチンをそれぞれ3回ずつ受けたとすると、B型肝炎3回で37.5マイクログラム、三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)3回で75.0マイクログラム、インフルエンザb型菌3回で75.0マイクログラム、計187.5マイクログラムの水銀(計375.0マイクログラムのチメロサール)が注射されたことになります。
現在は、アメリカ合衆国では、B型肝炎、三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)、インフルエンザb型菌のワクチンについは、チメロサール( thimerosal )が添加されていないワクチンが生産されていますので、チメロサール( thimerosal )が添加されていないワクチンを注射すれば、同様の注射をしても、水銀は注射されないことになります。

「ワクチン予防接種」の真実とは!

ジェナーを賞賛して、クライトンを排斥する医学界 の傾向は止まらなかった。クライトンの本はボイコットされ、隠された索引の中に 追いやられた。 
この時から おそらく人類に対する最もひどい欺瞞、「ワクチン予防接種」が始まった。

これまでに開発されたインフルエンザのワクチンがインフルエンザの攻撃を阻止したり、苦痛を和らげることに効力があるという証拠は何もない。ワクチンの製造業者は ワクチンが無駄なことを知っているが、とにかく売り続けているのだ。






http://blogs.yahoo.co.jp/hpwyn965/30578181.html
第1次世界大戦の末期に猛威を振るったスペイン風邪は、米兵だけで70万人の死者を出し、その多くはワクチン接種を受けた兵士だった。だから、ワクチン接種がされなくなると、スペイン風邪が自然に消滅した。

http://budismo.at.webry.info/200704/article_3.html
英語のウェブページで次のものも見つけた。実際に渦中にいた人によって書かれたものだ。スペイン風邪はワクチン接種によってもたらされたと・・・。この場合のワクチンはインフルエンザワクチンではない。インフルエンザウイルスは発見されていなかったのだから。チフス、ジフテリア、種痘、破傷風、ポリオ等の伝染病だ。すでにワクチンメーカーがこれらのワクチンを売り出していた。第一次大戦は短かったのですべてのワクチンを使い切ることが出来ず、メーカーはキャンペーンを張ってそれを使わせたというのだ。兵士に、そして、その兵士が伝染病を持っているかもしれないと不安を知らせて住民に・・・。この時期はアメリカの歴史の中でもっとも大きなワクチンキャンペーンだったと述べている。ワクチン接種のしすぎは他の感染症を引き起こす。短期間の間に複数のワクチンを投与することも危ないと述べられている。これは今や常識になっていると私には思われる。それがその当時行われたとこの論文ではいうのだ。そのことで様々な疾病を引き起こしたというのだ。






http://www.geocities.jp/renaissais/mm/vaccination.html
ワクチン(予防接種):

真の天才であるアントワン・ベシャンが化学者 ルイ・パスツール狡猾なショーマンシップと偽科学によって影をひそめたように、これらになぞらえることのできる もうひとつの科学上の対立がある。
エドワード・ジェナーとチャールズ・クライトンの対立である。

ジェナーは無名の田舎の医者で、まずロイヤル・ソサエティ・フェロー(M.D.,F.R.S.) という資格を買い、一冊の本を書いた。 ヴァリオラエ・ワクチンという言葉が 使われているのは、その本のタイトルページだけである。ヴァリオラエ・ワクチンとは 中世のラテン語で「牛の天然痘」を意味し、人間の病気が牛の病気に関連づけられている。「牛の天然痘」などという病気は ジェナー'医師'が本に使うまで存在しなかった。 ジェナーは 牛の疱瘡で、人間の天然痘を防ぐことができるという空想を押し通そうとした。このことは、科学的事実に全く基づいていないにもかかわらず 医学の教科書で 「現代医学の最も偉大な発見のひとつ」と称された。 
チャールズ・クライトン博士はジェナーのぺてんを詳細にわたって、暴くために 多くの本は記事を書いた。しかし、ジェナーを賞賛して、クライトンを排斥する医学界 の傾向は止まらなかった。クライトンの本はボイコットされ、隠された索引の中に 追いやられた。 
この時から おそらく人類に対する最もひどい欺瞞、「ワクチン予防接種」が始まった。

引用:

「その人の意志に反して ワクチンの予防注射をすることはできないので、保健機関の 最も大きな仕事は 常に無防備な人々にワクチン予防接種を受けるよう、説得することである。我々は「教育」、「恐怖感」、「圧力」という3つのやり方で説得を試みた。 「恐怖感」と「圧力」のことについてはあまり言及したくないが、これらは、「教育」よりも早く 効果がが現れる。「教育」は概して、時間がかかる。3月から4月にかけて、「教育」 によって説得を試みたが、62,000人しかワクチンを投与できなかった。5月に「恐怖感」と「圧力」によって説得を試みたところ、223,000人に予防接種を受けさせることに成功した。」ーー ドクター ジョン・ケラー

「安全でない 水銀が含まれたワクチンが、自閉症やADHD、ぜんそく、アレルギー、 糖尿病に関与していることが否定できなくなったとき、医学の主流は 自業自得であるが 多大な打撃を被るだろう。激怒した陪審員が 子供や家族のために莫大な額の 保証金を請求するだろう。 そのときが来るのが待ち遠しい。」ーー ドクター リムランド

「私はかつてジェナーやパスツール、ワクチンの効果を信じていた。しかし熟考の末、見解を変えた。」ーードクター ハドウェン

「これまでに開発されたインフルエンザのワクチンがインフルエンザの攻撃を阻止したり、苦痛を和らげることに効力があるという証拠は何もない。ワクチンの製造業者は ワクチンが無駄なことを知っているが、とにかく売り続けているのだ。」ーー ドクター J アンソニー・モリス(元 合衆国薬剤管理科 ワクチン管理部門の主任)

「よく見れば、”健康であること”がすべてだと気づく。しかし WHOによれば、医療とワクチン接種がすべてだ。それはいわば 病気がすべてということになる」 ーー Guylaine Lanctot

「乳児突然死亡症候群は ワクチン接種が始まる以前の時代には非常に稀であり、統計にすら出ていなかった。しかし子供の死亡に備えるはずのワクチン予防接種が大衆に 広がるにつれて、乳児の突然死の数が上昇し始めた。」 ーー ハリス・クールター

「毎日のように新たな親たちが電話をしてくる。健康だった赤ちゃん、子供、10代の 大抵は男の子が、DTP(ジフテリア(diphtheria)、破傷風(tetanus)、百日ぜき(pertussis)の3 種混合予防接種), DT(ジフテリア、破傷風)予防接種, MMR ( はしか、おたふく風邪、風疹 予防接種)あるいは MMR booster の予防接種を受けたあと、 いきなり、もしくはじわじわと、自閉症あるいは他の思考障害に陥るという同様の 悲劇を親たちは語る」ーー 希望プロジェクト(アイルランド)

「医療上の権威はウソをつき続けている。ワクチン接種は免疫システムに大きな損傷を 与えてきた。実際ワクチンは多くの病気を招いてきた。われわれの遺伝子コードは ワクチン接種によって変化を生じている。」ーーGuylaine Lanctot M.D.

「ワクチン接種による免疫化は害があるだけで効果は全くないということを示す証拠は たくさんある。」ーードクター J アンソニー・モリス

文献:
"Murder By Injection: The Story of the Medical Conspiracy Against America"
「注射による殺人:合衆国に対する医療上の陰謀の話」
著者: Eustace Mullins, National Council for Medical Research - P.O. Box 1105, Staunton, Virginia 24401, United States. 1988. 348 pages
内容:この本は、アメリカ人の健康が確実に悪化しつつあることに責任がある、ロックロックフェラー シンジケートが、いかに様々なやり方で私腹を肥やし、危険な手段を講じているかについて語る。
"A Shot in the Dark"  「闇の注射」
著者:Harris L. Coulter, Ph.D and Barbara Loe Fisher. Avery Publishing Group. 1991. 246 pages
内容: この本は百日咳の全細胞ワクチンがいかに危険か、というぞっとする記事を、また、このワクチンによる若い犠牲者の悲劇をのせている。FDAと製薬会社が行った 罪業を暴露している。
"Vaccination, Social Violence, and Criminality: The Medical Assault on the American Brain"
「ワクチン予防接種、社会的暴挙と犯罪:アメリカ人の脳への医療攻撃」
著者:Harris L. Coulter, Ph.D. North Atlantic Books. 1990. 300 pages
内容:この本では、赤ん坊の頃にワクチン予防接種を受けることの危険性について語っている。ワクチン投与と自閉症、多動症、アレルギー、自動免疫の病気、学習障害の関係について述べる。さらに 神経系へダメージとアメリカ社会の犯罪率の高さの関係について、説得力のある議論を展開する。
"Vaccination: The Medical Assault on the Immune System"
「ワクチン予防接種: 免疫システムへの医療攻撃」
著者:Viera Scheibner, Ph.D. 1993. 264 pages
内容:この本はワクチンとその効果についての伝統的医療による研究がもたらした結果を簡明に要約している。ワクチン予防接種が、短期的、長期的にもたらす危険な副作用についてのべ、感染症予防には全く効果がないことを明らかにする。また、三種混合(DPT)の予防接種とポリオワクチンが、赤ん坊の死がうわべだけの関係であることを 詳細に語る。
"Poisonous Prescriptions"  「有毒な処方箋」
著者:Dr Lisa Landymore-Lim. PODD. 1994. 174 pages
内容:製薬会社の薬の 毒性と逆の効果(悪い効果)について述べ、ぜんそくや 糖尿病と抗生物質、その他の薬剤との関係を詳説する。

リンク:
危ないぞ予防接種http://www4.airnet.ne.jp/abe/vaccine/tocmatigai.html




http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/828.html

 第二章    予防接種の驚くべき歴史

 予防接種は、天然痘にかかったときの危険を最小限に食い止めようという、何世紀にもわたる試みから始まった。人々は天然痘を防ぐ種痘法の父として、エドワード・ジュンナーを知っているが、事実は牛痘(牛の天然痘) の種を使ってこの病気を予防しようという試みは、彼が実験をする前の世紀から行われていた。彼のアイデアは、この方法を使うことから生まれたのである。

 古代のイギリスやドイツで魔術や予言などを業としていたドワルド派の僧侶たちは、
徐々に身体の抵抗力をつける試みとして、天然痘の患者の膿疱からしみ出した液を均
質に薄めたものを使ったりしていた。中世においては、同種毒療法として知られる天
然痘の生物(膿や溶出液など)を使って病気を治療しようとする方法が、当代一流の
天才的医学者パラセルサスによって、特別に用いられた。歴史家ル・デュクによれば、
一六七二年シラクサの老女がコンスタンチノープルで同じような方法を用いたとのこ
とである。彼女は希望者の肌に×型に切り傷をつけ、傷口に天然痘の膿汁をこすりつ
けた。そして、これが天然痘を予防する確実な方法なのだといっていた。また、こう
した天然痘の分泌物に触れることを勧める以外の方法として、敬虔な祈りを捧げるこ
と、肉食を絶つこと、四十日間断食をすることきも行われていた。なかでも断食は、
個人の健康上意味深い利益効果があるとして好まれた。

 なのに、この時代に天然痘がヨーロッパの広い地域に流行していたことは、記憶す
べきことである。しかも多くの地方でよく似た予防法が行われていたけれども、すべ
て自己満足にすぎなかったのだ。
 しかしながらこのとき、エドワード・ジェンナーの仕事によって、種痘の組織的な実施が行われるようになったのである。彼の職業は散髪屋で、手足を治療する医師でもあった。バーナード・ショウによると、天才というに値する彼のたった一つの資格は、牛の病気である牛痘に触れると天然痘にかからないという考えを、ジュステイという農夫から聞き出したという点だけなのである。
 この話の実際は、もっと複雑である。というのは、牛痘にいつも触れている乳しぼりの人たちから十分な情報を得ていながら、ジュステイの批判にもかかわらず、ジュンナーは「この防衛力は馬から得られたものであって、牛たちは馬痘に感染していたのだ」と主張したのである。そして彼は、病気の馬から直接人に接種することを主張した。にもかかわらず、彼の実験は当時の人々に幻想をもたらし、英国議会は総額三万ポンドの賞金を彼に与えたのである。
 一度種痘に成功すれば、二度と天然痘にかかることはないという彼の主張は、これに反対する山のような証拠があったにもかかわらず、広く受け入れられた。後になってヨーロッパでは、すべての幼児たちが牛痘の接種を受けることになった。そのあげく(十九世紀後半に)天然痘の大流行に蹂躙され、それがきっかけとなって、ジエンナ一によって提唱された方法は禁止されたのである。
 リンドラールは次のようにいっている。「一八七〇~一年にドイツでは天然痘が猛威を振るっており、一〇〇万人以上の人が罹患し、一二万人が死亡した。ところが、これらの人の九六%は、種痘をしていたのである。たった四%の人が防衛力のない状態だったにすぎない。そこで、ドイツの首相・ビスマルクは各州の政府に通達を送り、その中で、発疹性のおびただしい病人は種痘に起因していること、そして天然痘予防のための牛痘接種の効き目は完全にいつわりであることが明らかになったことを述べていた」


バーナード・ショウは『ネイション』誌上に、次のように書いている。

 「種痘によって生命を守るのに失敗したことが否定しきれなくなると、とどのつまり、七年間はまだ有効だといい立てる(七は特別な魔法の数である)。そして多くの場合、再接種を義務づけたのだ。最も驚異的な大流行が起こって、種痘の義務接種が再高調に達した一八七一年には、毎日誰かが死の災害を受けたのである。この状態は、一八八一年の他の大流行まで続いた。ついでではあるが、この一八八一年には私も接種されたが、病気にかかってしまった。だが私は祖父よりも幸いであった。祖父は旧式の接種をし、種痘をし、その上自然の天然痘にかかったのであるから」

 それから後は、専門家たちは種痘にのみ頼ることは止め、発生を抑制する方法として隔離を始めた。

 すると、この方法は驚くべき成果を上げ、衛生学の進歩とあいまって、天然痘の発生をみごとに低下させた。
こうして種痘の強制は大失敗に終わり、ついに廃止されることになったのである。

 しかし、このように失敗が明白であり、その副反応が多発したにもかかわらず、種痘主義者は、強制接種をしている期間はヨーロッパ全体として発生が低下しているとして、種痘を正当化しようと試みた。もちろん、この低下と種痘とが相関しているならば、他のすべての方法は排除され、この方法の失敗よりも発生率が低いという長所
のために、種痘の継続を促進することが重要であることを示していたはずではある。
けれど、天然痘の影響力の低下に対する栄誉を種痘に与えることはできなかった。な
ぜなら種痘をするしないに関係なく、ヨーロッパすべての地域で低下が起こっている
という事実があったからである。もしいくらかでも効果があるならば、コレラ、チフ
ス、結核、赤痢といった同時代に流行した他の多くの「死に至るやまい」の減少に対
しても、同程度には効果があると認められるべきであった。

 イワン・イリッチは、明確に指摘している。「工業化時代の最初から優勢であった伝染病に対しては、どのような医療が効果的であったかを、明らかにすることができる。たとえば、結核は二世代にまたがって最高潮に達した。ニューヨークでは一人…年に結核の死亡率は確実に最高であった。そしてコッホが最初に結核菌を培養し菌体染色をした六九二年までには、人口一万人当たり三七〇人に減少していた。最初のサナトリウムが一九一〇年に開院したときには、その率は人口完人当たり一八〇人に減少していた。当時結核は、死亡率表の第二位であったけれど、第二次大戦後は、抗生物質が一般に普及する以前でも、一万人当たり四八人の率で、死亡率表の十一位にすべり落ちていた。コレラ、赤痢、チフスなども、医療にたよることもなく、同様にピークに達した後、衰えてしまったのである。病因論が解明され、特効ある治療法が確立されるときまでに、それらの学問は関連性の多くを失い、必要ではなくなっていた。猩紅熱、ジフテリア、百日咳、麻疹の一八六〇~一九六五年間の総死亡率は、十五歳以下の子どもでは、抗生物質の導入とジフテリア予防接種の普及する以前であったが、この期間に総計で、九〇%近くの減少を示している」


この死亡率の低下についての説明は、衛生状態の改善、住環境の向上、そして何よ
りも栄養状態の向上のために、病気に対する抵抗力が強化されたこととともに、微生物そのものの毒性の変化に、関連させることができる。

 このようにして、天然痘や過去の多くの感染症の自然史は、よく似たパターンをたどった。そして、これは予防接種に関連があるというよりもむしろ、人間集団でのより良い環境、より良い栄養状態に関連が大きいのである。このことは、これらの感染症を制圧する方法を改善するために、全力を注ぐ立場に立って考える場合、我々に明白で重要なガイドラインを与えてくれる。
                       (注1)

 そして、その場合、宿主(ホスト)とその免疫機能が、中心的で最も重要な視点となる。論争の常として、免疫機能を高める最高の方法は病原菌を弱めたり菌体の限られた一部分を取り出した感染源(すなわちワクチン)にさらすことだと考える人もいれば、免疫機能を高めるには住環境や栄養要因を改善しなければならないと考える人もいる。もちろん、もしわずかの危険だけの予防接種で効果があるならば、我々は、そうだと信じさせられているが - その論争は、公平に考えられるものとなるであろう。しかしながら、予防接種は本来短期や長期の危険性をはらんでいることが判明しており、またどれほど防衛効果があるかも疑わしいという指摘もあるので、すべての該当者への大量集団接種には、再評価を加える必要があるのだ。

 とにかく、ジュンナ一によって推奨された方法は、十九世紀には悲劇的な失敗に終わった。そして 強制接種計画は、終局的には崩壊してしまった。

「新型インフルエンザ・ワクチン」は断種ワクチンだった!

動画 妊娠初期にはタミフルは危険!

http://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w#t=3m17s















http://quasimoto.exblog.jp/11210550/
2009年 09月 24日
「新型インフルエンザ・ワクチン」は断種ワクチンだった!
みなさん、こんにちは。

いよいよ今回の「新型インフルエンザ・ワクチン」の問題点がはっきりしてきたようだ。今回はこれを紹介しておこう。

以前「ジェフリー・タウベンバーガー:「新型豚インフルエンザ」を人工的に作製した張本人」、「「動物はなぜ死ぬのか知りたい」研究者たちが「キメラインフルエンザ」を作る!」で紹介したように、今回の「新型豚インフルエンザ(swine flu)」は、タウベンバーガー博士たちが作ったものをだれかが流行らせたことは間違いなさそうである。タウベンバーガー博士が作った「人工的インフルエンザ・ウィルス」は欧米の大手製薬会社に送られたことはよく知られているからだ。

なぜなら、このインフルエンザが流行る今年より2年前にすでにバクスター社がこっそりこの「新型インフルエンザ・ウィルス」の”特許”を取得していたからである。
バクスター社、2年前に、今回のインフルのウィルス型・ワクチン型 の特許を登録
Baxter Vaccine Patent (2 yrs prior to outbreak)

タウベンバーガー博士や河岡博士などは病気を流行らせる要因の方である。これに対してノバーティスなどのワクチンメーカーは今度はそれに対する”救世主”の立場で登場する。悪くて憎く気病原体を果敢に責めて防ぐ方の「善いもん(good face)」である。しかし、そこにも実は巧妙にしかけられた罠がある。

このノバーティスのワクチンには「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」というタンパク質が仕込まれている。実はこれが曲者だった。今回の「インフルエンザ騒動」の最大の瞬間はこのタンパク質を人々に注入することである。



この「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」は、ノバーティス社のホームページの説明では、ほとんど無害、これほどまでにすばらしい抗ウィルス剤はないというふれこみである(同様に、欧米の権威の前には無力な「日本生物科学研究所」でもこれに同調している。「MF59オイルアジュバント」)

しかし、これこそが大問題を引き起こすということが最近明らかになってきた。例えば、以下のもの。
ノバルティスのワクチンに 毒性物質“MF-59 アジュバント”「特許名:Adguvant MF-59」
この中の日本語訳で「Clauba Bron(人名または組織名?)」とあるのはおそらく「Club of Rome(ローマクラブ)」のことである。この元のニュースは以下のものである。
The Nutrimedical Report Archive(Sept. 18, 2009)

この物質「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」の祖先は、そもそもペットを不妊にすることが目的で作られた「1998年のペット用ワクチン」に仕込まれた「アジュバント-9」であったという。このペット用の「アジュバント-9(Adguvant 9)」を人間用に開発したものが「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」である。

この物質の副作用の詳細は分かっていないが、ワクチン接種した動物を永久に不妊症にすることだけは確かであるようだ。さらに、悪いことに「日本生物科学研究所」の「MF59オイルアジュバント」の図
にあるように、このワクチンを接種している最中に何かの化学物質に汚染すると今度はそれが引き金となって炎症が起こり最後には腫瘍化するのである。
このことから、どうやら最近世界中で「モルゲロンズ病」という謎の炎症や腫瘍の皮膚病が流行っているらしいが(例えば、「レン・ホロウィッツ博士の「聖なる螺旋の海賊」」)、この原因の1つがこの「アジュバント」のせいかもしれない。
そんなわけだから、子供に優先的に「新型豚インフルエンザワクチン」を接種するというのは、実に考えものである。確実に両親にこの事実を伝えた上で承諾してからにする他ないだろう。実際には、「アジュバント MF-59」の他にも、例えば水銀などたくさんの危険物質が入っているのは確かだから、ノバーティスのワクチンを接種しないようにするのがベストであろうが、大手や権威(実際には偽権威)のいうことなら何でも信じたり、信じさせるのが日本の権威たちであるから、欧米のNWOの思うがままだろう。

もしこのノバーティスのワクチンを接種した場合にはその人たちの「追跡調査」が必須であろう。一種の生体実験なのだから、その人々が”どうなるか”見守る他ないからだ。将来不妊になるのか、変な皮膚病になるのか、知能が劣ることになるのか、こういう調査が必要である。さもなくば、後で何か起こった時に損害賠償請求できないからだ。ところが、日本政府(おばかな麻生政権)はノバーティス製品で問題が生じても訴追しないという契約を結んでしまったのだから驚く。これでは損害賠償請求はノバーティスではなく結局日本政府へということになり、結局我々の血税があてられ日本人が損するだけのことである。ふんだりけったりの政治である。目も当てられない。困ったことである。
ちなみに、アレックス・ジョーンズもこの問題を報じている。
さて、ついでに付け加えておくと、今現在では欧米のイルミナティー企業が作るものにはすべて「毒」が入っている。それは寿命を縮めたり不妊にすることが彼らのアジェンダ(長期計画)に入っているからである。例えば、「飲料水」にはフッ素、「スポーツ飲料」にはアスパルテームやアセスルファムカリウムなどの人工甘味料、ワクチンには有機水銀やアジュバントMF-59などの物質、食肉には成長ホルモンやプリオン、遺伝子組み換え作物には不妊遺伝子などなど。このことからもこういったことが偶然に起こっていることではなく、用意周到に考えられて行われているということは明白だろう。


http://quasimoto.exblog.jp/11100135/
ジェフリー・タウベンバーガー:「新型豚インフルエンザ」を人工的に作製した張本人
みなさん、こんにちは。
今回は、これからさまざまな疾病、特に空気感染するインフルエンザが流行するだろうことから、ちょっとこの話題を紹介しておこう。
今回の「豚インフルエンザ」を人工的に作製した張本人がいよいよ明らかとなった。この犯人は、日本人コメディアンの彦摩呂に似た、ジェフリー・タウベンバーガー(Jeffrey Taubenberger)博士という”気違い科学者”である。
この問題を”勇敢にも”たてついて心ある人々に暴露したのは、他でもない、我らが英雄のイギリス人デービッド・アイク氏である。彼にはノーベル平和賞を100個くらいあげても良いほどである。この記事は以下のものである。残念ながら英語である。太田龍氏亡き時代にはこれは日本語に翻訳されることはないだろう。

人間は体内マイクロチップで管理される!

マイクロチップ注射器が世界的に問題になりつつある中、日本でもインフルエンザワクチン用の新しい注射器が発売された、0.5ミリリットルの接種時に、これまでより、残ってしまうワクチン液を約10%減らせるらしい(つまり0.05ミリリットルの節約)
0.05ミリリットルの節約の為に、注射器が開発された。


http://www.asahi.com/special/09015/TKY200911020166.html

http://www.terumo.co.jp/press/2009/033.html

節約できる注射器も
 医療機器メーカー大手のテルモ(東京都渋谷区)は10月19日、インフルエンザワクチン用の新しい注射器を発売した。これまでの注射器は内部にワクチン液が残ってしまい、有効利用できない分があったため、注射器と針の接続部分を改善した。
 実験では0.5ミリリットルの接種時に、これまでより、残ってしまうワクチン液を約10%減らせたという。月100万本を生産する予定だ。
 新型インフル対策に貢献できるとして、製造販売の承認は通常8カ月かかるところを、半分以下の3カ月で取得できたという。





http://icke.seesaa.net/article/128923078.html
博士によると、聴衆の一員のある女性が、ウイーンの薬品会社に勤めている友人に「豚インフルのワクチンの注射針の針先にナノ粒子が付けられている」と教えられた。なお、ワクチン製造薬品会社のバクスター・インターナショナルはウイーンに子会社がある。
その微粒子は肉眼では見えないが、12倍の顕微鏡のような低倍率のものでもはっきり見ることができるという。
女性によると、その薬品会社の社員たちは、このナノ粒子は人間の肉体の中で、コンピュータのマザーボードのような働きをして、多くのデータをこのナノ粒子に記憶することができるという。





http://icke.seesaa.net/
2009年11月10日 Tweet It!
注射針とチップ
特殊な針が必要なためノルウェーのワクチン計画に遅れが生じている
ノルウェーの豚インフルワクチン接種計画が遅れている。理由は、病院が特殊な注射針と注射器を待たなければならないからだ。
政府支給の特殊な注射針が用いられるのは、ナノ・チップが含まれているからだということを意味する
注射器のパッケージのバーコードがトレーサビリティを可能にするだろう。
また、巨大薬品企業は全部、ベリ・チップ社とRFIDチップの契約を結んでいると伝えられる。



http://icke.seesaa.net/article/131448774.html
尖っていない注射針
豚インフルワクチンには尖っていない注射針を使う

アムステルダム-豚インフルのワクチンを注射するのに使う注射針は尖っていないと、Medical Contactのオンライン版で家庭医のJan Takkenが語っている。
「患者に注射するとき、そのために、汚くかんに触るような感覚を起こさせる」と同医師は語る。

オランダ家庭医協会では、スポークスマンが季節性インフルエンザワクチンでは通常の注射針を使うのに対して、豚インフルでは違う針が使われていることを確認した。
「このワクチンに対して特別に開発された注射針である」とオランダワクチン研究所のスポークスマンは説明している。

(アイク)
報道されているように豚インフルワクチンのために特別に開発された注射針。ナノ・テクノロジーのマイクロチップを先端に埋め込み、「豚インフル」の予防注射をする人皆に、チップが挿入されるのか?





マイクロチップ
●マイクロチップとは
1.動物の個体識別等を目的とした電子標識器具である。
マイクロチップには、犬の鑑札のように動物の体表に装着する方式、豚の耳標のように動物の体表に付着させる方式、動物の体内に直接埋め込む方式等があるが、通常、専用の挿入器(使い捨てタイプ)で犬やねこ等の背側頚部皮下に埋め込んで使用するのが一般的である。
2.それぞれのマイクロチップには世界で唯一のナンバーがメモリーされており、読取器(リーダー)から発信される電波によってナンバーを読み取り個体識別を行う。
3.内部はIC(電子回路)、コンデンサ及び電磁コイルから構成されている。これらを生態適合ガラス(鉛を含まないガラス)で完全にシールしてある。
4.マイクロチップの情報を読み取る仕組みは、読み取り器(リーダー)から発信される電波が、電磁誘導によってマイクロチップ内のコイル(アンテナ)に電力を発生させ、これによりICチップが起動し、15桁のナンバーのデーター電波を発信する仕組みとなっている。、
このため、マイクロチップ本体には電池が不要であり、半永久的な使用が可能である。

●大きさ、形状と材質
直径2mm、全長約12mmの円筒形で、全表面は生体適合ガラスで覆われ体内移動を防止するため微細な凹凸が付いているものもある。両端は丸く処理されていて密封されている。

●安全性と耐久性
少なくとも30年程度は耐用(その動物の生涯にわたり使用可能)するように設計されているが、現在に至るまで故障等は報告されていない。また、外部からの衝撃による破損事故の報告もない。
通常の皮下注入に比べると、やや針が太いが、一瞬で注入できるので動物に過度の苦痛を与えるようなことはない。またチップ表面素材は生体適合ガラスを使用しているため、注入による副作用はほとんど認められない。
●使用可能対象動物および注入時期
MCの使用は哺乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類に可能である。犬、ねこへのチップの注入は、通常、犬は生後2週間齢頃、ねこは生後4週齢頃から可能であるが、個体差を考慮すべきである。
犬、ねこ以外の動物の場合は、その種類・大きさ等を獣医師が判断して注入時期を決定する。




11111.jpg

ICチップはナノ化し、もはや注射針で体内に挿入・装着することができるようになった。
ワクチン接種の必要性を強調してこういった注射によっていままでに、エイズウイルスや鳥・豚などの新型インフルエンザを散布してきたとも言われている。
大量ワクチン接種の要点はナノテクノロジーのマイクロチップを埋め込み、精神的、感情的そして物理的に肉体を永遠に操作できるようにすることだ。また、それには特定の個人を暗殺したり、大量絶滅を引き起こすいわゆる「死のチップ」もある。
「パンデミック」がでっち上げられた大きな理由は、このチップを埋め込むためであるという証拠がどんどん集まってきている。

ナノテクノロジーによってここまで最小化されたICチップ

マイクロチップ < 注射針の口径
マイクロチップが注射針の口径よりも小さい
のだ。
イルミナティの世界計画は、人口の間引きと、
全ての男女・子供にマイクロチップを埋め込むことである。

マイクロチップで24時間、毎日、すべての人が追跡可能になるが、それだけではない。
マイクロチップと通信するコンピュータ技術を利用すれば、人間の思考、感情、そして身体の物理的な動きまで操作することが可能になる。
マイクロチップに独自の信号を送受することで、集団的に操ることも、個別に操ることもできるだろう。 リモートコントロールで誰かを殺すことも簡単だろう。

どうしてこの話をするのかといえば、1997年にCIAの科学者が私に話してくれたように、政府の秘密軍事研究プロジェクトで開発されたマイクロチップは、1997年その当時でさえワクチン接種に使用される皮下注射の針で注入することが可能なほど小型化されていた。
ナノテクノロジーをもってすれば、誰も気付かないだろう。






ドルに代わる新しい世界通貨


 米国最大手スーパーマーケットのウォルマートは、超小型のICチップを埋め込んだ商標(タグ)使用し始めている。これはウォルマートが米軍から「要請」を受けて実験を行っているものである。

 瞬時に商品の生産地や消費期限、配送ルート等の情報を読み取る事の出来る安価なICタグは一見便利ではあるが、ウォルマートは米国国防総省・米軍と一体化しながら、その実用化を計っている。

 国防総省の目的は全ての人間の身体にICチップを埋め込み管理する事チップの動きを通信衛星で監視する事により、全ての人間の日常行動を「トイレの中まで監視する」事にある。

その端序である、チップを埋め込んだクレジットカードは既に、広範に普及している。

 この人体埋め込み用のICチップにクレジットカード機能を持たせる事により、米軍は全人類の個々人の、誰が、どこで、何を買ったか、つまり全ての人間の趣味、交遊関係、経歴、行きつけの店、読んだ本の中身、ネット上で閲覧したデータを「全て把握する」事が出来る。

 こうした軍隊による超中央集権・管理支配、ロスチャイルド世界帝国の形成を目指し、ウォルマートは既に国防総省の一部として活動している。

先のロンドンG20で、問題提起され、あまり深く議論の行われないままに「放置された」、新しい世界通貨は「終局的には」、この人体埋め込みタイプのチップの形を取る。

この人体埋め込みタイプのチップは、肉眼では確認が困難なサイズの物が、幼稚園、小学校で行われる予防注射の際、また献血の際、注射針の先端に付けられ、既に広範な人間の身体内に強制的に埋め込まれている。

 なお長年、このウォルマートの顧問弁護士であったのがヒラリー・クリントンであり、先の大統領予備選挙でのヒラリーの最大資金源であったのが、ウォルマート創業者一族のアン・ウォルトンである。


157345 キャッシュレス社会の罠~全人類支配を目論む闇の権力者によるマイクロチップ移植計画
2007年07月21日 / アメリカ:闇の支配勢力と略奪闘争
157345 キャッシュレス社会の罠~全人類支配を目論む闇の権力者によるマイクロチップ移植計画
  猛獣王S ( 30代 営業 ) 07/07/21 PM08 










http://74.125.153.132/search?q=cache:O6KFEvLGeG0J:blog.goo.ne.jp/kintaro-chance/m/200707+%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E%E3%80%80%E4%BD%93%E5%86%85%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E6%9A%97%E6%AE%BA&cd=13&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
『キャッシュレス社会の罠』(温故知新・2012年アセンションに向かって)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
世界を操る物たちが最終的にめざすのは、世界人類の奴隷化社会である。

この実現のために、マイクロチップ移植計画が着々と進められています。

マイクロチップとは超小型集積回路のことで、これを移植された個体の行動は逐一チェック・管理することが可能です。

現在は、欧米諸国を中心に500万匹以上のペットに移植され、身元保証や迷子の防止、ペット遺棄の防止などに活用されているのを御存知でしょうか?

これを人間に移植するという。SF小説のようなシナリオが今まさに実現しようとしています。

大企業や政府が予算を投入して、60年代から始まった人体用マイクロチップの研究は、現在、かなり高度なものが完成しています。
下記のサイトを参照して下さい。(但しこちらのサイトは陰謀とは一切関係がありません。)

マイクロチップ1 リンク
マイクロチップ2 リンク
マイクロチップ3 リンク

チップには、出生や家系、職業、所得の記録、顔写真や指紋など、膨大なデータがいれられるだけでなく、発信機もついているから、衛星から瞬時に居場所を知ることが出来ます。

しかも、一度マイクロチップが体内に移植されると、中央コンピュータからの指令で思考操作、感情操作を受け、本人の意思に反した殺人なども行うまでになり得るのです。

全人類支配を目論む闇の権力者(ロスチャイルド家・ロックフェラー家をはじめとする合衆国の東部エスタブリッシュメント・英国王室のウィンザー家・ヨーロッパの王侯貴族)にとって、これほど利用価値のあるものはありません。

つまり、キャッシュレス社会の進展は、人間の存在そのものを否定する。

世界金融による支配体制の勝利を意味します。

闇の世界権力は、こうした自らに都合のよい社会の実現に向けて、9・11、アフガン、イラク戦争、そして次の一手と急ピッチで計画を進めています。

これはけして他人事ではありません。

近い将来にこのマイクロチップが義務づけられるような事態に陥った時には、私は断固として阻止の立場で立ち上がります。

その時は、みなさんも是非共に立ち上がって欲しいと願います。

狂気の新型インフルエンザワクチン強制計画!

ウィルスに感染した人々の殆ど全員が軽い症状である割には、ワクチン接種計画は正気とは思えないほどすさまじい規模とスピードで進められている。

危険なのはインフルエンザではなく、ワクチンである!

3段階でワクチンの作用が現れる。
即座に大量の人が死ぬことはないだろう。技術的には可能だが、そんな状況になればワクチン接種を嫌がる人が増え、予防接種の継続が困難になってしまう。ワクチンの作用は、ある程度の割合の人に対しては即効であるが、大半の人にはしばらく時間をかけて効果が現れるであろう。時間を置いて作用するため、原因がワクチンであることを突き止めにくくなる。
確かなのは、人間の免疫システムをターゲットにしていることだ。免疫システムさえ停止させてしまえば、すべては終わる。



http://tamekiyo.com/documents/david_icke/its_the_vaccine.html
狂気のワクチン強制計画

我々は、世界中の人々に豚インフルエンザのワクチンを強制する計画に直面している。かつて、この計画ほど、我々の断固とした行動が求められるものはなかった。豚インフルのウィルスは、ワクチンを全ての人々に強制するという特殊な意図の下に、人々をパニックに陥れるために実験室で製造された。「問題」を創造し、人々の「反応」を待って、都合の良い「解決策」を実行するといういつものパターンだ。「自然」発生したとされる豚インフルエンザ・ウィルスは、明らかに複数の大陸の人間、鶏、豚の遺伝子を含んでいる。

ウィルスを調合し、ばら撒いた後で、明らかにずっと前から計画されていた大量ワクチン接種計画が実施される・・・ということから推理すれば、理にかなった結論は一つだけだ。危険なのはインフルエンザではなく、ワクチンである。
ウィルスに感染した人々の殆ど全員が軽い症状である割にはワクチン接種計画は正気とは思えないほどすさまじい規模とスピードで進められている。ロスチャイルドの配下にあるイギリス医師会のピーター・ホールデン博士(Dr. Peter Holden)は、豚インフルエンザはそれほど深刻な病気の原因とはなっていないけれども、「優先順位の高い層」を皮切りに、大量ワクチン接種キャンペーンを開始しなければならない、と言っている。どういうことだ? これは国民の健康とは関係ない何かまったく別の話だ。



実際にワクチン接種の仕事をしている人々は、ワクチンに何が入っていて、どのような作用がありうるのか、何も知らないでやっている。彼らは、考えるように命令された通りに考え、やるように命令された通りにやっている、「中継器」に過ぎない。計画の中心にいる人々と、手間をかけて彼らのことを調査している人たちだけが、今起きている事態の真相を知っている。


オーストリアのジャーナリスト、ジェイン・ブルガマイスター(Jane Bürgermeister)は死の豚インフル・ワクチンで人口を間引きしようとする計画を暴露し、WHO(世界保健機関)、国連、バラク・オバマ、「ロックフェラー」という方、「ロスチャイルド」という方、その他に対し、FBIに告訴する手続きをした。
ジェインが言うには、鳥インフルも豚インフルも、実験室で開発され、ワクチン接種による大量殺戮(さつりく)を目的として民衆にばら撒かれたものである。彼女の告訴文書は「細菌テロの証拠」と題されている。米国のことを書いてあるが、世界中どこでも同じことだと彼女は言う。
米国の連邦および州政府の上層部とつながっている国際犯罪企業シンジケートは、人工(遺伝子操作した)インフルエンザ・ウィルスの世界的流行を利用して大量殺戮を行うつもりであり、米国の支配を国連とその軍事力(中国、カナダ、イギリス、メキシコなどから成る国連軍)に移管する目的で、アメリカ人を大量に殺傷するワクチン接種を強要しようとしている証拠がある。
バクスター社(Baxter)、ノバルティス社(Novartis)などのワクチン製造会社と同様に、WHO、国連など多くの組織が、一つの仕組みの一部として機能している証拠がある。その仕組みは、中核となる犯罪組織の指揮で統制され、そこから戦略的指令と資金提供を受けながら、人工ウィルスを開発・製造・流布し、細菌兵器薬物=ワクチン接種の正当化を目論んでいる。その目的は、アメリカ人を抹殺し、北米の資産や資源等を獲得することである。
その規模と手法は歴史的に初めてであるが、犯罪の動機としては昔からある強盗殺人と同じである。中核の組織は、三極委員会のような委員会や、毎年のビルダーバーグ会議で個別に会ったときに、戦略目標と作戦の優先順位を秘密裏に決定している。
(訳者注:三極委員会とは、アジア、北米、欧州の有力者が私的に結集する組織。ビルダーバーグ会議のように秘密組織ではない。1973年にロックフェラーやブレジンスキーによって日米欧委員会として発足した。)


3段階ワクチンの作用

即座に大量の人が死ぬことはないだろう。技術的には可能だがそんな状況になればワクチン接種を嫌がる人が増え、予防接種の継続が困難になってしまう。ワクチンの作用は、ある程度の割合の人に対しては即効であるが、大半の人にはしばらく時間をかけて効果が現れるであろう。時間を置いて作用するため、原因がワクチンであることを突き止めにくくなるだろう。我々にわかることは、ずっと昔に人々の健康のことなど全く関心のない人間によって計画された大量ワクチン接種が実行に移されつつあるのを目の当たりにしているということだけだ。それだけで本当の目的は明らかであるが、ワクチンがどのように作用するよう設計されているかは背後にいる者だけが知っている。
確かなのは、人間の免疫システムをターゲットにしていることだ。免疫システムさえ停止させてしまえば、すべては終わる。免疫を破壊するエイズに感染したらどうなるのか、ご存知の通りである。エイズで直接死ぬことはないが、通常は免疫システムが対処してくれている病気に対抗できなくなって死ぬのである。

アメリカの研究者であり作家であるパトリック・ジョーダン(Patrick Jordan)のような人々の優れた業績のおかげで、工作されたウィルスとワクチンによって大量の数の人間を殺す計画が展開されていることが明らかになった。ジョーダンによれば、人間の免疫システムを停止させるワクチンが長い期間をかけて完成されたという。アメリカの軍隊は何度もモルモットとして使用されたそうである。
ジョーダンの調査によれば、イルミナティは、3段階ワクチンを開発したことが明らかになった。第一段階の接種では、白血球(免疫システム)を不能にする。
第二段階でウィルスを注入する
そして第三段階で再び免疫システムのスイッチを入れる。
途中段階でウィルスは全身に拡散するが、病気になった感覚はない。免疫システムが機能していないために病気を感じないのだ。免疫システムのスイッチが再び入ったとき、免疫システムは混合ウィルスに対して総攻撃を開始し、身体を死に至らしめるという仕組みだ。
これはサイトカインの過剰産生(サイトカイン・ストーム)と言われる。免疫システムは、あまりにも圧倒されると、過剰な抗体を感染部位に送りこんでしまい、身体そのものを殺してしまう。
WHOが豚インフルエンザの「生きた」ウィルスをワクチンに入れるように注文したのも、この文脈で理解できる。今後ウィルスがさらに拡大する可能性が高く、ワクチンのウィルスの強度も上げていくことだろう。WHOのウェブサイトにはこうある
利用可能なワクチンが世界的に不足する見通しであることと、”漂流”ウィルスに対する防護の必要が生じる可能性から、SAGE(WHOの世界的高齢化と成人の健康研究)は、水中油型補助剤の組み込まれたワクチンや弱毒化された生きたインフルエンザのワクチンの生産を促進し、使用することが重要であると、勧告した。




子供への接種を義務化


ワクチン接種を義務化しようと企んでいるのは明らかだ。このファシズムに反抗する親がいれば、子供を失ってもよいのかと脅すことだろう。豚インフル騒ぎになる前の段階で既に、子供の親に対する国家独裁への服従圧力は相当なものになっていた。
ロックフェラー配下の米国CDCは、いままでワクチン注射をしたことのない子供は、この秋に4回ワクチン接種をする必要があるかもしれないと言っている。季節性のインフルエンザ対策で2回
豚インフルエンザ対策で2回ということだ。
遅れを取り戻すってこと? その他の子供たちは3回注射を受ける予定だ。
さきほど紹介したジョーダンの3段階の"3"との一致に注目していただきたい。




ほとんどの人々は善良な子羊のごとく子供と一緒に予防接種の列に並ぶことだろう。これほど露骨な嘘を、疑問もなく受け入れる。そして政府は、こうした従順な人々を利用して、予防接種を拒否する人々を非難するだろう。「予防接種も受けないで、うちの子に感染したらどうしてくれるの?」なんてバカな言葉を聞くことになるだろう。
実際には、列を作って並ぶ「プログラムされた」人々こそが、すべての子供を危険な目に遭わせているのだ。「集団心理」から脱け出して予防接種を拒否する人々に対し、政府は、「集団免疫」を阻害していると非難するであろう。

今こそ同じ考えをもった人々が力を合わせてお互いに支えあい、平和的な非服従戦略の準備をするときだ。一人でやるよりは、大人数でやる方が、ずっと力強い。
ワクチンの強制に屈服してはならない。自分で思考できない人々からの圧力に負けてはならない。もしも、我々と子供たちに国家がワクチン接種を強制することを中止する権利を放棄するならば、いったい他にどんな権利が残っているというのだ?
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード