FC2ブログ

リチャード・コシミズ【旧与党のスキャンダル】

たしかに、民主党に対して何をやっているんだ、という声がないわけではない。
しかし自民党がどんなヒドい政治をしてきたかを忘れてはいけない。




リチャード・コシミズ【旧与党のスキャンダル】









http://richardkoshimizu.at.webry.info/201003/article_4.html
03081.jpg



http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/439.html
ロッキード事件「中曽根氏がもみ消し要請」 米に公文書ロッキード事件「中曽根氏がもみ消し要請」 米に公文書
(朝日新聞 2010年2月12日3時30分)




http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/2017f1b9f7fd400f21fb0d1f2290300d
◎「自民党本部は国有地、土地を返せ」と鳩山幹事長 登記簿も公開します!
民主党の鳩山由紀夫幹事長は29日の衆院本会議で代表質問に立ち、麻生太郎首相(自民党総裁)に対して、「自民党本部の土地は国有地だ」として、党本部の土地を国に返還するよう求めました。




http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/910.html

[政治(民主党政権)] 自民党がどんなヒドい政治をしてきたかを忘れてはいけない

 もう選挙民は自民支持には戻らない


どこまでやれば自民党は気が済むのか。
国民からノーを突きつけられ、野党に転落した自民党は、通常国会の冒頭から、予算審議そっちのけで鳩山首相と小沢幹事長の「政治とカネ」の問題をしつこく追及。

今度は小林千代美代議士(41)のスキャンダルをターゲットにし始めている。
突然、浮上した小林議員(北海道5区)の問題は、選挙中、小林議員の陣営が、北海道教職員組合側から選挙費用として1600万円受け取っていたというものだ。政治資金規正法は、企業・労組が政党支部や政治資金団体に献金することは認めているが、政治家個人への献金を禁止している。

「要するに北海道教組からの資金を、政党支部への収支報告書に記載しなかった、ということです。そのため個人への献金とみなされてしまった」(民主党関係者)

降って湧いた民主党の敵失に、自民党は大ハシャギだ。大島幹事長は「首相の脱税、小沢幹事長の資金、北海道教組の選挙資金と『3大疑惑』が表れた」とうれしそうに会見で語った。小沢問題、鳩山問題につづいて、今後は、小林千代美の疑惑を大々的に取り上げるつもりだ。

しかし、民主党を批判していれば、国民が拍手喝采すると思ったら大間違い。むしろ、自民党のやり方は国民の反発を買うだけだ。すでに新聞の投書欄には「相手政党批判より、理念を語って」「予算のため小沢問題幕引け」という怒りの声が噴出している。

自民党の支持率は下がる一方
国民が自民党に怒るのは当然のことだ。
この時とばかりに民主党を批判しているが、自民党はしつこ過ぎる。

「たとえ疑問が残ろうが、鳩山首相の問題も、小沢幹事長の疑惑も、検察捜査で“シロ”と決着がついたのです。いい加減、幕を引くべきでしょう。なのに、ネチネチ、ネチネチつづけている。党首討論が実現しても、谷垣総裁は国民の関心が高い『景気問題』には、ほとんど触れず、疑惑追及ばかり。しかも、鳩山・小沢問題に飽き足らず、今度は小林千代美のスキャンダルを標的にしようとしている。いつまで、こんな不毛なことをつづけるのか。自民党は野党転落直後、『政策論争をしたい』『建設的な提言をしたい』などと、カッコいいことを言っていたくせに、やっていることは正反対。ほとんど嫌がらせに近い。国民が自民党に嫌気を差すのも当たり前です」(政治評論家・山口朝雄氏)

実際、自民党の支持率はまったく上がっていない。上がるどころか、直近の毎日新聞の調査では、支持率は14%と2ポイントもダウンしていた。とうとう、公明党までが自民党と距離を置きはじめる始末だ。
戦後50年間、自民党はエラソーにふんぞり返り、国民を見下してきたが、建設的な提案ひとつできない政党に成り下がっている。

自民悪政の尻拭いをさせられている民主党
国民の民主党への期待は変わらない

まともな国民は、こんな自民党を二度と支持しないだろう。自民党議員は、永遠に政権に返り咲けないと覚悟した方がいい。
自民党がどんなに民主党を批判しようが、戦後50年間、自民党がどんなヒドい政治をしてきたか、国民は忘れていない。日本社会と国民生活をメチャクチャにしたことを、ハッキリ覚えている。

「ずうずうしいのは、勝ち誇ったように『財源はどうするのか』と民主党を攻めていることです。ここまで日本の財政を悪化させたのは、自民党でしょう。しかも、政・官・財で癒着し、甘い汁を吸うために赤字国債を乱発してきた。民主党は、その尻拭いをしながら、なんとか『国民生活が第一』という理想を実現しようと、もがき苦しんでいる。子ども手当や高校無償化の実現のために必死です。自民党のように無駄なカネを使っているわけではありません。なのに、上から目線で財源問題を追及するなんて、どういう神経をしているのか。本来なら『一緒に財源問題を考えたい』『私たち自民党が悪かった。民主党さんにはご迷惑をかける』と頭を下げてもバチは当たらないでしょう」(法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

もし、自民党が「財源問題を一緒に考えたい」と、前向きな提案でもしていたら、国民だって「自民党も立派じゃないか」と見直したはずだ。しかし、そうしたそぶりも見せない。
自民党は即刻、無駄な悪あがきをやめることだ。
自民党が何を言おうが、国民の多くは、まだまだ民主党政権に期待している。間違っても、自民党支持に代わることなどあり得ない。

たしかに、民主党に対して何をやっているんだ、という声がないわけではない。
。しかし、それもこれも期待の裏返しだその証拠に、これだけバッシングを受けながら、民主党の支持率は34%と、自民党の2倍もある。



リチャードコシミズ氏の日本史分析。

リチャードコシミズブログ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/


本日 2010年2月20日リチャードコシミズ独立党奈良講演会の前半部(後半部は録画に失敗。)
蒙古襲来、朝鮮出兵、ジョン万次郎をリチャードコシミズ氏の視点で解説。

日本の新聞、テレビ、マスメディアが堕落している理由

電通は世界最大の広告会社。
1901年という、まさに20世紀の初めの年に誕生した株式会社 電通。
1930年代に日本で進められた、ユダヤ難民の移住計画河豚計画(ふぐけいかく)。
実現性が無くなり頓挫したが、そのときの人脈が、電通につながる。
戦前、電通は里見機関や軍部とつながり、軍の特殊機関として機能していた。
現在、電通が広告斡旋を独占支配し、メディアを支配している。


聖教新聞社は独自の印刷所を持たず、全国の新聞社、おもに毎日新聞社系列の印刷会社(関東は東日印刷、関西は高速オフセットなど)に印刷を委託し、このことによって日刊化を可能としている。公明新聞も同様に独自の印刷所を持たず、各地の印刷会社に印刷を委託。なのでメディアは創価学会を批判できない。メディアは創価に頭が上がらない。創価絡みの犯罪は書けない

松本サリン事件時、まともなことを書いていたのは唯一ジャパンタイムズ。オウムと創価の関係を書いていた。圧力がかかり記者3人は首になった

記者クラブ、新聞教会はアメリカを批判しないのが不文律。読売新聞はCIAがお金を出して作った。
読売オーナー正力松太郎はCIAからポダムと呼ばれていた。





02111.jpg



リチャードコシミズ氏のブログ


リチャードコシミズ氏 本日2月11日の学習会 マスメディア①




リチャードコシミズ氏 本日2月11日の学習会 マスメディア②

2012年EMP電磁波パルス計画?

NASA観測衛星テミスは磁気圏に地球4個分の巨大な穴が空いていた事を発見。
2012年は黒点が増える年であり、太陽の大規模なフレアが起こる可能性が高い。磁気圏の巨大な穴のため、通信に障害が発生し、大規模な停電が起こり、人体に影響があるかもしれない。
支配者達はこれらの情報を悪用し、上空で核爆発をひっそりと起こし、EMP電磁波パルスによる精密機械の破壊をもくろんでいるかもしれない。
そして下記の出来事はEMP電磁波パルス攻撃の予行演習かもしれない。
11月18日(水)午前12時7分にアメリカ西部のユタ・ネバダ・アイダホ・ワイオミングの各州で2-3秒にわたって白昼のように光が輝く現象が発生した。すべてが明るく照らし出されて、まるで夏の昼間のように見えたが、それは冬の真夜中に起きた出来事だった。
ソルトレイクシティーの連邦航空局(FAA)のコンピュータがダウンして、2000便近い飛行機に遅れが生じている。








09.12.12リチャードコシミズ東京学習会【純粋水爆】2/9


09.12.12リチャードコシミズ東京学習会【純粋水爆】3/9

09.12.12リチャードコシミズ東京学習会【純粋水爆】4/9



EMP ( 電磁パルス ) 発生装置




http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-da0b.html

2009年11月29日 (日)

>18日深夜、米国西部が数秒間だけ「真昼」になったわけ



11月18日アメリカ西部各州を照らしだした不思議な深夜のフラッシュ

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/d/20091120
(引用)
11月18日(水)午前12時7分にアメリカ西部のユタ・ネバダ・アイダホ・ワイオミングの各州で2-3秒にわたって白昼のように光が輝く現象が発生した。すべてが明るく照らし出されて、まるで夏の昼間のように見えたが、それは冬の真夜中に起きた出来事だった。
(引用終わり)

瞬間的だが、確かに昼の明るさになっている。これは何だろうか?




次にこれ。
FAA Computer Glitch Knocked Out Electronic Flight Information
http://abcnews.go.com/Travel/BusinessTraveler/faa-computer-glitch-delays-flights-nationwide/story?id=9124958

なぜか、その直後の19日未明、ソルトレイクシティーの連邦航空局(FAA)のコンピュータがダウンして、2000便近い飛行機に遅れが生じている。

前者は隕石の落下、後者はもちろん故障で片付けられているが、隕石の落下で、地平線まで昼の明るさになるなんて考えにくい。

じゃこれは何だ?

また、時を同じくして、空軍の防御システムの見直し命令が出ている。
http://www.msnbc.msn.com/id/34053513/ns/us_news-the_new_york_times/

911以降、FAAのシステムは空軍に直結しており、空軍はすべての民間航空機の飛行を把握しているが、何か緊急事態が起こり、空軍の防御システムのチェックのため、FAAのコンピュータを一時的に止めたのではないか?

18日の米国西部の広範な「閃光」がその緊急事態ではないのか?



これは真夜中の0時過ぎの光景である。

また、

http://www.space.com/scienceastronomy/091118-utah-meteor-fireball.html

によると、この「閃光」は、TNT換算で0.5~1キロトン級だったという。


そして、ここからにわかに信じかたい話となる。ロシアの諜報サイトを自称しながら、なぜかサーバーは、CIA本部の住所にあるサイトの話だが(笑い)。まあ、このこと自体が米国の内乱状態を示すのかもしれないが。それに最近、ここはよくハングする。

Nuclear Attack On Denver Fails, US Air Force Explodes Missile In Sky
http://www.whatdoesitmean.com/index1301.htm

一言で言えば、デンバー国際空港(NWOの拠点の1つ))に向けて発射された1キロトン(広島15キロトン)の核ミサイルを迎撃した閃光である。
人口希薄地域だが、今後30年間発ガン率が上昇するかもしれない。

リチャードコシミズ独立党VS北朝鮮右翼(事務所前での街宣)

2009年10月1日に行われたリチャードコシミズ氏事務所前での北朝鮮右翼の街宣活動がありました。
その様子と後日(10月4日)に行われたリチャードコシミズ独立党学習会の動画




 リチャ-ドコシミズ氏10月4日学習会(北朝鮮右翼)での総評
http://www.youtube.com/watch?v=F20-VANj-P8&feature=related#t=1m32s


学習会「リチャ-ドコシミズ氏北朝鮮右翼」
8分割動画を一気に連続的に見れます!


http://www.youtube.com/watch?v=kXYUVwL4RQ4&feature=PlayList&p=D45528C622F54D44&index=0&playnext=1





10月1日リチャードコシミズ氏事務所前での街宣
北朝鮮右翼側から取った動画




独立党側から取った動画
プロフィール

harpman

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード