維新と『森友学園の産廃処理会社』とのつながりに注目!


瑞穂の國記念小學院の土地に埋設物があった場合の
産業廃棄物を搬出する業者は

藤原工業株式会社
という会社が主に担当
をしていることが
判明しました。

また

その藤原工業株式会社が維新の会に献金していた!

さらに

藤原工業の下請けの田中造園土木の秋山肇社長が亡くなった。

 昨日お伝えした森友学園関連で犠牲者となった工事関係者ですが、森友学園の残土処理を行っていた㈱田中造園土木の秋山肇社長との情報です。死因に関しては医師は自殺、家族は心臓発作としており食い違いがあります。医師の客観的な判断が自殺にもかかわらず、家族は事件性のない疾病による死亡だとせざるをえない理由があるのでしょうか。

032105.jpg


維新の会が森友学園建設会社から10万円の献金

藤原工業㈱  100000  平成25年12月27日 大阪府吹田市寿町2-26-9 藤原浩一
https://twitter.com/onishisatoru/status/844051773488693248
032104.jpg


http://kyoto-seikei.com/hp/2017/03/09/%E6%A3%AE%E5%8F%8B%E5%AD%A6%E5%9C%92%EF%BC%9A%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E8%A6%8B%E7%A9%8D%E6%9B%B8%E3%83%BB%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E3%88%B1%E3%82%82%E5%8A%A0%E6%8B%85%E3%81%8B/
032103.jpg

http://www.fujiwarakk.co.jp/comp/index.html
032102_20170321163734048.jpg

http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015480
【アベ友疑獄】土木業者が自殺 8億円の土、搬出に関係か
2017年3月9日 00:40

 7日夜、大阪府内の土木工事業者が自殺した。警察は、遺書がなく外傷もないことなどから自殺として処理した。

 昨夜遅く「森友学園の工事関係者から死者が出た」とのツイートがあった。

 死者が出るとすれば、8億円値引きの根拠とされる土の搬出に絡む業者だ。具体的に業者名をあげるツイートもあった。土の搬出を請け負った建設会社の下請け業者の名前だった。

 安倍首相、麻生財務相らは「8億円は妥当」と開き直る。だが土の搬出業者がイカサマを明らかにすれば、首相は一気に窮地に追い込まれる。

 自殺した業者は「森友事件」の核心を握ることになる。だが、会社名の出た業者に電話を入れたところ「ウチは森友の工事に関わっていない」という。

 一方、工事を直に請け負う建設会社に聴くと「アソコの会社には発注してますよ」とあっさり認めた。

 産廃の搬出であるため、豊中市環境部に尋ねたが、「下請けまでは把握していない」とかわされた。

 社長が自殺した土木工事会社のガレージに行くと見覚えのある特殊車両があった。積載物を外に撒き散らさないように密閉、圧縮して運搬するゴミ収集車のような車両だ。車体の色も特徴のあるオフホワイトだった。 

 まったく同じ型と色の車両が、瑞穂の國記念小學院の建設現場に出入りしていたのを思い出す。

 ただ残念なことに車両ナンバーを正確に覚えていない。自殺した業者が間違いなく土の搬出に関わっていた、と田中は断言できないのだ。

 疑獄事件には死者が付きまとう。古くはロッキード事件(1976年)で、事件を追っていた日経新聞記者が急死、児玉誉士夫の通訳・福田太郎氏、田中角栄の運転手・笠原正則氏が相次いで不審死を遂げた。




http://hifuminonikki.hatenablog.com/entry/2017/02/27/172801
あまりの格安な点や本当に埋設物の撤去に8億円が

掛かったのかが疑惑として問題化しています。


すぐとなりには

瑞穂の國記念小學院より少し大きな国有地が

14億円ほどで豊中市が財務省から

購入しているので

10分の1の金額に驚いた人も多いことでしょう。

瑞穂の國記念小學院の施工業者やゼネコンは?
土地に埋設物があった場合には

産業廃棄物を搬出する業者

または

個人で許可を取得していること

で産業廃棄物を搬出することが可能となります。

ダンプカーなどの本体に

産業廃棄物の運搬の記載

を見ることがあると思いますが

今回の瑞穂の國記念小學院の場合には

ダンプカー4000台分

にもなると言われています。

ところで

瑞穂の國記念小學院の施工業者やゼネコンは

中道組
大阪市都島区片町1―3―4
が落札
しており

鉄骨造3階建て5795㎡の建物となっています。



中道組公式HP⇒ 会社概要 | 株式会社 中道組



中道組が幹事の様になり

産業廃棄物を搬出する業者や

施設を建設するのに必要な設備会社などを

指定する
ことで

瑞穂の國記念小學院の建設が

進められているはずですので

中道組以外の業者が

複数、出入りしていることでしょう。



地下埋設物の対応は・・・

いわゆる産廃業者は

藤原工業

という会社が主に担当をしていることが

判明しました




実際の建設も藤原工業が主体の様子。



また、

地下埋設物を搬出せずに

地下に埋設物を埋め直した

ということが

森友学園から発表されていることから

埋設物の撤去に8億円

ということは

正確ではないということになります。



産業廃棄物を搬出するには

マニフェスト

という書面に

日付
搬出した量
搬出先
などを明記して始めて産業廃棄物を搬出、処理を

することが出来ることになっており

マニフェストは保管をすることが

法律で決められています。



しかしながら、

本当の地下埋設物の量はどれくらいだったのでしょう。



今後、豊中市としては調査をしなければならない

と思いますが

埋設物の撤去に8億円

が問題化して不正確となれば、

詐欺になる可能性もあるのではないでしょうか。



ところで

産業廃棄物のマニフェストを

確認すればハッキリとしますが

マニフェストの不正は許可の取り消し

もあり得ることなので

ある意味信用することが出来る書類と言えます。



中道組としては国有地の払い下げには

関連していないものの

8億円の値引きに至った地下埋設物などの

不正の有無を表明した方が

企業としても良い選択となるはずです。
スポンサーサイト

 熊本地震の本震は「M7.3とM5.7の合成地震」→「M5.7地震」の震源地近辺にも自衛隊駐屯地!

1/16熊本地震の本震=「M7.3とM5.7の合成地震」

1  2016/04/16 01:25:05.4にM7.3の地震発生
 熊本県熊本地方 32°45.2′N 130°45.7′E 12km   

32秒後

  2016/04/16 01:25:37.7 に発生 M5.7の地震発生
大分県中部     33°16.4′N 131°21.1′E 12km   



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87_(2016%E5%B9%B4)
気象庁の判断で2つの地震を一つに合成!
→地震は熊本地方、阿蘇地方、大分県の3つのエリアで発生しているが、
気象庁は「それぞれ離れているけど、同時に起きている地震なので一連の活動とみている」と話している。

52102.jpg


http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/Event.php?ID=9901415

052001.jpg


052004.jpg


M7.3とM5.7地震の共通点

① 震源地の近くに自衛隊駐屯地がある。
 
  

M5.7地震の震源地から湯布院 駐屯地まで→0.9km

M7.3地震の震源地から健軍 駐屯地まで→約4km


052003.jpg

M5.7地震の震源地→900mの距離に湯布院駐屯地 
(時刻 1:25:37.7)

052005.jpg

M5.7地震の震源地の拡大 
(時刻 1:25:37.7)

052007.jpg

湯布院駐屯地ーボーリング調査 6mX1本
http://www.qken-net.com/kyushu/pdf/P00131041_2.pdf
052101.jpg


② M7.3とM5.7地震の地震波形が爆発系。

湯布院観測点の波形の最大値はM5.7の地震波形!
湯布院観測点の波形
052008.jpg

湯布院観測点=M5.7地震
052009.jpg

M'.7.3地震の波形→益城観測点
052010.jpg

③ M.7.3とM5.7両地震とも地震の深さ→12km

熊本地震本震の「2つの震源地」は自衛隊駐屯地と一致するのか?

常識的に、地震の震源地は一つ。
しかし
熊本地震の本震は震源地が2つ。

なぜなら

熊本地震の本震(4月16日1時25分)は2つの地震が合体しているから。

→本震の揺れが続いている最中(16秒後)に、観測点(由布市)のごく近くで小規模な地震が発生。

2つの地震を1つの地震とみなしているので

震源地は2つある!


青井真・地震津波火山ネットワークセンター長
→「本震と地震波が重なって」

湯布院(由布市)の地震波(4月16日1時25分)
2つの地震が合体
本震          82ガル 
別地震(由布市震源)717ガル

050801_20160508112438e9a.jpg

2つの震源地

①益城町の震源地
気象庁発表
→北緯32.753333, 東経130.761667
米国地質調査所発表
→北緯32.782,  東経130.726
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87_(2016%E5%B9%B4)

健軍駐屯地   32.790074 130.760552

050807.jpg



②湯布院(由布市)の震源地

観測点のごく近くで別地震が発生。
(防災科研の青井真センター長)

→ 湯布院(由布市)観測点 北緯33.3(33.2569) 東経131.3(131.3439)

湯布院(由布市)の観測点近くにある自衛隊駐屯地

玖珠駐屯地 大分県玖珠郡玖珠町帆足2494
 33.3 (33.289981) 131.1 (131.148686)
湯布院駐屯地 震源地 由布市湯布院町川上941
  33.3 (33.270664) 131.4 (131.356377)
別府駐屯地 別府市大字鶴見4548-143
  33.3 (33.295927) 131.5 (131.45963)
南別府駐屯地 別府市大字別府3088-24
  33.3 (33.285342) 131.5 (131.48535)


観測点のごく近くで別地震が発生。
050901.jpg



16秒後に連続発生した別地震(湯布院=由布市地震)の震源地と自衛隊駐屯地が近くにあると推定可能。

もし この震源地と自衛隊駐屯地の2つの一致していれば、摩訶不思議なことだ!



観測点のごく近くで発生
050806.jpg


http://www.yomiuri.co.jp/science/20160424-OYT1T50083.html


042807.jpg

http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/db/index.html?all

益城町の地震波 (4月16日1時25分)
042811.jpg

http://www.j-cast.com/2016/04/25265136.html
05088.jpg
「本震と地震波が重なって」
湯布院(由布市)の地震波(4月16日1時25分)
050801_20160508112438e9a.jpg

「本震と地震波が重なって」
九重の地震波(4月16日1時25分)
050902.jpg

本震(4月16日1時25分)の加速度図
050803.jpg

042805.jpg

揺れの加速度は震源20km以内から、遠ざかるにつれ急速に減衰!
050805.jpg



「益城町の本震」と「湯布院(由布市)の別震」が合体した加速度図
042901.jpg

042902.jpg


042903.jpg

「ちきゅう」が、掘った位置と、 4/1三重県南東沖地震の震源地が、ほぼ一致

本日(2016/04/01 11:39:06)の三重県南東沖地震地震発生地点は下図の楕円内
→北緯33.3 、東経136.4 ~ 136.5 深さ10km

そして
地球深部探査船「ちきゅう」は、その楕円内で以前に海底掘削を行っていた。
→地動センサシステム設置という目的で海底掘削をしている。


各観測点(地動センサシステム設置場所)は赤の点で表示されている。
そして
赤い点が今日4/1の地震震源地範囲の中にある。

https://www.jamstec.go.jp/donet/j/kounai/
04012_20160401150026f1e.jpg

地震速報レポート
http://quake.twiple.jp/quake/view/20160401113917


04011_20160401145741f10.jpg

https://www.chuden.co.jp/resource/corporate/news_152_18.pdf
04013_2016040115270714e.jpg

東日本大震災で水爆が使われた証拠→「放射性プルーム」と「ヘリウム3」発見場所の一致

「放射性プルーム」の発生場所と「ヘリウム3」が増えた場所が一致していた。

「ヘリウム3」と「放射性プルーム」の発見場所の一致は水爆が使われた可能性を強く示唆している。



101011.jpg


東日本大震災発生後に震源地付近で水爆使用の痕跡となる「ヘリウム3」が増加していた。

しかし

増えた「ヘリウム3」は、地下深くのマントルから海中に水が噴き出した可能性があるとされてきた。

だが それだけではなく

空母ロナルドレーガンの航海日誌から

「ヘリウム3」が増えた場所で放射性プルームが発生していたということがわかった。

100910.jpg



ビキニ環礁でアメリカが実施した水爆実験

1 空には放射性プルームが発生。
ビキニ水爆実験では180km離れたロンゲラップ島に「死の灰」が
(ビキニから180km離れたロンゲラップ島民は避難させられずに、激しい衝撃波と爆風、そして放射能を含んだサンゴの粉が島中に降り積もった。いわゆる「死の灰」だ。)

2 海底では、ヘリウム3が検出される。
1954年3月1日にビキニ環礁でアメリカが実施した水爆実験では、2.0京ベクレル (2.0×1016Bq)以上が大気中に放出された。
この爆弾の中では、リチウム-6からトリチウムがつくられていた。
トリチウムの崩壊でヘリウム-3が生じる

東日本大震災

1 空には放射性プルームが現れる。
福島第一原発東方沖約230キロの海域で放射性プルームが出現。
放射性放射性プルームは150km続いた。(推定)
(推定理由ー空母ロナルドレーガンが5時間要して放射性プルームから脱出。)

2 海底で、ヘリウム3が検出される。
地震後の震源付近の海水を調べてみると、今まで見られなかったヘリウム3という物質が発見された。
水に含まれるヘリウムの放射性同位体の比率を、地震前に採取していた海水と比較した。地震後の海水は軽いヘリウム3の比率が1~3%高くなっていた。





1 空には放射性プルームが現れる。

なぜか 空母ロナルドレーガンの3月16日午後11時45分の正確な位置は記録がない。

そこで

空母ロナルドレーガンの午後11時45分の位置を推定する。

分かっているのは
1  3月16日午後11時45分、福島第一原発東方沖約230キロの海域
100910.jpg

2  3月16日午後9時00分 38.79N, 144.05Eの場所にいた。
100902.jpg
そして
約時速25kmで運行していたと仮定する。

16日午後11時45分、福島第一原発東方沖約230キロの海域を推定する。
→青色の風船マーク



https://registry.csd.disa.mil/registryWeb/docs/registry/optom/DTRA-TR-12-041-R1.pdf
158ページ

2011年3月16日
100901.jpg

2011年3月16日
100902.jpg


2 海底で、ヘリウム3が検出される。

100601_20151006170145cef.jpg
3月11日以降、明確にヘリウム3が広範囲にわたって増えている。
https://www.sof.or.jp/jp/news/301-350/350_3.php
100904.jpg


ヘリウムの同位体のヘリウム3は、自然界にほとんど存在せず、水爆に使われるトリチウムが自然崩壊する際にできる。

ヘリウム3の存在は、水爆が使われた可能性を示唆。


福島原発の爆発でヘリウム3が飛んでいく
→有り得ない。

なぜなら
ヘリウム3は、トリチウムが自然崩壊する際にできる。
トリチウムは原子炉において、液体として生成される。(トリチウム水)
→福島原発の原子炉から200km離れた海上に、トリチウム水が飛んでいくことはありえない。
(生成方法-三重水素(トリチウム)は原子炉においては、炉内の重水 (HDO) の二重水素 (D) が中性子捕獲することでトリチウム水 (HTO) の形で生成される)



大震災発生から1カ月後と3カ月後、日本海溝近くで水深約1800~5700メートルの海水を採取。水に含まれるヘリウムの放射性同位体の比率を、地震前に採取していた海水と比較した。地震後の海水は軽いヘリウム3の比率が1~3%高くなっていた。

この物質は、ヘリウムの同位体のヘリウム3。自然界にほとんど存在せず、水爆に使われるトリチウムが自然崩壊する際にできる。米国では以前、数年に一度の水爆保守の際に取り除かれたヘリウム3が利用され、十分な供給量が確保できたが、1989年にトリチウム製造が中止され、水爆の保有数も減っている。




「150kmから20Okm以上離れれば、放射性物質は拡散されてしまうので、人体に影響はない。」
つまり 230kmも離れた空母ロナルドレーガンの位置では、放射性物質のプルーンは存在しないはず。
福島原発からの放射性プルームは考えられない。




http://www.asahi.com/articles/ASH9W4TZ7H9WPTIL008.html
(http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/895.html?c4)
1006.jpg
プロフィール

Author:harpman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード